I=Dダイバー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: I=Dダイバー RD:36 評価値:8
    • 大部品: 名パイロット(無名版) RD:26 評価値:8
      • 大部品: パイロット(無名版) RD:12 評価値:6
        • 大部品: パイロット訓練による能力涵養 RD:6 評価値:4
          • 部品: 戦闘訓練
          • 部品: ブリーフィング
          • 部品: パイロット準備過程の修了
          • 部品: 操縦経験
          • 部品: 能力の適正検査
          • 部品: マニュアル把握
        • 大部品: パイロットにおける一般任務 RD:6 評価値:4
          • 部品: 編隊行動
          • 部品: 自機管理
          • 部品: 状況判断
          • 部品: 待機任務
          • 部品: 健康管理
          • 部品: 部隊行動基準
      • 部品: エンブレム
      • 部品: 指揮能力
      • 部品: 教官経験者
      • 部品: 自己鍛錬
      • 部品: 優れた空間把握能力
      • 部品: 経験による行動の裏付け
      • 部品: 戦闘時の緊急対応
      • 部品: 各種環境への対応
      • 部品: 高G適正
      • 部品: 偏差射撃の習得
      • 大部品: アイテム RD:4 評価値:3
        • 部品: 隊の写真
        • 部品: 勲章
        • 部品: 記念の航空用腕時計
        • 部品: イエロージャンパー
    • 大部品: 水中機習熟訓練 RD:6 評価値:4
      • 部品: 特殊環境への理解
      • 部品: 機動互換に関する習熟訓練
      • 部品: 欺瞞行動における空中機動の応用
      • 部品: 水中での哨戒/偵察行動
      • 部品: 攻撃技術とライムラグについて
      • 部品: サバイバル訓練と漂流
    • 大部品: 水中機運用について RD:4 評価値:3
      • 部品: I=Dダイバーとは
      • 部品: RBと水中用I=D
      • 部品: 防衛任務における運用
      • 部品: 護衛としての水中用I=D



部品定義


部品: 戦闘訓練

平時からの仮想敵との戦闘訓練により、想定可能な敵の構成・戦術への対応方法を学習している。
全てを網羅している訳では無いが、体系だてて学ぶことで、その延長として柔軟に対応することを目指す。

部品: ブリーフィング

作戦行動前に隊全体で行われる綿密な打ち合わせ。
戦況の確認であったり、作戦行動に求められる目標であったり内容は多岐にわたるが、
パイロットにとっては、全体の中で自分のすべきことを把握する重要な情報交換の場となる。

部品: パイロット準備過程の修了

パイロットとはエリートであり、訓練課程により、工学、航法、通信、法規など各種の知識を身に付け
戦場での活動はそれらに裏付けられていることが求められる。
また、実際の操縦技能は、初歩の操縦を訓練機により習熟した後、実機にて戦闘機動など実践に即した訓練が行われる。

部品: 操縦経験

一般的にパイロットの技量とは、機体を操縦した時間に依存する。
特定の機体・機種に関し継続して訓練を行った時間の累積により一人前のパイロットと扱われ
訓練部隊に組み込まれてより5年間、第一線部隊で最低1年間従事することで1人前となる。

部品: 能力の適正検査

基本的な作業能力に加え、機体操縦時のマルチタスク能力、会話への適切な対応といった検査に加え
パイロット向けの検査、身体測定、血液検査、脳波測定、斜位測定、心電図、深視力、視野、精神内科の問診などが行われる
精神の形質について調査され、残虐性といった社会倫理に欠けると判断されたものは不適格とされる。
前科などの経歴も調査され、問題があるようであれば、これもまた不適格と判断される。
これら個人の資質を内外から徹底的に検査した後に、ベテランパイロットとの面接、実際のフライトでの最終的な適正が問われる。
これらの項目のためパイロット登用試験は狭き門となる。

部品: マニュアル把握

パイロットに多彩なマニュアルは付き物である。
随時更新されるマニュアルを把握し緊急時対応を行える事は
パイロットの基本教養であり命を救う綱であるとともに
最大の武器の一つである。

部品: 編隊行動

戦闘時に僚機と自機の位置を維持する技術。
集団で行動するための基本スキルであり、練度を見るための目安ともなる。
中距離での戦闘では統制射撃との組み合わせで威力を発揮する。

部品: 自機管理

機体の消耗状況の把握に長ける能力。
戦闘中に機体の不調が発生することは即座に死を意味するため
自機の僅かな変調から起こりうる異常を予想する。

部品: 状況判断

冷静な状況判断により、局所的な有利不利を察知する能力。
目まぐるしく変化する状況をつぶさに捉え、次の行動を決定するための
観察・整理を行うことで可能な限り自軍に有利な行動を選択する。

部品: 待機任務

パイロットの任務の1つ、領空(領土、領宙)侵犯に対してスクランブル発進し、これを迎撃する。
違法に自国へ侵入を試みる軍隊・賊への牽制や哨戒、迎撃へ即時対応するための準備。
一方で、救難を求める対象への対応も含める。
シフト制により24時間対応可能。

部品: 健康管理

パイロットは機体の1部品としての側面が強く、健康診断で問題がある場合即座に不適格として後方勤務となる。
そのため、常日頃より自身の健康管理に対する要求ハードルが高く設定される。

部品: 部隊行動基準

軍隊の一員として、交戦に関する規律を明文化したもの。国際法規における交戦倫理にあたる条項を参考に
一般市民への攻撃禁止等の基本的な倫理を定めた内容。
敵国へ露見すると手の内を晒すこととなるため、自国の軍隊を管理する省庁と下部組織内においてのみ閲覧可能。

部品: エンブレム

名パイロットは機体に自身を示すエンブレムや撃墜マークなどを示すことがある。
これは彼らの功績を示す格好のステータスであり、彼らの誇りでもある。

部品: 指揮能力

名パイロットとは引いては優秀な指揮官としての側面を持ち合わせていることが多い。
これは僚機の持つポテンシャルを引き出し、隊全体の実力を多いに底上げする。
名パイロットが居る隊では練度が向上しやすく、新たな名パイロットを生み出す要因となる。

