アイドレスsystem4 > 設問211_黒野無明

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 黒野無明 RD:179 評価値:12
    • 大部品: 概要 RD:54 評価値:9
      • 部品: 来歴
      • 部品: 軽い運動
      • 部品: 戦略思考
      • 部品: 喫煙者
      • 大部品: 摂政としての仕事 RD:2 評価値:1
        • 部品: 藩国民への思い
        • 部品: 仕事の仕方
      • 大部品: 趣味 RD:32 評価値:8
        • 部品: カードゲーマー
        • 大部品: 散歩好き RD:12 評価値:6
          • 部品: 散歩とは
          • 部品: 散歩好きと呼ばれるまで
          • 大部品: 散歩の楽しみ方 RD:5 評価値:3
            • 部品: 風景を眺める
            • 部品: 季節を感じる
            • 部品: 人とのふれあい
            • 部品: 抜け道探し
            • 部品: 日常の変化に気付く
          • 大部品: 散歩に適した服装 RD:3 評価値:2
            • 部品: 歩きやすい靴
            • 部品: 帽子
            • 部品: 汗をかいてもいい服
          • 大部品: 散歩に持っていく推奨アイテム RD:1 評価値:0
            • 部品: 散歩に何をもっていけばいい?
          • 大部品: 散歩中の挨拶(技術) RD:1 評価値:0
            • 部品: 散歩中の挨拶の効果
        • 大部品: 猫好き RD:12 評価値:6
          • 部品: 猫好きとは
          • 大部品: 猫好きの宿命 RD:7 評価値:4
            • 部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
            • 部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
            • 部品: 猫と添い寝
            • 部品: 猫写真フォルダー
            • 部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
            • 部品: 猫の声に敏感
            • 部品: 猫グッズ収集
          • 大部品: 猫にご挨拶(技術) RD:1 評価値:0
            • 部品: 猫にご挨拶の効果
          • 大部品: 猫なでテクニック(技術) RD:1 評価値:0
            • 部品: 猫なでテクニックの効果
          • 大部品: 猫ブラッシング(技術) RD:1 評価値:0
            • 部品: 猫ブラッシングの効果
          • 大部品: 猫の爪切り(技術) RD:1 評価値:0
            • 部品: 猫の爪切りの効果
        • 大部品: 趣味:料理 RD:7 評価値:4
          • 部品: 料理は段取りが一番
          • 部品: 家庭料理主体
          • 部品: 節約料理レシピ
          • 部品: 大鍋料理の経験
          • 部品: カレーは正義
          • 大部品: お菓子も作る RD:2 評価値:1
            • 部品: お菓子作りは科学
            • 部品: 凝った細工
      • 大部品: 対人関係の心得 RD:6 評価値:4
        • 部品: 対人関係とは
        • 部品: 相手を大切にする気持ち
        • 部品: 相手の立場に立った言動
        • 部品: わかりやすい言葉で
        • 部品: おだやかに
        • 部品: 報連相
      • 大部品: 社会人の心得 RD:10 評価値:5
        • 大部品: ほうれんそう RD:6 評価値:4
          • 大部品: 報告 RD:2 評価値:1
            • 部品: なるはやの報告
            • 部品: 共通の書式に則る
          • 大部品: 連絡 RD:2 評価値:1
            • 部品: 連絡の意味
            • 部品: コツ
          • 大部品: 相談 RD:2 評価値:1
            • 部品: 相談とは
            • 部品: 伝えるべき情報
        • 大部品: 世渡りスキル RD:4 評価値:3
          • 部品: 思いやり
          • 部品: TPOを弁える
          • 大部品: マナー RD:2 評価値:1
            • 部品: マナーの概要
            • 部品: 社会人として知っておくべきマナー
    • 大部品: 無名騎士藩国の摂政 RD:9 評価値:5
      • 部品: 摂政の概要
      • 大部品: 摂政共通大部品 RD:8 評価値:5
        • 部品: 着用制限
        • 大部品: 摂政が持つ基本的な能力 RD:4 評価値:3
          • 部品: 忠誠と輔弼の義務
          • 部品: 外交戦能力
          • 部品: 外見への影響
          • 部品: 協調行為への適正
        • 大部品: 摂政が使う所有物と立ち居振る舞い RD:3 評価値:2
          • 部品: 官服
          • 部品: 扇子
          • 部品: 立ち姿
    • 大部品: 政治家 RD:12 評価値:6
      • 部品: 概要(政治家)
      • 部品: 取得条件(政治家)
      • 大部品: 資質(政治家) RD:7 評価値:4
        • 部品: カリスマ性
        • 部品: 弁舌力
        • 部品: 財力(政治家)
        • 部品: 使命感(政治家)
        • 部品: 本気の嘘
        • 部品: 礼儀作法(政治家)
        • 部品: 折衝力(政治家)
      • 部品: コネクション
      • 部品: 情報収集力
      • 部品: 知名度の高さ(政治家)
    • 大部品: 無名騎士藩国のチューニングマスター(職業) RD:39 評価値:9
      • 大部品: チューニングマスター認定制度 RD:3 評価値:2
        • 部品: 認定試験受験資格
        • 部品: 認定を必要とする理由
        • 部品: 認定試験
      • 大部品: 特色 RD:7 評価値:4
        • 部品: チューニング能力概要
        • 部品: 高度な基礎知識
        • 部品: マシンの機嫌を聞き取る耳
        • 部品: パイロットの操縦特性を見抜く目
        • 部品: 仕事上のコミュニケーション能力
        • 部品: パーツ吟味能力
        • 部品: 好きは一番の才能
      • 大部品: 名整備士(職業) RD:28 評価値:8
        • 大部品: 名整備士としての能力涵養 RD:9 評価値:5
          • 部品: 工具への理解
          • 部品: 長年の経験
          • 部品: 整備作業の分配
          • 部品: 整備環境の維持管理
          • 部品: 整備工具・設備のメンテナンス
          • 部品: 作業環境の改善指導
          • 部品: 部品調達のコネクション
          • 部品: マニュアル類の準備
          • 部品: 人体構造の専門知識
        • 大部品: 整備士(職業) RD:18 評価値:7
          • 大部品: 整備能力 RD:11 評価値:5
            • 部品: 工学基礎
            • 部品: メカニズムの理解
            • 部品: 環境や安全に関する知識
            • 部品: 工作実習
            • 部品: 測定訓練
            • 部品: I=D知識基礎
            • 部品: I=D整備実習
            • 部品: 専門整備知識
            • 部品: 現場でのインターン実習
            • 部品: 機体の電子制御知識
            • 部品: 整備器具使用法涵養
          • 大部品: 職業倫理 RD:4 評価値:3
            • 部品: 要求性能の理解
            • 部品: 工期の把握
            • 部品: チームワーク
            • 部品: 機械を扱う者としての倫理
          • 部品: 受験のための必要経験
          • 部品: 資格取得
          • 部品: 整備士(職業)の流用実績
        • 部品: 名整備士(職業)の流用実績
      • 部品: チューニングマスター(職業)の流用実績
    • 大部品: 整備士用携行工具 RD:11 評価値:5
      • 部品: ニッパー一式
      • 大部品: レンチ一式 RD:5 評価値:3
        • 部品: スパナ
        • 部品: めがねレンチ
        • 部品: ラチェットレンチ
        • 部品: コンビネーションレンチ
        • 部品: 六角棒スパナ
      • 部品: ペンチ
      • 部品: プライヤー一式
      • 部品: ハンマー工具一式
      • 部品: 計量具一式
      • 部品: 切削、研磨工具一式
    • 大部品: 無名騎士藩国の名パイロット RD:26 評価値:8
      • 大部品: パイロット RD:12 評価値:6
        • 大部品: パイロット訓練による能力涵養 RD:6 評価値:4
          • 部品: 戦闘訓練
          • 部品: ブリーフィング
          • 部品: パイロット準備過程の修了
          • 部品: 操縦経験
          • 部品: 能力の適正検査
          • 部品: マニュアル把握
        • 大部品: パイロットにおける一般任務 RD:6 評価値:4
          • 部品: 編隊行動
          • 部品: 自機管理
          • 部品: 状況判断
          • 部品: 待機任務
          • 部品: 健康管理
          • 部品: 部隊行動基準
      • 部品: エンブレム
      • 部品: 指揮能力
      • 部品: 教官経験者
      • 部品: 隊の写真
      • 部品: 勲章
      • 部品: 自己鍛錬
      • 部品: 記念の航空用腕時計
      • 部品: 優れた空間把握能力
      • 部品: 経験による行動の裏付け
      • 部品: イエロージャンパー
      • 部品: 戦闘時の緊急対応
      • 部品: 各種環境への対応
      • 部品: 高G適正
      • 部品: 偏差射撃の習得
    • 大部品: 恩寵の短剣 RD:7 評価値:4
      • 部品: EV116生還記念の儀礼用短剣
      • 大部品: 刃物 RD:2 評価値:1
        • 部品: 圧力の大きさ
        • 部品: 引き切ることの利点
      • 大部品: 刃物の武器としての強さ RD:3 評価値:2
        • 部品: 概要
        • 部品: リーチが長くなる有利さ
        • 部品: 創傷の恐ろしさ
      • 部品: 恩寵の短剣の流用実績
    • 大部品: 取得技術 RD:21 評価値:7
      • 大部品: まあ待て落ち着け RD:5 評価値:3
        • 部品: 思慮深い
        • 部品: 石橋を叩いて渡る
        • 部品: 質問・相談する習慣
        • 部品: 信頼できる相手を見極める
        • 部品: 背筋がぞわっとする
      • 大部品: 急げ馬よ RD:16 評価値:6
        • 大部品: 要点 RD:2 評価値:1
          • 部品: 急げ馬よのあらまし
          • 部品: 急げ馬よの取得条件
        • 大部品: 馬術 RD:8 評価値:5
          • 部品: 馬と心を通わせる
          • 部品: 乗り降り練習
          • 部品: 騎乗姿勢
          • 部品: 歩法の習得
          • 部品: 常歩
          • 部品: 速歩
          • 部品: 駈歩
          • 部品: 襲歩
        • 大部品: 長距離移動訓練 RD:5 評価値:3
          • 部品: 長距離移動計画
          • 部品: 地図を読む
          • 部品: 越境の準備
          • 部品: 休憩・補給
          • 部品: 馬と野営
        • 大部品: 陸路移動 RD:1 評価値:0
          • 部品: 急げ馬よの陸路移動効果



部品定義


部品: 来歴

灰色の髪をした西国人の男。砂漠の国だというのに常に黒い服を着ている。無名騎士藩国では、主に内政を担当している摂政である。

部品: 軽い運動

基本的にはデスクワーク中心の仕事であるため、運動ができず疲労がたまりやすい。その対策として、軽い運動を日常的に行うことを心がけている。

部品: 戦略思考

趣味であるカードゲームを通じ、相手との駆け引きや、どうすれば一番利得が得られるかを常に考えるようになっている。その思考を日々の業務にも活かしている

部品: 喫煙者

政治を行うにあたり、大量の資料や会合などで蓄積する疲労やストレスを、軽い休憩も兼ねて誰もいない喫煙所でタバコを吸って時折ごまかしている。本人は気づいていないが、喫煙所で一本吸い終わる間は誰も立ち入らない暗黙の了解ができているとかいないとか。

部品: 藩国民への思い

T10以降の参加であり、他の藩国メンバと比較すると参加期間は短いが、藩国民への思いは強く、より良い生活が送れるように日夜努力している。

部品: 仕事の仕方

仕事をやりすぎて時折倒れそうになることもある。最近、それはまずいと思い、運動をしたり、無理なときは少し休むよう意識的に行い始めた。

部品: カードゲーマー

たまの休日にはゲームを遊んでいる。カードゲームを家族と遊んだりや店の大会に出場して遊び、勝ったり負けたりを繰り返している。黒い水連から稲妻を三発打つのはやめてほしい。

部品: 散歩とは

自宅や滞在している場所の周辺を、とりとめもなく、ぶらぶらと歩くことを言う。
目的は気晴らしや、健康のため、ペットの世話など様々である。

部品: 散歩好きと呼ばれるまで

ただ数度散歩をしただけで散歩好きとは呼ばれない。
頻繁に散歩をし習慣となってそれを楽しんでいる者を散歩好きと呼ぶ。

部品: 風景を眺める

普段通らない道を通り、新しい風景を楽しむというものも散歩の魅力の一つである。
観光などで知らない土地にいったときなどもこれにあてはまる。


部品: 季節を感じる

散歩中、道端に生えている草花のうつろい。同じ時間帯でも変わる日の長さ。そして気温の変化。
散歩は季節を感じるのにぴったりである。

部品: 人とのふれあい

散歩の良い所はご近所づきあいが増えることだろう。
すれ違うたび挨拶をしお互い顔を覚えることで交流が増える。

部品: 抜け道探し

よく知ったご近所といえど通ったことのない小道、入ったことのない商店などあるかもしれない。
散歩しながらそういう場所を開拓し自分の行動範囲を広げていく。

部品: 日常の変化に気付く

日課のように散歩をしていると 日常に変化があったとき気付きやすくなる。
あそこに引っ越してきた人がいる、とか新しいパン屋さんが出来てるなど
そういう違いを探すのも楽しみの一つだろう

部品: 歩きやすい靴

歩きやすい靴とは自分にサイズのあった、底のしっかりした靴で、おもにスニーカーなどをさす。
自分にあった靴を選ぶことで靴擦れなどを起さずにすむ。
また歩きやすい靴は疲労軽減効果もある。


部品: 帽子

頭部にかぶるもので、頭部を物理的に保護し、また、強い日差しや熱中症からも守ってくれる。
最近はUVカット加工がされているものもある。


部品: 汗をかいてもいい服

オシャレ着などではない、普段着に近いもの
もしくは運動する前提で汗をかいて汚れてもよく、動きやすい服装のこと。


部品: 散歩に何をもっていけばいい?

散歩場所がもしご近所でも 外出するのに何があるかはわからない。
時間や場所、季節にあわせて持っていくアイテムを決めよう。
  • 迷ったときのための地図がわりや他者との連絡手段のために携帯(気になることを調べる辞書代わりにもなる)
  • ペットボトルや水筒など 飲み物の入ったもの。
  • ぱっと必要になったとき使える程度の金銭
  • 汗をぬぐうタオル
  • 万歩計


部品: 散歩中の挨拶の効果

相手にその時と状況、関係性にあった言葉で挨拶をする。
朝なら「おはようございます!」 昼なら「こんにちは!」
さわやかに挨拶できればお互いにすがすがしい気分になれるぞ!

