上級者向け設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

このページの情報は、設定ファイルを直接書き換えることで通常は変更できない高度な設定をする方法が記載してあります。
編集したことによってソフトが予期しない動作をしてしまう可能性もあるので、よくわからない場合は手を出さないほうがいいでしょう。
nicoplayer.iniやaccel.iniなどの設定ファイルは削除すればNicoPlayerが自動生成してくれるので、編集して問題が出た場合は削除してしまえばいつでも初期状態に戻すことができます。

表示するコメントのフォントを指定する

インストールフォルダ直下のnicoplayer.iniに次のような項目があります。
CommentFont=MS Pゴシック
このフォント名を変更することで、表示するコメントのフォントを変更できます。(例:MS P明朝)
※フォント名は半角/全角 スペースなどを正しく記入する必要があるので注意して下さい。

ショートカット(アクセラレータ)キーを変更する

F3を押すとダウンロードウィンドウが開き、Ctrl+Vを押すとコメントの表示・非表示が切り替わる
ように、機能の一部は特定のショートカットキーと関連付けられています。これはインストール
フォルダ直下のaccel.iniで定義されています。
[コマンド名]
fVirt=特殊キー
key=組み合わせキー
text=表示テキスト
書式はコマンド名とオプションの組み合わせになります。以下にリストを示しますので、自由に
組み合わせてください。全てのパターンで動作するかの確認は行っていません。IFが実装される
のが一番ですが、優先度は低いと思われるので間に合わせにどうぞ。
  • コマンド名
[Open] ファイルを開く
[Close] ファイルを閉じる
[Property] プロパティ
[Exit] NicoPlayerを終了する
[CommentView] コメントを表示
[CommentRect] コメントの枠表示
[PlayList] プレイリスト表示
[DonwloadWindow] ダウンロードウィンドウを表示
[VideoInfoWindow] 動画情報ウィンドウを表示
[VideoCommentList] コメントリストを表示
[InfoWindow] 情報ウィンドウを表示
[MoviSizeStd] 画面サイズ-標準
[MoviSize1x] 画面サイズ-1倍
[MoviSize2x] 画面サイズ-2倍
[SimpleMode] シンプルモード切り換え
[FullScreen] フルスクリーン切り換え
[NotSrcCopy] 画面の色調を反転
[TopMost] 常に手前に表示
[Play] 再生/一時停止
[Play2] 再生/一時停止
[Stop] 停止
[VolumeDown] 音量を下げる
[VolumeUp] 音量を上げる
[VolumeMute] ミュート
[RateDown] 再生速度を下げる
[RateUp] 再生速度を上げる
[RateStd] 標準の再生速度にする
[Prev] 前へ(プレイリスト再生)
[Next] 次へ(プレイリスト再生)
[SeekBack] 再生位置を1%戻す
[SeekForward] 再生位置を1%進める
[Begin] 最初から再生
[AddPlayList] 再生中のファイルをプレイリストに追加
[OpenDir] 再生中のファイルがあるフォルダを開く
[OpenUrl] この動画のURLを開く
[GetComment] この動画の最新コメントをダウンロード
[GetVideoInfo] この動画の最新情報をダウンロード
[CopyComment] 選択しているコメントをコピー
[CopyId] 選択しているコメントのIDをコピー
[CopyCommand] 選択しているコメントのコマンドをコピー
[RegNGID] 選択しているコメントをNG IDに登録する
[RegNGWord] 選択しているコメントをNGワードに登録する
[RegNGCommand] 選択しているコメントをNGコマンドに登録する
[Help] ヘルプファイルを表示
  • fVirt
1 常に必要です
4 SHIFTキー
8 CTRLキー
16 ALTキー
上記の中から必要なキーを選択し加算してください。例えばCTRLキーの場合は9になります。
  • key
  • text
\tを付けると右端に寄ります。

