※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スラッシュへの変更点により
空中ダッシュから攻撃を出せるまでの時間が6Fかかるようになってしまったので
一方的な攻め込み選択肢としては過信できなくなった。
意識されていると相手側の対処は案外楽なのであくまで選択肢の一部として使うべし。

低空からの行動例

  • JP
基本行動の一つ。発生が速めで連打もできるので
数発当ててJHSに繋いだり回数を変えて着地から選択肢を迫ったり。
ただ、しゃがまれると当たらない相手が多い。

  • めくりJHS
基本行動その2。低空ダッシュ自体を読まれてなければヒット率は高い。
しかし見切りづらいタイミングで出すと大ダメージには結びつきにくいので
その後の展開が重要。紗夢慣れしてない相手にはこれを出しつづけるだけでも
案外有効だったりするが見た目はあまりよろしくないのでご利用は計画的に。

  • JD
発生は若干遅く着地硬直が気になるが見返りはなかなか大きい選択肢。
ガードを確認できれば鷹嬰や跳迅でフォローすることも可能なので悪くない。
注意するのは高度や距離が合ってないと2段目が出ずに着地したり
飛び越えて行ったりしてしまうこと。

  • 特殊逆鱗
こちらは少し発生は遅いが中段でしゃがみに間違いなく当たるので
JPをしゃがんで避けようとする相手には対になる選択肢。
リスクの割にリターンが大きいので、効果的な相手キャラや対戦相手には狙っていきたい。
意識してない相手には強いが大振りなので慣れてる相手に多用は禁物

  • 特殊劒楼閣
距離とタイミングでめくる事もできるがノーマル版は若干頼りないので
使用する際はできれば長い無敵があり、追撃も容易な朝凪状態が望ましい。
朝凪劒楼ならば生半可な対空技は逆に刈り取る事ができる。
中々強力な選択肢だが入力が少々難しいため、コマンドミスしやすく
その際には通常の劒楼やJK、鷹嬰があまりよろしくない状況で出てしまうので
選択肢に取り入れるのならばしっかり練習を。