部品: 猫好きとは

猫好きとは何か。それはなるものではない、いつのまにか猫の魅力にめろめろになってしまったものがそう呼ばれるのである。

部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる

猫が近くに寄ってきて「にゃーん」と鳴いたら
「どしたの~~?ご飯でしゅか~?(デレデレ)」と返してしまうのが猫好き。
「猫なで声」は、なでられている猫側の声なのでこれとは違う。

部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ

猫の肉球はよいものである。ぷにぷにしてひんやり。
寝ているとき顔を踏まれても 猫の肉球ならそれは猫好きにとってご褒美である。

部品: 猫と添い寝

猫は眠るときくっついて眠るものである。
冬場は暖かいが 夏場は暑い…暑いがそれは仕方がない
猫との添い寝の幸せに比べたらささいな問題である。
そうたとえ布団が毛だらけになろうとも。

部品: 猫写真フォルダー

猫好きの写真フォルダーは猫の写真でいっぱいである。
我が家の猫からご近所で出会った猫、さまざまであるがどんどん増える。

部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう

猫を飼っている猫好き同士が集まるとうちの猫かわいい自慢大会が始まる。
しかしここで喧嘩にはならない。
なぜならお互い「自分のうちの猫が一番可愛いがそっちが可愛いのもわかる…わかる猫かわいい…わかる」
と思っているからである。

部品: 猫の声に敏感

外出先で猫の鳴き声がするとつい目で探してしまう。
子猫の「みーみー」言う声だと必死に探す。
急いでるときは死活問題だが…子猫ならしかたない。

部品: 猫グッズ収集

猫好きになるといつの間にか増えているのが猫グッズである。
ちょっとしたものでも猫柄を選んでしまうことがある。
カレンダーを子猫がいっぱい写ってるやつにしてしまったり…

部品: 猫にご挨拶の効果

ご近所の猫さんへのご挨拶は猫好きのたしなみである。
散歩の途中で見かけた猫に警戒されない位置からそっとまばたきと声かけ。
可能ならば指の匂いを嗅いでいただく。
慣れてくればなでなでも許してもらえるかもしれない。まずは覚えてもらおう。

部品: 猫なでテクニックの効果

猫が喜ぶ箇所を的確になでなでする技。猫によって好みが違うため喜ぶ箇所を見極める力も重要である。
基本的には猫が自分であまり触ることが出来ない 背中や額、アゴの下などが喜ぶポイントだろう。
うまく撫でることができれば猫からの好感度があがるぞ!

部品: 猫ブラッシングの効果

猫をブラッシングすることで抜け毛を取り除き、毛並みをつやつやに保てる。
またスキンシップも兼ね、体調の変化などにも気付きやすくなる。
ブラッシングされて猫はご機嫌になる。

部品: 猫の爪切りの効果

室内で猫と同居している場合必須技術ともいえよう。
猫が嫌がる暇を与えずさっと伸びてとがっている部分の爪を爪切りで切る。
そうすることで家具や壁紙への爪とぎを減らしたり
猫にひっかかれて怪我をすることや、猫の爪が割れて猫自身が痛い思いをすることが減らせる。

部品: 料理は段取りが一番

手早く料理をこなすのに大事なことは、段取りである。
あれボウルどこだっけ、皿出したっけ、はスムーズな調理の邪魔であり、火を通しすぎておいしくなくなるなどの原因にもなる。
一人でやるときは勿論、皆で料理するときも、まずは段取り最優先である。
道具、食材、盛り付け皿、水回りの整理、キッチンの整理ができていればこそ、手際よい調理が出来る。

部品: 家庭料理主体

野菜炒めやみそ汁、シチュー、カレー。
肉じゃがやハンバーグ。
家で出てくるような、ボリュームがあってみんなが好きそうな料理の数々。
このあたりを抑えておけば、誰かに振舞う時も安心できるだろう。
から揚げをおいしく揚げる、というのもポイントが高い気がする。

部品: 節約料理レシピ

趣味で料理をする人なら、だれもが覚える時間短縮&節約レシピの数々。
ダイコンの葉を刻んで醤油であえるだけのご飯のお供とか、美味しいよね。
個人的にはニンジンをピーラーで向いた後の皮のキンピラとかが好き。ゴミも減るし。

部品: 大鍋料理の経験

大きな鍋で大量に作るのは、実はコストパフォーマンスがよい。
汁物が特にそうだが、肉じゃがや芋煮のようなものも、手間と労力をかんがえると、保存さえ効けば実は大きな鍋で一気に作ったほうがいい。
肉じゃが作りすぎちゃって、は実際に起こりうるのだ。本当に。

部品: カレーは正義

大きな鍋さえあれば一気に大量に作れ、大体何を入れても味がまとまり、味についての文句を言う人も少ない。
二日目や三日目になったら、カレードリアや焼きカレー、ダシで伸ばして和風カレーやカレーうどん。
痛む前に処理するのは大事だが、冷凍してしまえばそれもある程度解決できる。

家庭料理として、数種類のカレーを抑えておけば、まずもって間違いはない。

難点は、カレールーが手に入らない環境では出来ないことだ。

部品: お菓子作りは科学

分量を正確に測れるかどうかが、お菓子の出来栄えを決める。即ちお菓子作りは科学なのだ。
自分や恋人用に手の込んだものを作るのもいいが、クッキーを大量生産して近所の子供に配るのも一興である。

部品: 凝った細工

趣味でお菓子をつくるからこそ、普通ではめったにしない凝った細工をしてみたりもする。
プチシューいっぱい作ってクロカンブッシュつくったり、鼈甲飴で文字作ってみたりと、凝れば凝るほど見栄えも良くなる。
もちろん、センスがあったらの話だが。
それはそれとして、お菓子を作っていると色々細工に凝りたくなるのは確かだ。

部品: 対人関係とは

対人関係とは、個人と個人の結びつきをみた人間関係である。この世界には様々な存在がいる。ここでは自分以外の他者との結びつきをいわゆる対人関係としてゆく。

部品: 相手を大切にする気持ち

世の中にはいろいろな存在がいる。友好な関係を築くには相手を尊重し、大切に思う気持ちをもつとよい。みんな違ってみんないいのである。

部品: 相手の立場に立った言動

自分に様々な思いがあるように相手にもいろいろな事情がある。それらを考えながら、相手の立場に立った言動を心がけることで気持ちの良いコミュニケーションがとれる。

部品: わかりやすい言葉で

例えば専門用語は知らない人からすると意味不明な言葉である。そういうものもわかりやすい言葉でおきかえて伝えることで、相手の理解を深める手助けになる。

部品: おだやかに

感情は伝染する。こちらから穏やかな姿勢で望むことで、相手の心も穏やかになりやすい。また、言葉選びも重要である。

部品: 報連相

報告、連絡、相談である。対人関係の基本は報連相にもある。適切な報連相をすることで、さわやかな関係を築くことができるうえ、不備が少なくなる利点もある。

部品: なるはやの報告

上司や仕事上で連携の必要がある相手は、常に最新の情報で連携を取りたいと感じているものだ。誤解があるままお互いの仕事が進んではいけない。お互いの報告はできるだけ、状況変化の直後にするのが原則だ。

部品: 共通の書式に則る

報告は記録に残る形で、決まった書式で行われるべきである。報告を行った日付、報告を行った人物などをはじめ、後で誰が参照してもわかるようにしておくのが良い。


部品: 連絡の意味

連絡とは、関係者に、簡単な業務・作業情報を知らせることです。上司部下に関わらず、誰もが発信側にも受信側にもなる。

部品: コツ

自分の意見や憶測は入れず、あくまでも事実を伝えることが求められる。客観性に欠ける報告では、誤解が広がってしまうからだ。簡潔かつ迅速を心がけよう


部品: 相談とは

相談とは、仕事において判断に迷った時や自分の意見を聴いてほしい時に、上司や先輩、同僚に参考意見を聞くこと。

部品: 伝えるべき情報

良いアドバイスをもらうためには、わかりやすくてアドバイスのしやすい相談を心がけなければならない。具体的には以下の通り。
1.相談したい事柄の現状
2.相談したい事柄の目指しているところ
3.相談する前にすでに対処してみたこと、それをやった後にうまくいかなかった理由

部品: 思いやり

自分のことだけではなく、他人はどう考え、どう感じているか。つまり 他人の身の上や心情に心を配ること。これを常に頭において人と話すことは、諍いを避け、和やかに過ごすために必要だ。

部品: TPOを弁える

T:time…時間
P:place…場所
O:occasion…場合(opportunity…機会)
上記の通り、TPOとは「時間と場所、場合(機会)に合わせる」という意味を持つ和製英語。
これを考えて行動することは私生活でも仕事でも大事だ。

部品: マナーの概要

社会の中で人間が気持ち良く生活していくための知恵である。マナーは国や民族、文化、時代、宗教のさまざまな習慣によって形式が異なる。また、個人間でも価値観や捉え方による差異がある。
ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることもある。
「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、わかりやすくしたものが形式としてのマナーである。

部品: 社会人として知っておくべきマナー

マナーといってもなんでもかんでも定型化して知っていなければならないわけではない。
要するに、相手の気分を損ねないようにする心がけそのものがマナーだ。
要するにきちんと挨拶をしたり、謝るべきときにきちんと謝ったり、連絡をきちんと返したり、そういうことである。

部品: 摂政の概要

無名騎士藩国では、主に渉外を担当する藩王に対して、摂政は国内における政策など内政作業を管理する。政策の執筆・レビューなど藩王では回り切らない部分について対応している。

部品: 着用制限

この大部品には着用制限があり、にゃんにゃん共和国およびわんわん帝国にて藩王の承認を得た摂政しか着ることができない。

部品: 忠誠と輔弼の義務

摂政は摂政の持つ全ての権利を有し、藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ 。国を支え、藩王がなす、あるいはなされざるべきことについて進言する。

部品: 外交戦能力

摂政は他国との交渉、外交の席において高い能力を誇る。藩王の指示、意向のもとで各々がなすべきことを藩王が求める範疇で実行するために動くことになる。

部品: 外見への影響

藩国摂政、という肩書きは望むと望まざるとに関わらずそのなり手の見た目にも良い影響を与える。それは他国との交渉の席においても同じように発揮され、国を良い方向へ導く助けとなる。

部品: 協調行為への適正

藩王、官僚、国民、それぞれとの間に仲立ちとして存在する摂政は誰かと共に物事を行うことに長けており、何らかの行為に協調する、という場面においては無類の力を発揮する。

部品: 官服

摂政としての礼服。国によって色や仕立てが異なる。一例として国の紋章が背中に大写しになっていることもあれば内側にポケットが充実していてモノが入れられたりする。


部品: 扇子

官服ともどの使われる手持ち品。畳んで叩くといい音がする。骨や紙、装飾や飾りひもなど国によって特色が出る。扇いで使う汗っかきもいるが大体空調で済ませているのか公の席では見ない。

部品: 立ち姿

国際的には藩王の後ろに控えて助言を行う、差し紙を入れるといった場面が多いが国内においては藩王の名のもとに政策や国民に伝えるべきことを放送するなど出番については国によって様々である。


部品: 概要(政治家)

政治家とは、職業として政治に関わっている人のことをいう。自らが所属する国家や組織、団体のために、所属機構を代表して行動する。


部品: 取得条件(政治家)

政治家は名乗るだけならばほぼ誰にでもできる。しかし、政治家として「所属組織の目的を達するため、所属組織を代表して行動する」ためには、まず組織への所属を行うこと、組織の代表として選出されることが必要となる。
そのためには所属しようとする組織の性質や規模にもよるが、一定以上の教養や財力、人脈が求められる。
政治家としてのスタート地点に立つためにも「政治」が必要なのはなんとも皮肉な話だ。

部品: カリスマ性

人を惹きつける魅力。「この人のためなら苦労もいとわない」と周囲の人々に思わせる人間性。口調や態度、外見など、話している内容とは関係なく先天的に得られる種類と、プレゼンテーション力や発声方法など、年単位での必死の努力の末に身につけられる種類がある。

部品: 弁舌力

自分の言説の正当性を主張する能力。高い弁舌力を持つ者の中には、隙の無い原稿と想定問答集を用意し理路整然と最初から最後まで駆け抜けるタイプと、時折アドリブに任せながらも、必要なポイントは完全に抑えて場を制するタイプの2種類が存在する。
両者の良し悪しは比較できないが、自分が血反吐を吐くのが前者。周囲が胃を痛めるのが後者である。

部品: 財力(政治家)

主に所属組織の利益につながる行動をとるのが政治家である。国のため、都市のため、組織のため、お題目は様々だが、どんな時にも必要になるのが活動資金である。
政治家の中には本業で稼いだ資金を元手に政治の世界に乗り出した者も少なくない。資金が多ければ養える人材の数も増え、より組織は強化される。
だからといって、後ろ暗い方法で資金を入手するのは政治生命を縮めるどころか普通にお縄になるのでやってはいけない。

部品: 使命感(政治家)

政治家は自らが所属する組織に利益をもたらすために行動する。行動しなければならない。国益を考えずに自らの懐を肥やすことだけを追い求める者はもはや政治家とは呼ばない。政治屋である。
皆を代表して行動するという使命感・責任感を、政治家は忘れてはならない。政治家の行動の裏には数多くの人々の明日への希望が詰まっているのだ。

部品: 本気の嘘

政治家が必ず備えている素養・・・であれば完璧なのだが、そうもいかないのが人間である。少なくとも、少しつつかれただけでボロが出るような嘘や隠蔽工作は行わない。もしも必要に応じて嘘をつくのならば、その嘘を嘘と気づかれてはいけない。墓場まで抱えていくか、嘘を本当にするために死ぬ気で働くのが政治家のつく嘘である。

部品: 礼儀作法(政治家)

テーブルマナーなどに限らず、その国その国、地域ごとの慣習や作法に精通している政治家は信頼を得やすい。真剣に自分たちのことを考えてきてくれたと思ってもらえるからだ。完璧にこなすのが一番だが、多少拙くとも真面目にやっていることを伝えられればまずは上出来だ。

部品: 折衝力(政治家)

どの組織も、それぞれの主義主張・権益を抱えて調整の場に臨んでいる。それぞれの組織が一応の納得をしつつ、中でも自分の組織が望む結果を得られるように場をコントロールし結末へと導く力、折衝力のある政治家はどの組織でも重宝される。

部品: コネクション

政治家はその仕事を通して、所属組織内外に多くのコネクションを構築する。コネクションの多さは切れる手札の枚数にも等しい。強い手札をどれだけ集められるかが、政治家としてのポテンシャルの高さである。

部品: 情報収集力

培ったコネクションや自らが所属する組織の力を用いて、政治家は情報収集に余念がない。世の流れを掴む力は政治力の源泉となる。必要な時に必要なところへ必要な情報を集められる者が、政治の裏舞台で今日も活躍している。

部品: 知名度の高さ(政治家)

政治家は文字通り組織の「顔」である。内政をするにも、対外的な交渉をするにも、「顔」を見せるか否かで効果は大きく異なる。おらが村にも有名人が来てくれた、というのは部外者が思っている以上に大切なことなのだ。そのため政治家には、品行方正さが常に求められる。汚れた顔でお客様に会うのは失礼にあたる、ということだろう。

部品: 認定試験受験資格

チューニングマスターは国家で認定する職人、職業である。
認定試験を受験するためには以下の要件を満たす必要がある。
  • 整備士免許を持つ。
  • 所定の期間名整備士として実働の実績を持つ。
  • 国家が定めた所定の種類の機体を、一定数以上整備し、結果十分な成果を出したと藩国から認定されたもの


部品: 認定を必要とする理由

チューニングマスターとは機体を調律する職人である。パイロットの操縦特性を見抜く観察眼が不足していたり、調律が狂っている場合はその機体は通常の機体より却って危険になりかねない。
本来十全な整備ができれば整備士としては十分な仕事を果たしていると言える。無理な要求から整備士自信を守るため、またチューニングを行う場合はパイロットにとっても整備した側にとっても常に満足の行く結果を出せるよう、
一定の実力をもっているという保証となる認定試験は国家にとっても整備士自身にとっても利得となる。

