はぁはぁ【はぁはぁ】

ロイガの原点。
生まれ、還る場所でもある。
はぁはぁしているときに使われる感動詞で、
あまりはぁはぁしすぎると何かがおかしくなる。


はいしんだ【はい-しんだ】

1・お約束。いつものこと。
2・マイキャラがmobの攻撃等で気絶してしまった際ギルドチャット(時にオープンチャット)に放つ台詞。自分の気絶を知らせたからといってどうにもならないが何となく伝えたいのがコレ人情と言う物。モンクエ遂行中だったキャラが使用すると悲壮感アップ。

byハッピーツリーフレンズ 【ばい-はっぴーつりーふれんず】

ほのぼのとしたギルチャを一瞬にしてスプラッタに変える言葉。
元ネタはこちらのFlashアニメ。
可愛いほのぼの系キャラに騙されるとひどい目にあいます。
なにをしてもことごとくスプラッタになることから、
だれたギルチャに織り交ぜるといいらしい。
返し方としては
「肉塊に変えるな」等と突っ込んでおくと吉。

パインサラダ【ぱいん・さらだ】

特に脈絡もなく発言される単語。主にロボットネタで盛り上がっているときに見られる。「柿崎ー!」や、逆襲のシャアの劇中のアストナージの台詞「サラダ作って待ってるからな」と合わせて使われる事が多い。
元ネタは「超時空要塞マクロス」の18話のタイトル。どう見てもフォッカー戦死してます。

伯爵:【はくしゃく:】

「伯爵:ばくたけください」が発祥。
屈指の美形モンスター、ブラッド伯爵だからこそのヘタレっぷりにテラモエス。
伯爵特攻の際生まれた言葉で、以後、ロイガ内における彼のキャラは一般的なそれとはかけ離れたイメージで定着することになる。
すべての属性に耐性を持ち、弱点を持たないその反則的な強さに対する揶揄も込められているとかいないとか。
同様に美形ではあるがその弱さから、ウブス埠頭のモンスター「クロウ」もヘタレ認定。「クロウ様の中の人も大変だな」と熱狂的なファンを生み出す。必死に台風連発したり、こちらから手出しをしないのにリカバする姿は涙なしには見られない。

花火アタック【はなび・あたっく】

何のことはない花火スキルを放ちつつMOBを通常攻撃で殴る技。
しかしこの時、花火スキルに隠された極秘パラメーターが発動し、クリティカルが出易くなる(様な気がしなくもない)。
また、PvPで使用すれば相手への精神的ダメージは計り知れない。
以上のことから、 ネ申 スキル認定。
オススメは持続時間が長く見た目も楽しい「炎連花」。

ばらすな【ばらすな】

真偽にかかわりなく、きわどい発言があった場合にお茶を濁すために使われる。
スレッドストッパー的な役割を果たすこともある。
たまに関係ない人物が名乗り出てきて「あんたか」に繋がるコンボになったりもする。

ハルコン【はるこん】

カバリア島でもっともランクの高い虹色の宝石。すげえピザ重量。
狙って掘り出すのが難しい分、発掘出来た時のやっちょー感も大きい。
その内ナツコンとかアキコンとかフユコンとかも実装されるとロイヤルガードは睨んでいる。

光は見えた【ひかりは-みえた】


こんな時に使います↓

1・やってる事がなんだかうまくいきそうな時。期待の念をこめて使いましょう

2・もうだめぽ的状況に陥った時にも使う。ただのヤケクソとも言う


1の直後に2のパターンを使う事になるのもしばしば・・・

犇めいてる【ひしめいてる】


こういう状態。


びょう【びょう】

チャットにありがちな誤字。それをわざわざ自己申告する際に用いられる。
それゆえ逆に他人に言われると凹む。
たまにびょうまでタイプミスしてしまいびょうにびょうする事もあったり。
発祥は「何がっていのだー」参照。

ヒラメにスルー【ひらめにするー】

華麗にスルーが変化したもの。
華麗=カレイ=カレイとヒラメって似てるよね=じゃあヒラメでよくね=ヒラメにスルー
わかりやすいんだかわかりにくいんだか・・・。

カレイもヒラメもおいしいですよね。

豚インドタッチ【ぶたいんどたっち】

ブラインドタッチのびょう。シエル先輩は関係ありません。
くわしくはここを見てください。

ブログ【ぶろぐ】

基本放置。さっすがロイガ民だぜ!

