|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

京すし

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【日時】2006年1月30日(月)
【場所】住所:東京都中央区京橋2丁目2-2(明治屋と八重洲ブックセンターの間)
【参加者】BB(名誉会長)、ブラックバード、外部委員K、腹黒 
【値段】980~1120円
【結果(5点満点)】お店の雰囲気 :★★★★
         コストパフフォーマンス:★★★★  

                 味                    :★★★★★



【行動記録】どこかお昼にいい店はないかと名誉会長が探して、この店を見つけたわけで・・・。
昼前より、こだわりの男前外部委員K氏をゲストに店に向かったわけで・・・。
 店の前で記念撮影。この店構えなかなかよし。
 名誉会長、腹黒は二色丼(いなだ、あじ)、T氏はいなだ丼、ブラックバードは鉄火・あじ丼を注文。5分ほどで運ばれてくる。写真手前が二色丼、奥がいなだ丼。これにしじみ汁が付く。大盛りも可能な模様。
【感想】すし飯が甘めの感じだが、かえってしつこくなく上のネタの味を引き立てているように思った。ネタも新鮮でよかった。しじみ汁も泥臭さが無くさすがは下の写真のいかにも頑固オヤジという風貌の板さんが経営する店と思った。今度はにぎりもトライしてみたい(ランチでも可能)。

更新履歴

取得中です。