※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

店impre2


Kawasaki Proshop M ニューモデル試乗会レポ

Ninja 250R

Ninja250Rはとにかく乗りやすい!
エンジンもよく回るし(インジェクションの関係で)、下から上までスムーズ!
コーナーも安定してス~と曲がってくれるし
スピードオーバーかなと思ってブレーキをかけてもよく効くし。
旧型のZZRは本当に『頑張って回ってますよ』って感じでしたが
250Rはいつの間にか上までって感じで音も静か!
早く出してほしかったです、このエンジンを!!
初心者・女の子からベテランまで楽しめるバイクに仕上がってますね。



ナッピーくんとWR250Xと愉快な仲間たちブログ カワサキ試乗会レポ


次にNINJA 250Rです。
正直税込み498000円なんて価格だから、「ZZR250のマッタリ版」なんて思ってたんですが、これが予想外によく走る。
最高速度は6速フルスロットルで140キロほど。想定されてる速度が低いから、サスや車体の剛性感は十分で、
タイヤと腕さえあれば膝すりもできます。エンジンは高回転までスムーズに回るし、とても面白かったです。
個人的にかなり気に入りました。欲しいですね。



杉並区善福寺にあるカワサキ正規取扱店、ライドアウトの店長ブログ Ninja250R 試乗レポ

遅ればせながら、Ninja250R・D-TRACKER X・KLX250の試乗レポです!
先週、北関東の某コース1000にて行われた正規取扱店スタッフ対象試乗会に行ってきました。
走ったことのある人は分かると思いますが、いわゆるミニバイクコースで一般公道の峠道で
道幅が倍以上ある感じのコースです。
最高速うんぬんは分かりませんが、普通のツーリングシーンに近いのでしっかり実力を
見ることが出来ました。
しかも、比較用に新旧モデルをそれぞれ用意する辺りにカワサキの自信が伺えますよね
それでは各項目ごとにインプレです。

まずはエンジン

皆さん、イチバン気になるところでしょう!
まずエンジンの始動は暖機も終わっていることもあって、セル一発!
そんなことよりもそのアイドリングの安定感・静かさ・ラフにスナップした時のツキの良さは
ZZR250とは比較にならない位向上してます
これはロッカーアーム式から直打式に変更になったバルブ駆動方式と、今まで何かとトラブルの
多かったカムチェーンテンショナーの変更が大きいようですが、ほんとに同じエンジンなのって感じです。
ドコドコドコ〜・・・と、もったりとした感じから、トルルゥ〜と軽く回る感じに変わりました
これは1982年(だったかな〜)のGPZ250R(懐かしい。。。)からほとんど変更のなかったエンジンの、
25年以上経ってからのモデルチェンジなのでまずは期待通り!といったところです。

そして試乗の感想です!

発進からツキのよい感じで軽く回っていき、ZZR250と比べて低・中速域のトルクが確実に
向上しているので、最高100km/h位まで加速した限りではNinja250Rの方が速い位です。
35馬力のZZR250から31馬力にダウンしてますので、当然最高速は落ちているかと思います
(非公式には160km/h位らしい)が、少なくとも今回のコースでは全く感じませんでした!

車体

まず走ってみて気に入ったのは、サスペンションがすごく良くなった点です!
今回のようなコースでハードにブレーキして進入しても、しっかりダンパーが効いて
腰砕けにならない感じです。
といっても、ハードに設定されてコース走行は良いけど街乗りは・・・という設定ではなく、
街のりから峠道でスポーツ走行をするのに気持ちよく走れる設定です。
アルミから鉄パイプフレームになった割りに剛性感はしっかりあるので、サスペンションが
しっかり仕事をして軽快なハンドリングになってます。
ブレーキも良く効くので、今回のようなコースで結構いいペースで走っても不安なところは
全くなく非常に楽しく走れました
かえってZZR250に乗って走った時に、甘いブレーキとフワフワしたやわらかいサスのおかげで
軽い緊張を感じながら走ったくらいです。

足つき

これも気になる人は多いでしょうが、モデルは身長160cmで足短めで両足を同じくらい付けてます。
シート高はZZR250から15㎜高くなりましたが、シート周りの絞込みのおかげで実際の足つき性は
大差はなく、両足のかかとが軽く浮く程度です。
ポジションも見ての通り、アップライトでツアラーのZZRと変わらない感じです。
スーパースポーツのスタイルを持った、スポーツツーリングモデルといったところでしょうか。

装備

メーター周りはスッキリとした3連メーターで、好印象ですね。
スピードはなんと、200km/hまで刻んでます!(そんなに出るのか!?)
見づらいですが、右は水温計です。
ミラーは異型の5角形ですが、非常に見やすかったですよ

