※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発環境/Visual C++

Microsoft Visual C++ 2008 Express Edition での開発

Visual C++のインストール



Minimalist PSPSDK for Windows

PSPSDKのWindows移植版。
これのおかげでcygwinのインストールが不要になる。
開発者に感謝。
Minimalist PSPSDK for Windows

開発方法

Visual C++を起動。
[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]
[全般]をクリックして「メイクファイルプロジェクト」を選択


プロジェクト名はお好きなように(ex. PSPSample)-[OK]

メイクファイル プロジェクト ウィザードが開くので[次へ]
デバッグ構成の設定画面が開く。

ビルドコマンドライン:
make
消去コマンド:
make clean
リビルドコマンドライン:
make clean && make

リリース構成も同じで良いので[完了]を押す。

ソースファイルのフォルダにcppやMakefileを追加。
後はビルドしてEBOOT.PBPが生成されるか確認する。

デバッグについて



PSPのリモートデバッグ(Express editon以外もたぶん無理)出来ないようなので
PSPLINKとコマンドプロンプトを利用する。

usbhostfs PC Win v1.8やらPSPHost v2.0など好きなやつを使用。
64bit系WindowsOSでPSP Type Bドライバがインストールできない人はオレオレ署名を使用する。


1)PSPLINKをPSPで起動してPCに接続。

2)usbhostfs PC Win v1.8などを起動。

3)コマンドプロンプトを起動して
telnet localhost 10000
と入力してEnter
(Windoews7やVistaでtelnetが使えない人はここを参考に。)

4)さらにEnterを押すと見慣れたhost0:/が出てくるので
PSPLinkをCygwinでやるのと同じように操作→(゚Д゚)ウマー