部品: 認定試験

認定試験は二日間に分けて行われ、安全にチューニングを行うことができる知識を持っているかを確認する筆記試験と、実際の実技を試す実技試験の2つが実施される。
それぞれの試験において細かく分野がわかれており、それぞれにおいて十分な得点を取り、かつ重大な事故につながりない兼ねない問題に関しては禁忌肢問題が設定されており、
実技知識試験双方においてこの禁忌を踏んでしまった受験者は得点にかかわらず不合格となる。
人の命に関わる試験である以上内容は厳しく、十全に実力がある職人だけが合格できるよう問題が考慮されている。
試験は1年に1度国家試験として行われる。

部品: チューニング能力概要

チューニングマスターのチューニング能力は、魔法ではない。本来兵器は十全に使えるように整備されているだけで理想的な状態なのだ。
つまりチューニング能力とは、パイロット毎に機体を調律して、操縦手ごとのフィーリングや、操縦特性に一致させることにより、機体と、パイロットの最大公約数を引き出すことなのだ。

部品: 高度な基礎知識

職人というと何事も経験だ、職歴だという見方になりがちだが、実際に必要とされるのは地に足のついた、工学、科学知識である。物事の原理原則を知り、基本的な機体の状態を知るからこそ、チューニングが可能なのである。
チューニングマスターは最新の機体に導入される技術に対しても遅れをとらないよう、常に勉強している。

部品: マシンの機嫌を聞き取る耳

チューニングマスターは、エンジンの駆動音だけで、その機体の機嫌を聞き取ることができる。これは超常的なものではなく、
長年の実務経験からの妥当な判断能力である。人の努力の完成とは、努力の成果を呼吸のように行うことである。
以下はある日の新人とチューニングマスターの会話である。
新米整備士「加速ポンプが擦り切れてるんですよ。」
チューニングマスター「わかってる」
新米整備士「フューエルインジェクターにサイレンサーがついてないし」
チューニングマスター「必要ない」
新米整備士「えっ、うるさいし振動が」
チューニングマスター「そんなものをつけたらマシンの機嫌がわからなくなる。」

部品: パイロットの操縦特性を見抜く目

チューニングマスターはパイロットに合わせて機体を調律する以上、そのパイロットがどのような操縦をしているか、それを見る目がなければ正しい調律のしようがない。
機体からとれるデータを知識と経験に基づいて正確に見抜く目がなければチューニングマスターは成立しないのだ。

部品: 仕事上のコミュニケーション能力

チューニングマスターは機体を調律するわけなのだが、チューニングマスターがどう思ったとしても、結果として機体を操縦するのはパイロットである。
特にチューニングを必要とするほどの名パイロットである以上機体は手足と同じである、チューニング内容の打ち合わせにも、事前説明にも、予想されるトラブルに関しても、
適切なコミュニケーションを取らなければパイロットの希望をまともに聞くこともできないのだ。
優れた職人とは使い手が満足するための仕事のために、コミュニケーションを惜しまないものなのだ。

部品: パーツ吟味能力

同じ工場で量産されている機体パーツだとしても、実際には少しづつ違いがある。よく言うこのエンジンは当たりだ!というやつである。チューニングマスターはパーツのそのわずかな個性を把握し、パーツ同士の相性も考えてチューニングを行うのだ。

部品: 好きは一番の才能

チューニングマスターは非常に高度な技術と知識の両立を要求される。これはもうメカいじり自体が好きでなければ苦行でしかない。純粋に機械いじりを愛し、機体の役割を理解して、使い手を思いやることができる人間性こそがチューニングマスターに要求される一番の才能かもしれない。

部品: 工具への理解

整備を行うにあたり使用する工具に対する理解も深く持つ必要がある。
鉄火場ともいえる整備工場の中で、その場に最適な種類の工具を即座に判断し、適切に扱うこともまた、1つのスキルといえる。

部品: 長年の経験

名整備士と整備士を分けるもの。それは経験である。
様々な機械の整備を経験し、所謂勘所と言った観点で機械の故障箇所を見抜く。
そういったことをできるようになるにつれ、彼らは周囲から『名整備士』と言われるようになる。
これは才能や実際の仕事量にもよるが整備士になってから5年はかかると言われる。

部品: 整備作業の分配

名整備士は整備士グループの中心人物であることが多く、リーダーとして他の整備士に作業を割り振る事が多い。
その際、名整備士は修理箇所を的確に見抜き、そこに長けた人物に作業を割当、スムーズに整備作業が進むように取り計らう

部品: 整備環境の維持管理

整備の周辺環境によって作業効率は刻一刻と変化する。
作業工具の定位置管理といった整理整頓の徹底から設備や整備場所のレイアウトの設定まで
ベテラン整備士はチームで動きやすい環境を維持するように注意を払う。

部品: 整備工具・設備のメンテナンス

整備工具はそれ自体が整備を必要とするが、品質維持には専門知識と経験が必要となる。
工具類の摩耗具合の見極めや検査器具の精度は、ベテラン整備士の定期的な点検によって確認・維持される。

部品: 作業環境の改善指導

機械整備における正解は存在しないため、現在の手法に対する改善活動は常に行い、内容を更新していくのが望ましい。
率先して具体的な改善内容を提案するためには、ベテランの経験と洞察力が必要であり、これをけん引していく能力が求められる。

部品: 部品調達のコネクション

整備用の交換部品を緊急で外部に依頼出来る取引先が多ければ、激しい運用が求められる繁忙期にも安定した整備を行うポテンシャルを準備出来る。
ベテラン整備士は緊急で部品を調達するネットワークを日頃から形成する努力を行い、緊急時には整備対応の一部を外部に委託出来ることが望ましい。

部品: マニュアル類の準備

整備のための具体的な方法を指示したマニュアル類を日頃から制作する事務仕事。
整備方法の統一に使われ、手順の明確化は作業効率に、チェックリストの整備は不良の抑制に威力を発揮する。

部品: 人体構造の専門知識

一部の人型機械の構造理解に必要な基礎知識。
これらの機械は人の構造を模して造られているため、その共通点から整備上注意する箇所を把握、潜在的な不良に対して適切な処置を行うために必須となる。

部品: 工学基礎

機械の構造や構成部品についての知識。各種の製品に特化した知識ではなく、あくまで整備技術を付け焼刃にしないための基礎理論である。

部品: メカニズムの理解

機械の動作原理と部品についての実践的な知識。具体的に構造や仕組みを知ることにより、整備スキルを向上させる。

部品: 環境や安全に関する知識

パイロット・その他の機械、機体の使用者の身を守るための安全に対する知識、機械を製造・運用する上での環境に対する配慮等の知識全般。

部品: 工作実習

工学科に所属する学生として、実際に実習を行う。整備は知識も重要だが同時に職人的要素も強い。手先で実際の動きを体に染み込ませるため、知識獲得と同時に実習も常に行い、知識と手技のレベルを一致させる教育方針になっている。

部品: 測定訓練

正確な整備を行うためにはきちんと機体のデータを測定できる必要がある。エンジンの異音や回転数の調子など、マシンの機嫌を図ることも整備士の必須技術である。
これらを測定機械を使って客観的に知る実習と、実際に整備士として働く指導員からの経験知識の両方で学ぶ。

部品: I=D知識基礎

ニューワールドにおいて整備士の重要な仕事にI=Dの整備がある。機械知識の基礎過程を終えた後、I=D特有のエンジンやフレーム、部品構造に関して専門的な知識を学習する。

部品: I=D整備実習

I=Dに関する整備知識を学んだ上で、整備学校にある学習用の退役I=Dを利用して実際にI=Dの整備を学生と指導員で行う。実地でのI=Dを相手にした苦戦格闘はその後の整備士としての人生に大きく寄与するだろう。

部品: 専門整備知識

整備士としてI=Dまでの整備は必須である。その上で人型戦車とRBの整備に関しても学習する。自国で伝統的に人型戦車を生産しているためである。
人型戦車とRBは双方技術体系が異なる。安全に整備するために2年の時間をかけて総合的に学習を行う。

部品: 現場でのインターン実習

I=Dだけでなく、車両や人型戦車、RB、艦船や戦艦、町工場に至るまで、現場での実習を行うことが義務付けられている。先輩方を手伝いながら、活きた技術を体得するのだ。

部品: 機体の電子制御知識

機体を動かすのはハードウェアだけではない。機体を制御するソフトウェアに関しても、整備士として必要な基礎的過程と、メンテナンスに関する専門知識を学習する。

部品: 整備器具使用法涵養

整備器具は使い方によっては使用者を怪我させかねないものが多い。旋盤は軽々に扱えば指を削ってしまうし、刃物を使う際はレストを取らなければ思わぬ方向に刃が滑った時に先に人がいれば大変なことになる。
器具の正しい使用法をきちんと学習していることは整備士として最低限度の義務である。

部品: 要求性能の理解

パイロット、現場が求める要求性能を理解し、その性能を満たす方法がわかること。もしくは要求の実現が不可能であることがわかることは大事なことだ。しっかりと工数を把握して上申することは、発注側にとってもメリットがある。

部品: 工期の把握

他作業者との作業分配等を考慮し、要求性能を満たすための作業工期を把握する技能。効率的に整備を行うために正しく把握することは必要である。

部品: チームワーク

機械の整備は複数人で行うことがほとんどのため、目的、情報を共有し連携するチームワークが重要となる。整備士達のチームは家族と同じだ。

部品: 機械を扱う者としての倫理

整備士は機械の整備を請け負う職業である。ただの車であっても、整備が不十分であったり、危険な整備をされていればそれは事故を起こし、人の命を奪うかもしれない。
I=Dなどの兵器であればなおさら、整備不良はパイロットの命を奪う結果になりかねないし、それは自分が大事にしている国や家族を危険にさらすことになる。
自分の仕事が人の命を左右する可能性を自覚していない者は整備士になる資格はない。
どんな機械でも、それを扱い人が自分の家族であるつもりで整備に臨む。それが整備士の心がけである。

部品: 受験のための必要経験

専門の養成機関で2年以上の訓練経験、もしくは3年以上、現役かつ藩国指定の指導名整備士の元でカリキュラムを基に実務経験を経る事が必須となる。
実地で経験を積むほうがいいと思われていることもあるが、期間が長いかつ勉強をしながらになるため養成機関に通うものが多い。
これらの期間を経て養成機関で藩国が定めたカリキュラムを経て必要な能力を涵養したと認められたものか、指導名整備士に訓練期間後受験資格を認められた者が国家試験の受験資格を得る。
著しく能力が不足するものは追加の訓練が必要であるため、留年となる他、倫理観が欠如していると認められる者や、薬物濫用の経歴があるものは受験を認められない。

部品: 資格取得

必要経験を満たしたと認定されたものは、藩国の公的認定機関による資格認定試験を受ける。これに合格することにより、晴れて整備士と名乗ることができるようになる。

部品: 整備士(職業)の流用実績

このアイドレスは冴月@無名騎士藩国、藤原うずら@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
現在のところ流用実績はありません。


部品: 名整備士(職業)の流用実績

このアイドレスは冴月@無名騎士藩国、藤原うずら@無名騎士藩国、Drache@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
現在のところ流用実績はありません。

部品: チューニングマスター(職業)の流用実績

このアイドレスは冴月@無名騎士藩国、藤原うずら@無名騎士藩国、Drache@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
現在のところ流用実績はありません。

部品: ニッパー一式

ニッパは電気工事や電気製品の修理などの際に、主として配線コードを切断するための工具である。
電気工事などの作業で、電線や金属線を切断するときに使用する。刃部は用途に応じて色々な形状があるが、丸みを帯びたタイプが一般的である。刃元に電線の被覆をむくために使用する切り欠きを付けたもの、ハンドル部に絶縁被覆グリップを付けた物もある。構造は、2枚合わせと3枚合わせの2種類がある。
もちろんプラモデルを組み立てるようなプラスチックニッパーもある。
他にエンドニッパー、精密ニッパー、強力ニッパーなどが広く知られている。

部品: スパナ

レンチは、ボルトやナットなどを回すことによって、締め付けて固定したり緩めて外す作業(締緩作業)を行うための工具の総称。
ボルトはサイズによって適正な締め付けトルクがあるので、レンチもサイズによって適正な長さになるよう調整されている。
基本的にこれらの機能を持つものはみなレンチなのだが、先端が開放された固定幅のものはスパナと呼ばれている。
レンチの先端が開放されており、横方向からレンチを挿入できるのが特徴。ボルトヘッド(あるいはナット、以下ボルトと略す)側面の二ヶ所にのみ力が集中するので、強い力で締めるとボルトヘッドを傷めることがある。主として仮締めに利用する。
別名オープンエンドレンチ。

部品: めがねレンチ

ハンドル両端に円形の口部(ボルトヘッドにはめる輪型の部分)のあるものをめがねレンチと呼ぶ。ハンドルの一方だけに口部のあるものも多い。ボルトの上方向からしかレンチを挿入できない。多くは使いやすいようにハンドルに対し口部に角度(オフセット)がつけられている。ボルト側面の6ヶ所に力が加わるので、ボルトヘッドの痛みが少なく強い力で締めることができる。レンチの振り幅が限られた場所に適する12ポイントと、大きなトルクをかけるのに適する6ポイントがある。

部品: ラチェットレンチ

右または左の一定方向もしくは両方向締め付けられるラチェット機構を取り入れたレンチ。小さい回転角度で取り付け、取り外しができる。

部品: コンビネーションレンチ

レンチの両端に同一サイズのめがねレンチとスパナが付いているもの。仮締めと本締めが一本のレンチで使い分けできる。

部品: 六角棒スパナ

六角棒スパナは、正六角形の穴を持つ六角穴付きボルトや六角穴付き止めねじを固定、または緩めるための工具。主に自転車、家具の金属部分、機械設備などに使用する工具。六角棒レンチ、六角レンチ、ヘキサゴンレンチ、メカニックの現場ではヘックスとも呼ばれる。なお、ソケットの先端に六角棒スパナが設けられ、ラチェットハンドルなどと組み合わせて使用するものは六角ビットソケットなどと呼ばれ区別されている。

部品: ペンチ

ペンチとは、先端同士が噛み合う構造の2つの金属製ステーをピボット(軸)で結合し、自由に開閉できる構造をした工具である。ペンチは刃先の平らな部分で銅線・針金・釘を曲げる、挟む、引っ張る、ねじるなどの作業を行うことができる。

部品: プライヤー一式

ペンチよりも開口範囲を大きくとるため、ピボット(ジョイント部分)がスライド構造となっている工具。大きな物をはさむ場合、ピボットを握り方向にスライドさせることで、先端部分が大きく開く(通常この状態では先端部分は完全に閉じない)。通常のペンチよりも、はさめる物の範囲が多いため、自動車の車載工具によく採用される。
一般的なコンビネーションプライヤーの他に、シンノーズプラヤー、ベントノーズプライヤー、ロングノーズプライヤーなど様々な種類がある

