伊織の経営学入門講座


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伊織の経営学入門講座(テイラーP)




講座紹介



この講座では、全6回を通じ経営学に関する基礎的な知識を身につけることを目標としています。
講座の構成は経営能力開発センター主催・経営学検定3級での出題範囲を参考にさせていただいております。
プロデューサーの好みで出題範囲からバッサリ抜いている部分、また追加的説明を行っている部分もあるので試験対策にはならないです。

経営学検定試験HP
http://www.mken.info/index.html

各回の要旨を載せていく予定なので、復習用に活用していただければ嬉しいです!

また、本講座で経営学について興味を持たれましたらアイマスで学ぶ経営学シリーズにてブックガイドをぜひご覧になってください!



第1回(経営理論)要旨


動画⇒前編後編

1-1:科学的管理法(テイラー)
  • アメリカのフレデリック・テイラー(1856-1915)によって確立され、経営学の原点ともいえる。
  • そのポイントは以下の3点である。
①時間研究
労働者の作業を分析し、作業の「最善の方法」を探る。
②業績に応じた賃金制度
時間研究によって明らかになった標準的な作業量を基準に出来高制を導入した。
③計画機能と執行機能の分離
作業を計画する人と作業を実行する人を分けた。
  • 科学的管理法において、人間のモデルとは経済合理性を追求する「経済人仮説」に基づいている。

1-2:フォードシステム
  • フォードシステムとはフォードによる経営哲学とその経営スタイルを合わせた総称である。
①T型フォードを低価格大量生産
部品の簡素化・材料の安定供給による流れ作業方式の実現
②フォーディズム
高賃金&低価格による社会への奉仕主義

1-3:人間関係論
  • 経済人仮説に対して、人間の社会性を前提とした社会人仮説による分析。
  • 作業能率には工員のやる気が大きな影響を与えている。
  • 集団には、公式的なリーダーやグループだけではなく、非公式なリーダーやグループが存在する。

1-4:官僚制(マックス・ウェーバー)
  • ウェーバーは、官僚制を合理性をポイントとする組織の支配、運営の一つのシステムと捉える。
  • その特徴として①規則による支配②組織階層制③公私の峻別④専任性と専門的技能、などが挙げられる。
  • 官僚制の問題としては、構成員が規則を守ることだけに囚われたり、組織として環境の変化に弱いことなどが挙げられる。

1-5:近代組織論①:バーナード
  • バーナードは組織をシステムとして捉えた。
  • 協働体系とは、何かしら目的をもって複数の人が活動している場やその人々。
  • 協働体系の要素としては①共通目的②貢献意欲③コミュニケーションの3つがある。
  • 経営者の役割とは、会社という協働体系を維持することである。
  • 協働体系の指標は次の2つがある。
①有効性:目的を達成できているか。
②能率:参加者に貢献意欲を与えているか。

1-6:近代組織論②:サイモン
  • サイモンはバーナードの考えを独自に発展させた。その考えは管理人仮説に基づく。
  • 管理人仮説とは、人は限られた情報の中で、自身の満足を満たす意志決定をしているという人間モデルである。
  • サイモンは協働体系の参加者がその協働体系に参加し続けるか、退出するかを誘因と貢献の概念で説明した。
  • 誘因とは、組織が参加者に対して与えるモノ。
  • 貢献とは、参加者が組織に対して与えるモノ。
  • 誘因≧貢献のときにおいて、人はその組織に参加し続ける。
  • サイモンは、会社という組織参加者として消費者、従業員、経営者を挙げた。


第2回(企業システム)要旨


動画⇒前編・後編(作成中)


2-1:株式会社の仕組み
  • 株式会社は以下の流れを実現する社会制度といえる。
①多数の人が株式会社にお金を出し合う
②株式会社はそのお金を元に商売する
③得た利益を株主に分配する
  • 出資者を株主といい、会社に対して次の3つの権利をもつ。
①議決権
②利益配当請求権
③残余財産請求権
  • 株式会社は有限責任制度に基づいており、株主は自己出資以上の責任は負わない。
  • 上場企業の株式は株式市場において自由に売買される。
  • 株式会社の社会的メリット
①個人の有する微少資本の糾合
②大資本による大きな経済活動の実現
  • 株式会社の投資家にとってのメリット
①証券市場を通じて資金回収が容易
  • 株式会社の経営者にとってのメリット
①有限責任であり、事業失敗のリスクが低い
②大きな資金を安定的に集めれる

2-2:株式会社制度の発展史
  • アメリカにおける大まかな流れ
①古典的企業の時代
株式保有者(所有する人)=会社の経営者(経営する人)
②経営者支配の時代
大企業において「所有と支配の分離」が進展。
専門家としての経営者である「雇われ経営者」の誕生
③機関投資家台頭の時代
機関投資家による株式の大量保有、経営への関与。
  • 現代ではさらに多様なステークホルダーが会社経営に関与しているといえる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。