部品: 教官経験者

名パイロットは、その技能および前線での戦術的経験を重宝されるがため
教官として後方における兵の訓練にあたる任務が与えられる。
これらの教官が前線に戻るとき、元生徒である兵士、あるいは士官との間では
ある種の信頼関係により発言力が増すことがある。

部品: 自己鍛錬

名パイロットとは、裏で地道な努力を続けている者が多い。
彼らにとって日々の鍛錬とは日常であり、気にすることはないが
その意識しない行動によって、戦場での結果は出ている。

部品: 優れた空間把握能力

名パイロットと呼ばれる彼らは、昨今は宇宙空間での戦闘を多く行っている。
元々は地上の空中戦でその技量を高めてきた彼らは、
宇宙空間でもその優れた空間把握能力を活かし、
スペースデブリや敵機との彼我距離を正確に把握し宙間戦闘を行っている。

部品: 経験による行動の裏付け

パイロットの中には自身の経験知から行動に一定の傾向を設け
その定型パターンに乗ることで時間的な優位を得て勝利するものも居る
前線での経験が豊富な叩き上げのベテランパイロットにこそ可能といえる。

部品: 戦闘時の緊急対応

戦闘時の緊急対応:
戦闘中は多くの想定外の事象が発生する。逐次発生するトラブルに対し、
その場その場で優先度を設定し、最適な対応を部下のパイロットに指示し、
対応を行い続けていくスキルが名パイロットには要求される。 

部品: 各種環境への対応

各種環境への対応:
名パイロットと呼ばれるパイロットは、陸海空宇宙すべての空間における経験を持つ。
それぞれの経験で得たスキルを統合し、別の空間での戦闘にも活かしている

部品: 高G適正

高G適正者が戦闘機動を取ることによる疲労が少なくなる
蓄積する疲労、状況判断の障害を減らすことにより優位に立つことが可能

部品: 偏差射撃の習得

交戦相手の移動先を予測しあらかじめ軌道線上に弾幕を展開する事で命中率を格段に向上させる攻撃技術である。主にドックファイトで使用され、戦場の経験によって培われる技術である為、ベテランでないと習熟は難しいとされる。

部品: 隊の写真

名パイロットとは多数の戦場を生き抜いてきた者ともいえる。
戦場における僚機の脱落は常に起こり、知り合いが故人となることも少なくない。
写真には色々な思い出が詰まっている。

部品: 勲章

名パイロットと認められる客観的な証明の一つ。
多くは隊内外からは成した功績などで認められるが
身内以外では物品による証明が何故か求められる。

部品: 記念の航空用腕時計

記念の航空用腕時計:
無名騎士藩国ではパイロットがある程度の功績を上げ
名パイロットとして呼ばれるようになると、航空用腕時計を渡す習慣がある。
これは、航空機時代に使われていた腕時計であり
宇宙のパイロットにとっては使いにくいと思われるかもしれないが、
距離での計算の参考になるケースもあるし、
何よりパイロットとしての初心、元々空を飛んでいた頃を忘れるなという戒めにもなっている。

部品: イエロージャンパー

腕のいいパイロットがよく着ている黄色いジャンパー。
誰が着始めたのか全く不明で、正式装備でもないが
いつの間にか上官から能力を認められたパイロットに与えられるようになった。
今ではこれを着用していることがパイロットの腕の良さの証明にまでなっている。
余談だが、その独特のセンスから喜んで着ている人はいないとか。

部品: 特殊環境への理解

水中は抵抗や水圧、海流など様々な要素が地上と異なり機体の運用に影響を与える。I=Dダイバーはまずその環境についての理解を最初に学ぶことになる。
講義は空中環境と対比したものをから始められ、各種環境における注意点や地形の影響、危険性に至るまで広く及ぶ。またこれらの知識はエアバーストと突発的なガス噴出による海流の変化について、上下感覚の喪失に伴う事故などの例をもとにこれまでの経験に関連付けて習熟できるようになっており、これまでの経験の一部を引き継いで新しい環境に挑むことが出来るよう考慮が為されている。

部品: 機動互換に関する習熟訓練

水中における機動訓練は空気抵抗の大きい環境での計器飛行と評される。空中での運用と比べ視認での機体運用は非常に難しくなるが、計器のみで考えるのであれば計器類の表示さえ習熟してしまえば夜間飛行や悪天候時の機体運用と大差はないものとされ、今までの知識と互換する部分が多い為比較的容易に習熟が可能となるわけである。
その為I=Dダイバーはシミュレーター、実機の双方で感覚をつかむための訓練に多くの時間を割き、空中、水中双方での機動に対し類似点、互換性を確認し技能の上乗せが出来るように各種プログラムをこなすことになる。

部品: 欺瞞行動における空中機動の応用

水中での探査は通常、ソナーを利用した音に頼る部分が大きい。レーザースキャンやカメラとライトを利用した探査装置が実用化されているとはいえ、音波探知は機体の目の大きな部分を占めるのだ。その為戦闘が行われる際はいかに相手のソナーをごまかし、自分の位置を隠しながら戦うかが重要となる。I=Dダイバーは空中で行われる各種戦闘機動を応用し、様々な形の海流を起こし、ソナーを欺瞞、優位な位置へ移動する術を徹底的に訓練する。そうする事によって相手の目を欺き、より優位な位置での行動を行う事により確実な戦果を挙げる事が可能となると考えられている為である。

部品: 水中での哨戒/偵察行動

水中での探索はソナーによる可視化された音とレーザースキャンによる広範囲でのスキャニングを中心に行われる。これはレーダーでの探査行動技術を応用する事が可能である。一方でこの応用が誤認による目標の見落としを生むリスクを抱えており、I=Dダイバーは水深毎の表示の違いと高度、もしくは高高度から地上目標を精査する際の違いなど経験によって影響される部分での誤認を防ぐ為の講習や実機訓練などを行い認識の拡大を図る事になっている。