総論

排ガス規制による4馬力のパワーダウンはありますが、通常のツーリングシーンでそれを不満に
感じることはほとんどないでしょう。
最高速アタックで規制前の250ccに負けるかも。。。とかを気にする人は今の内に
バリオスⅡを買うのもアリでしょう。(というより、大きい排気量に行った方が。。。)
しかしそれ以上に感じたのは、走っていてとにかく楽しい!ということです
久々に250ccクラスで楽しく走れるスポーツモデルが出ました!という感じで、初めてバイクに乗る若い人から、
リターンライダーさんに是非乗ってみて欲しいです。
最初に乗るエントリーモデルとして、バイクに乗ることの楽しさをしっかり感じられるモデルだと思います。
排ガス規制で各メーカーの250ラインナップが寂しくなる中で、カワサキは良くがんばったと思います。


BORN TO RUN 「激突!ホンダvsカワサキ」THE K's MEET2008 in 舞洲レポ

いやいや、楽しい一日でした。
「THE K's MEET2008 in 舞洲」
午前中は、ちょいと天候が悪かったのですが、午後からは、雨も止んで。
携帯投稿したとおり、D-TRACKER X とNinja250Rに試乗してきまた。
ここで、はっきり言います。つうか書きます。
ニンジャ250は、買いです。
足回り最高!ライディングポジションGOOD!250でも下からちゃんとついて来るエンジン。
乗ってて楽しい!。
これ、サーキット走行したら最高に楽しめます。



MCtaichi【2008】Ninja250R...kawasaki レポ

エンジン/ミッション

153kgの車体に250ccのエンジンだから、瞬発力は知れているが、少なくとも平地で
普通に加速して、もどかしいと思うことは無かった。
トルク/ウエイトレシオの点ではDトラの方が優れており、実際に活発感はあるのだが、
所詮250のトルクなので大差は無く、いざとなれば上までスムーズに回るツインの方が
使いやすいかもしれない。
VTR250と比較しても、やはりNinjaは加速感や快活さでは多少劣るが、フィーリングは
よりマイルドでジェントル。

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングは良い意味で重厚感・しっとり感があるのに、コーナリングはとても率直。
ブレーキもとてもよく効くしコントロールしやすい。
乗り心地はしっとり落ち着いていて、「高級車みたい」と言いたくなるほど。
一般に、大きな車体に小さなエンジンの組み合わせは乗り心地に有利なんだと気付いた(その逆も真)。
パワーが大きいとそれを受け止めるために、ある程度サスを固めなければならないし、
まして軽量であればより乗り心地には不利だからだ。

ポジション/足つき/取り回し

まず跨った段階で意外とずっしりと重量感がある。ヘタしたらストリートトリプルと同じくらいの重量感。
勿論、足つきはべったりなので、取り回しに苦労することは無い。
ポジションはセパハンのくせに、とてもアップライト。VTR250の方が大分前傾姿勢。

総合評価

250なのにフルカウルで大きめの車体。セパハンなのにアップライトなポジション。車体に対して妙に細いリアタイヤ。
この感覚は?…そう古きよき80'sの香り。
勿論、あの頃のバイクよりは洗練されているだろうし、大股開いてハングオフなんて必要ない。
中低速の峠で率直に楽しめそうな軽快さ。低い速度で安全に「攻めてる感」が味わえそう。
とは言え、Ninja兄弟のやんちゃな末っ子というよりは、むしろゆったりツーリングが似合いそうな味わい。
まさに、CBR250RRとかに荷物を満載して北海道ツーリングするようなのりかも。
オヤジバイカーにとっては、青春の80'を思い出させる「胸キュン」バイク。現在の洗練された技術が落ちた体力をカバーし、
美化された思い出を壊さない。
一方、現行ヤングにとっては、カジュアルで率直に楽しいバイク。 肩肘張らずに気軽に楽しむのが、バイクと長く付き合うコツ。


54 :774RR [↓] :2008/03/30(日) 09:42:09 ID:d3m+ZojK
とっくに既出だろうけど一応貼ってみる

カワサキ チームグリーンからJSB参戦の
柳川さんの公式ブログから

□□□□□□□□□□□□□□□□□□

今日は噂の新型NINJA250に初めて乗ってみました。

正直、ツインの250だしな~と先入観全開でしたが・・・
試乗コースを周回してみると目からウロコ。

ハンドリングも軽快だしエンジンは下からトルクもあって面白い!
タンク容量も大きいようだし燃費も期待できそうなのでツーリングから
街乗りまで幅広く使えそう。

おまけにこの車体ならサーキット走行も楽しめそうな感じ。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※コピペここまで