※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アイドレスsystem4/鉄道事業(共有版)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

アイドレスsystem4/鉄道事業(共有版)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #contents
+*更新履歴
+2017/8/22 質疑に基づき流用実績部品を削除しました
+
 *部品構造
 
--大部品: 鉄道事業(共有版) RD:37 評価値:8
+-大部品: 鉄道事業(共有版) RD:36 評価値:8
 --大部品: 鉄道組織 RD:10 評価値:5
 ---部品: 営業部
 ---部品: 広報部
 ---部品: 運輸部
 ---部品: 施設部
 ---部品: 電気部
 ---部品: 運行管理部
 ---部品: 建設工事部
 ---部品: 旅行事業部
 ---部品: 事業開発部
 ---部品: サービス部
 --大部品: 路線・施設 RD:7 評価値:4
 ---部品: 整備場
 ---部品: 管制室
 ---大部品: 変電所 RD:5 評価値:3
 ----部品: 電力供給と安定化
 ----部品: 変電所の間隔設置
 ----部品: 電力貯蔵装置の設置
 ----部品: 送電線からの集電
 ----部品: 地下鉄への電力供給
 --大部品: 運行システム RD:10 評価値:5
 ---部品: 自動列車停止装置
 ---部品: 打子式ATS
 ---部品: 緊急列車停止装置
 ---部品: 非常停止ボタン
 ---部品: 安全対策
 ---部品: 時刻表
 ---部品: 環状線乗り換え
 ---部品: 貨物輸送(コンテナ)
 ---部品: 人員輸送(旅客)
 ---部品: 踏切
 --大部品: 列車 RD:9 評価値:5
 ---部品: 旅客列車
 ---部品: 快速
 ---部品: 特急
 ---部品: 貨物列車
 ---部品: 検査車両
 ---部品: レジャー車両
 ---部品: 特別乗車券
 ---部品: モノレール専用車両
 ---部品: 線路整備車両
---部品: 鉄道事業(共有版)の流用実績
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 営業部
 鉄道事業における営業とは、人口の拡大が見込まれる地域における新規路線の開拓業務といえる。都市計画を省庁から入手し、事前に都市計画の一端に組み込まれることが目標となる。
 
 **部品: 広報部
 広報部の目的は自社のブランドイメージを守る、向上させることとなる。一般への露出を意識して自社を宣伝しイメージをよくするために自社の取り組みを発表する、メディアとの交渉、取材対応といったものから不祥事が発生した際には先手を打って発表し、イメージへの影響を最小に抑える活動もある。
 
 **部品: 運輸部
 列車による運輸はその貨物量とスピードから重宝される輸送手段の一つである。彼らは目録を作り搬入から搬出、コンテナの積み込みから位置情報に至るまで数多くの情報を管理し確実な輸送を行うエキスパートである。また彼らは同時に危険物や禁輸品の確認や検査、非常時の輸送管理なども行っており、時には警察などと協力してテロ警戒や軍需品の輸送計画に携わる事もある。
 
 **部品: 施設部
 列車は毎日運行されるものであり、当然ながら設備の劣化もそれなりのスピードで進む。それらをメンテナンスし、常に運行に支障がない状態を維持するのが彼らの仕事だ。その仕事は非常に広く、1部署だけでは手が回らない事もままある。時には建設工事部と協力し線路の交換を行い、時には事業開発部と協力し駅の改築のプランを出す。彼らの仕事を手伝いつつ現状をよりよいものにするのが彼らだ。
 
 **部品: 電気部
 電力管理は列車運行の為の心臓である。電気がなければ電車は動かないが、その電気は運行量に比例して大きくなり、定期的なメンテナンスや供給の管理、非常時の運用に関するまで多岐にわたる業務が存在する。それらを引き受け、毎日列車を動かすための努力をし続けるのが彼らである。表に見えぬ分目立たないが非常に重要な部署だ。
 
