アイドレスsystem4 > 民間整備工場(無名版)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大部品: 民間整備工場(無名版) RD:33 評価値:8
  • 大部品: 整備工場(汎用) RD:24 評価値:7
    • 部品: 概要
    • 大部品: 基本的事項 RD:4 評価値:3
      • 部品: 認証制度
      • 部品: 整備組織
      • 部品: 整備の目的
      • 部品: 整備の品質保証
    • 大部品: 要件 RD:4 評価値:3
      • 部品: 設備要件
      • 部品: 技術要件
      • 部品: 整備主任者の選任
      • 部品: 従業員人数と整備士の割合について
    • 大部品: 施設・設備 RD:4 評価値:3
      • 部品: 駐機場
      • 部品: 部品点検場
      • 部品: 点検作業場
      • 部品: 検査場
    • 大部品: 整備方式 RD:7 評価値:4
      • 部品: 3種の整備方式とその組み合わせ
      • 部品: ハードタイム整備
      • 部品: オン・コンディション整備
      • 部品: コンディション・モニタリング整備
      • 部品: 定例作業
      • 部品: 追加精査及び補修点検作業
      • 部品: 特別作業
    • 大部品: 検査方式 RD:4 評価値:3
      • 部品: 目視検査
      • 部品: 放射線透過検査
      • 部品: 探傷検査
      • 部品: ボアスコープ検査
  • 部品: 立地
  • 大部品: 整備用設備 RD:4 評価値:3
    • 部品: エンジン整備場
    • 部品: 電装系整備場
    • 部品: モジュール整備場
    • 部品: フレーム整備場
  • 大部品: 無名騎士藩国の認定整備士について RD:4 評価値:3
    • 部品: 養成所
    • 部品: 検定試験
    • 部品: 教育時間
    • 部品: 資格


部品: 概要
すべからく機械は整備を施すことを前提に設計されており、消耗部品の交換や、傷んだ箇所の修理を施すことで初めて長期にわたっての運用が可能となる。

部品: 認証制度
整備工場の構成は法令によって在り方を定めており、基準を満たす工場に対して認定証を発行することで技術や品質を保証し、引いては安全を担保することを意図している。毎年認証資格を得るための審査が行われ、一定以上の技術と品質を満たしていると認定されなければこの認定証は取り消される事となる。

部品: 整備組織
作業を行う整備部門と、整備部門のバックアップを行うスタッフ部門に大別される。整備部門が機体本体や部品の整備を直接人手で行うのに対し、スタッフ部門が必要な部品の手配やスケジュールの設定、渉外などを担当し、組織として機能を発揮するようにつとめている。

部品: 整備の目的
信頼性(安全性・性能)を維持向上させるために行う業務活動。点検、検査、サービス(燃料補給、給油、液体気体類の補充、クリーニング)等保守、修理、改修作業の他、限定された範囲の部品製作や機材の移動、固定、保存などの作業を含む。

部品: 整備の品質保証
個々の整備士の知識、経験、技能の差により品質に差が生じることを防ぐため、メンテナンス・マニュアルに従って作業を行い、資格者が法定確認を行うことにより品質を保証する。

部品: 設備要件
常時分解整備をしようとする機体を収容することができる十分な格納庫を有し、また、整備作業場及び点検作業場の天井の高さは、対象とする機体について分解整備又は点検を実施するのに十分であること。床面は平滑に舗装されていること、整備用の作業機械等を備えたものであることが必要とされる。

部品: 技術要件
整備を行うには裏打ちされた技術と整備を行う為の資格を得た整備作業員が必要である。彼らは検査、修理、保守点検に作業御点検から注文による特別作業まで多くの作業をこなす現代の職人であり、彼ら無くして工場は成り立たない。

部品: 整備主任者の選任
勤続年数と保有技術、そして取得している資格によって総合的に評価、選任される整備作業員を束ねる責任者である。人格についても考慮される事が多いが、選定基準の大部分ははその技術と経験、整備を行うにあたって必要な資格によるものだ。

部品: 従業員人数と整備士の割合について
分解整備に従事する従業員は2人以上かつ1/3以上が国家資格を持つ整備士であることが必要とされる。これは従業員の総数に対して必要な資格者が足りずに品質の低下が起きないよう意図している。

部品: 駐機場
整備対象となる機体を一時置きする場所。整備が完了して引き取りの時間までの間に仮置き場でもある。基本的に露天ではあるが、機体の損傷が著しい場合や荒天では格納庫に収容する、保護カバーを取り付けるなどの対策が必要となる。

部品: 部品点検場
機体から取り外した部品の点検作業場。部品の紛失が起きにくいよう視認性のよい作業台や検査器具の配置などに気を配られており、環境から見落としの確立や発見のしやすさに配慮した作りになっている事が多い。

部品: 点検作業場
機体本体を固定し、内部の状態を確認、必要な作業を見極める。ターンテーブルや機体を釣り上げるクレーンなどが設置されており大規模な整備に対応できるよう工夫されている。

部品: 検査場
整備が完了した機体を作業場から移し、規定の性能を満たしているか確認を行う。とっさのトラブルや臨時作業に対応できるよう確認用の器具から作業用の工具まで一通りの環境が整えられており確実なコンディションを図れるよう配慮がなされている。

