「りゅうサン」の出来事抜粋編

2月21日
「医療費のお知らせ」が届きました。長文になります・・・
領収証または記録と照らし合わせてチェックしてくれていますか?
私は、領収証も家計簿もありません。
家族の年間で考えると結構使っているなぁ・・・とは思います。
この「医療費のお知らせ」を見て、医療費控除(普通は10万円超)受けようと思っても、これは証明にはなりません。
この目的は、「適正な受診を心がけていただき、健康保険財政の健全化を図るとともに、皆様の健康に対する意識を深めていただくこと」ですので確定申告に使うものではありません。
これって相当な量となるでしょうね。
「財政が厳しいので23年3月から保険料を上げるよ」と通知を見たのは今朝で、今「医療費のお知らせ」見ました。
なんか釈然としないのは私だけでしょうか?
 確かに、病院のロビーが老人のサロン化したり、気軽に診療するのは問題ですが、素人判断で我慢して取り返しがつかなくなるのも怖いです。
このお知らせがどの程度抑止力を持っているかは疑問です。大抵の人はちらっと見てゴミ箱に捨てられるのではないでしょうか。
100%無駄とは言えないけれど、費用対効果を考えると99%位無駄な費用ではないかな?
米桂メンバーは、これを無駄にしないためにも熟読ください。
あれっ!これって全く使っていない人には無いですね
健康維持に感謝または敬意を表する文書と商品券くらいあっても良いよね。
全く使わない人は確定申告で1割返すなんて案はいかがでしょう?
確定申告は健保の負担は無い!税務署の負担は増えますけどね。
給料の高い人たちだから効率化で吸収できるでしょう。
報酬月額が30万円の人で、約5万円/月、年間で60万円払っています。
(会社と本人折半なので、本人負担は50%です)
3割は本人が払います。10万円払った人でも健保負担は約23万円です。
(10/0.3=約33万円医療報酬 33x0.7=約23万)
保険料より安いですね。
では自分が払った保険料分を健保が負担するのは?
(36/0.7=50万円 医療報酬:本人負担は50x0.3=15万円
となります。
思わぬ怪我で長期入院したときにこの保険は有用です。
いずれにせよ、病気には掛かりたくない!健康でありたいですね。
その健康者には是非、表彰状(米桂書体で作成しましょう)と金一封あげたいものです。
名前:
コメント:
















-