 **部品: 運行管理部
 列車の運行管理と各路線の司令管理を行う部署である。一区間もしくは路線単位での列車の運行状況の管理や緊急時の停止信号の発令、列車遅延や運休の管理など運行に関わる各種業務を一手に引き受ける巨大部署である。ホームの駅員さんから運転手、司令部の係員までかなりの人数がこの部署に所属している。
 
 **部品: 建設工事部
 駅の改築や送電線の張替えなど施設部で手が回らない大規模な工事を行う部署である。彼らは施設部と比べより大きな工事を行うために施設部よりも目立ちやすいが、実際には互換する部署であり、施設部では手に余るものを代替して行うための行動リソースとしての部署なのである。
 
 **部品: 旅行事業部
 旅行は人生を豊かにするスパイスである。その移動時間や観光地ごとの特色を把握し企画を立てるのが彼らであり、ツアー旅行や列車の旅そのものを特別なものとするための企画を考え、各種方面へと売り出す商業ベースの業務を行うのがこの部署だ。青春の1ページから老後のぶらり旅まで広い分野をカバーし、多種多様な思い出を適切な料金で提供する。
 
 **部品: 事業開発部
 駅周辺の開発を行い、様々な投資や開発事業などを行う。例えば観光地に建築される大型リゾート施設やホテルなどに投資したり、広報部と協力して町おこしや駅に利益をもたらす特産品の為のイベントを立てたりするのも彼らだ。
 
 **部品: サービス部
 客車でのサービス業務や、沿線の観光地紹介活動、駅ビル内での案内業務など、鉄道利用者への接客業務を担う部署。特急列車内での物品販売業務が特に有名であり、旅行者にとっては楽しみの一つともなる。
 
 **部品: 整備場
 列車を運航終了後に点検し、問題があれば整備や簡単な修理を行うことで安全を確保するとともに回転率を上げるために必要となる。
 
 **部品: 管制室
 列車が相互に運航の妨げとならないように、決まった運航スケジュールに則って走るように管理する。トラブル発生時には現場確認まで運航を止めて、復旧後には通常の運航スケジュールに戻せるように調整を行う。
 
 **部品: 電力供給と安定化
 電車を運行するためには移動する列車へ常に電力を供給するための送電線とそれを制御し電気を安全かつ安定して供給する機構が必要である。これを成すために送電線に遮断器と変圧器を設置し、簡易化した変電所を設置する方法が考案された。これを交流饋電方式と呼び、簡易化した変電所と組み合わせて使用する事で安定した電力供給と安全な送電を可能とした。
 
 **部品: 変電所の間隔設置
 いくら安定した電力供給が可能と言ってもそれは一定間隔で変電所の機構が用意され、電力供給量を分担し過剰な送電が起こなわれないように配慮された上でのことである。各変電所には安全な電力配分量と最大変電所容量が考慮され、ある程度の余裕が担保された状態で変電所が一定間隔で設置されている。これにより無理のない動力の供給が可能となり快適な列車の旅を送るための原動力となっているのだ。
 
 **部品: 電力貯蔵装置の設置
 列車への電力供給を安定化させる変電所の間隔を長くする為、またこの働きを補助するための大型の電力貯蔵装置が各所に設置されている。これによって電力供給の不備や緊急時の一時的な送電を可能にしより安定した列車の運行が可能となるのだ。
 
 **部品: 送電線からの集電
 電車は通常外部を走行する場合、電力を集電し動力を得るために送電線と列車を接続させるパンタグラフという機構が設置されている。これを接触させることにより列車への動力供給が断続的に行われ、列車運行を行うための電力供給が行われるという訳である。このパンタグラフには銅合金やカーボンなどが使用されており、摩耗による高官がしやすいよう分割して取り外せるように考慮された設計となっている。
 
 **部品: 地下鉄への電力供給
 地下を走る際に送電線を通じて電力を供給するのには幾分かの危険が伴う。その為送電線からの供給の代わりに集電靴とよばれる列車株に取り付けられた電力機構と電力供給能力のある集電用レールをかみ合わせる事によって集電を行い、地下での電力供給を確実なものとしている。
 