部品: 攻撃技術とライムラグについて

水中での攻撃はその性質上攻撃と命中までに大きなタイムラグが生じる事が多い。その為I=Dダイバーは予測と計算によって予め相手の位置を想像し攻撃を行う技術を習熟する必要がある。これは偏差射撃や空中での誘導兵器の使用に重なる部分が多く、訓練ではコンピューターの支援を受けながらこれらの技術を拡張する事を中心に習熟訓練が行われる。

部品: サバイバル訓練と漂流

事故や戦闘でのダメージにより機体から脱出した後、味方に発見されるまでの間I=Dダイバーは幾分かの漂流を味わう事になる。これは非常に苦しいものであり、克服する為の各種技術講習や訓練が行われる。それと同時に機体に積み込まれる緊急用の備品の習熟訓練が行われ、有事の際に長時間の間味方の助けを待つことが出来るよう心構えから実用的な技術まで広くを習熟する事になる。

部品: I=Dダイバーとは

I=Dダイバーとは名パイロットとして訓練を受けたI=D乗りのうち海中内で運用される機体の為に特別な習熟訓練を受けた特殊技能者の総称である。
水中下での期待運用を行う為の各種訓練に加え、遭難時の対応や長期間生存する為のサバイバル技術などの講習も必要となる為、非常に長い訓練期間を乗り越えた限られたパイロットのみがアサインされる名誉職でもある。

部品: RBと水中用I=D

I=Dダイバーは水中や水上におけるI=Dの運用を行うパイロットである。当然ながら脅威としてのRBやシールドシップの存在を大きく認識するよう訓練されており、その危険性と戦術についても学んでいる。特にシールド技術については対処方法の研究が行われており、いかにこの絶対的な防御の隙をつけるかと頻繁な意見の交換が行われている。


部品: 防衛任務における運用

水中用I=DはRBと比べ長期間の運用が可能な機種である。その為相手の探査をかいくぐり潜伏、意図せぬ場所から攻撃するような待ち伏せ戦術や欺瞞行動による攪乱を組み合わせた奇襲など、小技による戦略に優れる。特に高速魚雷による多角からの同時攻撃においてはシールドシップすら破壊可能であるとされている。その為I=Dダイバーは地形や海流の陰に隠れ潜み、最大抗力の打撃を与える戦術を非常に得意としており多くの隠蔽や欺瞞行動を身に着ける一因となっている。

部品: 護衛としての水中用I=D

水中用I=DはRBに比べ広い目と耳を持つ機体である。シールドによる干渉がないために当たり前と言えば当たり前ではあるのだが、その結果としていかに敵対戦力を見つけ護衛目標を隠し、危険から脱する事が出来るか、もしくはいかに早く敵を認識し防衛を行うかが運用の肝となる。その為I=Dダイバーはシールドによる空白地帯やソナーに移る影など各種以上に対する警戒心を強くもち、脅威の確実な発見が出来るよう訓練を受けている。



提出書式


 大部品: I=Dダイバー RD:36 評価値:8
 -大部品: 名パイロット(無名版) RD:26 評価値:8
 --大部品: パイロット(無名版) RD:12 評価値:6
 ---大部品: パイロット訓練による能力涵養 RD:6 評価値:4
 ----部品: 戦闘訓練
 ----部品: ブリーフィング
 ----部品: パイロット準備過程の修了
 ----部品: 操縦経験
 ----部品: 能力の適正検査
 ----部品: マニュアル把握
 ---大部品: パイロットにおける一般任務 RD:6 評価値:4
 ----部品: 編隊行動
 ----部品: 自機管理
 ----部品: 状況判断
 ----部品: 待機任務
 ----部品: 健康管理
 ----部品: 部隊行動基準
 --部品: エンブレム
 --部品: 指揮能力
 --部品: 教官経験者
 --部品: 自己鍛錬
 --部品: 優れた空間把握能力
 --部品: 経験による行動の裏付け
 --部品: 戦闘時の緊急対応
 --部品: 各種環境への対応
 --部品: 高G適正
 --部品: 偏差射撃の習得
 --大部品: アイテム RD:4 評価値:3
 ---部品: 隊の写真
 ---部品: 勲章
 ---部品: 記念の航空用腕時計
 ---部品: イエロージャンパー
 -大部品: 水中機習熟訓練 RD:6 評価値:4
 --部品: 特殊環境への理解
 --部品: 機動互換に関する習熟訓練
 --部品: 欺瞞行動における空中機動の応用
 --部品: 水中での哨戒/偵察行動
 --部品: 攻撃技術とライムラグについて
 --部品: サバイバル訓練と漂流
 -大部品: 水中機運用について RD:4 評価値:3
 --部品: I=Dダイバーとは
 --部品: RBと水中用I=D
 --部品: 防衛任務における運用
 --部品: 護衛としての水中用I=D
 
 
 部品: 戦闘訓練
 平時からの仮想敵との戦闘訓練により、想定可能な敵の構成・戦術への対応方法を学習している。
 全てを網羅している訳では無いが、体系だてて学ぶことで、その延長として柔軟に対応することを目指す。
 
 部品: ブリーフィング
 作戦行動前に隊全体で行われる綿密な打ち合わせ。
 戦況の確認であったり、作戦行動に求められる目標であったり内容は多岐にわたるが、
 パイロットにとっては、全体の中で自分のすべきことを把握する重要な情報交換の場となる。
 
 部品: パイロット準備過程の修了
 パイロットとはエリートであり、訓練課程により、工学、航法、通信、法規など各種の知識を身に付け
 戦場での活動はそれらに裏付けられていることが求められる。
 また、実際の操縦技能は、初歩の操縦を訓練機により習熟した後、実機にて戦闘機動など実践に即した訓練が行われる。
 
 部品: 操縦経験
 一般的にパイロットの技量とは、機体を操縦した時間に依存する。
 特定の機体・機種に関し継続して訓練を行った時間の累積により一人前のパイロットと扱われ
 訓練部隊に組み込まれてより5年間、第一線部隊で最低1年間従事することで1人前となる。
 
