CF(クロスファイア・クロスファイト)

砲台なんて置いておかなくてもいいよ、自分で出来るから
煩わしい手順を踏む必要が無くなった、新生クロス攻撃

メダロット7

行動を取ると防御などの援護行動と同じく、最前列で待機を開始。体勢を解除させられる方法も大体同じ。
味方メダロットが攻撃を行うとそれに合わせて攻撃を開始する。ターゲットは、射撃、格闘に関わらず、味方が狙った敵になる。

射撃攻撃『クロスファイア』は、味方の攻撃に先んじて攻撃を行う。この攻撃がヒットした場合、後から行う味方の攻撃は必ずヒットする。
格闘攻撃『クロスファイト』は、味方の攻撃に続いて攻撃を行う。味方の攻撃がヒットした場合、後から行うこちらの攻撃は必ずヒットする。

射撃、格闘共に『CFライフル、CFハンマー』のように攻撃の種類が設定されており通常の攻撃と同じく、種類に応じた追加効果も発生する。
中には症状付加行動もあるので上手く利用すれば非常に有用。

反面、事前のセット行動が不要になった所為か、威力は据え置きとなった。
もっとも、今作のクロス攻撃は援護攻撃の意味合いが強いため、大技の成功を補填するためにCFプレスを用いたり、防御が固くチャージばかりしている敵リーダーを射撃攻撃で狙いCFハンマーを続けて当てたりといった変則的な使い方が主となるため威力の低下はあまり気にならないだろう。

メダロット8

基本的な仕様はそのままに、「ねらいうち」や「がむしゃら」と同じ選択式の攻撃特性(サブスキル)となり通常の攻撃とCF攻撃で使い分けることが可能になった。
一連のCF攻撃に対し、相手はディフェンスセレクトを最初の一度しか行えず、途中で選択したパーツが破壊された場合以後の攻撃は全て頭に直撃する。
「ねらいうち」や「がむしゃら」ではCFを起動させられないので注意。

メダロット9

味方の特定攻撃に反応してCF攻撃を実行するプラント設置が可能なわざ『シュートドローン』『ファイトドローン』が新たに登場。
単発ダメージは低く目立つ追加効果も特に無い(それぞれライフル、ソード扱い)が味方を待機で縛る必要がない点はパーツによるCFにはない強み。