部品: 3種の整備方式とその組み合わせ
ハードタイム、オン・コンディション、コンディション・モニタリングの3種のいずれか、あるいは組み合わせて行われる。

部品: ハードタイム整備
定期的に整備・部品交換を行う方式。一定期間や使用頻度によって劣化することが判明している部品に適用される。いわゆるオーバーホールと呼ばれる整備方法はこの方式に含まれる。

部品: オン・コンディション整備
定期的に検査をして問題があれば随時交換・修理する方式。諸系統や装備品など状態の良否が判定しやすい部品に適用される。

部品: コンディション・モニタリング整備
信頼性管理体制が確立している場合、故障しても直接安全に関わらない部品に用いられる方式。定期検査なしで信頼度を監視し、一定の水準を下回ると判断された時に随時処置する。

部品: 定例作業
内容の決まっている保守点検作業である。決められたマニュアル工程に従い部品を交換し、同時に消耗品の補充や次回点検時に必要だと思われる項目の確認を行う基本的な作業である。

部品: 追加精査及び補修点検作業
故障、不良などの探求、修理、交換等、臨時の作業など細かい場所まで精査し確実なメンテナンスを行う。定例作業よりも念入りな作業によって万全を喫する事が出来るが相応の時間がかかる。

部品: 特別作業
故障原因の除去あるいは装備変更を目的として原設計変更を伴う作業。発注者の細かい注文に対応し、出来る限りの要求にこたえると同時に仕様変更に伴う不具合や調整まで十全に行う必要があるために作業を行う人員の技術や経験が問われる作業である。

部品: 目視検査
光源を巧みに使い異常や故障個所がないかを目視によって確認する検査方法である。視野を広く取り最低二人の検査員が同じ場所を精査する事によって異常箇所を確実に発見できるようダブルチェックによって見落としをなくすよう工夫されている。

部品: 放射線透過検査
検査するものに放射線(X線とか放射性同位元素から発生する線や線など)を照射し、透過させ、フィルムまたはテレビのブラウン管に映し出し、内部の状況を観察するもの。放射性同位元素を使用して主にエンジン内部の状況を調べる方式と、人体の場合と同様にX線によりフレームの重要構造部を検査する2種類があげられる。

部品: 探傷検査
部品やフレームの傷を探し出す検査方式のことで、主に超音波、磁粉、渦電流、蛍光浸透という4方式が用いられる。超音波は構造内部の検査に用いられ、磁粉は細かな欠陥が発見できる利点からエンジンや足回りに、渦電流は信頼性の高さと細かな傷を検知出来ることからフレームの重要部分に、蛍光浸透は表面の傷の一括検査にそれぞれ用いられる。

部品: ボアスコープ検査
分解しないと見えない部分を外から容易に観察しようとする検査方法の一つで、ボアスコープという光学器具を使う。主にエンジンのコンプレッサー等の以上を関しするのに用いられる。

部品: 立地
整備工場は基本的に交通インフラが整った場所に作られる。これは部品や整備対象の搬出や搬入を容易にする為であり、この立地によって工場の回転率を向上させることでより多くの対象を保守点検や修理する事が出来るよう意図されている。

部品: エンジン整備場
エンジンの整備はクレーンによって吊り下げたうえで固定され、安全が確保された状態で作業が出来るよう安全設備が充実している。これにより多角的にエンジンを確認し整備をすることが可能であり、また固定具や解体器具の充実により様々な種類に対応できるようになっている。

部品: 電装系整備場
電装系を点検・整備する場合、目視の他に検査用の機器を接続して所定のチェックリストに沿って不具合が無いか確認をする方式が取られる。メーカーから配布されるマニュアルに従って各部に汎用機器を接続し点検する場合や、専門の検査器具にしたがって全て自動で検査するなど、対象の重要度合いに従って様々な手段が準備される。

部品: モジュール整備場
モジュールは単体で機能を満たすようにコンパクトに設計されているため、殆どの場合、分解して点検する必要が有る。また、交換部品を整備工場付属の工作機械にて製作すること場合には、モジュール毎に用意された専用の工具やジグと組み合わせて製作することで品質を保証する仕組みがメーカーにて準備される。 

部品: フレーム整備場
フレーム整備のための設備として研磨、ウォーターカッターによる加工などを行う為の金属加工品が非常に充実している。これにより様々な微調整や補修が可能となり対応範囲の拡大に大いに貢献している。また金属への塗装設備も用意されておりオーダーメイドで色を変える事も可能だ。

部品: 養成所
無名では認定整備士になるための養成所が存在する。この場所で訓練や研修を受ける事によって整備士の資格を得る下地を作り、よりよい品質をクライアントへ届ける事が出来るように知識と技術を培うのである。

部品: 検定試験
認定整備士の資格を得るためには試験に合格する必要がある。問題や課題は毎年更新され技術進歩に合わせたものが出題されるようになっている。試験は実技と座学の2種類で構成されており、どちらも評価点が75%を超えなければ合格する事が出来ない。

部品: 教育時間
養成所での訓練や研修は最短で半年、最長で5年の間受ける必要がある。認定資格の種類によってこの期間は変動し、この期間と実務を合計した時間によって受ける事が出来る試験が変わるため、より難しい資格を受けるためには必然的に経験を積まねばならないという事になるわけだ。

部品: 資格
資格試験は6等級に区分分けされている。これは整備を行うことが出来る対象によって変動し、最上級の一級認定整備士の資格試験を受ける資格を得る為には実務と研修の合計で5年以上の期間を過ごさねばならず、その上で裏打ちされた技術と知識がなければ資格習得は困難なよう問題構成が為されている。