※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GuildWarsのジョブは
の6種類です。

その中から、プレイヤーは一人のキャラクターにつき、
"メインジョブ"と"サポートジョブ"の2種類のジョブを選択することが出来ます。
キャラクターは選んだジョブによって、特性レベル(Attribute)が設定されます。
特性レベルは、メインとサポートジョブの両方とも自由に設定することができます。

では、ジョブをメインに選んだ場合とサブに選んだ場合で何が違うのかと言うと、
それは初期ステータスとユニーク特性と呼ばれるそのジョブ特有の特性レベルがつくことです。
(補足ですが、キャラクターの見た目はメインジョブのものとなります)

たとえば、メスマー(Mesmer)をメインジョブに選択すると、「ファストキャスト」と呼ばれる
ユニーク特性がつきます。これはメスマー(Mesmer)をサポートジョブにすると使用することができない特性です。

自分の作りたいキャラクターに合わせてジョブを選択することが大切です。

それでは、そのために各ジョブの簡単な説明をしていきましょう。

(色のついた部分はそのジョブのユニーク特性です)




ウォーリア(warrior)

ストレングス:攻撃による防具貫通率を上昇させる。また、攻撃・防御スキルの効果を高める。

高い攻撃力、防御力を持ったジョブ。
ソード(安定した攻撃力)、アックス(火力が高いがバラつきがある)、
ハンマー(敵を転倒させたりするスキルが豊富)
などのタイプがある。
戦闘では最前線でtankとしての役割を果たします。



レンジャー(ranger)

エキスパーティーズ:攻撃スキル、トラップ等のスキル使用時の消費エネルギーを減らす。


弓を使った遠距離攻撃をするジョブ。
攻撃を行うときに、矢は消耗式でなく、何回でも打てる。
ペットを扱うことが出来、そのペット自体も成長させることが出来る。
また、トラップをしかけることが出来るなど、多彩なスキルを持ったジョブです。


モンク(monk)

ディヴァイン:味方をターゲットにしたスキルの回復の効果を高める。
また、仲間を助けるスキルの持続時間や効果を強化する。


状態異常回復やヒールを得意とするジョブ。
主にパーティの回復、補助役を担います。攻撃スキルも持っており、
アンデット系のモンスターには効果が大きい。
PvPでは他から非常に需要が高いジョブと言えるでしょう。



ネクロマンサー(necromancer)

ソウル リーピング:近くで死んだ敵からエネルギーを吸収することができる。


闇の魔術を使うジョブ。
死体を召喚したり、戦闘能力を下げたりするスキルが多彩です。



メスマー(mesmer)

ファスト キャスト:スキルを唱える速度を上げることで詠唱回数を増やす。
相手の精神を惑わせるスキルを使うジョブ。
スキルの詠唱を中断させたり、移動速度を遅くしたりするなど同じ状態変化を得意とする
ネクロマンサーに比べ、より間接的な状態変化を及ぼします。
また、ユニーク特性により、スキルの詠唱速度があげられるので、
スピーディーな戦略が可能になります。





エレメンタリスト(elementalist)

エネルギー:自分のエネルギー最大量を増やしたり、エネルギーの再生に関するスキルを強化する。

火、水、土、風の攻撃魔法を得意とするジョブ。
ゲーム内で一番の火力を持っていると言えます。
また、ユニーク特性によってエネルギーの回復も他のジョブに比べて非常に早いです。