ロボロボ団

登場作品:1 2 R 3 4 弐core 真型 DS 7 DUAL 8

概要

世界征服をたくらむ?悪の組織(秘密結社)。
団員や幹部は皆語尾に「~ロボ」をつけて話す。
悪事を働くが、団員が団員なので大半がイタズラどまりであることが多い…
幹部にはそれぞれコードネームが付く。

が、裏には危険な黒幕がいることもあるため油断ならない集団。
ビーストマスターゴッドエンペラーを開発したりするし。

組織の規模自体は割りと大きめのため、支部も多い。
それらの支部では数多くのロボロボ団員達が、功績を上げ、中央ロボロボ界へ進出することを夢見ている。

ゲーム版メダロットシリーズ

ゲーム版メダロット

団長はタイフーン?が務める。
幹部にレイカスズメ?イナゴが所属。
数多くの団員と共に各地でメダロットを利用した犯罪を行っていた集団。

その正体はメダロット犯罪を取り締まる組織のはずの『セレクト隊』。
セレクト隊が販売するセレクトメダルに「怪電波であやつれる」という細工がされていた。
ヒカルが本大会でタイヨウ?と戦った後に正体が明かし、
セレクト本部ビルの跳ね橋を上げ立てこもり、ビルから怪電波を発生させ、
セレクトメダルを付けていたメダロットを暴走させた。これが魔の十日間である。

最終的にヒカルの活躍あってロボロボ団は壊滅。幹部らは警察に捕まった。

ただ、セレクト隊の全てがロボロボ団であったというわけではないようで、
魔の十日間が起きた時に、ヒカルの街のセレクト隊員は「どうしてこんなことに…」という様子であった。
この点に関しては、後述する漫画版の設定を参照のこと。

ちなみに、幹部の名の由来は主人公らの名の由来になっている農業の天敵。

ゲーム版メダロット2・弐core

団長はサケカースが務める。
幹部にスルメサラミシオカラが所属。
数多くの団員と共に各自手メダロットを利用した犯罪を行っていた集団。
しかし本当は同じく世界征服をたくらむ科学者ヘベレケ博士に利用されていただけであった。

本部はメダロッ島のまじょのしろの地下。
最終的にイッキ達の活躍あってロボロボ団は壊滅。ヘベレケ博士と幹部はセレクト隊に捕まった。

この時期ではすでにロボロボ団とセレクト隊は別個の存在になっているものの、
学校の男の子から7年前(前作)「セレクト隊=ロボロボ団であった」ことを思わせる話を聞ける。

ゲーム版メダロット3

サケカーススルメサラミシオカラはセレクト隊に捕まっていたはずだが…
牢屋で一生懸命掘っていたらマザーブラックデビル』を掘り当て、
ブラックデビルの力(ミニミニマシーン等)を借りあっさり脱獄。

ブラックデビルの元に付き、各都市で事件を巻き起こす。

ゲーム版メダロット4

サケカーススルメサラミシオカラはセレクト隊に捕まっていたはずだが…
何者か?の仕業により幹部全員釈放されてしまう。
ちなみに団員の一部はひっそりとおどろ山で暮らしていた。

幹部たちは四天王の元に付き、各地でイッキ達の妨害を行う。

ゲーム版メダロットR

時系列的にはパラレルに当たるため上記の幹部たちとの関係は無い。
団長はメダルゴッド?
幹部にレッドマッコウ?グリーンポーク?ピンクダック?シルバーバット?が所属。
従来と同じく各自で悪事を働き、世界征服・メダル銀河に進出を目的にしていた。
しかし、最終的には同じくメダル銀河へ進出しようとしていたカテキン?に利用されていたのだった。

こちらもイッキ達の活躍によって壊滅。

メダロットBRAVE

トルトルランドに紛れ込み、事件を起こしてメダロットを強奪しようと目論む。
しかしやはりハルの目的のために利用されていただけであった。

真型メダロット

真型メダロットは初代メダロットのリメイク作品であるため、
団長や幹部たちの性格や容姿、台詞が異なるという点以外は同じである。

ガンマの活躍によって壊滅。

メダロットDS

サケカーススルメサラミシオカラと数々の団員が再び各地で悪事を働く。
初めのころの評判は所詮セコイイタズラ程度であったようだが、
新たな団長が登場したころから(?)か、
違法パーツの制作・販売、メダロット社の占拠、コンピュータウィルスの散布、
と中々悪役らしい事件を巻き起こしていた。

やはり真の黒幕はあの人
ちなみに時系列は過去作と繋がっていると思われるが、
過去作で面識があるはずのイッキやアリカの反応が違ったり、
サラミが過去の姿のまま年をとっていたり、シオカラの髪の毛が気になったり、
設定が異なる・混在する部分がいくつか存在する。