ベジータ合成【べじーたごうせい】

成長合成の際、誇り高きサイヤ人の王子ベジータ様の力を借りて、通常より高い数値を引き出すテクニック。
やり方は非常にシンプルで、カンカン鳴ってる最中にギルドチャット等で「ベジーターーーー!!」
王子の名前を叫ぶだけ。たったそれだけであなたの装備も即戦力!ウォーズマン合成涙目!
皆も試そうベジータ合成!
なお、ベジータ合成の前に夜光花(きたねえはなび)を上げる事で更に合成結果(せんとうりょく)が高まるような気がします。

※こまかい注意
1.ベジータ様はつまらない戦闘(せいちょうごうせい)を好まないので、最低値やその付近の数値が出ることもあります
2.ベジータ様は割とヘタレな面もあるので、最低値やその付近の数値が出ることもあります
3.ベジータ様は基本的に人に使われることを嫌がるので乱発は避けましょう。適度に「ナッパよけろーーー!!」や「クリリンのことかーーーー!!」を混ぜる事がベジータ合成の秘訣です

ペッ【ぺっ】

ひがみ。基本的にラブラブいちゃいちゃなシーンを見せ付けられた時に使う。
「あーはいはい幸せそうですね羨ましい羨ましいまいったまいった」の意味を持つ。
主人公のレントンとヒロインのエウレカがあーゆー関係な交響詩篇 エウレカセブン視聴時は特にペッ率が高い。

ペット黙れ【ぺっと・だまれ】

ある日突然、何の前触れもなく降りてきた、悪夢のような仕様。
それまで、その人なりの個性付けで愛着を持って愛でていたペットたちが
主人に断りもなく喋りまくり、キャプチャはおろか戦闘の際にもバルーン(ふきだし)が邪魔になるという本末転倒なバージョンアップに、ユーザーたちは驚愕した。
運営側の一方的な価値観押し付けにも耐えながら、今日もメガロはペットだけが賑やかに独り言を吐き、プレイヤーたちはギルチャやPTチャットに追いやられるのであった・・・

ぽきっ【ぽきっ】

文字通り何か折れている。主に話の腰を折る場合に使用する。
何か全く別の話題を提示することもなく、効果音のみで話の腰を折ることが出来る。
しかしおかげで会話の流れに一貫性がないのはいつも通りのロイガ。
(以下間違った使用例)
A:今日折り紙折ったんだよ。
B:ぽきっ

墨汁【ぼく-じる】

歓迎学園の上階トイレに生息する便器mob、マックのドロップ品。
正しい読み方は勿論「ぼくじゅう」だがロイガ的には「ぼくじる」が正解。
化粧に使ったり目玉焼きのソースにしたりごはんにかけたりと使用用途は様々。
投げアイテムでもあるため、アサシンスロウを覚えている感覚型に渡すと「ぼくじるプレイだ~」と嬉々として投げてくれる。

ポセイドン【ぽせいどん】

宝箱を冷蔵庫か何かと勘違いしている海神。

ぼすけて【ぼすけて】

元ネタはこちら。発端はこちら参照
敢えてカタカナでなくひらがなで表記する辺りがロイガだろうか。
PT掲示板に「ぼすけて」があったらほぼ間違いなくロイガメンバーと見ていい。
その行動に意味はない。たぶんない。

ポミ語【ぽみ・ご】

ロイガが誇る愛すべき妹キャラ、ポミィが発する毒舌。それがポミ語。
一見すると容赦ない毒舌に聞えるが、天の邪鬼でてれ屋のポミたんが発する毒舌だけにその真意を測るには高レベルな脳内変換技術を要する。しかしそのポミ語脳内変換スキルを持たない人々にとっては只の毒舌に聞えるため誤解を招いてしまう可能性もあるが、その愛らしいキャラを知ってこそできる脳内変換であるためにそれはやむを得ない。
そしてその脳内変換レベルを表すポミ語資格検定も数多く実在する。
<<例:初級ポミ語(ポミ語4級試験から抜粋)>>
  「あほですね」→「凄いですね」
  「屑ですね」→「ステキですね」

ポミ取扱主任者資格【ぽみ・とりあつかいしゅにんしゃしかく】

数あるポミィ資格の中でも最高と称される資格。
過去この試験の合格者はエルただ一人で、ポミファンからは最高の名誉と称賛を浴びている。まさにポミィマスター。

ポミ語二種資格者【ぽみご・にしゅしかくしゃ】

ポミ語検定の国家資格。(未成年は取得不可)
この資格を取得できればほぼポミ語はマスターできていると言っても過言ではない。
しかし資格取得の合格ラインは非常に厳しくポミ語をマスターするだけではなくポミたんの全てを優しく受け止めてあげる度量も試験に含まれる。その為未成年には取得資格が与えられていない。
ロイガの中でも数名しか取得者がいない非常に難しい試験であるが、受験希望者は後を絶たない。
受験受付は長年の謎に包まれていたが、埠頭で札を掘るイベントの際、年に数回気まぐれに黒い狐が受付ているという噂がもたらされた。

ポンチチ【ポンチチ】

テチチ火山フィールドに住むモンスター。
体は剣d・・・石膏で出来ており、見た目は小動物のよう。
とても愛らしいが攻撃力はぜんぜん愛らしくない。
攻撃モーションはあずまんが大王のかみねこを彷彿とさせる。
間違ってもポン乳とか言ってはいけません。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|