 **部品: 自動列車停止装置
 無茶な加速などの危険運転や災害、事故などに際し外部からの停止信号により列車に減速の指示を出し緩やかに列車を停止させる機構である。停止信号を発する送信機が線路に一定間隔で設置され、これを列車が連続的に受信する事で徐々に速度を落とし安全に停止する事が出来るという訳である。信号は中央制御によって外部から発せられるため、ヒューマンエラーを防止するための予防策としても用いられる。
 
 **部品: 打子式ATS
 自動列車停止装置が何らかの理由で機能しない場合の予備機構である。信号機に併設して可動式のクランクが設置されており、このクランクを操作する事で打ち子を展開、列車が通過するとブレーキバルブが開かれて減速するというものであり、停止信号が何らかの要因で発せられない場合の手段として整備されている。
 
 **部品: 緊急列車停止装置
 運転手が何らかの要因や急病で一定時間列車の運転が不可能な場合に作動する停止装置の1つ。基本設定では時速15km以上の時に60秒の間ブレーキや加速などの運転操作が行われない場合警告ランプが点灯する。ランプ点灯後15秒以内にリセットボタンを操作しない場合ブレーキがかかり緩やかに列車が停止するようにセットされている。
 
 **部品: 非常停止ボタン
 駅のホームや踏切などでトラブルが起きた際に列車や中央制御にトラブルを知らせ列車を停止されるための機構である。ボタンには緊急時のみ使用できるようプラスチックで封がされておりこれを外すことでボタンを押し緊急事態を知らせる事が出来るようになっている。もちろん悪戯で押した場合は厳重な罰が待っている。
 
 **部品: 安全対策
 鉄道における安全対策は総合的な対応が求められるが、特に人との接触の機会が最も多くなるホームには安全柵とホームドアが設置されることで乗客の飛び込み防止に大きな効果が出ている。
 
 **部品: 時刻表
 当然ながら定期運航の目安となるものに時刻がある。列車は殆どの場合は誤差数分以内で運行されており、誰でも時刻表を見る事でその日の移動スケジュールを立てる事が出来る。また資料として時刻表が出版されておりコアなファンがこれを購入して持ち歩くことは職員のなかでちょっとした名物となっている。
 
 **部品: 環状線乗り換え
 列車の乗り換えは出来る限り分かりやすくなるよう考慮されている。ホームの案内表示や駅から出ずに改札を介する事で移動できる乗り換え用通路など様々だ。これにより移動時の混乱を出来るだけ少なく、乗り継ぎを楽に行えるようになり、移動の便が格段に向上した。
 
 **部品: 貨物輸送(コンテナ)
 鉄道コンテナ輸送は、鉄道による幹線部分と、トラックによる集荷・配達との連携により円滑に貨物を輸送することが出来る。特徴として時間に正確であることが大きく、長距離間の貨物の輸送でありながら前後の時間調整が可能であり、柔軟に対応することが可能。
 