部品: ハンマー工具一式

物を打ち付けたり、潰したりする工具のことで、打撃部分が木製であったり、金属であったりする。金属製のものを金槌という。
叩く音からトンカチとも良く言われる。
片手ハンマーや玄能などのDIYに使われるような一般的なmのから、スレッジハンマーなどの大型のものや、テストハンマーなどの大きく目的が違うものもある。
整備士は自分の現状のしごとに合わせたハンマーを携帯するのだ。


部品: 計量具一式

大きさや長さ、トルクなどを計測するための道具一式。正確なデータがとれなければ正確な作業は実現しない。
ノギス、マイクロメーター、ゲージ、メジャー、トルクレンチ、水準器など様々である

部品: 切削、研磨工具一式

リーマーなどの切削を目的とした工具一式。ノコギリやねじ切りダイス、ドリルもここにあたる。現状の作業に適した物を整備士は選んで携帯する。
同時に加工した場所を研磨するためのサンドペーパーや砥石も研磨工具と呼ばれ、整備作業には欠かせない。

部品: 戦闘訓練

平時からの仮想敵との戦闘訓練により、想定可能な敵の構成・戦術への対応方法を学習している。
全てを網羅している訳では無いが、体系だてて学ぶことで、その延長として柔軟に対応することを目指す。

部品: ブリーフィング

作戦行動前に隊全体で行われる綿密な打ち合わせ。
戦況の確認であったり、作戦行動に求められる目標であったり内容は多岐にわたるが、
パイロットにとっては、全体の中で自分のすべきことを把握する重要な情報交換の場となる。

部品: パイロット準備過程の修了

パイロットとはエリートであり、訓練課程により、工学、航法、通信、法規など各種の知識を身に付け
戦場での活動はそれらに裏付けられていることが求められる。
また、実際の操縦技能は、初歩の操縦を訓練機により習熟した後、実機にて戦闘機動など実践に即した訓練が行われる。

部品: 操縦経験

一般的にパイロットの技量とは、機体を操縦した時間に依存する。
特定の機体・機種に関し継続して訓練を行った時間の累積により一人前のパイロットと扱われ
訓練部隊に組み込まれてより5年間、第一線部隊で最低1年間従事することで1人前となる。

部品: 能力の適正検査

基本的な作業能力に加え、機体操縦時のマルチタスク能力、会話への適切な対応といった検査に加え
パイロット向けの検査、身体測定、血液検査、脳波測定、斜位測定、心電図、深視力、視野、精神内科の問診などが行われる
精神の形質について調査され、残虐性といった社会倫理に欠けると判断されたものは不適格とされる。
前科などの経歴も調査され、問題があるようであれば、これもまた不適格と判断される。
これら個人の資質を内外から徹底的に検査した後に、ベテランパイロットとの面接、実際のフライトでの最終的な適正が問われる。
これらの項目のためパイロット登用試験は狭き門となる。

部品: マニュアル把握

パイロットに多彩なマニュアルは付き物である。
随時更新されるマニュアルを把握し緊急時対応を行える事は
パイロットの基本教養であり命を救う綱であるとともに
最大の武器の一つである。

部品: 編隊行動

戦闘時に僚機と自機の位置を維持する技術。
集団で行動するための基本スキルであり、練度を見るための目安ともなる。
中距離での戦闘では統制射撃との組み合わせで威力を発揮する。

部品: 自機管理

機体の消耗状況の把握に長ける能力。
戦闘中に機体の不調が発生することは即座に死を意味するため
自機の僅かな変調から起こりうる異常を予想する。

部品: 状況判断

冷静な状況判断により、局所的な有利不利を察知する能力。
目まぐるしく変化する状況をつぶさに捉え、次の行動を決定するための
観察・整理を行うことで可能な限り自軍に有利な行動を選択する。

部品: 待機任務

パイロットの任務の1つ、領空(領土、領宙)侵犯に対してスクランブル発進し、これを迎撃する。
違法に自国へ侵入を試みる軍隊・賊への牽制や哨戒、迎撃へ即時対応するための準備。
一方で、救難を求める対象への対応も含める。
シフト制により24時間対応可能。

部品: 健康管理

パイロットは機体の1部品としての側面が強く、健康診断で問題がある場合即座に不適格として後方勤務となる。
そのため、常日頃より自身の健康管理に対する要求ハードルが高く設定される。

部品: 部隊行動基準

軍隊の一員として、交戦に関する規律を明文化したもの。国際法規における交戦倫理にあたる条項を参考に
一般市民への攻撃禁止等の基本的な倫理を定めた内容。
敵国へ露見すると手の内を晒すこととなるため、自国の軍隊を管理する省庁と下部組織内においてのみ閲覧可能。

部品: エンブレム

名パイロットは機体に自身を示すエンブレムや撃墜マークなどを示すことがある。
これは彼らの功績を示す格好のステータスであり、彼らの誇りでもある。

部品: 指揮能力

名パイロットとは引いては優秀な指揮官としての側面を持ち合わせていることが多い。
これは僚機の持つポテンシャルを引き出し、隊全体の実力を多いに底上げする。
名パイロットが居る隊では練度が向上しやすく、新たな名パイロットを生み出す要因となる。

部品: 教官経験者

名パイロットは、その技能および前線での戦術的経験を重宝されるがため
教官として後方における兵の訓練にあたる任務が与えられる。
これらの教官が前線に戻るとき、元生徒である兵士、あるいは士官との間では
ある種の信頼関係により発言力が増すことがある。

部品: 隊の写真

名パイロットとは多数の戦場を生き抜いてきた者ともいえる。
戦場における僚機の脱落は常に起こり、知り合いが故人となることも少なくない。
写真には色々な思い出が詰まっている。

部品: 勲章

名パイロットと認められる客観的な証明の一つ。
多くは隊内外からは成した功績などで認められるが
身内以外では物品による証明が何故か求められる。

部品: 自己鍛錬

名パイロットとは、裏で地道な努力を続けている者が多い。
彼らにとって日々の鍛錬とは日常であり、気にすることはないが
その意識しない行動によって、戦場での結果は出ている。

部品: 記念の航空用腕時計

記念の航空用腕時計:
無名騎士藩国ではパイロットがある程度の功績を上げ
名パイロットとして呼ばれるようになると、航空用腕時計を渡す習慣がある。
これは、航空機時代に使われていた腕時計であり
宇宙のパイロットにとっては使いにくいと思われるかもしれないが、
距離での計算の参考になるケースもあるし、
何よりパイロットとしての初心、元々空を飛んでいた頃を忘れるなという戒めにもなっている。

部品: 優れた空間把握能力

名パイロットと呼ばれる彼らは、昨今は宇宙空間での戦闘を多く行っている。
元々は地上の空中戦でその技量を高めてきた彼らは、
宇宙空間でもその優れた空間把握能力を活かし、
スペースデブリや敵機との彼我距離を正確に把握し宙間戦闘を行っている。

部品: 経験による行動の裏付け

パイロットの中には自身の経験知から行動に一定の傾向を設け
その定型パターンに乗ることで時間的な優位を得て勝利するものも居る
前線での経験が豊富な叩き上げのベテランパイロットにこそ可能といえる。

部品: イエロージャンパー

腕のいいパイロットがよく着ている黄色いジャンパー。
誰が着始めたのか全く不明で、正式装備でもないが
いつの間にか上官から能力を認められたパイロットに与えられるようになった。
今ではこれを着用していることがパイロットの腕の良さの証明にまでなっている。
余談だが、その独特のセンスから喜んで着ている人はいないとか。

部品: 戦闘時の緊急対応

戦闘時の緊急対応:
戦闘中は多くの想定外の事象が発生する。逐次発生するトラブルに対し、
その場その場で優先度を設定し、最適な対応を部下のパイロットに指示し、
対応を行い続けていくスキルが名パイロットには要求される。 

部品: 各種環境への対応

各種環境への対応:
名パイロットと呼ばれるパイロットは、陸海空宇宙すべての空間における経験を持つ。
それぞれの経験で得たスキルを統合し、別の空間での戦闘にも活かしている

部品: 高G適正

高G適正者が戦闘機動を取ることによる疲労が少なくなる
蓄積する疲労、状況判断の障害を減らすことにより優位に立つことが可能

部品: 偏差射撃の習得

交戦相手の移動先を予測しあらかじめ軌道線上に弾幕を展開する事で命中率を格段に向上させる攻撃技術である。主にドックファイトで使用され、戦場の経験によって培われる技術である為、ベテランでないと習熟は難しいとされる。

部品: EV116生還記念の儀礼用短剣

A世界シーズン1イベント116「第2波」火星沖艦隊戦の戦勝記念品。Zマークがついた儀礼用短剣である。当時の戦闘参加者のみが所持できる。

部品: 圧力の大きさ

刃物は一般的に研いである刃は非常に細くなっており、これを対象に当てた場合はその面積の小ささから、小さい力でも圧力は非常に大きくなる。
この力により物体は刃の両側に押し広げられる引張応力が発生し、この力に耐えられなければ対象は切り離されることになる。

部品: 引き切ることの利点

刃は引いて切ることにより、対象に入る刃の角度が小さくなり、実際の刀身の厚さより薄い刃で切ったことと同じになる。

部品: 概要

素手で人を相手にした場合、高度に訓練されてでもいなければ、一撃で相手を無力化することは難しい。しかし刃物であればナイフであっても、人間を一撃で行動不能にしうる。


部品: リーチが長くなる有利さ

刃物を持つことにより、腕の長さ以上、刃が届く限りまで、攻撃範囲が拡張される。しかも素手と違って刃物は命中すればそれが致命傷となる可能性があるのだ。

部品: 創傷の恐ろしさ

素手で相手にダメージを与える場合、基本的には打撲傷になる。格闘の心得がない場合、常に効果的な攻撃を行うことは難しいだろう。
しかし刃物は素人が取り回した場合でも、浅く命中しても相手を出血させるし、刺突や深い斬撃では相手の内蔵を大きく損傷させ、死に直結させる。
刃物の使い手はその恐ろしさをよく把握している必要があるだろう。

部品: 恩寵の短剣の流用実績

このアイドレスはGENZ@無名騎士藩国、冴月@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
白河 輝さんの【白河 輝】に流用されました。

部品: 思慮深い

それを実行したらどんなデメリットが発生するかを一旦考える思慮深さ。
実行前に一旦考えることで、いざという時に立ち止まるチャンスを得る。

部品: 石橋を叩いて渡る

大丈夫かどうか確認してから実行するということわざ。これを意識して習慣化することでついうっかりを危険に踏み込むことを防ぐ。
より上位に石橋を叩いて壊すというものがある。

部品: 質問・相談する習慣

実行前に信頼できる相手に質問・相談する習慣、自分ひとりでは見落としていたことも相談や質問をすることで発見することができる。

部品: 信頼できる相手を見極める

信頼できる相手に質問・相談をするため、信頼できる相手を見極めるための判断力。
相手と自分の関係を正確に把握する(所謂空気を読む)能力でもある。

部品: 背筋がぞわっとする

危険な場所やことに踏み込みそうになると嫌な予感や背筋がゾワッとして踏みとどまる能力。所謂第六感。
確実性はないが、経験からくる直感でありこれに救われることは意外に多い。

部品: 急げ馬よのあらまし

馬を走らせ、短期間で長距離移動するための技術。はいよーシルバー!
馬を所有していない場合は貸し馬屋にレンタルしたりするらしい。

部品: 急げ馬よの取得条件

馬術の習得及び、馬での長距離移動訓練を年四回は行っていること。
なお、越境及び交通法規は各国のルールを事前に調査し、遵守すること。


部品: 馬と心を通わせる

テレパシーというわけではなく、馬との信頼関係を築く練習。
背筋を伸ばし、力を抜いて余裕を持つことで、馬に不安を与えないように心がける。

部品: 乗り降り練習

まず馬に乗るための練習。馬の左側から鐙に片足を掛けて跨がる方法から、飛び乗りまで練習する。
降り方は乗り方を逆順で行う。

部品: 騎乗姿勢

鞍の相性知り、跨がり方を覚え、正しい姿勢で騎乗するための訓練。
速さに応じて姿勢を変える必要があるので注意。

部品: 歩法の習得

歩法とは馬術における、馬の歩き方、走り方のことである。
常歩、速歩、駈歩、襲歩が基本歩法とされ、それぞれに訓練を行う。

部品: 常歩

なみあし。歩きの状態。常に二本ないし三本の肢が地面について体重を支えている状態。
正しい姿勢で発進や停止、曲がり方なども覚えよう。

部品: 速歩

はやあし。二本の肢をペアで着地、離地する走り方で、速度は常歩の二倍程度。
強く上下に揺れるため、動きに合わせて鐙に立つ、鞍に座るを繰り返して衝撃を軽減したりする。

部品: 駈歩

かけあし。速度は速歩のおよそ1.7倍ぐらいか。
三肢で接地しているタイミングと、四肢が地面を離れているタイミングがある。
パカラッパカラッといった感じか。
ゆったりと前後に揺れる。

部品: 襲歩

しゅうほ。全速力の走り。後肢と前肢の着地点をなるべく離し、脊椎のバネを利用して歩幅を伸ばし疾走する。
速度は駈歩の三倍にも達する。

部品: 長距離移動計画

連休のお父さんには必須の計画能力。
地図を広げ、目的地に辿り着くルートを導き、適切な時間に適切な道を進む計画を立てることが重要。

部品: 地図を読む

道路地図を読み解く力。これがなければそもそも長距離移動は諦めるべきだろう。
ルートを検索するだけでなく、休憩の予定も立てよう。

部品: 越境の準備

移動に於いて国を越えることもあるだろう。国が変わればルールも変わる。
各国のルールに従い、越境できる様、事前の予習と準備をしよう。

部品: 休憩・補給

事前に予定を立て、所定の場所で人と馬の休息と補給を行う。
日を跨ぐのであれば馬小屋のある宿の確保も忘れてはならない。

部品: 馬と野営

やむなく野営することもあるだろう。
野営をするのであれば、馬をきちんと繋いでおくこと。
もちろん、世話と手入れを忘れてはいけない。

部品: 急げ馬よの陸路移動効果

急げ馬よは、具体的には陸路に限り一航路分の移動を可能とする技術である。
緊急事態があれば即座に現場に急行することが可能となる。
馬を保有する必要が無いのは前述の通り。



