Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花粉症はアレルギー疾患ですが、身体の免疫機能の異常が元で起こります。身体の免疫機能を正常化させるの に抗アレルギー剤を投与し、免疫情報を変化させ花粉症の症状を出なくさせてしまう方法が正しいとは思えません。もちろんそれで納得し、症状だけが抑えられ れば良いと考える方は良いと思いますが、薬を飲むことで眠気や胃腸障害等の副作用が現れてくれば憂鬱な時を過ごさなければなりません。もちろん、何も対策をしなくても鼻づまりがあれば、憂鬱です。頭がボーっとしたり、傾眠傾向になったりもしますので、春は嫌いだという人も少なくないと思います。

そこでもっとナチュラルな方法で身体を変化させ花粉症を出にくくさせてしまうことはできないでしょうか?

御薗治療院では、簡単な歩行訓練と左足強化法ならびに足へのテーピングにより、花粉症を根治させる方法を推奨しています。去年は鼻づまりも酷く目のかゆみ が酷かった人が、歩行とテーピングを始めてから症状が少なくなった。鼻づまりがしなくなったという報告を多数うけています。

鼻用リング

日常生活の中で簡単にできる方法として、『鼻用リング』をつけてもらう方法があります。この鼻用リングは、つけることで、鼻水を強制的に出させて鼻づまりを解消しやすくしたり、鼻水、目の痒みだけでなく、頭が重い感じや肩凝りの方また、いびきでお悩みの方にも大変効果的のようです。また、アレルギーの方の大半の方が、口呼吸である為、雑菌が入りやすくなり、常に喉にも炎症をもちやすくなっています。口呼吸をやめることで風邪もひきにくくなり、アレルギー症状は緩和されやすくなります。


花粉症を克服するのに、鼻水を止めるのではなく、鼻を強制的に出させることが大事だと思います。鼻用リングはつけることで、クシャミや鼻水、涙、咳などが出やすくなりますが、体からの毒素としてできるだけ早く出すようにして下さい。随分すっきりしやすいと、小さいお子様から大人の方までたくさんの方に好評のようです。

花粉症でお悩みの方一度御相談下さい。

 

カチャマイ茶

花粉症にかなり効果的なカチャマイ茶を販売しております。このハーブ茶も多数の人が花粉症やアトピーの方に効果があるようです。胃腸系を改善しやすいハーブ6種類が使われ、アレルギーの方だけでなく、便秘気味の方、また寝つきの悪い方、不眠の方は眠る前に飲む方もみえます。なお、花粉症の方で、ハーブテイーはハーブの好き好きがあるため飲みにくいと感じる 人があります。このような方には、ティーパックになっておりますので、目にあてたり、マスクの中に乾いたままのカチャマイ茶を入れて香りをかぐのも効果が高いようです。

カチャマイ茶

  1. ティーパックをお湯でそのままよく濃く煮だす。
  2. ハーブ系のお茶が大丈夫な方は、そのまま飲用する。駄目な方は、冷ましてから目を洗ったり、鼻の中を洗い流すようにする。
  3. マスクの中にティーパックのままを入れ、マスクをつける
  4. 煮だしたティーパックを捨てずにお風呂の中に入れ入浴する。

 
カチャマイ茶のティーパックの画像です
アーチフィッター(正しい歩行に最適グッズ
アーチフィッターサンダル
こ の方法だけでも症状がかなり抑えられますが歩行訓練をすると筋力不足から来る身体の歪みを調整し、体調を整えることで花粉症の症状を即効的に抑えます。そ こでアーチフィッターサンダルを歩行訓練に加えるととてもやりやすくなります。アーチフィッターサンダルは、はくだけでスマートな足をつくれるというスグ レモノですが、花粉症の対策にも効果的です。人は体調が崩れてくると上半身が前傾し、腰を後傾するような形になります。これは二足歩行である人間が半二足 歩行に変化してきていると考えられます。二足歩行になり、人間はめざましい進歩を遂げたのですが、それが重力に負けることで正しい歩行をすることができな くなってくるのです。
 

正しい歩行ができるかどうかをテストする

  1. 細い直線の引かれたところを選び、そこからずれないように歩行する
  2. 通常の歩幅より大きく足を開いて歩行してみてください。
  3. この時、身体がふらついたりすることがあれば、足の筋力が弱っています
  4. また足のつま先を確認して下さい大きく出した足のつま先が内側又は外側に向けなければ歩行できないようであれば貴方の足は弱っています
  5. 手と足が同じようになっていませんか?
  6. 大股で歩行することに気をとられていると右足を前に出した場合右手が前にきてしまいます
  7. これは下半身と上半身の運動系が正しく連動していないことを意味しています
  8. 無意識の運動系が制御されないことによる歩行異常は、知らず知らずのうちにあなたの免疫系を異常にさせてしまいます
  9. また下を向いてしかこの歩行ができない場合も異常があると考えて下さい。胸をはって真っ直ぐさせながら大股で歩行ができるかどうかをテストすることであなたの身体の状態を知ることができます
  10. 簡 単なテストですが、とても重要なテスト法であり、全てにおいて問題があればアレルギー疾患を持っている又はこれから出てくる可能性があります。また免疫機 能が正常でないということは自然治癒力が低下しているということです。当たり前のことができることの方が、無理矢理免疫系を操作してしまう薬に頼るより良 い方法だと思いませんでしょうか?
 
こ のような歩き方は普段運動をしている十代の子供でも多く起こってきています。これはホントに社会的問題だと私は考えています。飛んだり跳ねたりしながら遊 びの中でバランス感覚を覚えてきた子供が殆どだったはずなのですが、それができない子供が増えているのは治療家である私にとってとても驚異です。専門的な 運動は中学生になってからでも十分だと思います。小さいときからやっているから必ずうまいかというとそうでもありません。それより身体を一定方向にしか使 わないことによる弊害は計り知れないものがあると思います。

また免疫系は精神的なストレスがあった場合にも大きく変化してきます。身体より精神的な問題でアレルギー疾患を起こしている人もあります。何か没頭できる ものが趣味や勉強、仕事の中である人とそうでない人との差は大きいと思います。
そして最後には食の問題があると思います。アレルギー疾患を起こしている人の殆どは腹部の圧痛があり、胃腸障害を起こしてる人が殆ど全ての人にみられます。
お腹がカチカチに硬くなっている人も要注意です。これは身体にとって不適な食べ物を多く摂取することによって起こってくることが考えられます。