ダウンロードファイル・フォルダの名前規則を変更する

インストールフォルダ直下のnicoplayer.iniに次のような項目があります。
[動画ファイル名]
FileNameFormatMOV=%title%(%thread%)
[コメントファイル名]
FileNameFormatXML=%title%(%thread%)[%year2%.%month2%.%day2% %hour2%時%minute2%分]
[投稿者コメントファイル名]
FileNameFormatOwnerXML=%title%(%thread%)[Owner]
[動画情報ファイル名]
FileNameFormatTXT=%title%(%thread%)
[サムネイルファイル名]
FileNameFormatIMG=%title%(%thread%)
[フォルダ名](動画ごとにフォルダを作成するよう設定した場合)
FoldernameFormat=%title%
この文字列を変更することで、ファイル名を変更することが出来ます。
使用できるフォーマットは以下の表の通りです。
%title% 動画タイトル
%thread% 動画ID(sm*****)
%id% スレッドID
%category% カテゴリ名
%year%
%month%
%day%
%hour%
%minute%
%second%
%year2% 年(2桁表示)
%month2% 月(2桁表示)
%day2% 日(2桁表示)
%hour2% 時(2桁表示)
%minute2% 分(2桁表示)
%second2% 秒(2桁表示)
%v_minute% 動画の長さ(分)
%v_minute2% 動画の長さ(分)(2桁表示)
%v_second% 動画の長さ(秒)
%v_second2% 動画の長さ(秒)(2桁表示)


ファイル名におけるタイトル部分を指定する

インストールフォルダ直下のnicoplayer.iniに次のような項目があります。
FilenameTitleRegex=(.+)\([:id:]\).+?

この文字列を変更することで、ファイル名におけるタイトル部分を指定することができます。
ダウンロードファイルの名前規則を変更した場合、NicoPlayerがファイル名からタイトル名を正しく認識できなくなってしまうため、[タイトルの変更を修正する]やプレイリストでのファイル名編集が上手く機能しなくなります。
このFilenameTitleRegexを正しく設定し直すことで、上記の問題に対応することが出来ます。
指定は正規表現で行います。(正規表現についてのこの場での説明は割愛させて頂きます)
※ 一つ目の括弧でくくった部分がタイトルとして取り出されます。また、[:id:]は動画IDに置き換えられます。

ファイル名におけるカテゴリ部分を指定する

上記の"ファイル名におけるタイトル部分を指定する"のカテゴリ部分の指定が、nicoplayer.iniのFilenameCategoryRegexの変更で行えます。
フォーマットにカテゴリを追加した場合は合わせてこちらの変更もお勧めします。
(設定を変更しない場合、更新コメントが存在しない場合にコメント選択リストから更新コメントを選択した場合に作成されるコメントファイル名など、ごく一部ですが動作に影響があります)



クリップボードの監視を行うウィンドウを指定する

インストールフォルダ直下のnicoplayer.iniに次のような項目があります。
WatchIncludeWindow=/.*/
WatchExcludeWindow=//
これらの値を変更することでクリップボードの監視を行うウィンドウの指定ができます。
WatchIncludeWindowは監視対象ウィンドウ,WatchExcludeWindowは監視除外ウィンドウでそれぞれ正規表現で指定します。
対象となる文字列は [ウィンドウクラス名::ウィンドウタイトル名] です。
情報ウィンドウを表示した状態でコピーすると、そのウィンドウのクラス名とタイトル名が表示されるので参考にして下さい。

画像(スクリーンショット)保存先指定ダイアログの初期ファイル名を指定する

インストールフォルダ直下のnicoplayer.iniに次のような項目があります。
ScreenShotFilenameFormat=%filename%[%now.min%:%now.sec%]
この値を変更することで画像(スクリーンショット)保存先指定ダイアログの初期ファイル名を指定できます。
使用できるフォーマットは下記の通りです。
%filename% 再生している動画(メディア)ファイル名
%now.min% 現在の動画時間(分)
%now.sec% 現在の動画時間(秒)
%total.min% 動画の長さ(分)
%total.sec% 動画の長さ(秒)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|