提出書式


 大部品: 黒野無明 RD:179 評価値:12
 -大部品: 概要 RD:54 評価値:9
 --部品: 来歴
 --部品: 軽い運動
 --部品: 戦略思考
 --部品: 喫煙者
 --大部品: 摂政としての仕事 RD:2 評価値:1
 ---部品: 藩国民への思い
 ---部品: 仕事の仕方
 --大部品: 趣味 RD:32 評価値:8
 ---部品: カードゲーマー
 ---大部品: 散歩好き RD:12 評価値:6
 ----部品: 散歩とは
 ----部品: 散歩好きと呼ばれるまで
 ----大部品: 散歩の楽しみ方 RD:5 評価値:3
 -----部品: 風景を眺める
 -----部品: 季節を感じる
 -----部品: 人とのふれあい
 -----部品: 抜け道探し
 -----部品: 日常の変化に気付く
 ----大部品: 散歩に適した服装 RD:3 評価値:2
 -----部品: 歩きやすい靴
 -----部品: 帽子
 -----部品: 汗をかいてもいい服
 ----大部品: 散歩に持っていく推奨アイテム RD:1 評価値:0
 -----部品: 散歩に何をもっていけばいい?
 ----大部品: 散歩中の挨拶(技術) RD:1 評価値:0
 -----部品: 散歩中の挨拶の効果
 ---大部品: 猫好き RD:12 評価値:6
 ----部品: 猫好きとは
 ----大部品: 猫好きの宿命 RD:7 評価値:4
 -----部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
 -----部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
 -----部品: 猫と添い寝
 -----部品: 猫写真フォルダー
 -----部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
 -----部品: 猫の声に敏感
 -----部品: 猫グッズ収集
 ----大部品: 猫にご挨拶(技術) RD:1 評価値:0
 -----部品: 猫にご挨拶の効果
 ----大部品: 猫なでテクニック(技術) RD:1 評価値:0
 -----部品: 猫なでテクニックの効果
 ----大部品: 猫ブラッシング(技術) RD:1 評価値:0
 -----部品: 猫ブラッシングの効果
 ----大部品: 猫の爪切り(技術) RD:1 評価値:0
 -----部品: 猫の爪切りの効果
 ---大部品: 趣味:料理 RD:7 評価値:4
 ----部品: 料理は段取りが一番
 ----部品: 家庭料理主体
 ----部品: 節約料理レシピ
 ----部品: 大鍋料理の経験
 ----部品: カレーは正義
 ----大部品: お菓子も作る RD:2 評価値:1
 -----部品: お菓子作りは科学
 -----部品: 凝った細工
 --大部品: 対人関係の心得 RD:6 評価値:4
 ---部品: 対人関係とは
 ---部品: 相手を大切にする気持ち
 ---部品: 相手の立場に立った言動
 ---部品: わかりやすい言葉で
 ---部品: おだやかに
 ---部品: 報連相
 --大部品: 社会人の心得 RD:10 評価値:5
 ---大部品: ほうれんそう RD:6 評価値:4
 ----大部品: 報告 RD:2 評価値:1
 -----部品: なるはやの報告
 -----部品: 共通の書式に則る
 ----大部品: 連絡 RD:2 評価値:1
 -----部品: 連絡の意味
 -----部品: コツ
 ----大部品: 相談 RD:2 評価値:1
 -----部品: 相談とは
 -----部品: 伝えるべき情報
 ---大部品: 世渡りスキル RD:4 評価値:3
 ----部品: 思いやり
 ----部品: TPOを弁える
 ----大部品: マナー RD:2 評価値:1
 -----部品: マナーの概要
 -----部品: 社会人として知っておくべきマナー
 -大部品: 無名騎士藩国の摂政 RD:9 評価値:5
 --部品: 摂政の概要
 --大部品: 摂政共通大部品 RD:8 評価値:5
 ---部品: 着用制限
 ---大部品: 摂政が持つ基本的な能力 RD:4 評価値:3
 ----部品: 忠誠と輔弼の義務
 ----部品: 外交戦能力
 ----部品: 外見への影響
 ----部品: 協調行為への適正
 ---大部品: 摂政が使う所有物と立ち居振る舞い RD:3 評価値:2
 ----部品: 官服
 ----部品: 扇子
 ----部品: 立ち姿
 -大部品: 政治家 RD:12 評価値:6
 --部品: 概要(政治家)
 --部品: 取得条件(政治家)
 --大部品: 資質(政治家) RD:7 評価値:4
 ---部品: カリスマ性
 ---部品: 弁舌力
 ---部品: 財力(政治家)
 ---部品: 使命感(政治家)
 ---部品: 本気の嘘
 ---部品: 礼儀作法(政治家)
 ---部品: 折衝力(政治家)
 --部品: コネクション
 --部品: 情報収集力
 --部品: 知名度の高さ(政治家)
 -大部品: 無名騎士藩国のチューニングマスター(職業) RD:39 評価値:9
 --大部品: チューニングマスター認定制度 RD:3 評価値:2
 ---部品: 認定試験受験資格
 ---部品: 認定を必要とする理由
 ---部品: 認定試験
 --大部品: 特色 RD:7 評価値:4
 ---部品: チューニング能力概要
 ---部品: 高度な基礎知識
 ---部品: マシンの機嫌を聞き取る耳
 ---部品: パイロットの操縦特性を見抜く目
 ---部品: 仕事上のコミュニケーション能力
 ---部品: パーツ吟味能力
 ---部品: 好きは一番の才能
 --大部品: 名整備士(職業) RD:28 評価値:8
 ---大部品: 名整備士としての能力涵養 RD:9 評価値:5
 ----部品: 工具への理解
 ----部品: 長年の経験
 ----部品: 整備作業の分配
 ----部品: 整備環境の維持管理
 ----部品: 整備工具・設備のメンテナンス
 ----部品: 作業環境の改善指導
 ----部品: 部品調達のコネクション
 ----部品: マニュアル類の準備
 ----部品: 人体構造の専門知識
 ---大部品: 整備士(職業) RD:18 評価値:7
 ----大部品: 整備能力 RD:11 評価値:5
 -----部品: 工学基礎
 -----部品: メカニズムの理解
 -----部品: 環境や安全に関する知識
 -----部品: 工作実習
 -----部品: 測定訓練
 -----部品: I=D知識基礎
 -----部品: I=D整備実習
 -----部品: 専門整備知識
 -----部品: 現場でのインターン実習
 -----部品: 機体の電子制御知識
 -----部品: 整備器具使用法涵養
 ----大部品: 職業倫理 RD:4 評価値:3
 -----部品: 要求性能の理解
 -----部品: 工期の把握
 -----部品: チームワーク
 -----部品: 機械を扱う者としての倫理
 ----部品: 受験のための必要経験
 ----部品: 資格取得
 ----部品: 整備士(職業)の流用実績
 ---部品: 名整備士(職業)の流用実績
 --部品: チューニングマスター(職業)の流用実績
 -大部品: 整備士用携行工具 RD:11 評価値:5
 --部品: ニッパー一式
 --大部品: レンチ一式 RD:5 評価値:3
 ---部品: スパナ
 ---部品: めがねレンチ
 ---部品: ラチェットレンチ
 ---部品: コンビネーションレンチ
 ---部品: 六角棒スパナ
 --部品: ペンチ
 --部品: プライヤー一式
 --部品: ハンマー工具一式
 --部品: 計量具一式
 --部品: 切削、研磨工具一式
 -大部品: 無名騎士藩国の名パイロット RD:26 評価値:8
 --大部品: パイロット RD:12 評価値:6
 ---大部品: パイロット訓練による能力涵養 RD:6 評価値:4
 ----部品: 戦闘訓練
 ----部品: ブリーフィング
 ----部品: パイロット準備過程の修了
 ----部品: 操縦経験
 ----部品: 能力の適正検査
 ----部品: マニュアル把握
 ---大部品: パイロットにおける一般任務 RD:6 評価値:4
 ----部品: 編隊行動
 ----部品: 自機管理
 ----部品: 状況判断
 ----部品: 待機任務
 ----部品: 健康管理
 ----部品: 部隊行動基準
 --部品: エンブレム
 --部品: 指揮能力
 --部品: 教官経験者
 --部品: 隊の写真
 --部品: 勲章
 --部品: 自己鍛錬
 --部品: 記念の航空用腕時計
 --部品: 優れた空間把握能力
 --部品: 経験による行動の裏付け
 --部品: イエロージャンパー
 --部品: 戦闘時の緊急対応
 --部品: 各種環境への対応
 --部品: 高G適正
 --部品: 偏差射撃の習得
 -大部品: 恩寵の短剣 RD:7 評価値:4
 --部品: EV116生還記念の儀礼用短剣
 --大部品: 刃物 RD:2 評価値:1
 ---部品: 圧力の大きさ
 ---部品: 引き切ることの利点
 --大部品: 刃物の武器としての強さ RD:3 評価値:2
 ---部品: 概要
 ---部品: リーチが長くなる有利さ
 ---部品: 創傷の恐ろしさ
 --部品: 恩寵の短剣の流用実績
 -大部品: 取得技術 RD:21 評価値:7
 --大部品: まあ待て落ち着け RD:5 評価値:3
 ---部品: 思慮深い
 ---部品: 石橋を叩いて渡る
 ---部品: 質問・相談する習慣
 ---部品: 信頼できる相手を見極める
 ---部品: 背筋がぞわっとする
 --大部品: 急げ馬よ RD:16 評価値:6
 ---大部品: 要点 RD:2 評価値:1
 ----部品: 急げ馬よのあらまし
 ----部品: 急げ馬よの取得条件
 ---大部品: 馬術 RD:8 評価値:5
 ----部品: 馬と心を通わせる
 ----部品: 乗り降り練習
 ----部品: 騎乗姿勢
 ----部品: 歩法の習得
 ----部品: 常歩
 ----部品: 速歩
 ----部品: 駈歩
 ----部品: 襲歩
 ---大部品: 長距離移動訓練 RD:5 評価値:3
 ----部品: 長距離移動計画
 ----部品: 地図を読む
 ----部品: 越境の準備
 ----部品: 休憩・補給
 ----部品: 馬と野営
 ---大部品: 陸路移動 RD:1 評価値:0
 ----部品: 急げ馬よの陸路移動効果
 
 
 部品: 来歴
 灰色の髪をした西国人の男。砂漠の国だというのに常に黒い服を着ている。無名騎士藩国では、主に内政を担当している摂政である。
 
 部品: 軽い運動
 基本的にはデスクワーク中心の仕事であるため、運動ができず疲労がたまりやすい。その対策として、軽い運動を日常的に行うことを心がけている。
 
 部品: 戦略思考
 趣味であるカードゲームを通じ、相手との駆け引きや、どうすれば一番利得が得られるかを常に考えるようになっている。その思考を日々の業務にも活かしている
 
 部品: 喫煙者
 政治を行うにあたり、大量の資料や会合などで蓄積する疲労やストレスを、軽い休憩も兼ねて誰もいない喫煙所でタバコを吸って時折ごまかしている。本人は気づいていないが、喫煙所で一本吸い終わる間は誰も立ち入らない暗黙の了解ができているとかいないとか。
 
 部品: 藩国民への思い
 T10以降の参加であり、他の藩国メンバと比較すると参加期間は短いが、藩国民への思いは強く、より良い生活が送れるように日夜努力している。
 
 部品: 仕事の仕方
 仕事をやりすぎて時折倒れそうになることもある。最近、それはまずいと思い、運動をしたり、無理なときは少し休むよう意識的に行い始めた。
 
 部品: カードゲーマー
 たまの休日にはゲームを遊んでいる。カードゲームを家族と遊んだりや店の大会に出場して遊び、勝ったり負けたりを繰り返している。黒い水連から稲妻を三発打つのはやめてほしい。
 
 部品: 散歩とは
 自宅や滞在している場所の周辺を、とりとめもなく、ぶらぶらと歩くことを言う。
 目的は気晴らしや、健康のため、ペットの世話など様々である。
 
 部品: 散歩好きと呼ばれるまで
 ただ数度散歩をしただけで散歩好きとは呼ばれない。
 頻繁に散歩をし習慣となってそれを楽しんでいる者を散歩好きと呼ぶ。
 
 部品: 風景を眺める
 普段通らない道を通り、新しい風景を楽しむというものも散歩の魅力の一つである。
 観光などで知らない土地にいったときなどもこれにあてはまる。
 
 
 部品: 季節を感じる
 散歩中、道端に生えている草花のうつろい。同じ時間帯でも変わる日の長さ。そして気温の変化。
 散歩は季節を感じるのにぴったりである。
 
 部品: 人とのふれあい
 散歩の良い所はご近所づきあいが増えることだろう。
 すれ違うたび挨拶をしお互い顔を覚えることで交流が増える。
 
 部品: 抜け道探し
 よく知ったご近所といえど通ったことのない小道、入ったことのない商店などあるかもしれない。
 散歩しながらそういう場所を開拓し自分の行動範囲を広げていく。
 
 部品: 日常の変化に気付く
 日課のように散歩をしていると 日常に変化があったとき気付きやすくなる。
 あそこに引っ越してきた人がいる、とか新しいパン屋さんが出来てるなど
 そういう違いを探すのも楽しみの一つだろう
 
 部品: 歩きやすい靴
 歩きやすい靴とは自分にサイズのあった、底のしっかりした靴で、おもにスニーカーなどをさす。
 自分にあった靴を選ぶことで靴擦れなどを起さずにすむ。
 また歩きやすい靴は疲労軽減効果もある。
 
 
 部品: 帽子
 頭部にかぶるもので、頭部を物理的に保護し、また、強い日差しや熱中症からも守ってくれる。
 最近はUVカット加工がされているものもある。
 
 
 部品: 汗をかいてもいい服
 オシャレ着などではない、普段着に近いもの
 もしくは運動する前提で汗をかいて汚れてもよく、動きやすい服装のこと。
 
 
 部品: 散歩に何をもっていけばいい?
 散歩場所がもしご近所でも 外出するのに何があるかはわからない。
 時間や場所、季節にあわせて持っていくアイテムを決めよう。
 ・迷ったときのための地図がわりや他者との連絡手段のために携帯(気になることを調べる辞書代わりにもなる)
 ・ペットボトルや水筒など 飲み物の入ったもの。
 ・ぱっと必要になったとき使える程度の金銭
 ・汗をぬぐうタオル
 ・万歩計
 
 
 部品: 散歩中の挨拶の効果
 相手にその時と状況、関係性にあった言葉で挨拶をする。
 朝なら「おはようございます!」 昼なら「こんにちは!」
 さわやかに挨拶できればお互いにすがすがしい気分になれるぞ!
 
 部品: 猫好きとは
 猫好きとは何か。それはなるものではない、いつのまにか猫の魅力にめろめろになってしまったものがそう呼ばれるのである。
 
 部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
 猫が近くに寄ってきて「にゃーん」と鳴いたら
 「どしたの~~?ご飯でしゅか~?(デレデレ)」と返してしまうのが猫好き。
 「猫なで声」は、なでられている猫側の声なのでこれとは違う。
 
 部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
 猫の肉球はよいものである。ぷにぷにしてひんやり。
 寝ているとき顔を踏まれても 猫の肉球ならそれは猫好きにとってご褒美である。
 
 部品: 猫と添い寝
 猫は眠るときくっついて眠るものである。
 冬場は暖かいが 夏場は暑い…暑いがそれは仕方がない
 猫との添い寝の幸せに比べたらささいな問題である。
 そうたとえ布団が毛だらけになろうとも。
 
 部品: 猫写真フォルダー
 猫好きの写真フォルダーは猫の写真でいっぱいである。
 我が家の猫からご近所で出会った猫、さまざまであるがどんどん増える。
 
 部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
 猫を飼っている猫好き同士が集まるとうちの猫かわいい自慢大会が始まる。
 しかしここで喧嘩にはならない。
 なぜならお互い「自分のうちの猫が一番可愛いがそっちが可愛いのもわかる…わかる猫かわいい…わかる」
 と思っているからである。
 
 部品: 猫の声に敏感
 外出先で猫の鳴き声がするとつい目で探してしまう。
 子猫の「みーみー」言う声だと必死に探す。
 急いでるときは死活問題だが…子猫ならしかたない。
 
 部品: 猫グッズ収集
 猫好きになるといつの間にか増えているのが猫グッズである。
 ちょっとしたものでも猫柄を選んでしまうことがある。
 カレンダーを子猫がいっぱい写ってるやつにしてしまったり…
 
 部品: 猫にご挨拶の効果
 ご近所の猫さんへのご挨拶は猫好きのたしなみである。
 散歩の途中で見かけた猫に警戒されない位置からそっとまばたきと声かけ。
 可能ならば指の匂いを嗅いでいただく。
 慣れてくればなでなでも許してもらえるかもしれない。まずは覚えてもらおう。
 
 部品: 猫なでテクニックの効果
 猫が喜ぶ箇所を的確になでなでする技。猫によって好みが違うため喜ぶ箇所を見極める力も重要である。
 基本的には猫が自分であまり触ることが出来ない 背中や額、アゴの下などが喜ぶポイントだろう。
 うまく撫でることができれば猫からの好感度があがるぞ!
 