 部品: 能力の適正検査
 基本的な作業能力に加え、機体操縦時のマルチタスク能力、会話への適切な対応といった検査に加え
 パイロット向けの検査、身体測定、血液検査、脳波測定、斜位測定、心電図、深視力、視野、精神内科の問診などが行われる
 精神の形質について調査され、残虐性といった社会倫理に欠けると判断されたものは不適格とされる。
 前科などの経歴も調査され、問題があるようであれば、これもまた不適格と判断される。
 これら個人の資質を内外から徹底的に検査した後に、ベテランパイロットとの面接、実際のフライトでの最終的な適正が問われる。
 これらの項目のためパイロット登用試験は狭き門となる。
 
 部品: マニュアル把握
 パイロットに多彩なマニュアルは付き物である。
 随時更新されるマニュアルを把握し緊急時対応を行える事は
 パイロットの基本教養であり命を救う綱であるとともに
 最大の武器の一つである。
 
 部品: 編隊行動
 戦闘時に僚機と自機の位置を維持する技術。
 集団で行動するための基本スキルであり、練度を見るための目安ともなる。
 中距離での戦闘では統制射撃との組み合わせで威力を発揮する。
 
 部品: 自機管理
 機体の消耗状況の把握に長ける能力。
 戦闘中に機体の不調が発生することは即座に死を意味するため
 自機の僅かな変調から起こりうる異常を予想する。
 
 部品: 状況判断
 冷静な状況判断により、局所的な有利不利を察知する能力。
 目まぐるしく変化する状況をつぶさに捉え、次の行動を決定するための
 観察・整理を行うことで可能な限り自軍に有利な行動を選択する。
 
 部品: 待機任務
 パイロットの任務の1つ、領空(領土、領宙)侵犯に対してスクランブル発進し、これを迎撃する。
 違法に自国へ侵入を試みる軍隊・賊への牽制や哨戒、迎撃へ即時対応するための準備。
 一方で、救難を求める対象への対応も含める。
 シフト制により24時間対応可能。
 
 部品: 健康管理
 パイロットは機体の1部品としての側面が強く、健康診断で問題がある場合即座に不適格として後方勤務となる。
 そのため、常日頃より自身の健康管理に対する要求ハードルが高く設定される。
 
 部品: 部隊行動基準
 軍隊の一員として、交戦に関する規律を明文化したもの。国際法規における交戦倫理にあたる条項を参考に
 一般市民への攻撃禁止等の基本的な倫理を定めた内容。
 敵国へ露見すると手の内を晒すこととなるため、自国の軍隊を管理する省庁と下部組織内においてのみ閲覧可能。
 
 部品: エンブレム
 名パイロットは機体に自身を示すエンブレムや撃墜マークなどを示すことがある。
 これは彼らの功績を示す格好のステータスであり、彼らの誇りでもある。
 
 部品: 指揮能力
 名パイロットとは引いては優秀な指揮官としての側面を持ち合わせていることが多い。
 これは僚機の持つポテンシャルを引き出し、隊全体の実力を多いに底上げする。
 名パイロットが居る隊では練度が向上しやすく、新たな名パイロットを生み出す要因となる。
 
 部品: 教官経験者
 名パイロットは、その技能および前線での戦術的経験を重宝されるがため
 教官として後方における兵の訓練にあたる任務が与えられる。
 これらの教官が前線に戻るとき、元生徒である兵士、あるいは士官との間では
 ある種の信頼関係により発言力が増すことがある。
 
 部品: 自己鍛錬
 名パイロットとは、裏で地道な努力を続けている者が多い。
 彼らにとって日々の鍛錬とは日常であり、気にすることはないが
 その意識しない行動によって、戦場での結果は出ている。
 
 部品: 優れた空間把握能力
 名パイロットと呼ばれる彼らは、昨今は宇宙空間での戦闘を多く行っている。
 元々は地上の空中戦でその技量を高めてきた彼らは、
 宇宙空間でもその優れた空間把握能力を活かし、
 スペースデブリや敵機との彼我距離を正確に把握し宙間戦闘を行っている。
 
 部品: 経験による行動の裏付け
 パイロットの中には自身の経験知から行動に一定の傾向を設け
 その定型パターンに乗ることで時間的な優位を得て勝利するものも居る
 前線での経験が豊富な叩き上げのベテランパイロットにこそ可能といえる。
 
 部品: 戦闘時の緊急対応
 戦闘時の緊急対応:
 戦闘中は多くの想定外の事象が発生する。逐次発生するトラブルに対し、
 その場その場で優先度を設定し、最適な対応を部下のパイロットに指示し、
 対応を行い続けていくスキルが名パイロットには要求される。 
 
 部品: 各種環境への対応
 各種環境への対応:
 名パイロットと呼ばれるパイロットは、陸海空宇宙すべての空間における経験を持つ。
 それぞれの経験で得たスキルを統合し、別の空間での戦闘にも活かしている
 
 部品: 高G適正
 高G適正者が戦闘機動を取ることによる疲労が少なくなる
 蓄積する疲労、状況判断の障害を減らすことにより優位に立つことが可能
 
 部品: 偏差射撃の習得
 交戦相手の移動先を予測しあらかじめ軌道線上に弾幕を展開する事で命中率を格段に向上させる攻撃技術である。主にドックファイトで使用され、戦場の経験によって培われる技術である為、ベテランでないと習熟は難しいとされる。
 
 部品: 隊の写真
 名パイロットとは多数の戦場を生き抜いてきた者ともいえる。
 戦場における僚機の脱落は常に起こり、知り合いが故人となることも少なくない。
 写真には色々な思い出が詰まっている。
 
