※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

店impre3


618 :774RR [↓] :2008/04/02(水) 00:28:12 ID:HW8G/pOJ
今日発見した試乗レポート。
これもショップさんですね。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/leotanileokawasaki/41009589.html

レオカワサキ Ninja250R 試乗 レポ


去る3月12日(水)
岡山国際サーキットにて「カワサキ Ninja250R」等、軽二輪3機種+ZX−10Rの
試乗説明会が開催されました。
勿論、レオカワサキからも出席です。
今回は、話題の「Ninja250R」について書いてみます。

え〜まず感想ですが、
良い!!非常に良い!!欲しいかもコレ!!てな感じです!!!
スタイリッシュなスタイルは勿論、国内唯一のフルカウル250cc。
車体重量は153kgと軽量で取り回しが楽です。
足つきはタンク〜シートにかけて大きく絞ってあるので、小柄な方、女性にも安心。
ハンドル幅、高さは街中〜ツーリングに幅広く使えるように低すぎない位置にセットされています。
自然に手を伸ばした位置にハンドルが来るようになっております。
ステップ位置も前過ぎず、後ろ過ぎず丁度良い位置です。
ZX-6R譲りの高微粒子インジェクター/デュアルスロットルバルブを採用。FI化により、
常用回転域のパワーフィールの向上。
中高速域のレスポンスが非常に良くなっています。
前後ブレーキローターはペタルディスクと2PODキャリパーの組み合わせ。
サスペンションのストロークを抑えてピッチングを低減。

ハイ!ココまでは面白くないですね〜^^
では、僕、ウエハラの試乗した感想文です。
え〜まず、岡山国際のレーシングコースを2周と言うのが今回の試乗でした。

1周目は様子見で軽く流して見ます。旧型のZZR250に比べ、アクセルのレスポンスは
格段に向上しております。裏のストレート立ち上がりから大きく開けて、11,000rpm弱で
シフトアップをしていくとスムーズに速度を乗せていきます。
カウルの形状も伏せた時に効果的に効いてくれます。視界にチラッとメーターが入る位で
全く邪魔になりません。
全開からのブレーキングも車体の軽さと車体をホールドしやすく、安心して行なえます。
サスペンションも良くある軟いサスでは無く、しっかりとコシの有る物になっています。

2周目は先導車とある程度の距離をとり、ペースを上げてみます。
ホームストレートで約160キロ程度出てたと思います。
1コーナーの進入は結構奥の方まで開けていけます。前にも書いた様に車体の軽さで
有る程度速度を残して入っていけます。
如何せん先導付の為直ぐに詰まってしまいます。
車体の有る程度の速度で走行するのには全く申し分の無い車体構成になっていました。
ただ、荷重をしっかり掛けるとタイヤが若干頼りなく感じた部分ではあります。
コレはタイヤの交換で何とかなると思います。
ZZR250も比較で試乗しましたが、大きく違っていてNinja250Rのポテンシャルの高さが
ハッキリしました。
エントリーユーザーからベテランユーザーまで幅広く対応できる車輌でした。
扱いきれる範囲で、全開にして遊べる面白いバイクです。

サーキットと言うある意味特殊な場所で先導付の試乗でしたので、確かに全てが解る物
では無かったですが、一度皆様にも乗って頂きたい車輌である事は間違いないです! 
かなり良い意味で期待を裏切られました。
あまり参考にならなかったら、ゴメンナサイ。
直接質問受け付けますので個別にお答えします!
ご購入のお手伝いができれば!!!
お待ちしています^^


923 :774RR [↓] :2008/04/03(木) 13:03:14 ID:UAoPjGWP
これまだ出てなかったかな
http://blog.sideriver.com/ridersclub/2008/02/post-cad2.html
ニンジャ250Rのカスタム絵

RIDERS CLUB 今月もどたばた・・・2008年2月28日 (木)

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。
今月もドタバタやってるうちに更新が・・・。お恥ずかしい・・・。
さて、今月号も特別企画でお送りしている「ライテク特集」が大人気で嬉しいばかり。
読者の方から「これの第一回って、いつやったんですか?」なんて、問い合わせがあったりするので、
常連さん以外にも、新たにライダースクラブを手にとってくださる方がいるんだなぁ〜と感慨深し。
もちろん今回もDVDを付けましたので、分かりやすい解説になっていると思いますので、
まだご覧になっていない方々は、ぜひぜひ408号をお買い求めくださいね!
というわけで今、こんな絵を描いています。
どうですかね? このニンジャ250Rのカスタム。
ま、これがどうなるかは、ちょっとお楽しみに!
で、明日からアメリカはデイトナに行ってきますので、詳細はまた後日。
てなわけで、ではでは。