Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

診断についての基礎的な考えを書いてみたいと思います。

まず身体の様々な圧痛を探すことが何よりです。というよりそれがひとつの目安になると考えるべきだと思います。

例えば腰痛であっても腰だけに圧痛がある訳ではなく、足や足の指にも圧痛がでている場合も多く、圧痛を探すことが治癒させるひとつの目安になります。

腰痛とよく関係があるのが、手足の圧痛です。

腰痛の手の圧痛点
腰痛の足の圧痛点

慢性的な腰痛から急性の腰痛までよくあらわれる圧痛点です。

腰にも当然圧痛がでていますが、腰の圧痛点を探ると側腹にも左右差のある圧痛はよくあらわれます。

腰から側腹にかけての圧痛の強い側の足の小指側の赤丸の圧痛点を意識するだけでも側腹の圧痛が少なくなるか消えます。

つまりそこが治療点の候補になるということです。

予期してない部分の圧痛がなくなれば身体全体のバランスが改善されてくることが予測されます。

他の圧痛を消去することが可能な圧痛があり、圧痛と圧痛には何らかの関係があると考えられますので、その組合せは無限大です。
そのことから考えても腰痛に対する穴というのは、一つではなく、様々なものが考えられます。

身体の様々な場所から圧痛が消えると全体が動きやすくなっていることに気づきます。全体が動きやすくなれば、自然治癒力が働き、平均化されていきます。

無負荷筋力検査によって、各関節の可動域や可動状態を穴を刺激した前と後で比べ、動きがよくなる穴を選べば今までにない刺激を考えることもできる可能性があるのです。

単純に腰痛といっても治し方は様々です。決して数種類ではなく、組合せを考えれば無限大にあります。

複雑な病であれば尚更ですが、基本は、気のアンバランスと風邪の治療が主体になるということです。



まず異常を見つけるということがなによりも重要です。異常が見つかれば、それを目標にして治療法を考えていくということが大事です。

異常をどうやって探すかということも、意識と思考を使って筋力検査を行います。

たとえば風邪の反応を調べたいと思った場合、風邪によって異常を起こしている部分は何処かという問いかけをしながら筋力検査を行います。

思わぬところが反応してきたりするので、それを参考にするという事が大事です。

胸部から顔面部にかけて風邪の反応があった場合、その病の深さはどうなのかをみます。

そこで、太陽病、少陽病、陽明病と陽の診断を行います。それでも反応がない場合、太陰、少陰、厥陰という形でその深さを調べていきます。

深い陰の風邪であれば、その組織との関連を調べるとより正確に判断できるでしょう。

たとえば骨に関して入っているのか、どう関連しているのかを調べることができます。

そうすると、胸骨の左側だけに風邪が入っているというような判断ができます。

そこで圧痛点を調べてみる訳です。そうすることで圧痛点(治療目標)が決まってきます。

詳細に行う診断と大まかに行う診断をわけて診断すると細かく状況が把握できます。

しかし、あくまでも思考の診断ですから決定ではないので、注意深く慎重に診断する必要があるのです。

そうやって診断していくことで、はじめて治療に有効な刺激をみつけることができるのです。
鍼刺激が良いとか灸の方が良いという刺激に対しての優劣が問題になったりしますが、基本的には、刺激方法より、刺激の仕方が重要だということがよくわかるようになると思います。

刺激の仕方ひとつでいかなる刺激方法であっても有効に働かせられる可能性があります。

ただ、鍼が適応なのに、それを気功治療だけで治療しようとすると複雑に刺激しなければならなくなったりします。

なので有効な手段を沢山もっているということは重要なことですが、それを決める診断はもっと重要になるということです。

その状態を思考や意識を利用した気の診断(筋力検査法)を駆使することで、決定し、その決定に基づいた刺激を加えることで、その答えが明確になる訳です。

ほとんどの鍼灸をする人は、この決定を経験やカンで推測します。脈診や腹診、圧痛診等々を総合して、診断したりします。こういう診断をしている術者はまだ良い方で、何の診断基準ももたないまま治療をしている人がほとんどでしょう。

講習会に参加し、治療法は学びますが、その診断法は学べなかったりします。対処療法といいますが、症状に対して、どんな刺激をするという考えをしますので、同じ症状で証が違うということは、日常茶飯事なことなので、手詰まりしてしまったりする訳です。

ひとつひとつを段階的に診断し、それを消去していくような治療ができればひとりひとりに合った治療が可能になるといえるのではないかと思います。

2008/03/26更新

そもそも何故診断が重要かというと、診断ができなければ治療は不可能だといえるからです。

肩こりや腰痛といった簡単な症状に思えるようなものであっても、状態によっては、様々な理由からきているのです。

ぎっくり腰をしたからという理由で来院され、強烈な腰の痛みは楽になったにもかかわらず、その後、慢性的に続く違和感のような重みが同じ姿勢をした状態の時だけ続くというような症状を訴えて来られたとします。

立てないような痛みへのアプローチと静止時の痛みでは、質も治療法も刺激点も全く異なってくるからです。

何が原因でその状態を引き起こしているのかということを考えなければ痛みのある局所を刺激したところで楽になることはありません。

またその人の生活習慣から来ている場合もあり、身体の使い方を変えなければならないことも多々あります。

そういう総合的な判断がなければ、楽にさせてあげることはできないと思います。

そして生活習慣から来ているような場合、それを治さない限り、身体をいくら操作しても、治療後は楽になっても持続しないというようなことが起こってしまうということです。