 部品: 勲章
 名パイロットと認められる客観的な証明の一つ。
 多くは隊内外からは成した功績などで認められるが
 身内以外では物品による証明が何故か求められる。
 
 部品: 記念の航空用腕時計
 記念の航空用腕時計:
 無名騎士藩国ではパイロットがある程度の功績を上げ
 名パイロットとして呼ばれるようになると、航空用腕時計を渡す習慣がある。
 これは、航空機時代に使われていた腕時計であり
 宇宙のパイロットにとっては使いにくいと思われるかもしれないが、
 距離での計算の参考になるケースもあるし、
 何よりパイロットとしての初心、元々空を飛んでいた頃を忘れるなという戒めにもなっている。
 
 部品: イエロージャンパー
 腕のいいパイロットがよく着ている黄色いジャンパー。
 誰が着始めたのか全く不明で、正式装備でもないが
 いつの間にか上官から能力を認められたパイロットに与えられるようになった。
 今ではこれを着用していることがパイロットの腕の良さの証明にまでなっている。
 余談だが、その独特のセンスから喜んで着ている人はいないとか。
 
 部品: 特殊環境への理解
 水中は抵抗や水圧、海流など様々な要素が地上と異なり機体の運用に影響を与える。I=Dダイバーはまずその環境についての理解を最初に学ぶことになる。
 講義は空中環境と対比したものをから始められ、各種環境における注意点や地形の影響、危険性に至るまで広く及ぶ。またこれらの知識はエアバーストと突発的なガス噴出による海流の変化について、上下感覚の喪失に伴う事故などの例をもとにこれまでの経験に関連付けて習熟できるようになっており、これまでの経験の一部を引き継いで新しい環境に挑むことが出来るよう考慮が為されている。
 
 部品: 機動互換に関する習熟訓練
 水中における機動訓練は空気抵抗の大きい環境での計器飛行と評される。空中での運用と比べ視認での機体運用は非常に難しくなるが、計器のみで考えるのであれば計器類の表示さえ習熟してしまえば夜間飛行や悪天候時の機体運用と大差はないものとされ、今までの知識と互換する部分が多い為比較的容易に習熟が可能となるわけである。
 その為I=Dダイバーはシミュレーター、実機の双方で感覚をつかむための訓練に多くの時間を割き、空中、水中双方での機動に対し類似点、互換性を確認し技能の上乗せが出来るように各種プログラムをこなすことになる。
 
 部品: 欺瞞行動における空中機動の応用
 水中での探査は通常、ソナーを利用した音に頼る部分が大きい。レーザースキャンやカメラとライトを利用した探査装置が実用化されているとはいえ、音波探知は機体の目の大きな部分を占めるのだ。その為戦闘が行われる際はいかに相手のソナーをごまかし、自分の位置を隠しながら戦うかが重要となる。I=Dダイバーは空中で行われる各種戦闘機動を応用し、様々な形の海流を起こし、ソナーを欺瞞、優位な位置へ移動する術を徹底的に訓練する。そうする事によって相手の目を欺き、より優位な位置での行動を行う事により確実な戦果を挙げる事が可能となると考えられている為である。
 
 部品: 水中での哨戒/偵察行動
 水中での探索はソナーによる可視化された音とレーザースキャンによる広範囲でのスキャニングを中心に行われる。これはレーダーでの探査行動技術を応用する事が可能である。一方でこの応用が誤認による目標の見落としを生むリスクを抱えており、I=Dダイバーは水深毎の表示の違いと高度、もしくは高高度から地上目標を精査する際の違いなど経験によって影響される部分での誤認を防ぐ為の講習や実機訓練などを行い認識の拡大を図る事になっている。
 
 部品: 攻撃技術とライムラグについて
 水中での攻撃はその性質上攻撃と命中までに大きなタイムラグが生じる事が多い。その為I=Dダイバーは予測と計算によって予め相手の位置を想像し攻撃を行う技術を習熟する必要がある。これは偏差射撃や空中での誘導兵器の使用に重なる部分が多く、訓練ではコンピューターの支援を受けながらこれらの技術を拡張する事を中心に習熟訓練が行われる。
 
 部品: サバイバル訓練と漂流
 事故や戦闘でのダメージにより機体から脱出した後、味方に発見されるまでの間I=Dダイバーは幾分かの漂流を味わう事になる。これは非常に苦しいものであり、克服する為の各種技術講習や訓練が行われる。それと同時に機体に積み込まれる緊急用の備品の習熟訓練が行われ、有事の際に長時間の間味方の助けを待つことが出来るよう心構えから実用的な技術まで広くを習熟する事になる。
 
 部品: I=Dダイバーとは
 I=Dダイバーとは名パイロットとして訓練を受けたI=D乗りのうち海中内で運用される機体の為に特別な習熟訓練を受けた特殊技能者の総称である。
 水中下での期待運用を行う為の各種訓練に加え、遭難時の対応や長期間生存する為のサバイバル技術などの講習も必要となる為、非常に長い訓練期間を乗り越えた限られたパイロットのみがアサインされる名誉職でもある。
 
 部品: RBと水中用I=D
 I=Dダイバーは水中や水上におけるI=Dの運用を行うパイロットである。当然ながら脅威としてのRBやシールドシップの存在を大きく認識するよう訓練されており、その危険性と戦術についても学んでいる。特にシールド技術については対処方法の研究が行われており、いかにこの絶対的な防御の隙をつけるかと頻繁な意見の交換が行われている。
 
 
 部品: 防衛任務における運用
 水中用I=DはRBと比べ長期間の運用が可能な機種である。その為相手の探査をかいくぐり潜伏、意図せぬ場所から攻撃するような待ち伏せ戦術や欺瞞行動による攪乱を組み合わせた奇襲など、小技による戦略に優れる。特に高速魚雷による多角からの同時攻撃においてはシールドシップすら破壊可能であるとされている。その為I=Dダイバーは地形や海流の陰に隠れ潜み、最大抗力の打撃を与える戦術を非常に得意としており多くの隠蔽や欺瞞行動を身に着ける一因となっている。
 
