※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

綿アメ屋台/フィーブル藩国


 「はい、いらっしゃい! いらっしゃい 甘くてふわふわな綿アメだよ!」

 今日の刻生・F・悠也はいつもと違い、ねじり鉢巻にハッピという姿である。目の保護の為のサングラスも、夜では意味が無いので外している。

 「おっちゃん、綿アメ一つ頂戴!」
 「ちょおだい!」

 兄弟だろうか? 二人の幼児のうちの一人が刻生に向かい、硬貨を差し出す。

 「おいおい、おっちゃんはよしてくれよ」

 苦笑いしつつも、その両手は素早く動き、割り箸にアメを撒きつける。差し出す綿アメは二つ。

 「はいよ」
 「え、頼んだのはひと」
 「今日は祭りだ。細かいことは気にすんな」

 言葉を遮り、困惑する二人にニカッと笑ってみせる。二重のありがとうに手を振り、ザラメの在庫を確認する。

 「儲けにならないじゃないですか、刻生さん」

 掛けられた声に顔を上げると、見慣れた顔が三つ。フィーブル、久織えにる、へぽGSがやれやれ、と言った顔でこちらを見ていた。

 「お、来てたんだ」
 「いや、黒曜のカラーリングコンテストと聞きましてね」
 「そうです、ロボ好きには堪りません!」
 「いいですよね。ああ、私の萌牙」

 いやはや、フィーブル藩国ロボ部ここにありか、と思いつつ笑う。日常のよくある会話と、非日常のお祭りの雰囲気が重なる、こそばゆい感覚が気持ちいい。

 「コウタロー、綿アメ食べたい!」
 「あまり食べると太るぞ」
 「ぶー、コウタローの意地悪!」

 「お客さんだ。はい、これ持って廻ってきなよ」

 藩王たちに作り置きの綿アメを渡し、屋台前から追い払う。

 やれやれカップルか。そう思いつつも、顔は営業スマイルを浮かべる。お客はお客。それに、嫉妬は醜いよなぁ。

 「はいはい。兄ちゃん、綿アメ二つおくれ」
 「はいよっと。どうぞ」

 楽しそうに笑い合う二人の背中を見送りつつ、刻生は根源種族も祭りを楽しむなんてこと、あるのかな?と、思い人の顔を思い浮かべた。

 いつか、自分達も彼らのように並べる日を願って。




注・・・冒険の結果で刻生・F・悠也は敵のパイロットと恋に落ちています。