 部品: 猫ブラッシングの効果
 猫をブラッシングすることで抜け毛を取り除き、毛並みをつやつやに保てる。
 またスキンシップも兼ね、体調の変化などにも気付きやすくなる。
 ブラッシングされて猫はご機嫌になる。
 
 部品: 猫の爪切りの効果
 室内で猫と同居している場合必須技術ともいえよう。
 猫が嫌がる暇を与えずさっと伸びてとがっている部分の爪を爪切りで切る。
 そうすることで家具や壁紙への爪とぎを減らしたり
 猫にひっかかれて怪我をすることや、猫の爪が割れて猫自身が痛い思いをすることが減らせる。
 
 部品: 料理は段取りが一番
 手早く料理をこなすのに大事なことは、段取りである。
 あれボウルどこだっけ、皿出したっけ、はスムーズな調理の邪魔であり、火を通しすぎておいしくなくなるなどの原因にもなる。
 一人でやるときは勿論、皆で料理するときも、まずは段取り最優先である。
 道具、食材、盛り付け皿、水回りの整理、キッチンの整理ができていればこそ、手際よい調理が出来る。
 
 部品: 家庭料理主体
 野菜炒めやみそ汁、シチュー、カレー。
 肉じゃがやハンバーグ。
 家で出てくるような、ボリュームがあってみんなが好きそうな料理の数々。
 このあたりを抑えておけば、誰かに振舞う時も安心できるだろう。
 から揚げをおいしく揚げる、というのもポイントが高い気がする。
 
 部品: 節約料理レシピ
 趣味で料理をする人なら、だれもが覚える時間短縮&節約レシピの数々。
 ダイコンの葉を刻んで醤油であえるだけのご飯のお供とか、美味しいよね。
 個人的にはニンジンをピーラーで向いた後の皮のキンピラとかが好き。ゴミも減るし。
 
 部品: 大鍋料理の経験
 大きな鍋で大量に作るのは、実はコストパフォーマンスがよい。
 汁物が特にそうだが、肉じゃがや芋煮のようなものも、手間と労力をかんがえると、保存さえ効けば実は大きな鍋で一気に作ったほうがいい。
 肉じゃが作りすぎちゃって、は実際に起こりうるのだ。本当に。
 
 部品: カレーは正義
 大きな鍋さえあれば一気に大量に作れ、大体何を入れても味がまとまり、味についての文句を言う人も少ない。
 二日目や三日目になったら、カレードリアや焼きカレー、ダシで伸ばして和風カレーやカレーうどん。
 痛む前に処理するのは大事だが、冷凍してしまえばそれもある程度解決できる。
 
 家庭料理として、数種類のカレーを抑えておけば、まずもって間違いはない。
 
 難点は、カレールーが手に入らない環境では出来ないことだ。
 
 部品: お菓子作りは科学
 分量を正確に測れるかどうかが、お菓子の出来栄えを決める。即ちお菓子作りは科学なのだ。
 自分や恋人用に手の込んだものを作るのもいいが、クッキーを大量生産して近所の子供に配るのも一興である。
 
 部品: 凝った細工
 趣味でお菓子をつくるからこそ、普通ではめったにしない凝った細工をしてみたりもする。
 プチシューいっぱい作ってクロカンブッシュつくったり、鼈甲飴で文字作ってみたりと、凝れば凝るほど見栄えも良くなる。
 もちろん、センスがあったらの話だが。
 それはそれとして、お菓子を作っていると色々細工に凝りたくなるのは確かだ。
 
 部品: 対人関係とは
 対人関係とは、個人と個人の結びつきをみた人間関係である。この世界には様々な存在がいる。ここでは自分以外の他者との結びつきをいわゆる対人関係としてゆく。
 
 部品: 相手を大切にする気持ち
 世の中にはいろいろな存在がいる。友好な関係を築くには相手を尊重し、大切に思う気持ちをもつとよい。みんな違ってみんないいのである。
 
 部品: 相手の立場に立った言動
 自分に様々な思いがあるように相手にもいろいろな事情がある。それらを考えながら、相手の立場に立った言動を心がけることで気持ちの良いコミュニケーションがとれる。
 
 部品: わかりやすい言葉で
 例えば専門用語は知らない人からすると意味不明な言葉である。そういうものもわかりやすい言葉でおきかえて伝えることで、相手の理解を深める手助けになる。
 
 部品: おだやかに
 感情は伝染する。こちらから穏やかな姿勢で望むことで、相手の心も穏やかになりやすい。また、言葉選びも重要である。
 
 部品: 報連相
 報告、連絡、相談である。対人関係の基本は報連相にもある。適切な報連相をすることで、さわやかな関係を築くことができるうえ、不備が少なくなる利点もある。
 
 部品: なるはやの報告
 上司や仕事上で連携の必要がある相手は、常に最新の情報で連携を取りたいと感じているものだ。誤解があるままお互いの仕事が進んではいけない。お互いの報告はできるだけ、状況変化の直後にするのが原則だ。
 
 部品: 共通の書式に則る
 報告は記録に残る形で、決まった書式で行われるべきである。報告を行った日付、報告を行った人物などをはじめ、後で誰が参照してもわかるようにしておくのが良い。
 
 
 部品: 連絡の意味
 連絡とは、関係者に、簡単な業務・作業情報を知らせることです。上司部下に関わらず、誰もが発信側にも受信側にもなる。
 
 部品: コツ
 自分の意見や憶測は入れず、あくまでも事実を伝えることが求められる。客観性に欠ける報告では、誤解が広がってしまうからだ。簡潔かつ迅速を心がけよう
 
 
 部品: 相談とは
 相談とは、仕事において判断に迷った時や自分の意見を聴いてほしい時に、上司や先輩、同僚に参考意見を聞くこと。
 
 部品: 伝えるべき情報
 良いアドバイスをもらうためには、わかりやすくてアドバイスのしやすい相談を心がけなければならない。具体的には以下の通り。
 1.相談したい事柄の現状
 2.相談したい事柄の目指しているところ
 3.相談する前にすでに対処してみたこと、それをやった後にうまくいかなかった理由
 
 部品: 思いやり
 自分のことだけではなく、他人はどう考え、どう感じているか。つまり 他人の身の上や心情に心を配ること。これを常に頭において人と話すことは、諍いを避け、和やかに過ごすために必要だ。
 
 部品: TPOを弁える
 T:time…時間
 P:place…場所
 O:occasion…場合(opportunity…機会)
  上記の通り、TPOとは「時間と場所、場合(機会)に合わせる」という意味を持つ和製英語。
 これを考えて行動することは私生活でも仕事でも大事だ。
 
 部品: マナーの概要
 社会の中で人間が気持ち良く生活していくための知恵である。マナーは国や民族、文化、時代、宗教のさまざまな習慣によって形式が異なる。また、個人間でも価値観や捉え方による差異がある。
 ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることもある。
 「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、わかりやすくしたものが形式としてのマナーである。
 
 部品: 社会人として知っておくべきマナー
 マナーといってもなんでもかんでも定型化して知っていなければならないわけではない。
 要するに、相手の気分を損ねないようにする心がけそのものがマナーだ。
 要するにきちんと挨拶をしたり、謝るべきときにきちんと謝ったり、連絡をきちんと返したり、そういうことである。
 
 部品: 摂政の概要
 無名騎士藩国では、主に渉外を担当する藩王に対して、摂政は国内における政策など内政作業を管理する。政策の執筆・レビューなど藩王では回り切らない部分について対応している。
 
 部品: 着用制限
 この大部品には着用制限があり、にゃんにゃん共和国およびわんわん帝国にて藩王の承認を得た摂政しか着ることができない。 
 
 部品: 忠誠と輔弼の義務
 摂政は摂政の持つ全ての権利を有し、藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ 。国を支え、藩王がなす、あるいはなされざるべきことについて進言する。
 
 部品: 外交戦能力
 摂政は他国との交渉、外交の席において高い能力を誇る。藩王の指示、意向のもとで各々がなすべきことを藩王が求める範疇で実行するために動くことになる。
 
 部品: 外見への影響
 藩国摂政、という肩書きは望むと望まざるとに関わらずそのなり手の見た目にも良い影響を与える。それは他国との交渉の席においても同じように発揮され、国を良い方向へ導く助けとなる。
 
 部品: 協調行為への適正
 藩王、官僚、国民、それぞれとの間に仲立ちとして存在する摂政は誰かと共に物事を行うことに長けており、何らかの行為に協調する、という場面においては無類の力を発揮する。
 
 部品: 官服
 摂政としての礼服。国によって色や仕立てが異なる。一例として国の紋章が背中に大写しになっていることもあれば内側にポケットが充実していてモノが入れられたりする。
 
 
 部品: 扇子
 官服ともどの使われる手持ち品。畳んで叩くといい音がする。骨や紙、装飾や飾りひもなど国によって特色が出る。扇いで使う汗っかきもいるが大体空調で済ませているのか公の席では見ない。
 
 部品: 立ち姿
 国際的には藩王の後ろに控えて助言を行う、差し紙を入れるといった場面が多いが国内においては藩王の名のもとに政策や国民に伝えるべきことを放送するなど出番については国によって様々である。
 
 
 部品: 概要(政治家)
 政治家とは、職業として政治に関わっている人のことをいう。自らが所属する国家や組織、団体のために、所属機構を代表して行動する。
 
 
 部品: 取得条件(政治家)
 政治家は名乗るだけならばほぼ誰にでもできる。しかし、政治家として「所属組織の目的を達するため、所属組織を代表して行動する」ためには、まず組織への所属を行うこと、組織の代表として選出されることが必要となる。
 そのためには所属しようとする組織の性質や規模にもよるが、一定以上の教養や財力、人脈が求められる。
 政治家としてのスタート地点に立つためにも「政治」が必要なのはなんとも皮肉な話だ。
 
 部品: カリスマ性
 人を惹きつける魅力。「この人のためなら苦労もいとわない」と周囲の人々に思わせる人間性。口調や態度、外見など、話している内容とは関係なく先天的に得られる種類と、プレゼンテーション力や発声方法など、年単位での必死の努力の末に身につけられる種類がある。
 
 部品: 弁舌力
 自分の言説の正当性を主張する能力。高い弁舌力を持つ者の中には、隙の無い原稿と想定問答集を用意し理路整然と最初から最後まで駆け抜けるタイプと、時折アドリブに任せながらも、必要なポイントは完全に抑えて場を制するタイプの2種類が存在する。
 両者の良し悪しは比較できないが、自分が血反吐を吐くのが前者。周囲が胃を痛めるのが後者である。
 
 部品: 財力(政治家)
 主に所属組織の利益につながる行動をとるのが政治家である。国のため、都市のため、組織のため、お題目は様々だが、どんな時にも必要になるのが活動資金である。
 政治家の中には本業で稼いだ資金を元手に政治の世界に乗り出した者も少なくない。資金が多ければ養える人材の数も増え、より組織は強化される。
 だからといって、後ろ暗い方法で資金を入手するのは政治生命を縮めるどころか普通にお縄になるのでやってはいけない。
 
 部品: 使命感(政治家)
 政治家は自らが所属する組織に利益をもたらすために行動する。行動しなければならない。国益を考えずに自らの懐を肥やすことだけを追い求める者はもはや政治家とは呼ばない。政治屋である。
 皆を代表して行動するという使命感・責任感を、政治家は忘れてはならない。政治家の行動の裏には数多くの人々の明日への希望が詰まっているのだ。
 
 部品: 本気の嘘
 政治家が必ず備えている素養・・・であれば完璧なのだが、そうもいかないのが人間である。少なくとも、少しつつかれただけでボロが出るような嘘や隠蔽工作は行わない。もしも必要に応じて嘘をつくのならば、その嘘を嘘と気づかれてはいけない。墓場まで抱えていくか、嘘を本当にするために死ぬ気で働くのが政治家のつく嘘である。
 
 部品: 礼儀作法(政治家)
 テーブルマナーなどに限らず、その国その国、地域ごとの慣習や作法に精通している政治家は信頼を得やすい。真剣に自分たちのことを考えてきてくれたと思ってもらえるからだ。完璧にこなすのが一番だが、多少拙くとも真面目にやっていることを伝えられればまずは上出来だ。
 
 部品: 折衝力(政治家)
 どの組織も、それぞれの主義主張・権益を抱えて調整の場に臨んでいる。それぞれの組織が一応の納得をしつつ、中でも自分の組織が望む結果を得られるように場をコントロールし結末へと導く力、折衝力のある政治家はどの組織でも重宝される。
 
 部品: コネクション
 政治家はその仕事を通して、所属組織内外に多くのコネクションを構築する。コネクションの多さは切れる手札の枚数にも等しい。強い手札をどれだけ集められるかが、政治家としてのポテンシャルの高さである。
 
 部品: 情報収集力
 培ったコネクションや自らが所属する組織の力を用いて、政治家は情報収集に余念がない。世の流れを掴む力は政治力の源泉となる。必要な時に必要なところへ必要な情報を集められる者が、政治の裏舞台で今日も活躍している。
 
 部品: 知名度の高さ(政治家)
 政治家は文字通り組織の「顔」である。内政をするにも、対外的な交渉をするにも、「顔」を見せるか否かで効果は大きく異なる。おらが村にも有名人が来てくれた、というのは部外者が思っている以上に大切なことなのだ。そのため政治家には、品行方正さが常に求められる。汚れた顔でお客様に会うのは失礼にあたる、ということだろう。
 
 部品: 認定試験受験資格
 チューニングマスターは国家で認定する職人、職業である。
 認定試験を受験するためには以下の要件を満たす必要がある。
 ・整備士免許を持つ。
 ・所定の期間名整備士として実働の実績を持つ。
 ・国家が定めた所定の種類の機体を、一定数以上整備し、結果十分な成果を出したと藩国から認定されたもの
 
 
 部品: 認定を必要とする理由
 チューニングマスターとは機体を調律する職人である。パイロットの操縦特性を見抜く観察眼が不足していたり、調律が狂っている場合はその機体は通常の機体より却って危険になりかねない。
 本来十全な整備ができれば整備士としては十分な仕事を果たしていると言える。無理な要求から整備士自信を守るため、またチューニングを行う場合はパイロットにとっても整備した側にとっても常に満足の行く結果を出せるよう、
 一定の実力をもっているという保証となる認定試験は国家にとっても整備士自身にとっても利得となる。
 