 部品: 護衛としての水中用I=D
 水中用I=DはRBに比べ広い目と耳を持つ機体である。シールドによる干渉がないために当たり前と言えば当たり前ではあるのだが、その結果としていかに敵対戦力を見つけ護衛目標を隠し、危険から脱する事が出来るか、もしくはいかに早く敵を認識し防衛を行うかが運用の肝となる。その為I=Dダイバーはシールドによる空白地帯やソナーに移る影など各種以上に対する警戒心を強くもち、脅威の確実な発見が出来るよう訓練を受けている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "I=Dダイバー",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "id": 12713,
         "title": "名パイロット(無名版)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-21 06:26:46.874648",
         "updated_at": "2017-08-21 06:26:46.874648",
         "children": [
           {
             "id": 12714,
             "title": "パイロット(無名版)",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:46.882921",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:46.882921",
             "children": [
               {
                 "id": 1374,
                 "title": "パイロット訓練による能力涵養",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-20 02:07:04.761966",
                 "updated_at": "2017-08-24 05:47:32.712792",
                 "children": [
                   {
                     "id": 1375,
                     "title": "戦闘訓練",
                     "description": "平時からの仮想敵との戦闘訓練により、想定可能な敵の構成・戦術への対応方法を学習している。\n全てを網羅している訳では無いが、体系だてて学ぶことで、その延長として柔軟に対応することを目指す。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.766529",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.766529",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 4
                   },
                   {
                     "id": 1376,
                     "title": "ブリーフィング",
                     "description": "作戦行動前に隊全体で行われる綿密な打ち合わせ。\n戦況の確認であったり、作戦行動に求められる目標であったり内容は多岐にわたるが、\nパイロットにとっては、全体の中で自分のすべきことを把握する重要な情報交換の場となる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.820089",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.820089",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 5
                   },
                   {
                     "id": 1377,
                     "title": "パイロット準備過程の修了",
                     "description": "パイロットとはエリートであり、訓練課程により、工学、航法、通信、法規など各種の知識を身に付け\n戦場での活動はそれらに裏付けられていることが求められる。\nまた、実際の操縦技能は、初歩の操縦を訓練機により習熟した後、実機にて戦闘機動など実践に即した訓練が行われる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.881824",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.881824",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 6
                   },
                   {
                     "id": 1378,
                     "title": "操縦経験",
                     "description": "一般的にパイロットの技量とは、機体を操縦した時間に依存する。\n特定の機体・機種に関し継続して訓練を行った時間の累積により一人前のパイロットと扱われ\n訓練部隊に組み込まれてより5年間、第一線部隊で最低1年間従事することで1人前となる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.918085",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.918085",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 7
                   },
                   {
                     "id": 1379,
                     "title": "能力の適正検査",
                     "description": "基本的な作業能力に加え、機体操縦時のマルチタスク能力、会話への適切な対応といった検査に加え\nパイロット向けの検査、身体測定、血液検査、脳波測定、斜位測定、心電図、深視力、視野、精神内科の問診などが行われる\n精神の形質について調査され、残虐性といった社会倫理に欠けると判断されたものは不適格とされる。\n前科などの経歴も調査され、問題があるようであれば、これもまた不適格と判断される。\nこれら個人の資質を内外から徹底的に検査した後に、ベテランパイロットとの面接、実際のフライトでの最終的な適正が問われる。\nこれらの項目のためパイロット登用試験は狭き門となる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.946486",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.946486",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 8
                   },
                   {
                     "id": 1380,
                     "title": "マニュアル把握",
                     "description": "パイロットに多彩なマニュアルは付き物である。\n随時更新されるマニュアルを把握し緊急時対応を行える事は\nパイロットの基本教養であり命を救う綱であるとともに\n最大の武器の一つである。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.957241",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.957241",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 9
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 75,
                   "name": "GENZ"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 3
               },
               {
                 "id": 1381,
                 "title": "パイロットにおける一般任務",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-20 02:07:04.993825",
                 "updated_at": "2017-08-24 05:47:32.826309",
                 "children": [
                   {
                     "id": 1382,
                     "title": "編隊行動",
                     "description": "戦闘時に僚機と自機の位置を維持する技術。\n集団で行動するための基本スキルであり、練度を見るための目安ともなる。\n中距離での戦闘では統制射撃との組み合わせで威力を発揮する。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:04.995477",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:04.995477",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 11
                   },
                   {
                     "id": 1383,
                     "title": "自機管理",
                     "description": "機体の消耗状況の把握に長ける能力。\n戦闘中に機体の不調が発生することは即座に死を意味するため\n自機の僅かな変調から起こりうる異常を予想する。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:05.011176",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:05.011176",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 12
                   },
                   {
                     "id": 1384,
                     "title": "状況判断",
                     "description": "冷静な状況判断により、局所的な有利不利を察知する能力。\n目まぐるしく変化する状況をつぶさに捉え、次の行動を決定するための\n観察・整理を行うことで可能な限り自軍に有利な行動を選択する。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:05.024005",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:05.024005",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 13
                   },
                   {
                     "id": 1385,
                     "title": "待機任務",
                     "description": "パイロットの任務の1つ、領空(領土、領宙)侵犯に対してスクランブル発進し、これを迎撃する。\n違法に自国へ侵入を試みる軍隊・賊への牽制や哨戒、迎撃へ即時対応するための準備。\n一方で、救難を求める対象への対応も含める。\nシフト制により24時間対応可能。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:05.032981",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:05.032981",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 14
