※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発環境/linux/Ubuntu-10.10

ubuntu-10.10-desktop-amd64(VMware Player および Atom 510実機上でインストールまで確認)
記事の体裁を合わせるため一部記事内容を引き継いでいます。

psptoolchainダウンロード前の準備

作業用ディレクトリを作っておくと後始末が楽です。
他のバージョンの記事参照。
他のバージョンに合わせてpsptmpとします。
$ mkdir psptmp
$ cd psptmp


psptoolchainのダウンロード

適当な場所にディレクトリを作り、以下のコマンドを実行します。


psptoolchainインストール前の準備

ダウンロードが正常に終了したらダウンロードされたファイル群の中のreadme-ubuntu.txtにしたがい以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install build-essential autoconf automake bison flex libncurses5-dev libreadline-dev libusb-dev texinfo libgmp3-dev libmpfr-dev subversion

.bashrcファイルを編集しPATHを通します。
以下のコマンドでエディタに.bashrcを渡して、
$ gedit ~/.bashrc

次の三行を追加、
export PSPDEV="/usr/local/pspdev"
export PSPSDK="$PSPDEV/psp/sdk"
export PATH="$PATH:$PSPDEV/bin:$PSPSDK/bin"

以下のコマンドで変更を適用します。
source ~/.bashrc

そのままではsvnコマンドでエラーを吐いて止まってしまうので、
それを防ぐために以下のコマンドを実行します。
$ cd psptoolchain
$ find ./ -name "*.sh" -exec sed -i 's%svn://svn\.ps2dev\.org%http://psp\.jim\.sh/svn%g' {} \;
$ cd scripts
$ find ./ -name "*.sh" -exec sed -i 's%svn://svn\.ps2dev\.org%http://psp\.jim\.sh/svn%g' {} \;
$ cd ../


psptoolchainのインストール

以下のコマンドでインストールします。
$ sudo ./toolchain-sudo.sh

インストールができているか確認。
$ psp-gcc -v

正しくインストールされていれば、
Using built-in specs.
Target: psp
コンフィグオプション: ../configure --prefix=/usr/local/pspdev >--target=psp --enable-languages=c,c++ --with-newlib --with-gmp >--with-mpfr --enable-cxx-flags=-G0
スレッドモデル: single
gcc version 4.3.2 (GCC)
と表示されます。


psplibrariesと関連ファイルのダウンロード

適当な場所に保存します。
$ svn checkout http://psp.jim.sh/svn/psp/trunk/psplibraries
$ sudo apt-get install libtool


psplibrariesのインストール

以下のコマンドを実行します。
$ cd psplibraries
$ find ./ -name "*.sh" -exec sed -i 's%svn://svn\.ps2dev\.org%http://psp\.jim\.sh/svn%g' {} \;
$ cd scripts
$ find ./ -name "*.sh" -exec sed -i 's%svn://svn\.ps2dev\.org%http://psp\.jim\.sh/svn%g' {} \;
$ cd ../

以下のコマンドでインストールします。
sudo ./libraries-sudo.sh

お疲れさまでした。

誤字脱字、内容間違いなどあったら修正してください。