メダロット7

仕切りなおしの本作でも相変わらず、登場するのはサケカース他、幹部一同。
もろこし町?地下の下水道にアジトを構え、通報もされずのんきに暮らしている。
ヘベレケ博士からの司令を受け、Mドライブ?を求め、アズマ達と壮絶な戦いを繰り広げた。
後はまあ、ウィローズと手を組んだり、手を切られたり、歴史上の人物をモチーフにした新型メダロットを数多く、配備したりした。

メダロットDUAL

本作ではサケカースヘベレケ博士も出てこない(一応サケカースの存在についてはセリフで言及されている)。
新賀クリタケ?がリーダーを務めるからくさシティ?の中小ロボロボ団グループが登場人物である。幹部のコードネームすらも与えられていない彼らが町を引っかきまわす。
中盤から登場し、古い工場にアジトを構え、テラモトさんに違法パーツを作らせ、お金を稼いだりしていた。
終盤は、ヌケガラ病のメダロット達に初代メダロットでタイヨウ達が使ったものと同型の怪電波?発生装置を使っていたずらをさせた。
軽いイタズラで済んでいればよかったのだが、クリタケのうっかりにより、人類皆殺し命令が発動してしまい…。
事件後も全員捕縛されたわけでもなく、古い工場内に生息している。
名前ありキャラとしてはリーダーの新賀クリタケの他、式見ハッカクと乱スズコが登場する。
幹部になった暁には「オカラ」と「ニガリ」と「トウフ」という大豆繋がりのコードネームを自ら付けようと考えていた。


アニメ版メダロット

基本的な設定と役割は従来作品と同じで、世界征服のため悪事を働く。
人物構成はゲーム版2・弐coreと同じだが、サラミヘベレケ博士直属の真のロボロボ団員であったなど設定が異なる。

漫画版メダロットシリーズ

漫画版メダロット

ゲーム版と同じく、世界征服をもくろみ各地で悪事を働く。
同じく団長はタイフーン?が務め、幹部にレイカスズメ?イナゴが所属。
国際ロボトル選手権で「セレクト隊はロボロボ団」という事が明かされている。
メタビーとの戦闘データと節原教授から奪ったスラフシステムを用いてビーストマスターを制作。
ビーストマスターによって、ヒカルメタビーを吹き飛ばす。
そして怪電波発生装置でメダロットを暴走させ、セレクトビルに立てこもっていた。

最終的にヒカル達の活躍によって壊滅。逮捕される。

実はこの魔の十日間を引き起こしたロボロボ団はセレクト隊の「第一部隊」であることが、
漫画版2でセレクト隊第二部隊のアワモリとトックリの口から語られている。

漫画版メダロット2以降

ゲーム版と同じく、各自で悪事を働く。
こちらも団長はサケカースが務め、幹部にスルメサラミシオカラが所属する。
ヘベレケ博士の下にいるという事も同じ。セレクト隊との関係は無い。
ただメダロット3では鮟倉具左衛門?の元に付いていたものの、ヘベレケ博士と再会した時にすぐに寝返ったため、
ヘベレケ博士に利用されているというよりは、博士についていっているようにも思える。
が、やはりヘベレケ博士の本来の目的までは知らなかったようだ。
魔の十日間事件を起こしたせいか、現在は恐怖の代名詞となっているらしく、
コウジのボディーガードたちはその姿を見ただけで震え上がり、逃げ惑った。

主な関係者・団体

初代メダロット・メダロットPEのロボロボ団幹部

タイフーン? 力ずく、自作自演を務める
イナゴ 夜泣き、サル少年でちゅ
レイカ ヒステリー、サメ女シャーク!
スズメ? 物忘れ、科学担当老人カー?

メダロット2・3・4・弐core・BRAVE・DSのロボロボ団幹部

サケカース リーダー、仕切りたがり屋
スルメ 紅一点、高飛車なおばさま
サラミ お子様、実は一番の実力者
シオカラ 大男老人、厳格だけど意外とナイーブ
ヘベレケ博士 首領様

メダロットRのロボロボ団幹部

メダルゴッド? 弟への恨みもつ団長
レッドマッコウ? 赤い海賊、マニア資質なところも
グリーンポーク? 緑の紳士、美しくないブヒッ!
ピンクダック? 桃一点、またの名は桜鳥美
シルバーバット? 銀伯爵、光線とか出せる危ないヤツ

真型メダロットのロボロボ団幹部

オーロ? 仮面をかぶった真ロボロボ団ボス
アズル? ギャル言葉の女性幹部
アマリロ? サル変装少年
ロジョ? 高飛車なお姉さま幹部

ロボロボ団員

ロボロボザコ 1とPEはこちら
ロボロボだんいん 2以降は基本的にこちら

関連集団

セレクト隊 かつては一部一緒、今は一応敵
スペースロボロボ団 姉妹提携を結んでいる、宇宙で暗躍する悪の秘密結社