|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

金魚坂

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【日時】2006年1月25日(水)
【場所】東京都文京区本郷5-3-15 金魚坂
【参加者】あひる&お茶係
【値段】1200円/人
【結果(5点満点)】お店の雰囲気 :★★★★★
         コストパフフォーマンス:★★★
                 味                    :★★★★

【行動記録】
東大にセミナーに行ったら、同級生の助手のM君がお茶を配っていたので
ランチのアポを取り付けて、午前中の講義へ。
お昼休みになり、大混雑のエレベーターにやっと乗り、いざランチ☆
学食・・・と言う案もあったが、おすすめのお店があると言うことで
本郷通りを本郷三丁目方向に戻り、裏道に入るとへんてこな看板が。

金魚坂 料理、喫茶、金魚販売

      • これって??
外見はちょっと隠れ家っぽい喫茶店風。
中に入ると入り口から金魚グッズだらけで、いい感じ。
メニューを持ってきたおじさんの金魚のチョッキがなんとも言えずかわいい。
ランチのセットメニューは3種類。
焼き金魚、煮金魚、金魚の角煮・・・・
と言うのは冗談で、焼き魚、煮魚、豚の角煮。
今日は焼き魚がたらの西京焼きで、煮魚がかれいの煮付けだったので、それらをチョイス。
1200円とちょっと高めだが、なかなか美味しい。
ごはんにとろろがまたうれしい♪
食後はコーヒー、紅茶、中国茶の三種から選べる。今日は中国茶をチョイス。
茶葉をたっぷり入れてくれるので、お湯を足せばかなり楽しめる。
お昼休みは短いのでそそくさと会場に戻ろうとしたら、“裏を見てごらん。”と。

金魚がいっぱ~い☆
鯉のように大きなものから、でめきん、パンダっぽいやつ、金魚すくい用など
種類も多いし、金魚のあの赤さがなんとも言えず風流。
もともと金魚坂は300年も続く金魚問屋で、金魚の販売や金魚釣りも可能。

【感想】

更新履歴

取得中です。