フィルターの接続状態を確認する

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


このページの概要

NicoPlayerをデバッグモードで起動すると外部ソフトからNicoPlayerが再生に使用しているフィルタを表示することが出来ます。
これにより不要なフィルタが接続されていないか等、上手く再生できない時に原因の特定に役立ちます。

手順は以下のように行います。

1.フィルタの状態を確認するための外部ソフトを準備する

GraphEditもしくはMONOGRAM GraphStudioを使用します。どちらかのソフトをダウンロードして導入して下さい。

2.NicoPlayerをデバッグモードで起動する

NicoPlayerがあるフォルダのnicoplayer.iniを開き、DebugMode=0という項目をDebugMode=1に変更します。この状態で起動するとデバッグモードでNicoPlayerを起動できます。
デバッグモードで起動している場合、情報ウィンドウに"[デバッグモード]"を表示されます。

3.ファイルを再生する

フィルタの接続状態を確認したいファイルを再生します。

4.外部ソフトからNicoPlayerのフィルタの状態を表示する

GraphEditもしくはMONOGRAM GraphStudioを起動し、メニューバー [File]->[Connect to Remote Graph]を選択します。

5.NicoPlayerのデバッグモード設定を元に戻す

2.と反対の手順を行いNicoPlayerのデバッグモード設定を元に戻す。

名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル