軍政官(職業)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 軍政官 RD:25 評価値:8
    • 大部品: 軍政官の概要 RD:3 評価値:3
      • 部品: 軍政官とは
      • 部品: 軍事組織における立ち位置
      • 部品: 事務員との違い
    • 大部品: 軍事組織の管理運営 RD:6 評価値:4
      • 部品: 人事管理と給与計算
      • 部品: 軍需品管理と補給手続き
      • 部品: 政府との調整役
      • 部品: 軍事基地の管理
      • 部品: 軍事予算の管理と申請
      • 部品: 教育計画の立案と監督
    • 大部品: 軍法の執行と法務支援 RD:4 評価値:3
      • 部品: 法務処理と規律の維持
      • 部品: 負傷者や退職者への法務支援
      • 部品: 内務監査と外部機関の受け入れ
      • 部品: 法執行機関との連携
    • 大部品: 軍政官の任官条件 RD:3 評価値:3
      • 部品: 任官試験について
      • 部品: 任官者の素行調査
      • 部品: 研修と適性診断
    • 大部品: 軍政官の能力 RD:4 評価値:3
      • 部品: 事務能力について
      • 部品: 交渉能力と折衝
      • 部品: タスク管理と分担業務について
      • 部品: 資料検索及び作成能力について
    • 大部品: 民間に関する業務 RD:3 評価値:3
      • 部品: 民間業者との折衝
      • 部品: 広報と兵士の募集
      • 部品: 遺族や負傷者へのフォロー
    • 大部品: 占領地及び軍管区での軍事行政と内政 RD:2 評価値:2
      • 部品: 軍管区の役人
      • 部品: 政府との連携



部品定義


部品: 軍政官とは

軍政官とは軍事における行政を執り行う文官であり、軍事組織の機能を維持する為の管理運営、軍管区や占領地における内政業務、軍法の執行や退職管理などを行う事務官である。彼らの業務には民間人や地方自治体との交渉や広報などのスポークスマンとしての側面もあり、軍隊が活動するにあたっての後方支援を広く引き受け前線が滞りなく活動できるよう支援する縁の下の力持ちのような存在である。

部品: 軍事組織における立ち位置

軍政官は武力や警察権を持たず、代わりに書類と予算を持って戦う軍事組織の中の役人である。彼らが給与の計算や退職後の処理、補給物資の手配や人事管理など軍隊が活動するのに必要な各種業務を引き受ける事で戦争を生業とする兵士たちが戦う事が出来るのだ。その為、大抵の軍人は彼らに頭が上がらない事が多いが、一方で何でも屋のように広い業務を押し付けられる傾向にあり、軍政官は戦闘や整備、医療活動など直接的な戦闘にかかわる技術分野以外の広い範囲の業務を受け持つ羽目になる事も多い。

部品: 事務員との違い

通常の事務員と違い軍政官はより軍事組織に寄り添った役人のような立ち位置の職業である。補給から法執行まで広い範囲の事務処理を行う事は同じだが、それだけでなく占領地における軍事行政の執行や各方面との調整など交渉役としての側面も併せ持っている。また、軍政官は文官でありつつも軍に所属する構成員の一員であり、あくまで軍部の一部署を預かる武装しない軍人であるという事もまた通常の事務員との違いとなっているだろう。

部品: 人事管理と給与計算

軍政官の重要な業務の1つに人事管理がある。部隊に配属される兵士や技術者の任官記録から従軍先、負傷時の移送先、昇進の記録、給与の計算と支払い記録に至るまで兵士が公的に行った記録を管理し、保存、必要とあれば検索し提出する業務である。組織に属するすべての人間の記録を残しデータ化して統計を行う事で軍事組織全体の人件費を算出する事が出来、予算の確保や補給物資の手配、退役後の年金まで人に関わる金銭の管理を効率化する事が出来るのである。

部品: 軍需品管理と補給手続き

軍隊は補給を受けなければ活動する事が出来ない。一発の銃弾から一杯のコーヒーまで軍需品の備蓄を管理し各駐屯地や遠征地、前線各地に届ける為の手配を行うのもまた軍事業邸における業務の1つである。軍隊が滞りなく活動できるよう備蓄の発注と補給、輸送の手続きをする事で軍隊は必要な物資を手に入れ、戦う事が出来るようになるわけである。

部品: 政府との調整役

政府の安全保障政策によって軍隊との間に問題が生じた際の交渉や軍隊からの陳情を政府に伝え関係を良好に保つための調整役としての役割もまた軍政官の仕事である。政府と軍隊の関係を良好に保ち、円滑な命令伝達が可能になるよう努める事で軍事組織の健全な活動が出来るよう努める重要な業務であるが、一方で彼らが歪めた情報を伝える事は両者の関係を歪なものにしかねない為、情報の取り扱いは非常に慎重にするよう複数の規則が定められている。

部品: 軍事基地の管理

軍事組織が拠点とする各駐屯地、軍事基地の保守管理を行い、必要に応じて拡張、整理するための手配を行うのも彼らの仕事である。兵士や設備責任者からの申請を受け政府への予算陳情、もしくは年内予算の範囲で業者への依頼を行い適切な処理を執り行うのだ。この際、内部情報の流出を防ぐ為、業者の選定は慎重に行われ場合によっては経済状況の調査や不審な資金の流入がないか調査を行う事がある。この調査は政府への申請と認可をもって行われるものであり、独断での財務調査は彼らの権限上行う事が出来ないものである。

部品: 軍事予算の管理と申請

毎年、政府より軍事組織に割り振られる予算の管理と各分野への割り振り、追加予算の陳情など軍隊の財務面の管理業務もまた彼らの仕事である。軍事予算は軍隊の血液でありそれを全身にいきわたらせる心臓のような役割を果たすわけである。予算分配の審査は前年度の活動と各分野の陳情、報告、査定など多角的に行われる事となっており。また必要に応じて各分野へ追加予算が行えるよう予備費の管理を行う。また状況次第では政府に追加予算の陳情を行う事もあり、この際はデータや報告書など複数の情報をもって行われる事となっている。

部品: 教育計画の立案と監督

軍政官は専門家のアドバイスを受け、実際に指導を行う教官からの資料や提言を受けた上で軍部に置かる各部署の教育計画の立案と予算の配分及び実際の訓練や教育において不正や教官によるいじめが行われていないかなどの監督を行う。これは軍部の一部門のみで訓練を行った際の閉鎖環境でいじめや不正、脱走が行われない為の予防措置の一環であり、兵士の充足率を高める為の対策の1つであるともいえる。

部品: 法務処理と規律の維持

軍政官は軍事組織内の法令を書類上執行する組織内の法の番人としての側面を持つ。ただし警察権を持つわけでなく書類上、実務上の違反者への処理を行う事が軍政官の仕事である。憲兵や警察権を付与された組織が逮捕者に行う事後処理を行うものであり、軍法に違反した兵士への懲戒免職処分や減給などの執行、軍法会議や軍事裁判の開催、証人の召集まで広い範囲での処理を執り行い、これを実行するのが彼らの仕事である。

部品: 負傷者や退職者への法務支援

負傷や任期満了による退職者への法務上の支援を手続するのもまた軍政官の仕事である。年金の支給や医療控除、職の斡旋、カウンセリングの手配まで兵士が日常に戻るための組織としての支援を執り行い平和に馴染めるよう手伝うのは軍事組織の義務であり、ある意味では一番大きな業務の1つともいえる。

部品: 内務監査と外部機関の受け入れ

軍政官は予算や軍需品の管理など多くの重要なリソースを扱う職業である。その為不正が起きた場合致命的な被害を生み出す可能性がある為、定期的な内務監査と無名騎士藩国警備局のような外部の調査機関による監査を受け入れ多重チェックによる不正の防止が行われている。不正が行われない土壌を作ると共に、もしも不正が発生した際は迅速に発見できるよう努力がなされている訳である。

部品: 法執行機関との連携

軍政官は警察権を持たない為、汚職をした軍政官や罪を犯した兵士への対処を行う為に警護局や警察と連携して逮捕を行う事がある。情報の提供はもちろんのこと裁判資料の作成、証人としての証言など支援は多岐にわたり法執行が円滑に進むよう努めている。

部品: 任官試験について

軍政官になるには無名騎士藩国の国内に15年以上滞在する国民が任官試験を受ける必要がある。任官試験は法務関連の基礎知識を確認する法務試験、事務能力を確認する筆記試験、精神鑑定と面接の4つに分けて行われ、必要能力を満たしていると認められた者のみが軍政官となる事が出来る。

部品: 任官者の素行調査

軍政官に任官を希望する者は無名騎士藩国警護局の手によって犯罪歴、資産状況などの調査を受ける必要がある。この調査は任官希望者の同意のもとに行われ、問題ないものと確認されなければ軍政官の試験を受ける事が出来ない。

部品: 研修と適性診断

軍政官は任官後に改めて業務に必要な研修を受ける必要がある。この研修は3か月にわたり法務処理から実務における必要事項及び各人員の適性診断が行われ、研修の最終週には適正から配属部署が発表され各業務に割り振られる事になる。割り振られた人員は各部署でさらに一か月の専門研修を受けたうえで正式な職務に就く事になる。

部品: 事務能力について

軍政官の業務の中でもっとも必要とされるのが事務能力である。日々大量に積まれる補給養成、保守管理、給与計算などの書類を効率的に片づけ、間違いをチェックし、適切な数値を導き出す、その為の計算能力と検索能力、処理能力には非常に高度な熟練度を要求される。その為、軍政官はそれぞれが事務処理のエキスパートであり、また同時にお互いがお互いを支え合ってミスの洗い出しやチェックを行うチームとしての側面も持つ。1人ではどんな職場でもヒーローになるのは難しいのだ。

部品: 交渉能力と折衝

軍政官の仕事の3割は折衝と調整、会議で成り立っている。業務を円滑に回す為にも各部署や政府との話し合いは必然であり、方法の意見を確認して妥協し合ってベターを目指す為のコミュニケーション能力を培い、高めていく事が求められる。

部品: タスク管理と分担業務について

軍政官の業務は複数に渡る事が多く、タスクごとに分けで優先度をつけて作業する必要がある。状況に応じて緊急度の高いもの、例えば急を要する前線への物資手配や軍法会議意必要なデータの用意、テロに備えての予備の病床の手配などその時々の状況に応じてタスクに優先度をつけて必要な仕事を振り分けて仕事をする状況判断が求められる。これらの仕事は各部署ごとに分担して行われ、緊急度の高い仕事を優先して行うチームと通常業務をストップさせず軍事活動を維持させるチームで共同で作業をする事で確実な業務を行うのだ。

部品: 資料検索及び作成能力について

軍政官はこれまでに業務で記録された各種資料やデータを確実に引き出せるよう情報を検索し抜き出す能力が求められる。必要に応じた記録を引き出し、適切な情報をデータとしてまとめ直す事で会議や予算陳情、記録照会や公開資料など様々な用途で記録を利用する事が出来、今までの仕事を広い分野で利用する事が出来るようになる。

部品: 民間業者との折衝

軍事組織は組織内ですべての業務を完結させることはできない。いくつの物資調達は民間の力を必要としており、民間業者からの納入手続きや支払いの計算も当然ながら軍政官の仕事となる。場合によっては基地の拡張や改築にも民間業者の手を借りる事があり折衝や交渉を行い円滑に業務が進むよう努める事も必要となるのだ。

部品: 広報と兵士の募集

民間に向けての基地の開放や公開ツアー、兵士の募集に関わる広報など民間向けの情報の発信もまた軍政官の仕事である。民間に明るい情報を発信しより広くに政府や軍事組織の望む情報を届けるための努力や情報公開を行う事で少しでもよい印象を与え未来を開いていく足掛けにする訳である。

部品: 遺族や負傷者へのフォロー

戦闘で負傷退役した兵士や殉職した兵士のフォローもまた彼らの仕事である。年金の手配もそうだが、同じような待遇の家族同士をつなぐ互助会の設立や運営、死亡通知の送付、定期的な広報の発信などを行い少しでも彼らの手伝いができるよう努める事になる。

部品: 軍管区の役人

軍政官は軍管区や占領地の一時駐留などで政府の役人の立ち入りが難しい場所での統治を代行する事もある。この場合、政府の認可を受けた上での政策の実施や税金の管理及び運用などを行い、該当地域での統治が確実に運営されるよう努める事になる。

部品: 政府との連携

軍政官は政府や各省庁と連携し軍管区や一時的に占領した敵地での内政を行う。各方面へのアドバイザーを招き助言を受けつつの占領地の運営はもちろんの事、軍管区の運営にあたっても専門家や学者を招聘した定期的な研修会や勉強会を行い、情報の更新や視野が狭まる事を防ぐ措置が取られている。



提出書式


 大部品: 軍政官 RD:25 評価値:8
 -大部品: 軍政官の概要 RD:3 評価値:3
 --部品: 軍政官とは
 --部品: 軍事組織における立ち位置
 --部品: 事務員との違い
 -大部品: 軍事組織の管理運営 RD:6 評価値:4
 --部品: 人事管理と給与計算
 --部品: 軍需品管理と補給手続き
 --部品: 政府との調整役
 --部品: 軍事基地の管理
 --部品: 軍事予算の管理と申請
 --部品: 教育計画の立案と監督
 -大部品: 軍法の執行と法務支援 RD:4 評価値:3
 --部品: 法務処理と規律の維持
 --部品: 負傷者や退職者への法務支援
 --部品: 内務監査と外部機関の受け入れ
 --部品: 法執行機関との連携
 -大部品: 軍政官の任官条件 RD:3 評価値:3
 --部品: 任官試験について
 --部品: 任官者の素行調査
 --部品: 研修と適性診断
 -大部品: 軍政官の能力 RD:4 評価値:3
 --部品: 事務能力について
 --部品: 交渉能力と折衝
 --部品: タスク管理と分担業務について
 --部品: 資料検索及び作成能力について
 -大部品: 民間に関する業務 RD:3 評価値:3
 --部品: 民間業者との折衝
 --部品: 広報と兵士の募集
 --部品: 遺族や負傷者へのフォロー
 -大部品: 占領地及び軍管区での軍事行政と内政 RD:2 評価値:2
 --部品: 軍管区の役人
 --部品: 政府との連携
 
 
 部品: 軍政官とは
 軍政官とは軍事における行政を執り行う文官であり、軍事組織の機能を維持する為の管理運営、軍管区や占領地における内政業務、軍法の執行や退職管理などを行う事務官である。彼らの業務には民間人や地方自治体との交渉や広報などのスポークスマンとしての側面もあり、軍隊が活動するにあたっての後方支援を広く引き受け前線が滞りなく活動できるよう支援する縁の下の力持ちのような存在である。
 
 部品: 軍事組織における立ち位置
 軍政官は武力や警察権を持たず、代わりに書類と予算を持って戦う軍事組織の中の役人である。彼らが給与の計算や退職後の処理、補給物資の手配や人事管理など軍隊が活動するのに必要な各種業務を引き受ける事で戦争を生業とする兵士たちが戦う事が出来るのだ。その為、大抵の軍人は彼らに頭が上がらない事が多いが、一方で何でも屋のように広い業務を押し付けられる傾向にあり、軍政官は戦闘や整備、医療活動など直接的な戦闘にかかわる技術分野以外の広い範囲の業務を受け持つ羽目になる事も多い。
 
 部品: 事務員との違い
 通常の事務員と違い軍政官はより軍事組織に寄り添った役人のような立ち位置の職業である。補給から法執行まで広い範囲の事務処理を行う事は同じだが、それだけでなく占領地における軍事行政の執行や各方面との調整など交渉役としての側面も併せ持っている。また、軍政官は文官でありつつも軍に所属する構成員の一員であり、あくまで軍部の一部署を預かる武装しない軍人であるという事もまた通常の事務員との違いとなっているだろう。
 
 部品: 人事管理と給与計算
 軍政官の重要な業務の1つに人事管理がある。部隊に配属される兵士や技術者の任官記録から従軍先、負傷時の移送先、昇進の記録、給与の計算と支払い記録に至るまで兵士が公的に行った記録を管理し、保存、必要とあれば検索し提出する業務である。組織に属するすべての人間の記録を残しデータ化して統計を行う事で軍事組織全体の人件費を算出する事が出来、予算の確保や補給物資の手配、退役後の年金まで人に関わる金銭の管理を効率化する事が出来るのである。
 
 部品: 軍需品管理と補給手続き
 軍隊は補給を受けなければ活動する事が出来ない。一発の銃弾から一杯のコーヒーまで軍需品の備蓄を管理し各駐屯地や遠征地、前線各地に届ける為の手配を行うのもまた軍事業邸における業務の1つである。軍隊が滞りなく活動できるよう備蓄の発注と補給、輸送の手続きをする事で軍隊は必要な物資を手に入れ、戦う事が出来るようになるわけである。
 
 部品: 政府との調整役
 政府の安全保障政策によって軍隊との間に問題が生じた際の交渉や軍隊からの陳情を政府に伝え関係を良好に保つための調整役としての役割もまた軍政官の仕事である。政府と軍隊の関係を良好に保ち、円滑な命令伝達が可能になるよう努める事で軍事組織の健全な活動が出来るよう努める重要な業務であるが、一方で彼らが歪めた情報を伝える事は両者の関係を歪なものにしかねない為、情報の取り扱いは非常に慎重にするよう複数の規則が定められている。
 
 部品: 軍事基地の管理
 軍事組織が拠点とする各駐屯地、軍事基地の保守管理を行い、必要に応じて拡張、整理するための手配を行うのも彼らの仕事である。兵士や設備責任者からの申請を受け政府への予算陳情、もしくは年内予算の範囲で業者への依頼を行い適切な処理を執り行うのだ。この際、内部情報の流出を防ぐ為、業者の選定は慎重に行われ場合によっては経済状況の調査や不審な資金の流入がないか調査を行う事がある。この調査は政府への申請と認可をもって行われるものであり、独断での財務調査は彼らの権限上行う事が出来ないものである。
 
 部品: 軍事予算の管理と申請
 毎年、政府より軍事組織に割り振られる予算の管理と各分野への割り振り、追加予算の陳情など軍隊の財務面の管理業務もまた彼らの仕事である。軍事予算は軍隊の血液でありそれを全身にいきわたらせる心臓のような役割を果たすわけである。予算分配の審査は前年度の活動と各分野の陳情、報告、査定など多角的に行われる事となっており。また必要に応じて各分野へ追加予算が行えるよう予備費の管理を行う。また状況次第では政府に追加予算の陳情を行う事もあり、この際はデータや報告書など複数の情報をもって行われる事となっている。
 
 部品: 教育計画の立案と監督
 軍政官は専門家のアドバイスを受け、実際に指導を行う教官からの資料や提言を受けた上で軍部に置かる各部署の教育計画の立案と予算の配分及び実際の訓練や教育において不正や教官によるいじめが行われていないかなどの監督を行う。これは軍部の一部門のみで訓練を行った際の閉鎖環境でいじめや不正、脱走が行われない為の予防措置の一環であり、兵士の充足率を高める為の対策の1つであるともいえる。
 
 部品: 法務処理と規律の維持
 軍政官は軍事組織内の法令を書類上執行する組織内の法の番人としての側面を持つ。ただし警察権を持つわけでなく書類上、実務上の違反者への処理を行う事が軍政官の仕事である。憲兵や警察権を付与された組織が逮捕者に行う事後処理を行うものであり、軍法に違反した兵士への懲戒免職処分や減給などの執行、軍法会議や軍事裁判の開催、証人の召集まで広い範囲での処理を執り行い、これを実行するのが彼らの仕事である。
 
 部品: 負傷者や退職者への法務支援
 負傷や任期満了による退職者への法務上の支援を手続するのもまた軍政官の仕事である。年金の支給や医療控除、職の斡旋、カウンセリングの手配まで兵士が日常に戻るための組織としての支援を執り行い平和に馴染めるよう手伝うのは軍事組織の義務であり、ある意味では一番大きな業務の1つともいえる。
 
 部品: 内務監査と外部機関の受け入れ
 軍政官は予算や軍需品の管理など多くの重要なリソースを扱う職業である。その為不正が起きた場合致命的な被害を生み出す可能性がある為、定期的な内務監査と無名騎士藩国警備局のような外部の調査機関による監査を受け入れ多重チェックによる不正の防止が行われている。不正が行われない土壌を作ると共に、もしも不正が発生した際は迅速に発見できるよう努力がなされている訳である。
 
 部品: 法執行機関との連携
 軍政官は警察権を持たない為、汚職をした軍政官や罪を犯した兵士への対処を行う為に警護局や警察と連携して逮捕を行う事がある。情報の提供はもちろんのこと裁判資料の作成、証人としての証言など支援は多岐にわたり法執行が円滑に進むよう努めている。
 
 部品: 任官試験について
 軍政官になるには無名騎士藩国の国内に15年以上滞在する国民が任官試験を受ける必要がある。任官試験は法務関連の基礎知識を確認する法務試験、事務能力を確認する筆記試験、精神鑑定と面接の4つに分けて行われ、必要能力を満たしていると認められた者のみが軍政官となる事が出来る。
 
 部品: 任官者の素行調査
 軍政官に任官を希望する者は無名騎士藩国警護局の手によって犯罪歴、資産状況などの調査を受ける必要がある。この調査は任官希望者の同意のもとに行われ、問題ないものと確認されなければ軍政官の試験を受ける事が出来ない。
 
 部品: 研修と適性診断
 軍政官は任官後に改めて業務に必要な研修を受ける必要がある。この研修は3か月にわたり法務処理から実務における必要事項及び各人員の適性診断が行われ、研修の最終週には適正から配属部署が発表され各業務に割り振られる事になる。割り振られた人員は各部署でさらに一か月の専門研修を受けたうえで正式な職務に就く事になる。
 
 部品: 事務能力について
 軍政官の業務の中でもっとも必要とされるのが事務能力である。日々大量に積まれる補給養成、保守管理、給与計算などの書類を効率的に片づけ、間違いをチェックし、適切な数値を導き出す、その為の計算能力と検索能力、処理能力には非常に高度な熟練度を要求される。その為、軍政官はそれぞれが事務処理のエキスパートであり、また同時にお互いがお互いを支え合ってミスの洗い出しやチェックを行うチームとしての側面も持つ。1人ではどんな職場でもヒーローになるのは難しいのだ。
 
 部品: 交渉能力と折衝
 軍政官の仕事の3割は折衝と調整、会議で成り立っている。業務を円滑に回す為にも各部署や政府との話し合いは必然であり、方法の意見を確認して妥協し合ってベターを目指す為のコミュニケーション能力を培い、高めていく事が求められる。
 
 部品: タスク管理と分担業務について
 軍政官の業務は複数に渡る事が多く、タスクごとに分けで優先度をつけて作業する必要がある。状況に応じて緊急度の高いもの、例えば急を要する前線への物資手配や軍法会議意必要なデータの用意、テロに備えての予備の病床の手配などその時々の状況に応じてタスクに優先度をつけて必要な仕事を振り分けて仕事をする状況判断が求められる。これらの仕事は各部署ごとに分担して行われ、緊急度の高い仕事を優先して行うチームと通常業務をストップさせず軍事活動を維持させるチームで共同で作業をする事で確実な業務を行うのだ。
 
 部品: 資料検索及び作成能力について
 軍政官はこれまでに業務で記録された各種資料やデータを確実に引き出せるよう情報を検索し抜き出す能力が求められる。必要に応じた記録を引き出し、適切な情報をデータとしてまとめ直す事で会議や予算陳情、記録照会や公開資料など様々な用途で記録を利用する事が出来、今までの仕事を広い分野で利用する事が出来るようになる。
 
 部品: 民間業者との折衝
 軍事組織は組織内ですべての業務を完結させることはできない。いくつの物資調達は民間の力を必要としており、民間業者からの納入手続きや支払いの計算も当然ながら軍政官の仕事となる。場合によっては基地の拡張や改築にも民間業者の手を借りる事があり折衝や交渉を行い円滑に業務が進むよう努める事も必要となるのだ。
 
 部品: 広報と兵士の募集
 民間に向けての基地の開放や公開ツアー、兵士の募集に関わる広報など民間向けの情報の発信もまた軍政官の仕事である。民間に明るい情報を発信しより広くに政府や軍事組織の望む情報を届けるための努力や情報公開を行う事で少しでもよい印象を与え未来を開いていく足掛けにする訳である。
 
 部品: 遺族や負傷者へのフォロー
 戦闘で負傷退役した兵士や殉職した兵士のフォローもまた彼らの仕事である。年金の手配もそうだが、同じような待遇の家族同士をつなぐ互助会の設立や運営、死亡通知の送付、定期的な広報の発信などを行い少しでも彼らの手伝いができるよう努める事になる。
 
 部品: 軍管区の役人
 軍政官は軍管区や占領地の一時駐留などで政府の役人の立ち入りが難しい場所での統治を代行する事もある。この場合、政府の認可を受けた上での政策の実施や税金の管理及び運用などを行い、該当地域での統治が確実に運営されるよう努める事になる。
 
 部品: 政府との連携
 軍政官は政府や各省庁と連携し軍管区や一時的に占領した敵地での内政を行う。各方面へのアドバイザーを招き助言を受けつつの占領地の運営はもちろんの事、軍管区の運営にあたっても専門家や学者を招聘した定期的な研修会や勉強会を行い、情報の更新や視野が狭まる事を防ぐ措置が取られている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "軍政官",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "軍政官の概要",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "軍政官とは",
             "description": "軍政官とは軍事における行政を執り行う文官であり、軍事組織の機能を維持する為の管理運営、軍管区や占領地における内政業務、軍法の執行や退職管理などを行う事務官である。彼らの業務には民間人や地方自治体との交渉や広報などのスポークスマンとしての側面もあり、軍隊が活動するにあたっての後方支援を広く引き受け前線が滞りなく活動できるよう支援する縁の下の力持ちのような存在である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 2
           },
           {
             "title": "軍事組織における立ち位置",
             "description": "軍政官は武力や警察権を持たず、代わりに書類と予算を持って戦う軍事組織の中の役人である。彼らが給与の計算や退職後の処理、補給物資の手配や人事管理など軍隊が活動するのに必要な各種業務を引き受ける事で戦争を生業とする兵士たちが戦う事が出来るのだ。その為、大抵の軍人は彼らに頭が上がらない事が多いが、一方で何でも屋のように広い業務を押し付けられる傾向にあり、軍政官は戦闘や整備、医療活動など直接的な戦闘にかかわる技術分野以外の広い範囲の業務を受け持つ羽目になる事も多い。",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "事務員との違い",
             "description": "通常の事務員と違い軍政官はより軍事組織に寄り添った役人のような立ち位置の職業である。補給から法執行まで広い範囲の事務処理を行う事は同じだが、それだけでなく占領地における軍事行政の執行や各方面との調整など交渉役としての側面も併せ持っている。また、軍政官は文官でありつつも軍に所属する構成員の一員であり、あくまで軍部の一部署を預かる武装しない軍人であるという事もまた通常の事務員との違いとなっているだろう。",
             "part_type": "part",
             "localID": 4
           }
         ],
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "軍事組織の管理運営",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "人事管理と給与計算",
             "description": "軍政官の重要な業務の1つに人事管理がある。部隊に配属される兵士や技術者の任官記録から従軍先、負傷時の移送先、昇進の記録、給与の計算と支払い記録に至るまで兵士が公的に行った記録を管理し、保存、必要とあれば検索し提出する業務である。組織に属するすべての人間の記録を残しデータ化して統計を行う事で軍事組織全体の人件費を算出する事が出来、予算の確保や補給物資の手配、退役後の年金まで人に関わる金銭の管理を効率化する事が出来るのである。",
             "part_type": "part",
             "localID": 6
           },
           {
             "title": "軍需品管理と補給手続き",
             "description": "軍隊は補給を受けなければ活動する事が出来ない。一発の銃弾から一杯のコーヒーまで軍需品の備蓄を管理し各駐屯地や遠征地、前線各地に届ける為の手配を行うのもまた軍事業邸における業務の1つである。軍隊が滞りなく活動できるよう備蓄の発注と補給、輸送の手続きをする事で軍隊は必要な物資を手に入れ、戦う事が出来るようになるわけである。",
             "part_type": "part",
             "localID": 7
           },
           {
             "title": "政府との調整役",
             "description": "政府の安全保障政策によって軍隊との間に問題が生じた際の交渉や軍隊からの陳情を政府に伝え関係を良好に保つための調整役としての役割もまた軍政官の仕事である。政府と軍隊の関係を良好に保ち、円滑な命令伝達が可能になるよう努める事で軍事組織の健全な活動が出来るよう努める重要な業務であるが、一方で彼らが歪めた情報を伝える事は両者の関係を歪なものにしかねない為、情報の取り扱いは非常に慎重にするよう複数の規則が定められている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 8
           },
           {
             "title": "軍事基地の管理",
             "description": "軍事組織が拠点とする各駐屯地、軍事基地の保守管理を行い、必要に応じて拡張、整理するための手配を行うのも彼らの仕事である。兵士や設備責任者からの申請を受け政府への予算陳情、もしくは年内予算の範囲で業者への依頼を行い適切な処理を執り行うのだ。この際、内部情報の流出を防ぐ為、業者の選定は慎重に行われ場合によっては経済状況の調査や不審な資金の流入がないか調査を行う事がある。この調査は政府への申請と認可をもって行われるものであり、独断での財務調査は彼らの権限上行う事が出来ないものである。",
             "part_type": "part",
             "localID": 9
           },
           {
             "title": "軍事予算の管理と申請",
             "description": "毎年、政府より軍事組織に割り振られる予算の管理と各分野への割り振り、追加予算の陳情など軍隊の財務面の管理業務もまた彼らの仕事である。軍事予算は軍隊の血液でありそれを全身にいきわたらせる心臓のような役割を果たすわけである。予算分配の審査は前年度の活動と各分野の陳情、報告、査定など多角的に行われる事となっており。また必要に応じて各分野へ追加予算が行えるよう予備費の管理を行う。また状況次第では政府に追加予算の陳情を行う事もあり、この際はデータや報告書など複数の情報をもって行われる事となっている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 10
           },
           {
             "title": "教育計画の立案と監督",
             "description": "軍政官は専門家のアドバイスを受け、実際に指導を行う教官からの資料や提言を受けた上で軍部に置かる各部署の教育計画の立案と予算の配分及び実際の訓練や教育において不正や教官によるいじめが行われていないかなどの監督を行う。これは軍部の一部門のみで訓練を行った際の閉鎖環境でいじめや不正、脱走が行われない為の予防措置の一環であり、兵士の充足率を高める為の対策の1つであるともいえる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 11
           }
         ],
         "localID": 5,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "軍法の執行と法務支援",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "法務処理と規律の維持",
             "description": "軍政官は軍事組織内の法令を書類上執行する組織内の法の番人としての側面を持つ。ただし警察権を持つわけでなく書類上、実務上の違反者への処理を行う事が軍政官の仕事である。憲兵や警察権を付与された組織が逮捕者に行う事後処理を行うものであり、軍法に違反した兵士への懲戒免職処分や減給などの執行、軍法会議や軍事裁判の開催、証人の召集まで広い範囲での処理を執り行い、これを実行するのが彼らの仕事である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 13
           },
           {
             "title": "負傷者や退職者への法務支援",
             "description": "負傷や任期満了による退職者への法務上の支援を手続するのもまた軍政官の仕事である。年金の支給や医療控除、職の斡旋、カウンセリングの手配まで兵士が日常に戻るための組織としての支援を執り行い平和に馴染めるよう手伝うのは軍事組織の義務であり、ある意味では一番大きな業務の1つともいえる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 14
           },
           {
             "title": "内務監査と外部機関の受け入れ",
             "description": "軍政官は予算や軍需品の管理など多くの重要なリソースを扱う職業である。その為不正が起きた場合致命的な被害を生み出す可能性がある為、定期的な内務監査と無名騎士藩国警備局のような外部の調査機関による監査を受け入れ多重チェックによる不正の防止が行われている。不正が行われない土壌を作ると共に、もしも不正が発生した際は迅速に発見できるよう努力がなされている訳である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 15
           },
           {
             "title": "法執行機関との連携",
             "description": "軍政官は警察権を持たない為、汚職をした軍政官や罪を犯した兵士への対処を行う為に警護局や警察と連携して逮捕を行う事がある。情報の提供はもちろんのこと裁判資料の作成、証人としての証言など支援は多岐にわたり法執行が円滑に進むよう努めている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 16
           }
         ],
         "localID": 12,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "軍政官の任官条件",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "任官試験について",
             "description": "軍政官になるには無名騎士藩国の国内に15年以上滞在する国民が任官試験を受ける必要がある。任官試験は法務関連の基礎知識を確認する法務試験、事務能力を確認する筆記試験、精神鑑定と面接の4つに分けて行われ、必要能力を満たしていると認められた者のみが軍政官となる事が出来る。",
             "part_type": "part",
             "localID": 18
           },
           {
             "title": "任官者の素行調査",
             "description": "軍政官に任官を希望する者は無名騎士藩国警護局の手によって犯罪歴、資産状況などの調査を受ける必要がある。この調査は任官希望者の同意のもとに行われ、問題ないものと確認されなければ軍政官の試験を受ける事が出来ない。",
             "part_type": "part",
             "localID": 19
           },
           {
             "title": "研修と適性診断",
             "description": "軍政官は任官後に改めて業務に必要な研修を受ける必要がある。この研修は3か月にわたり法務処理から実務における必要事項及び各人員の適性診断が行われ、研修の最終週には適正から配属部署が発表され各業務に割り振られる事になる。割り振られた人員は各部署でさらに一か月の専門研修を受けたうえで正式な職務に就く事になる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 20
           }
         ],
         "localID": 17,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "軍政官の能力",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "事務能力について",
             "description": "軍政官の業務の中でもっとも必要とされるのが事務能力である。日々大量に積まれる補給養成、保守管理、給与計算などの書類を効率的に片づけ、間違いをチェックし、適切な数値を導き出す、その為の計算能力と検索能力、処理能力には非常に高度な熟練度を要求される。その為、軍政官はそれぞれが事務処理のエキスパートであり、また同時にお互いがお互いを支え合ってミスの洗い出しやチェックを行うチームとしての側面も持つ。1人ではどんな職場でもヒーローになるのは難しいのだ。",
             "part_type": "part",
             "localID": 22
           },
           {
             "title": "交渉能力と折衝",
             "description": "軍政官の仕事の3割は折衝と調整、会議で成り立っている。業務を円滑に回す為にも各部署や政府との話し合いは必然であり、方法の意見を確認して妥協し合ってベターを目指す為のコミュニケーション能力を培い、高めていく事が求められる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 23
           },
           {
             "title": "タスク管理と分担業務について",
             "description": "軍政官の業務は複数に渡る事が多く、タスクごとに分けで優先度をつけて作業する必要がある。状況に応じて緊急度の高いもの、例えば急を要する前線への物資手配や軍法会議意必要なデータの用意、テロに備えての予備の病床の手配などその時々の状況に応じてタスクに優先度をつけて必要な仕事を振り分けて仕事をする状況判断が求められる。これらの仕事は各部署ごとに分担して行われ、緊急度の高い仕事を優先して行うチームと通常業務をストップさせず軍事活動を維持させるチームで共同で作業をする事で確実な業務を行うのだ。",
             "part_type": "part",
             "localID": 24
           },
           {
             "title": "資料検索及び作成能力について",
             "description": "軍政官はこれまでに業務で記録された各種資料やデータを確実に引き出せるよう情報を検索し抜き出す能力が求められる。必要に応じた記録を引き出し、適切な情報をデータとしてまとめ直す事で会議や予算陳情、記録照会や公開資料など様々な用途で記録を利用する事が出来、今までの仕事を広い分野で利用する事が出来るようになる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 25
           }
         ],
         "localID": 21,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "民間に関する業務",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "民間業者との折衝",
             "description": "軍事組織は組織内ですべての業務を完結させることはできない。いくつの物資調達は民間の力を必要としており、民間業者からの納入手続きや支払いの計算も当然ながら軍政官の仕事となる。場合によっては基地の拡張や改築にも民間業者の手を借りる事があり折衝や交渉を行い円滑に業務が進むよう努める事も必要となるのだ。",
             "part_type": "part",
             "localID": 27
           },
           {
             "title": "広報と兵士の募集",
             "description": "民間に向けての基地の開放や公開ツアー、兵士の募集に関わる広報など民間向けの情報の発信もまた軍政官の仕事である。民間に明るい情報を発信しより広くに政府や軍事組織の望む情報を届けるための努力や情報公開を行う事で少しでもよい印象を与え未来を開いていく足掛けにする訳である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 28
           },
           {
             "title": "遺族や負傷者へのフォロー",
             "description": "戦闘で負傷退役した兵士や殉職した兵士のフォローもまた彼らの仕事である。年金の手配もそうだが、同じような待遇の家族同士をつなぐ互助会の設立や運営、死亡通知の送付、定期的な広報の発信などを行い少しでも彼らの手伝いができるよう努める事になる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 29
           }
         ],
         "localID": 26,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "占領地及び軍管区での軍事行政と内政",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "軍管区の役人",
             "description": "軍政官は軍管区や占領地の一時駐留などで政府の役人の立ち入りが難しい場所での統治を代行する事もある。この場合、政府の認可を受けた上での政策の実施や税金の管理及び運用などを行い、該当地域での統治が確実に運営されるよう努める事になる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 31
           },
           {
             "title": "政府との連携",
             "description": "軍政官は政府や各省庁と連携し軍管区や一時的に占領した敵地での内政を行う。各方面へのアドバイザーを招き助言を受けつつの占領地の運営はもちろんの事、軍管区の運営にあたっても専門家や学者を招聘した定期的な研修会や勉強会を行い、情報の更新や視野が狭まる事を防ぐ措置が取られている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 32
           }
         ],
         "localID": 30,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]