                   },
                   {
                     "id": 1386,
                     "title": "健康管理",
                     "description": "パイロットは機体の1部品としての側面が強く、健康診断で問題がある場合即座に不適格として後方勤務となる。\nそのため、常日頃より自身の健康管理に対する要求ハードルが高く設定される。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:05.042124",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:05.042124",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 15
                   },
                   {
                     "id": 1387,
                     "title": "部隊行動基準",
                     "description": "軍隊の一員として、交戦に関する規律を明文化したもの。国際法規における交戦倫理にあたる条項を参考に\n一般市民への攻撃禁止等の基本的な倫理を定めた内容。\n敵国へ露見すると手の内を晒すこととなるため、自国の軍隊を管理する省庁と下部組織内においてのみ閲覧可能。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-20 02:07:05.050485",
                     "updated_at": "2017-08-20 02:07:05.050485",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 75,
                       "name": "GENZ"
                     },
                     "localID": 16
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 75,
                   "name": "GENZ"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 10
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 2
           },
           {
             "id": 12729,
             "title": "エンブレム",
             "description": "名パイロットは機体に自身を示すエンブレムや撃墜マークなどを示すことがある。\nこれは彼らの功績を示す格好のステータスであり、彼らの誇りでもある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.243349",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.243349",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 17
           },
           {
             "id": 12730,
             "title": "指揮能力",
             "description": "名パイロットとは引いては優秀な指揮官としての側面を持ち合わせていることが多い。\nこれは僚機の持つポテンシャルを引き出し、隊全体の実力を多いに底上げする。\n名パイロットが居る隊では練度が向上しやすく、新たな名パイロットを生み出す要因となる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.259004",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.259004",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 18
           },
           {
             "id": 12731,
             "title": "教官経験者",
             "description": "名パイロットは、その技能および前線での戦術的経験を重宝されるがため\n教官として後方における兵の訓練にあたる任務が与えられる。\nこれらの教官が前線に戻るとき、元生徒である兵士、あるいは士官との間では\nある種の信頼関係により発言力が増すことがある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.273644",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.273644",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 19
           },
           {
             "id": 12734,
             "title": "自己鍛錬",
             "description": "名パイロットとは、裏で地道な努力を続けている者が多い。\n彼らにとって日々の鍛錬とは日常であり、気にすることはないが\nその意識しない行動によって、戦場での結果は出ている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.322542",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.322542",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 20
           },
           {
             "id": 12736,
             "title": "優れた空間把握能力",
             "description": "名パイロットと呼ばれる彼らは、昨今は宇宙空間での戦闘を多く行っている。\n元々は地上の空中戦でその技量を高めてきた彼らは、\n宇宙空間でもその優れた空間把握能力を活かし、\nスペースデブリや敵機との彼我距離を正確に把握し宙間戦闘を行っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.366889",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.366889",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 21
           },
           {
             "id": 12737,
             "title": "経験による行動の裏付け",
             "description": "パイロットの中には自身の経験知から行動に一定の傾向を設け\nその定型パターンに乗ることで時間的な優位を得て勝利するものも居る\n前線での経験が豊富な叩き上げのベテランパイロットにこそ可能といえる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.388241",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.388241",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 22
           },
           {
             "id": 12739,
             "title": "戦闘時の緊急対応",
             "description": "戦闘時の緊急対応:\n戦闘中は多くの想定外の事象が発生する。逐次発生するトラブルに対し、\nその場その場で優先度を設定し、最適な対応を部下のパイロットに指示し、\n対応を行い続けていくスキルが名パイロットには要求される。 ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.429991",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.429991",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 23
           },
           {
             "id": 12740,
             "title": "各種環境への対応",
             "description": "各種環境への対応:\n名パイロットと呼ばれるパイロットは、陸海空宇宙すべての空間における経験を持つ。\nそれぞれの経験で得たスキルを統合し、別の空間での戦闘にも活かしている",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.450821",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.450821",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 24
           },
           {
             "id": 12741,
             "title": "高G適正",
             "description": "高G適正者が戦闘機動を取ることによる疲労が少なくなる\n蓄積する疲労、状況判断の障害を減らすことにより優位に立つことが可能",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.462882",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.462882",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 25
           },
           {
             "id": 12742,
             "title": "偏差射撃の習得",
             "description": "交戦相手の移動先を予測しあらかじめ軌道線上に弾幕を展開する事で命中率を格段に向上させる攻撃技術である。主にドックファイトで使用され、戦場の経験によって培われる技術である為、ベテランでないと習熟は難しいとされる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 06:26:47.477625",
             "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.477625",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "localID": 26
           },
           {
             "id": 105399,
             "title": "アイテム",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-12 15:10:31.828856",
             "updated_at": "2017-09-12 15:10:31.828856",
             "children": [
               {
                 "id": 12732,
                 "title": "隊の写真",
                 "description": "名パイロットとは多数の戦場を生き抜いてきた者ともいえる。\n戦場における僚機の脱落は常に起こり、知り合いが故人となることも少なくない。\n写真には色々な思い出が詰まっている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 06:26:47.288194",
                 "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.288194",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 75,
