ブレイクハンマー

登場:7 DUAL 8

メダロット7

ハンマーの防御によるダメージ減少を無視する効果と
ブレイクのチャージゲージの半分を成功値に加算する効果を併せ持った格闘攻撃。
技の説明欄に「貫通効果がある」と記述されているが
貫通効果を持つのはスキルが「がむしゃら」のものだけで
「なぐる」スキルだと貫通効果は持たない。(メダロット7では全なぐる共通の仕様)

ハンマーの命中をブレイクで補う設計思想は一見すると理にかなっているが…
ハンマーベースの性能で素の成功が非常に低く、成功の上昇値も最大50で半チャージ程度ではまだ並の命中。
チャージ溜めに時間を割くほど強力かというと、まあ光学パーツほど露骨にやる必要はないだろう。
また重力パーツ特有の充填・冷却の弱さがあるため、格闘熟練度が低いうちは準備に時間がかかりすぎて扱いづらい。
このように両者の欠点が両立されてしまったことで器用貧乏な性能に、ハンマーにおまけが付いたくらいに考えておこう。

メダロット8

仕様は7同様。
「なぐる」「がむしゃら」が「かくとう」に統合された本作では全てのブレイクハンマーが貫通効果持ち。
がむしゃらの仕様変更に合わせて貫通する格闘攻撃が減らされている本作では見逃せない長所ではある。
だが、もう少し充填・冷却を妥協すれば超火力&貫通のビームソードがあるため、こちらはどうにも影が薄くなりがち。
ver1.1で該当パーツが少々強化された。ビームソードの弱体化と合わせて、このわざの地位が向上したと言える。

メダロット9

8までの仕様に加え『相手ヘヴィパーツの数が多いほどダメージアップ(重力攻撃共通)』の特性が追加。
新システムに併せてのテコ入れにより、ダメージ補正がフルに乗る相手であれば光学と比べても見劣りしない破壊力に。
防御によるダメージ軽減無視との相乗効果もあり、相手を選ぶわざであるが追い風が吹いていると言えるだろう。