 部品: 認定試験
 認定試験は二日間に分けて行われ、安全にチューニングを行うことができる知識を持っているかを確認する筆記試験と、実際の実技を試す実技試験の2つが実施される。
 それぞれの試験において細かく分野がわかれており、それぞれにおいて十分な得点を取り、かつ重大な事故につながりない兼ねない問題に関しては禁忌肢問題が設定されており、
 実技知識試験双方においてこの禁忌を踏んでしまった受験者は得点にかかわらず不合格となる。
 人の命に関わる試験である以上内容は厳しく、十全に実力がある職人だけが合格できるよう問題が考慮されている。
 試験は1年に1度国家試験として行われる。
 
 部品: チューニング能力概要
 チューニングマスターのチューニング能力は、魔法ではない。本来兵器は十全に使えるように整備されているだけで理想的な状態なのだ。
 つまりチューニング能力とは、パイロット毎に機体を調律して、操縦手ごとのフィーリングや、操縦特性に一致させることにより、機体と、パイロットの最大公約数を引き出すことなのだ。
 
 部品: 高度な基礎知識
 職人というと何事も経験だ、職歴だという見方になりがちだが、実際に必要とされるのは地に足のついた、工学、科学知識である。物事の原理原則を知り、基本的な機体の状態を知るからこそ、チューニングが可能なのである。
 チューニングマスターは最新の機体に導入される技術に対しても遅れをとらないよう、常に勉強している。
 
 部品: マシンの機嫌を聞き取る耳
 チューニングマスターは、エンジンの駆動音だけで、その機体の機嫌を聞き取ることができる。これは超常的なものではなく、
 長年の実務経験からの妥当な判断能力である。人の努力の完成とは、努力の成果を呼吸のように行うことである。
 以下はある日の新人とチューニングマスターの会話である。
 新米整備士「加速ポンプが擦り切れてるんですよ。」
 チューニングマスター「わかってる」
 新米整備士「フューエルインジェクターにサイレンサーがついてないし」
 チューニングマスター「必要ない」
 新米整備士「えっ、うるさいし振動が」
 チューニングマスター「そんなものをつけたらマシンの機嫌がわからなくなる。」
 
 部品: パイロットの操縦特性を見抜く目
 チューニングマスターはパイロットに合わせて機体を調律する以上、そのパイロットがどのような操縦をしているか、それを見る目がなければ正しい調律のしようがない。
 機体からとれるデータを知識と経験に基づいて正確に見抜く目がなければチューニングマスターは成立しないのだ。
 
 部品: 仕事上のコミュニケーション能力
 チューニングマスターは機体を調律するわけなのだが、チューニングマスターがどう思ったとしても、結果として機体を操縦するのはパイロットである。
 特にチューニングを必要とするほどの名パイロットである以上機体は手足と同じである、チューニング内容の打ち合わせにも、事前説明にも、予想されるトラブルに関しても、
 適切なコミュニケーションを取らなければパイロットの希望をまともに聞くこともできないのだ。
 優れた職人とは使い手が満足するための仕事のために、コミュニケーションを惜しまないものなのだ。
 
 部品: パーツ吟味能力
 同じ工場で量産されている機体パーツだとしても、実際には少しづつ違いがある。よく言うこのエンジンは当たりだ!というやつである。チューニングマスターはパーツのそのわずかな個性を把握し、パーツ同士の相性も考えてチューニングを行うのだ。
 
 部品: 好きは一番の才能
 チューニングマスターは非常に高度な技術と知識の両立を要求される。これはもうメカいじり自体が好きでなければ苦行でしかない。純粋に機械いじりを愛し、機体の役割を理解して、使い手を思いやることができる人間性こそがチューニングマスターに要求される一番の才能かもしれない。
 
 部品: 工具への理解
 整備を行うにあたり使用する工具に対する理解も深く持つ必要がある。
 鉄火場ともいえる整備工場の中で、その場に最適な種類の工具を即座に判断し、適切に扱うこともまた、1つのスキルといえる。
 
 部品: 長年の経験
 名整備士と整備士を分けるもの。それは経験である。
 様々な機械の整備を経験し、所謂勘所と言った観点で機械の故障箇所を見抜く。
 そういったことをできるようになるにつれ、彼らは周囲から『名整備士』と言われるようになる。
 これは才能や実際の仕事量にもよるが整備士になってから5年はかかると言われる。
 
 部品: 整備作業の分配
 名整備士は整備士グループの中心人物であることが多く、リーダーとして他の整備士に作業を割り振る事が多い。
 その際、名整備士は修理箇所を的確に見抜き、そこに長けた人物に作業を割当、スムーズに整備作業が進むように取り計らう
 
 部品: 整備環境の維持管理
 整備の周辺環境によって作業効率は刻一刻と変化する。
 作業工具の定位置管理といった整理整頓の徹底から設備や整備場所のレイアウトの設定まで
 ベテラン整備士はチームで動きやすい環境を維持するように注意を払う。
 
 部品: 整備工具・設備のメンテナンス
 整備工具はそれ自体が整備を必要とするが、品質維持には専門知識と経験が必要となる。
 工具類の摩耗具合の見極めや検査器具の精度は、ベテラン整備士の定期的な点検によって確認・維持される。
 
 部品: 作業環境の改善指導
 機械整備における正解は存在しないため、現在の手法に対する改善活動は常に行い、内容を更新していくのが望ましい。
 率先して具体的な改善内容を提案するためには、ベテランの経験と洞察力が必要であり、これをけん引していく能力が求められる。
 
 部品: 部品調達のコネクション
 整備用の交換部品を緊急で外部に依頼出来る取引先が多ければ、激しい運用が求められる繁忙期にも安定した整備を行うポテンシャルを準備出来る。
 ベテラン整備士は緊急で部品を調達するネットワークを日頃から形成する努力を行い、緊急時には整備対応の一部を外部に委託出来ることが望ましい。
 
 部品: マニュアル類の準備
 整備のための具体的な方法を指示したマニュアル類を日頃から制作する事務仕事。
 整備方法の統一に使われ、手順の明確化は作業効率に、チェックリストの整備は不良の抑制に威力を発揮する。
 
 部品: 人体構造の専門知識
 一部の人型機械の構造理解に必要な基礎知識。
 これらの機械は人の構造を模して造られているため、その共通点から整備上注意する箇所を把握、潜在的な不良に対して適切な処置を行うために必須となる。
 
 部品: 工学基礎
 機械の構造や構成部品についての知識。各種の製品に特化した知識ではなく、あくまで整備技術を付け焼刃にしないための基礎理論である。
 
 部品: メカニズムの理解
 機械の動作原理と部品についての実践的な知識。具体的に構造や仕組みを知ることにより、整備スキルを向上させる。
 
 部品: 環境や安全に関する知識
 パイロット・その他の機械、機体の使用者の身を守るための安全に対する知識、機械を製造・運用する上での環境に対する配慮等の知識全般。
 
 部品: 工作実習
 工学科に所属する学生として、実際に実習を行う。整備は知識も重要だが同時に職人的要素も強い。手先で実際の動きを体に染み込ませるため、知識獲得と同時に実習も常に行い、知識と手技のレベルを一致させる教育方針になっている。
 
 部品: 測定訓練
 正確な整備を行うためにはきちんと機体のデータを測定できる必要がある。エンジンの異音や回転数の調子など、マシンの機嫌を図ることも整備士の必須技術である。
 これらを測定機械を使って客観的に知る実習と、実際に整備士として働く指導員からの経験知識の両方で学ぶ。
 
 部品: I=D知識基礎
 ニューワールドにおいて整備士の重要な仕事にI=Dの整備がある。機械知識の基礎過程を終えた後、I=D特有のエンジンやフレーム、部品構造に関して専門的な知識を学習する。
 
 部品: I=D整備実習
 I=Dに関する整備知識を学んだ上で、整備学校にある学習用の退役I=Dを利用して実際にI=Dの整備を学生と指導員で行う。実地でのI=Dを相手にした苦戦格闘はその後の整備士としての人生に大きく寄与するだろう。
 
 部品: 専門整備知識
 整備士としてI=Dまでの整備は必須である。その上で人型戦車とRBの整備に関しても学習する。自国で伝統的に人型戦車を生産しているためである。
 人型戦車とRBは双方技術体系が異なる。安全に整備するために2年の時間をかけて総合的に学習を行う。
 
 部品: 現場でのインターン実習
 I=Dだけでなく、車両や人型戦車、RB、艦船や戦艦、町工場に至るまで、現場での実習を行うことが義務付けられている。先輩方を手伝いながら、活きた技術を体得するのだ。
 
 部品: 機体の電子制御知識
 機体を動かすのはハードウェアだけではない。機体を制御するソフトウェアに関しても、整備士として必要な基礎的過程と、メンテナンスに関する専門知識を学習する。
 
 部品: 整備器具使用法涵養
 整備器具は使い方によっては使用者を怪我させかねないものが多い。旋盤は軽々に扱えば指を削ってしまうし、刃物を使う際はレストを取らなければ思わぬ方向に刃が滑った時に先に人がいれば大変なことになる。
 器具の正しい使用法をきちんと学習していることは整備士として最低限度の義務である。
 
 部品: 要求性能の理解
 パイロット、現場が求める要求性能を理解し、その性能を満たす方法がわかること。もしくは要求の実現が不可能であることがわかることは大事なことだ。しっかりと工数を把握して上申することは、発注側にとってもメリットがある。
 
 部品: 工期の把握
 他作業者との作業分配等を考慮し、要求性能を満たすための作業工期を把握する技能。効率的に整備を行うために正しく把握することは必要である。
 
 部品: チームワーク
 機械の整備は複数人で行うことがほとんどのため、目的、情報を共有し連携するチームワークが重要となる。整備士達のチームは家族と同じだ。
 
 部品: 機械を扱う者としての倫理
 整備士は機械の整備を請け負う職業である。ただの車であっても、整備が不十分であったり、危険な整備をされていればそれは事故を起こし、人の命を奪うかもしれない。
 I=Dなどの兵器であればなおさら、整備不良はパイロットの命を奪う結果になりかねないし、それは自分が大事にしている国や家族を危険にさらすことになる。
 自分の仕事が人の命を左右する可能性を自覚していない者は整備士になる資格はない。
 どんな機械でも、それを扱い人が自分の家族であるつもりで整備に臨む。それが整備士の心がけである。
 
 部品: 受験のための必要経験
 専門の養成機関で2年以上の訓練経験、もしくは3年以上、現役かつ藩国指定の指導名整備士の元でカリキュラムを基に実務経験を経る事が必須となる。
 実地で経験を積むほうがいいと思われていることもあるが、期間が長いかつ勉強をしながらになるため養成機関に通うものが多い。
 これらの期間を経て養成機関で藩国が定めたカリキュラムを経て必要な能力を涵養したと認められたものか、指導名整備士に訓練期間後受験資格を認められた者が国家試験の受験資格を得る。
 著しく能力が不足するものは追加の訓練が必要であるため、留年となる他、倫理観が欠如していると認められる者や、薬物濫用の経歴があるものは受験を認められない。
 
 部品: 資格取得
 必要経験を満たしたと認定されたものは、藩国の公的認定機関による資格認定試験を受ける。これに合格することにより、晴れて整備士と名乗ることができるようになる。
 
 部品: 整備士(職業)の流用実績
 このアイドレスは冴月@無名騎士藩国、藤原うずら@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
 現在のところ流用実績はありません。
 
 
 部品: 名整備士(職業)の流用実績
 このアイドレスは冴月@無名騎士藩国、藤原うずら@無名騎士藩国、Drache@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
 現在のところ流用実績はありません。
 
 部品: チューニングマスター(職業)の流用実績
 このアイドレスは冴月@無名騎士藩国、藤原うずら@無名騎士藩国、Drache@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
 現在のところ流用実績はありません。
 
 部品: ニッパー一式
 ニッパは電気工事や電気製品の修理などの際に、主として配線コードを切断するための工具である。
 電気工事などの作業で、電線や金属線を切断するときに使用する。刃部は用途に応じて色々な形状があるが、丸みを帯びたタイプが一般的である。刃元に電線の被覆をむくために使用する切り欠きを付けたもの、ハンドル部に絶縁被覆グリップを付けた物もある。構造は、2枚合わせと3枚合わせの2種類がある。
 もちろんプラモデルを組み立てるようなプラスチックニッパーもある。
 他にエンドニッパー、精密ニッパー、強力ニッパーなどが広く知られている。
 
 部品: スパナ
 レンチは、ボルトやナットなどを回すことによって、締め付けて固定したり緩めて外す作業(締緩作業)を行うための工具の総称。
 ボルトはサイズによって適正な締め付けトルクがあるので、レンチもサイズによって適正な長さになるよう調整されている。
 基本的にこれらの機能を持つものはみなレンチなのだが、先端が開放された固定幅のものはスパナと呼ばれている。
 レンチの先端が開放されており、横方向からレンチを挿入できるのが特徴。ボルトヘッド(あるいはナット、以下ボルトと略す)側面の二ヶ所にのみ力が集中するので、強い力で締めるとボルトヘッドを傷めることがある。主として仮締めに利用する。
 別名オープンエンドレンチ。
 
 部品: めがねレンチ
 ハンドル両端に円形の口部(ボルトヘッドにはめる輪型の部分)のあるものをめがねレンチと呼ぶ。ハンドルの一方だけに口部のあるものも多い。ボルトの上方向からしかレンチを挿入できない。多くは使いやすいようにハンドルに対し口部に角度(オフセット)がつけられている。ボルト側面の6ヶ所に力が加わるので、ボルトヘッドの痛みが少なく強い力で締めることができる。レンチの振り幅が限られた場所に適する12ポイントと、大きなトルクをかけるのに適する6ポイントがある。
 
 部品: ラチェットレンチ
 右または左の一定方向もしくは両方向締め付けられるラチェット機構を取り入れたレンチ。小さい回転角度で取り付け、取り外しができる。
 
 部品: コンビネーションレンチ
 レンチの両端に同一サイズのめがねレンチとスパナが付いているもの。仮締めと本締めが一本のレンチで使い分けできる。
 
 部品: 六角棒スパナ
 六角棒スパナは、正六角形の穴を持つ六角穴付きボルトや六角穴付き止めねじを固定、または緩めるための工具。主に自転車、家具の金属部分、機械設備などに使用する工具。六角棒レンチ、六角レンチ、ヘキサゴンレンチ、メカニックの現場ではヘックスとも呼ばれる。なお、ソケットの先端に六角棒スパナが設けられ、ラチェットハンドルなどと組み合わせて使用するものは六角ビットソケットなどと呼ばれ区別されている。
 
 部品: ペンチ
 ペンチとは、先端同士が噛み合う構造の2つの金属製ステーをピボット(軸)で結合し、自由に開閉できる構造をした工具である。ペンチは刃先の平らな部分で銅線・針金・釘を曲げる、挟む、引っ張る、ねじるなどの作業を行うことができる。
 
 部品: プライヤー一式
 ペンチよりも開口範囲を大きくとるため、ピボット(ジョイント部分)がスライド構造となっている工具。大きな物をはさむ場合、ピボットを握り方向にスライドさせることで、先端部分が大きく開く(通常この状態では先端部分は完全に閉じない)。通常のペンチよりも、はさめる物の範囲が多いため、自動車の車載工具によく採用される。
 一般的なコンビネーションプライヤーの他に、シンノーズプラヤー、ベントノーズプライヤー、ロングノーズプライヤーなど様々な種類がある
 
