※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本スケート連盟の城田憲子という人が悪いと聞いたけど?


たしかに城田さんは完全無欠のディレクターではありません。特にマスコミへの対応はド素人と言われても仕方が無いと思います。 城田さんと選手の二人の間では了解が成立していても、事情を知らない第三者が聞くと目をむくような直接的な発言をしてしまうこともあります。 自分の発言がマスコミにどう利用されるかとか、内部事情を知らない人が誤解するんじゃないかとかいう配慮は少ない人です。

しかし、現在の、黄金時代と言われるほどに分厚い選手層を創り出した最大の功労者が城田さんであることも事実です。




「城田女史が陳情もしない理由とその正当性」 ~駄目もとで嘆願書を出すくらい、やってくれても良いんじゃないか?~


事態はそう単純ではありません。まず、 フィギュアスケート界が、残念ながら各国の思惑や政治的圧力、裏取引などを完全には排除出来ていない世界である ということをアタマに入れておいてください。それは 端的にはルールづくりや審判の点数の甘辛という形で、競技に影響を与えます。


さて、ご存じのように現在の日本女子シングルの陣容は、掛け値なしに世界最高です。しかし、どちらかと言えば後発でしかも白人系ではない国である日本のこのような躍進が、世界のどこからも好意的に見られているとは言えません。日本のファンの中には、昨年の荒川選手の世界選手権制覇以降、目に見えて日本人選手へのジャッジが辛くなったと考えている人もいます。

そのような中、新たに浅田選手のような極めて高い能力を持つ選手を、特例でオリンピックに出せと日本から言い出したとしたら、日本への風当たりはさらに強いものになり、日本人選手に不利なルール変更や辛いジャッジングが出てくる可能性も、皆無とは言い切れません。


それはあくまでも可能性であり、しかも藪の中で行われる類のものですから、その存在は明確な形では立証されないでしょう。
しかし、実際にオリンピックで競技に臨む選手たちが、ジャッジに対して疑心暗鬼に陥り、実力を発揮出来なくなる可能性は明確に増大します。

加えて、嘆願書を出すということは、日本スケート連盟が自分たちよりも浅田選手を重要なものと考えているという意味に受け取られるでしょう。そのような心境の選手が、持てる実力を出し切る可能性は小さいと言わざるを得ません。 日本スケート連盟は浅田選手の為にあるのではありません。3人の代表選手に最高の演技が出来る環境を用意するのが、日本スケート連盟の役割のはずです。


一言で言えば、 期待出来るリターンに対して、発生するリスクが巨大過ぎるのです。




でも真央なら勝てるでしょ?


グランプリ・ファイナルでは、あわただしい日程の遠征で調子を落としたスルツカヤ選手と対戦して、10点未満の点差でした。
これは審判の気分次第で簡単にひっくり返る点差ですし、そもそもトリノでメダルを狙うような選手は、グランプリ・ファイナルの時点でコンディションをピークに持ってくるような調整をしません。トリノでは、コーエン選手もスルツカヤ選手もあんなものでは無いと思われます。


加えて、トリノでは大観衆の圧倒的な声援というホーム・アドバンテージも失われます。
しかも、 浅田選手がトリノに出る為には日本スケート連盟からの嘆願、理事会、総会という「めんどくさい」手続きを各国の協力を得て行わなければなりません。

このようなことを考え合わせると、仮に浅田選手がトリノに出たとして、彼女が金メダルを持ち帰る可能性は、さほど大きなものではないでしょう。




そもそもなんでGPFに出したのか?五輪に出られないなら、GPシリーズにも出さなきゃよかったじゃん


なぜGPシリーズに出したのか、明確なところはファンにはわかりません。
が、城田強化部長の「経験を積ませたかった」という発言から推測できることはあります。

ジュニアでチャンピオンになり、満を持してシニアに進んだはいいけれど、なかなか結果が出ない…ということは毎年のように起こっています。
数年後にトップ選手になれればまだいいのですが、特に女子の場合、身体の成長によってバランスを崩し、不調になる時期と重なる選手が多いせいか、以降ほとんど名前を聞かないということも珍しいことではありません。