                   "name": "GENZ"
                 },
                 "localID": 28
               },
               {
                 "id": 12733,
                 "title": "勲章",
                 "description": "名パイロットと認められる客観的な証明の一つ。\n多くは隊内外からは成した功績などで認められるが\n身内以外では物品による証明が何故か求められる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 06:26:47.304213",
                 "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.304213",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 75,
                   "name": "GENZ"
                 },
                 "localID": 29
               },
               {
                 "id": 12735,
                 "title": "記念の航空用腕時計",
                 "description": "記念の航空用腕時計:\n無名騎士藩国ではパイロットがある程度の功績を上げ\n名パイロットとして呼ばれるようになると、航空用腕時計を渡す習慣がある。\nこれは、航空機時代に使われていた腕時計であり\n宇宙のパイロットにとっては使いにくいと思われるかもしれないが、\n距離での計算の参考になるケースもあるし、\n何よりパイロットとしての初心、元々空を飛んでいた頃を忘れるなという戒めにもなっている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 06:26:47.348692",
                 "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.348692",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 75,
                   "name": "GENZ"
                 },
                 "localID": 30
               },
               {
                 "id": 12738,
                 "title": "イエロージャンパー",
                 "description": "腕のいいパイロットがよく着ている黄色いジャンパー。\n誰が着始めたのか全く不明で、正式装備でもないが\nいつの間にか上官から能力を認められたパイロットに与えられるようになった。\n今ではこれを着用していることがパイロットの腕の良さの証明にまでなっている。\n余談だが、その独特のセンスから喜んで着ている人はいないとか。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 06:26:47.410084",
                 "updated_at": "2017-08-21 06:26:47.410084",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 75,
                   "name": "GENZ"
                 },
                 "localID": 31
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 75,
               "name": "GENZ"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 27
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 75,
           "name": "GENZ"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "水中機習熟訓練",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "特殊環境への理解",
             "description": "水中は抵抗や水圧、海流など様々な要素が地上と異なり機体の運用に影響を与える。I=Dダイバーはまずその環境についての理解を最初に学ぶことになる。\n講義は空中環境と対比したものをから始められ、各種環境における注意点や地形の影響、危険性に至るまで広く及ぶ。またこれらの知識はエアバーストと突発的なガス噴出による海流の変化について、上下感覚の喪失に伴う事故などの例をもとにこれまでの経験に関連付けて習熟できるようになっており、これまでの経験の一部を引き継いで新しい環境に挑むことが出来るよう考慮が為されている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 33
           },
           {
             "title": "機動互換に関する習熟訓練",
             "description": "水中における機動訓練は空気抵抗の大きい環境での計器飛行と評される。空中での運用と比べ視認での機体運用は非常に難しくなるが、計器のみで考えるのであれば計器類の表示さえ習熟してしまえば夜間飛行や悪天候時の機体運用と大差はないものとされ、今までの知識と互換する部分が多い為比較的容易に習熟が可能となるわけである。\nその為I=Dダイバーはシミュレーター、実機の双方で感覚をつかむための訓練に多くの時間を割き、空中、水中双方での機動に対し類似点、互換性を確認し技能の上乗せが出来るように各種プログラムをこなすことになる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 34
           },
           {
             "title": "欺瞞行動における空中機動の応用",
             "description": "水中での探査は通常、ソナーを利用した音に頼る部分が大きい。レーザースキャンやカメラとライトを利用した探査装置が実用化されているとはいえ、音波探知は機体の目の大きな部分を占めるのだ。その為戦闘が行われる際はいかに相手のソナーをごまかし、自分の位置を隠しながら戦うかが重要となる。I=Dダイバーは空中で行われる各種戦闘機動を応用し、様々な形の海流を起こし、ソナーを欺瞞、優位な位置へ移動する術を徹底的に訓練する。そうする事によって相手の目を欺き、より優位な位置での行動を行う事により確実な戦果を挙げる事が可能となると考えられている為である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 35
           },
           {
             "title": "水中での哨戒/偵察行動",
             "description": "水中での探索はソナーによる可視化された音とレーザースキャンによる広範囲でのスキャニングを中心に行われる。これはレーダーでの探査行動技術を応用する事が可能である。一方でこの応用が誤認による目標の見落としを生むリスクを抱えており、I=Dダイバーは水深毎の表示の違いと高度、もしくは高高度から地上目標を精査する際の違いなど経験によって影響される部分での誤認を防ぐ為の講習や実機訓練などを行い認識の拡大を図る事になっている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 36
           },
           {
             "title": "攻撃技術とライムラグについて",
             "description": "水中での攻撃はその性質上攻撃と命中までに大きなタイムラグが生じる事が多い。その為I=Dダイバーは予測と計算によって予め相手の位置を想像し攻撃を行う技術を習熟する必要がある。これは偏差射撃や空中での誘導兵器の使用に重なる部分が多く、訓練ではコンピューターの支援を受けながらこれらの技術を拡張する事を中心に習熟訓練が行われる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 37
           },
           {
             "title": "サバイバル訓練と漂流",
             "description": "事故や戦闘でのダメージにより機体から脱出した後、味方に発見されるまでの間I=Dダイバーは幾分かの漂流を味わう事になる。これは非常に苦しいものであり、克服する為の各種技術講習や訓練が行われる。それと同時に機体に積み込まれる緊急用の備品の習熟訓練が行われ、有事の際に長時間の間味方の助けを待つことが出来るよう心構えから実用的な技術まで広くを習熟する事になる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 38
           }
         ],
         "localID": 32,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "水中機運用について",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "I=Dダイバーとは",
             "description": "I=Dダイバーとは名パイロットとして訓練を受けたI=D乗りのうち海中内で運用される機体の為に特別な習熟訓練を受けた特殊技能者の総称である。\n水中下での期待運用を行う為の各種訓練に加え、遭難時の対応や長期間生存する為のサバイバル技術などの講習も必要となる為、非常に長い訓練期間を乗り越えた限られたパイロットのみがアサインされる名誉職でもある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 40
           },
           {
             "title": "RBと水中用I=D",
             "description": "I=Dダイバーは水中や水上におけるI=Dの運用を行うパイロットである。当然ながら脅威としてのRBやシールドシップの存在を大きく認識するよう訓練されており、その危険性と戦術についても学んでいる。特にシールド技術については対処方法の研究が行われており、いかにこの絶対的な防御の隙をつけるかと頻繁な意見の交換が行われている。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 41
           },
           {
             "title": "防衛任務における運用",
             "description": "水中用I=DはRBと比べ長期間の運用が可能な機種である。その為相手の探査をかいくぐり潜伏、意図せぬ場所から攻撃するような待ち伏せ戦術や欺瞞行動による攪乱を組み合わせた奇襲など、小技による戦略に優れる。特に高速魚雷による多角からの同時攻撃においてはシールドシップすら破壊可能であるとされている。その為I=Dダイバーは地形や海流の陰に隠れ潜み、最大抗力の打撃を与える戦術を非常に得意としており多くの隠蔽や欺瞞行動を身に着ける一因となっている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 42
           },
           {
             "title": "護衛としての水中用I=D",
             "description": "水中用I=DはRBに比べ広い目と耳を持つ機体である。シールドによる干渉がないために当たり前と言えば当たり前ではあるのだが、その結果としていかに敵対戦力を見つけ護衛目標を隠し、危険から脱する事が出来るか、もしくはいかに早く敵を認識し防衛を行うかが運用の肝となる。その為I=Dダイバーはシールドによる空白地帯やソナーに移る影など各種以上に対する警戒心を強くもち、脅威の確実な発見が出来るよう訓練を受けている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 43
           }
         ],
         "localID": 39,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]