 部品: ハンマー工具一式
 物を打ち付けたり、潰したりする工具のことで、打撃部分が木製であったり、金属であったりする。金属製のものを金槌という。
 叩く音からトンカチとも良く言われる。
 片手ハンマーや玄能などのDIYに使われるような一般的なmのから、スレッジハンマーなどの大型のものや、テストハンマーなどの大きく目的が違うものもある。
 整備士は自分の現状のしごとに合わせたハンマーを携帯するのだ。
 
 
 部品: 計量具一式
 大きさや長さ、トルクなどを計測するための道具一式。正確なデータがとれなければ正確な作業は実現しない。
 ノギス、マイクロメーター、ゲージ、メジャー、トルクレンチ、水準器など様々である
 
 部品: 切削、研磨工具一式
 リーマーなどの切削を目的とした工具一式。ノコギリやねじ切りダイス、ドリルもここにあたる。現状の作業に適した物を整備士は選んで携帯する。
 同時に加工した場所を研磨するためのサンドペーパーや砥石も研磨工具と呼ばれ、整備作業には欠かせない。
 
 部品: 戦闘訓練
 平時からの仮想敵との戦闘訓練により、想定可能な敵の構成・戦術への対応方法を学習している。
 全てを網羅している訳では無いが、体系だてて学ぶことで、その延長として柔軟に対応することを目指す。
 
 部品: ブリーフィング
 作戦行動前に隊全体で行われる綿密な打ち合わせ。
 戦況の確認であったり、作戦行動に求められる目標であったり内容は多岐にわたるが、
 パイロットにとっては、全体の中で自分のすべきことを把握する重要な情報交換の場となる。
 
 部品: パイロット準備過程の修了
 パイロットとはエリートであり、訓練課程により、工学、航法、通信、法規など各種の知識を身に付け
 戦場での活動はそれらに裏付けられていることが求められる。
 また、実際の操縦技能は、初歩の操縦を訓練機により習熟した後、実機にて戦闘機動など実践に即した訓練が行われる。
 
 部品: 操縦経験
 一般的にパイロットの技量とは、機体を操縦した時間に依存する。
 特定の機体・機種に関し継続して訓練を行った時間の累積により一人前のパイロットと扱われ
 訓練部隊に組み込まれてより5年間、第一線部隊で最低1年間従事することで1人前となる。
 
 部品: 能力の適正検査
 基本的な作業能力に加え、機体操縦時のマルチタスク能力、会話への適切な対応といった検査に加え
 パイロット向けの検査、身体測定、血液検査、脳波測定、斜位測定、心電図、深視力、視野、精神内科の問診などが行われる
 精神の形質について調査され、残虐性といった社会倫理に欠けると判断されたものは不適格とされる。
 前科などの経歴も調査され、問題があるようであれば、これもまた不適格と判断される。
 これら個人の資質を内外から徹底的に検査した後に、ベテランパイロットとの面接、実際のフライトでの最終的な適正が問われる。
 これらの項目のためパイロット登用試験は狭き門となる。
 
 部品: マニュアル把握
 パイロットに多彩なマニュアルは付き物である。
 随時更新されるマニュアルを把握し緊急時対応を行える事は
 パイロットの基本教養であり命を救う綱であるとともに
 最大の武器の一つである。
 
 部品: 編隊行動
 戦闘時に僚機と自機の位置を維持する技術。
 集団で行動するための基本スキルであり、練度を見るための目安ともなる。
 中距離での戦闘では統制射撃との組み合わせで威力を発揮する。
 
 部品: 自機管理
 機体の消耗状況の把握に長ける能力。
 戦闘中に機体の不調が発生することは即座に死を意味するため
 自機の僅かな変調から起こりうる異常を予想する。
 
 部品: 状況判断
 冷静な状況判断により、局所的な有利不利を察知する能力。
 目まぐるしく変化する状況をつぶさに捉え、次の行動を決定するための
 観察・整理を行うことで可能な限り自軍に有利な行動を選択する。
 
 部品: 待機任務
 パイロットの任務の1つ、領空(領土、領宙)侵犯に対してスクランブル発進し、これを迎撃する。
 違法に自国へ侵入を試みる軍隊・賊への牽制や哨戒、迎撃へ即時対応するための準備。
 一方で、救難を求める対象への対応も含める。
 シフト制により24時間対応可能。
 
 部品: 健康管理
 パイロットは機体の1部品としての側面が強く、健康診断で問題がある場合即座に不適格として後方勤務となる。
 そのため、常日頃より自身の健康管理に対する要求ハードルが高く設定される。
 
 部品: 部隊行動基準
 軍隊の一員として、交戦に関する規律を明文化したもの。国際法規における交戦倫理にあたる条項を参考に
 一般市民への攻撃禁止等の基本的な倫理を定めた内容。
 敵国へ露見すると手の内を晒すこととなるため、自国の軍隊を管理する省庁と下部組織内においてのみ閲覧可能。
 
 部品: エンブレム
 名パイロットは機体に自身を示すエンブレムや撃墜マークなどを示すことがある。
 これは彼らの功績を示す格好のステータスであり、彼らの誇りでもある。
 
 部品: 指揮能力
 名パイロットとは引いては優秀な指揮官としての側面を持ち合わせていることが多い。
 これは僚機の持つポテンシャルを引き出し、隊全体の実力を多いに底上げする。
 名パイロットが居る隊では練度が向上しやすく、新たな名パイロットを生み出す要因となる。
 
 部品: 教官経験者
 名パイロットは、その技能および前線での戦術的経験を重宝されるがため
 教官として後方における兵の訓練にあたる任務が与えられる。
 これらの教官が前線に戻るとき、元生徒である兵士、あるいは士官との間では
 ある種の信頼関係により発言力が増すことがある。
 
 部品: 隊の写真
 名パイロットとは多数の戦場を生き抜いてきた者ともいえる。
 戦場における僚機の脱落は常に起こり、知り合いが故人となることも少なくない。
 写真には色々な思い出が詰まっている。
 
 部品: 勲章
 名パイロットと認められる客観的な証明の一つ。
 多くは隊内外からは成した功績などで認められるが
 身内以外では物品による証明が何故か求められる。
 
 部品: 自己鍛錬
 名パイロットとは、裏で地道な努力を続けている者が多い。
 彼らにとって日々の鍛錬とは日常であり、気にすることはないが
 その意識しない行動によって、戦場での結果は出ている。
 
 部品: 記念の航空用腕時計
 記念の航空用腕時計:
 無名騎士藩国ではパイロットがある程度の功績を上げ
 名パイロットとして呼ばれるようになると、航空用腕時計を渡す習慣がある。
 これは、航空機時代に使われていた腕時計であり
 宇宙のパイロットにとっては使いにくいと思われるかもしれないが、
 距離での計算の参考になるケースもあるし、
 何よりパイロットとしての初心、元々空を飛んでいた頃を忘れるなという戒めにもなっている。
 
 部品: 優れた空間把握能力
 名パイロットと呼ばれる彼らは、昨今は宇宙空間での戦闘を多く行っている。
 元々は地上の空中戦でその技量を高めてきた彼らは、
 宇宙空間でもその優れた空間把握能力を活かし、
 スペースデブリや敵機との彼我距離を正確に把握し宙間戦闘を行っている。
 
 部品: 経験による行動の裏付け
 パイロットの中には自身の経験知から行動に一定の傾向を設け
 その定型パターンに乗ることで時間的な優位を得て勝利するものも居る
 前線での経験が豊富な叩き上げのベテランパイロットにこそ可能といえる。
 
 部品: イエロージャンパー
 腕のいいパイロットがよく着ている黄色いジャンパー。
 誰が着始めたのか全く不明で、正式装備でもないが
 いつの間にか上官から能力を認められたパイロットに与えられるようになった。
 今ではこれを着用していることがパイロットの腕の良さの証明にまでなっている。
 余談だが、その独特のセンスから喜んで着ている人はいないとか。
 
 部品: 戦闘時の緊急対応
 戦闘時の緊急対応:
 戦闘中は多くの想定外の事象が発生する。逐次発生するトラブルに対し、
 その場その場で優先度を設定し、最適な対応を部下のパイロットに指示し、
 対応を行い続けていくスキルが名パイロットには要求される。 
 
 部品: 各種環境への対応
 各種環境への対応:
 名パイロットと呼ばれるパイロットは、陸海空宇宙すべての空間における経験を持つ。
 それぞれの経験で得たスキルを統合し、別の空間での戦闘にも活かしている
 
 部品: 高G適正
 高G適正者が戦闘機動を取ることによる疲労が少なくなる
 蓄積する疲労、状況判断の障害を減らすことにより優位に立つことが可能
 
 部品: 偏差射撃の習得
 交戦相手の移動先を予測しあらかじめ軌道線上に弾幕を展開する事で命中率を格段に向上させる攻撃技術である。主にドックファイトで使用され、戦場の経験によって培われる技術である為、ベテランでないと習熟は難しいとされる。
 
 部品: EV116生還記念の儀礼用短剣
 A世界シーズン1イベント116「第2波」火星沖艦隊戦の戦勝記念品。Zマークがついた儀礼用短剣である。当時の戦闘参加者のみが所持できる。
 
 部品: 圧力の大きさ
 刃物は一般的に研いである刃は非常に細くなっており、これを対象に当てた場合はその面積の小ささから、小さい力でも圧力は非常に大きくなる。
 この力により物体は刃の両側に押し広げられる引張応力が発生し、この力に耐えられなければ対象は切り離されることになる。
 
 部品: 引き切ることの利点
 刃は引いて切ることにより、対象に入る刃の角度が小さくなり、実際の刀身の厚さより薄い刃で切ったことと同じになる。
 
 部品: 概要
 素手で人を相手にした場合、高度に訓練されてでもいなければ、一撃で相手を無力化することは難しい。しかし刃物であればナイフであっても、人間を一撃で行動不能にしうる。
 
 
 部品: リーチが長くなる有利さ
 刃物を持つことにより、腕の長さ以上、刃が届く限りまで、攻撃範囲が拡張される。しかも素手と違って刃物は命中すればそれが致命傷となる可能性があるのだ。
 
 部品: 創傷の恐ろしさ
 素手で相手にダメージを与える場合、基本的には打撲傷になる。格闘の心得がない場合、常に効果的な攻撃を行うことは難しいだろう。
 しかし刃物は素人が取り回した場合でも、浅く命中しても相手を出血させるし、刺突や深い斬撃では相手の内蔵を大きく損傷させ、死に直結させる。
 刃物の使い手はその恐ろしさをよく把握している必要があるだろう。
 
 部品: 恩寵の短剣の流用実績
 このアイドレスはGENZ@無名騎士藩国、冴月@無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 
 白河 輝さんの【白河 輝】に流用されました。 
 
 部品: 思慮深い
 それを実行したらどんなデメリットが発生するかを一旦考える思慮深さ。
 実行前に一旦考えることで、いざという時に立ち止まるチャンスを得る。
 
 部品: 石橋を叩いて渡る
 大丈夫かどうか確認してから実行するということわざ。これを意識して習慣化することでついうっかりを危険に踏み込むことを防ぐ。
 より上位に石橋を叩いて壊すというものがある。
 
 部品: 質問・相談する習慣
 実行前に信頼できる相手に質問・相談する習慣、自分ひとりでは見落としていたことも相談や質問をすることで発見することができる。
 
 部品: 信頼できる相手を見極める
 信頼できる相手に質問・相談をするため、信頼できる相手を見極めるための判断力。
 相手と自分の関係を正確に把握する(所謂空気を読む)能力でもある。
 
 部品: 背筋がぞわっとする
 危険な場所やことに踏み込みそうになると嫌な予感や背筋がゾワッとして踏みとどまる能力。所謂第六感。
 確実性はないが、経験からくる直感でありこれに救われることは意外に多い。
 
 部品: 急げ馬よのあらまし
 馬を走らせ、短期間で長距離移動するための技術。はいよーシルバー!
 馬を所有していない場合は貸し馬屋にレンタルしたりするらしい。
 
 部品: 急げ馬よの取得条件
 馬術の習得及び、馬での長距離移動訓練を年四回は行っていること。
 なお、越境及び交通法規は各国のルールを事前に調査し、遵守すること。
 
 
 部品: 馬と心を通わせる
 テレパシーというわけではなく、馬との信頼関係を築く練習。
 背筋を伸ばし、力を抜いて余裕を持つことで、馬に不安を与えないように心がける。
 
 部品: 乗り降り練習
 まず馬に乗るための練習。馬の左側から鐙に片足を掛けて跨がる方法から、飛び乗りまで練習する。
 降り方は乗り方を逆順で行う。
 
 部品: 騎乗姿勢
 鞍の相性知り、跨がり方を覚え、正しい姿勢で騎乗するための訓練。
 速さに応じて姿勢を変える必要があるので注意。
 
 部品: 歩法の習得
 歩法とは馬術における、馬の歩き方、走り方のことである。
 常歩、速歩、駈歩、襲歩が基本歩法とされ、それぞれに訓練を行う。
 
 部品: 常歩
 なみあし。歩きの状態。常に二本ないし三本の肢が地面について体重を支えている状態。
 正しい姿勢で発進や停止、曲がり方なども覚えよう。
 
 部品: 速歩
 はやあし。二本の肢をペアで着地、離地する走り方で、速度は常歩の二倍程度。
 強く上下に揺れるため、動きに合わせて鐙に立つ、鞍に座るを繰り返して衝撃を軽減したりする。
 
 部品: 駈歩
 かけあし。速度は速歩のおよそ1.7倍ぐらいか。
 三肢で接地しているタイミングと、四肢が地面を離れているタイミングがある。
 パカラッパカラッといった感じか。
 ゆったりと前後に揺れる。
 
 部品: 襲歩
 しゅうほ。全速力の走り。後肢と前肢の着地点をなるべく離し、脊椎のバネを利用して歩幅を伸ばし疾走する。
 速度は駈歩の三倍にも達する。
 
 部品: 長距離移動計画
 連休のお父さんには必須の計画能力。
 地図を広げ、目的地に辿り着くルートを導き、適切な時間に適切な道を進む計画を立てることが重要。
 
 部品: 地図を読む
 道路地図を読み解く力。これがなければそもそも長距離移動は諦めるべきだろう。
 ルートを検索するだけでなく、休憩の予定も立てよう。
 
 部品: 越境の準備
 移動に於いて国を越えることもあるだろう。国が変わればルールも変わる。
 各国のルールに従い、越境できる様、事前の予習と準備をしよう。
 
 部品: 休憩・補給
 事前に予定を立て、所定の場所で人と馬の休息と補給を行う。
 日を跨ぐのであれば馬小屋のある宿の確保も忘れてはならない。
 
 部品: 馬と野営
 やむなく野営することもあるだろう。
 野営をするのであれば、馬をきちんと繋いでおくこと。
 もちろん、世話と手入れを忘れてはいけない。
 
 部品: 急げ馬よの陸路移動効果
 急げ馬よは、具体的には陸路に限り一航路分の移動を可能とする技術である。
 緊急事態があれば即座に現場に急行することが可能となる。
 馬を保有する必要が無いのは前述の通り。