あらゆる意味で規格外の選手である浅田真央にそのような心配は無用かもしれませんが、実際シニアの大会に出てみなければわからないことはたくさんある。東京で開催される07年の世界選手権で上位を期待される浅田選手であるからこそ、シニア1年目を五輪の重圧とは無縁の状態で、シニアの雰囲気や上位選手の滑りを体験し、来るべき06-07シーズンの東京ワールドでは、新世代の女王として花開いてほしい。

是非についての論議は別として、このような意図のもとにGPSに派遣されたのではないかと思われます。

確かに、五輪・選手権大会とその他の試合で年齢制限が異なるというルールが今回の混乱の原因のひとつであるといえます。
今後議論になり、改善されることもあるかもしれません。




チンクワンタ会長も「将来的には年齢制限は14歳以上という形になるんじゃないか」と言ったそうですが


それはチンクワンタ氏個人の意見であり、連盟の総会で可決されたルールではありません。
チンクワンタ氏個人の意見は連盟のルールを無効化しません。




でも浅田選手が出ないとオリンピックの競技会としての価値が失われるんじゃないの?


オリンピックを「誰が一番強いか決める場」と捉えるならば、そういう考え方も出来るでしょうが、フィギュアスケートにおいてはこの前提が妥当しにくい側面もあります。

何故ならば、フィギュアスケートは採点競技であるが故に、誰が一番強いということを厳密には決められないからです。演技の結果として得点は出ますけれども、採点には若干の紛れがあるので、互角の実力を持つ選手がいずれも実力を出し切った演技をした場合、誰もが納得する形で勝負をつけられないのです。

例えばジャンプの際のエッジの使い分け(ジャンプの種類が決まる)や、着氷までに何回転したかの判定は電子機器ではなく人間の目で行いますから、微妙なジャンプでは、ジャンプの種類の判定や回転数の認定に運が紛れ込みます。また、複数の審判の出した数字を乱数発生器でランダムにサンプリングして得点を計算するので、選ばれた数字次第で若干、得点が上下します。これも運です。さらにプログラムコンポーネンツと呼ばれる要素(スケート技術、要素の繋ぎ方の上手い下手など)は厳密な算出式に従って数値化するのではなく、やはり人間の印象による判断ですから、ここにも運が紛れ込みます。


それでは、フィギュアスケートの競技会には意味が無いのでしょうか?
そんなことはありません。明らかな実力差があれば明確に点差になって現れて来ますし、選手の調子によっても点数は上下します。
もちろん転倒や回転数不足などのミスがあれば点数は下がります。つまり、実力同等の選手がともに同程度に実力を発揮するという局面以外では、ちゃんと 「どちらがより良い演技をしたか」 は点差として決まるのです。


おわかりでしょうか。 フィギュアスケートの競技会は「誰が一番強いのか」ではなく、「その競技会では誰が一番良い演技をしたか」が争われる のです。競技会の権威が上がれば上がるほど、有力な選手が沢山エントリーしてきますから、自然、オリンピックや世界選手権で勝つということは「大きな名誉」になるのです(「最強の称号が手に入る」わけではありません。実力同等の選手の勝負は運が大きく作用しますから)。

つまり、 オリンピックというのは 「最強の選手を決める」競技会というよりも、「開催数の少なさと出場選手の平均レベルの高さ故に最も勝つのが難しい大会で、誰が一番良い演技をするか試す」競技会 なのです。

「最強の選手を決める」大会であれば、浅田選手が出場しないことはその価値を大きく減じる可能性もあるかもしれませんが、フィギュアスケートの場合はむしろ、 権威ある大会への出場を果たした選手たちが、その権威に導かれて最高の演技を見せてくれるのを楽しむ大会 ですから、 浅田選手の不出場が競技会の価値を決定的に損なうことは無い のです。

浅田選手が出る、出ないに関わらず、出場した選手たちは持てる能力の限界に挑む演技を見せてくれるでしょう。結果として、トリノでもまた伝説として語り継がれるような名演が
いくつも生まれるはずです。浅田選手がいるいないという程度のことで、名演の生まれる可能性は下がったりはしないでしょう。