※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■蔵土縁 紗夢
■身長 : 163cm
■血液型 : B型
■体重 : 不明
■出身 : 中国
■誕生日 : 2月8日
■趣味 : 料理、観察、研究
■大切なもの : 厨房、青春、美形男子
■嫌いなもの : 優柔不断な男、無知無学
■性格:勝気で、負けん気が強く、鼻につく生意気加減が可愛げの無い、じゃじゃ馬娘。優柔不断な軟弱者を激しく嫌う、神経質な性格、そのくせ自分に対しては非常に甘い自己中心型。(ただし、ビジュアル系の美男子には非常に弱い)持論にはかたくなで、美観にうるさい。と、一見には理想論が先行する妄想狂のようであるが、実は風刺した視点から自他を鋭く観察できる、超現実主義者。しかし、本来の自分の姿は決して人に見せない。人並みはずれた拳法を習得しているのも、現実を厳しく見つめた上で自分だけを信じた結果である。

■ストーリー:中国で一、二を争う大飯店、「妃悠磨」と「華堅」。
それぞれ味にはたいそうな評判があったが、その本質はまるで違うものだった。「妃悠磨」の方針は、愛情を以って調理することがいかに料理を食べる人に幸せを与えるといったもの。一方、「華堅」は、金には糸目をつけず、いかに良質な食材を用意して、美味な料理を提供するか、といったものだった。両者の体制はお互いに水と油のように反発しあっていたが、いずれも料理人であれば誰もがあこがれる、門狭き名門であった。紗夢 もまた、この世界に名を残さんと日夜修行に明け暮れる見習い料理人である。 同じ料理界の高みを臨む者として紗夢 は、このどちらにも興味がなかった。彼女にとって両者の対立関係は全く以ってナンセンスであったからだ。何故なら、紗夢 にとっては誰が食してもおいしい料理を作ることが全てであって、料理が作られる過程や、食材の善し悪しがどうであれ、美味いものを素直に美味いと言ってもらうためには、両者のポリシーは足かせに過ぎないという考えがあったからである。ただ、その持論を証明するためには、いっぱしに店を構える必要があった。そこへ今回の賞金話が舞い込んできたのである。<GUILTY GEAR X より>

※公式より
  
添付ファイル