|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ピーマン・トマト・アンチョビのブルスケッタ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■□ピーマン・トマト・アンチョビのブルスケッタ □■

友達に招待してもらったホームパーティで食べて、
とても美味しかったので、自分なりに手を加えてたもの。
ピーマンも皮を剥けば生でも苦くありません。


<<材料>>
トマト(プチでも普通のでも)
ピーマン(パプリカでも)
アンチョビペースト(アンチョビフィレでも)
粉チーズ
オリーブオイル
レモン汁
乾燥ハーブ(バジル・オレガノなど)
塩コショウ
パン
にんにく

以上分量は適量・・・

<<作り方>>

【1】トマトを湯剥きして、大きめの角切りにしておく。プチトマトなら2分の1~4分の1位に切る。湯剥きをしたほうが、口当たりがいいので、面倒がらずにした方が良し。意外と楽しい作業。

【2】ピーマンの皮をはぐ。ピーマンを鉄の棒(バーベキューのときに使うようなやつ又はフォークでも。)にさして、直火で焼く(火にそのまま付けるように)、目を疑う程に真っ黒こげになったら、冷水につける。冷水の中で皮を指でこすると、薄皮が剥けて緑の実が出てきます。

【3】皮を剥いたピーマンをお好みの大きさにきる。ピーマンとトマトをあわせ、たっぷりのオリーブオイルにレモン汁、アンチョビペースト、乾燥ハーブ、粉チーズをあえ、最後に塩コショウで味を調え、マリネする。冷蔵庫で冷やしておく。

【4】オリーブオイルにニンニクの摩り下ろしたものを混ぜたものに、パンの片面を浸して、こんがりと、カリカリめに、トーストする。

【5】こんがりかりかりめに焼けたあつあつのパンに3を乗っけてできあがり。

※ピーマンは本当に大丈夫なのか?って位に真っ黒になるまで焦がすこと。
黒くなったら即座に冷水の中で作業。





添付ファイル
はじめまして。

料理初心者な私が自分で作ってみた料理のメモを書き留めています。「覚書」です。

料理はほとんど目分量。
味を見ながら調節してます。
なので、図々しく「大匙1」とか書いているのもありますが、あらかたの目安です。

ちょっとずつ改良していきます。