※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カワサキ ニンジャ250R インプレッション

新しいニンジャは
待望の250ccスポーツ

普通2輪免許で乗れるフルカウルのニューモデルが、国内のバイクラインナップから
姿を消してからもう10年を超える。1980年代のレーサーレプリカブームとは反対に、
1990年代から2000年代は、スポーツバイク受難の時代と言えるだろう。
公道ではもてあますほどの高性能化と、それに伴う高価格化、そしてユーザー嗜好の
変化でフルカウル付きのスポーツモデルは衰退していき、ツーリング向けとして
一部を残すだけとなっていた。
 そして、昨今の排気ガス規制の強化によって、スポーティなネイキッドモデルすら
生産中止を余儀なくされるなか、250ccクラスに待望のカウル付きニューモデルが
発表された。
 それがカワサキの「ニンジャ250R」。
250ccのカウル付きスポーツモデルとしては、10年ぶり以上。しかも、各社が新車価格を
引き上げる中、50万円を切る意欲的な価格での登場だ。業界内でバイクユーザーの減少が
問題視される中、エントリークラスである250ccに完全新型が登場したとあって、
ニンジャ250Rは今もっとも熱い視線を浴びているモデルとなった。
 満を持してカワサキが送り出した、最新の250ccスポーツがどれくらいの実力を
持っているのか、早速確かめてみよう。