 **部品: 人員輸送(旅客)
 旅客輸送では輸送の対象が人のため、サービス業としての側面を持ってくる。そのため、単純な輸送の距離と速さだけではなく、輸送している間に乗客が快適であるという面がしばしば追求される。
 
 **部品: 踏切
 線路と道路が交差する場合に平面交差する場所の名称。一般的に線路側の交通が優先され、列車通過の際には備え付けの遮断機によって道路側の通行が止められる。
 
 **部品: 旅客列車
 通常の旅客を運ぶための列車。一般に開放式と呼ばれる席が互いに区切られていない形式となり、縦座席とよばれるベンチを両側に配置した形式になっている。
 
 **部品: 快速
 通勤時間帯に長距離を移動する利用者向けに、停車駅を減らすことで乗車時間を短縮した運用を行うことを目的に採用されている。基本的に車両は通常の各駅停車を行うものと同型となる。
 
 **部品: 特急
 旅行者や特に急いで移動を行う利用者向けに、特急料金を徴収することを前提とした路線乗り換えのハブ駅にのみ止まる高速列車。一般に専用設計の車両を使うことが多く、座席の向きも進行方向に向く横座席となる。
 
 **部品: 貨物列車
 鉄道便や貨物をコンテナに、燃料や資材を専用設計の貨車で運ぶことを目的とした物資移送専用の車両。大量の物資を定期的に定点間で運送するのに向いている。
 
 **部品: 検査車両
 実際に線路を走行しながら、軌条の歪みや電気経路の異常などを検査するための車両。一般的に使用される車両とは異なったカラーリングがなされている。
 
 **部品: レジャー車両
 サロンカーや食堂車、展望車に寝台車両など特別なレジャーの為の車両が設置された特別列車である。列車の旅をより特別なものとするための各種工夫が為されており、通常は長距離での旅を快適に旅行するために使用される。特別乗車券が販売されており、これを予約する事で乗車可能となる。
 
 **部品: 特別乗車券
 特急やレジャー車両などの速度や思い出を買うための特別な車両に乗るための特別料金の乗車券である。値段に相応するだけの価値が付与されており、場合によっては記念品として販売されることもある。
 
 **部品: モノレール専用車両
 モノレールは単軌式の鉄道にて運用されう車両となる。単軌式の利点から高架式における運用に有利であり、急な曲線に対応できるため新規に敷設する際の用地面積を抑えることが出来る。
 
 **部品: 線路整備車両
 局地的な気候によっては、線路を整備するための専用車両が準備される。
 豪雪地帯では雪が、砂漠地帯では砂が、それぞれ線路を覆ってしまい、運行に支障をきたすため
 それぞれ、除雪車、除砂車が準備され運用される。
-
-**部品: 鉄道事業(共有版)の流用実績
-このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 
-現在のところ流用実績はありません。
 
 
 
 *提出書式
 
-  大部品: 鉄道事業(共有版) RD:37 評価値:8
+  大部品: 鉄道事業(共有版) RD:36 評価値:8
   -大部品: 鉄道組織 RD:10 評価値:5
   --部品: 営業部
   --部品: 広報部
   --部品: 運輸部
   --部品: 施設部
   --部品: 電気部
   --部品: 運行管理部
   --部品: 建設工事部
   --部品: 旅行事業部
   --部品: 事業開発部
   --部品: サービス部
   -大部品: 路線・施設 RD:7 評価値:4
   --部品: 整備場
   --部品: 管制室
   --大部品: 変電所 RD:5 評価値:3
   ---部品: 電力供給と安定化
   ---部品: 変電所の間隔設置
   ---部品: 電力貯蔵装置の設置
   ---部品: 送電線からの集電
   ---部品: 地下鉄への電力供給
   -大部品: 運行システム RD:10 評価値:5
   --部品: 自動列車停止装置
   --部品: 打子式ATS
   --部品: 緊急列車停止装置
   --部品: 非常停止ボタン
   --部品: 安全対策
   --部品: 時刻表
   --部品: 環状線乗り換え
   --部品: 貨物輸送(コンテナ)
   --部品: 人員輸送(旅客)
   --部品: 踏切
   -大部品: 列車 RD:9 評価値:5
   --部品: 旅客列車
   --部品: 快速
   --部品: 特急
   --部品: 貨物列車
   --部品: 検査車両
   --部品: レジャー車両
   --部品: 特別乗車券
   --部品: モノレール専用車両
   --部品: 線路整備車両
-  -部品: 鉄道事業(共有版)の流用実績
   
   
   部品: 営業部
   鉄道事業における営業とは、人口の拡大が見込まれる地域における新規路線の開拓業務といえる。都市計画を省庁から入手し、事前に都市計画の一端に組み込まれることが目標となる。
   
   部品: 広報部
   広報部の目的は自社のブランドイメージを守る、向上させることとなる。一般への露出を意識して自社を宣伝しイメージをよくするために自社の取り組みを発表する、メディアとの交渉、取材対応といったものから不祥事が発生した際には先手を打って発表し、イメージへの影響を最小に抑える活動もある。
   
   部品: 運輸部
   列車による運輸はその貨物量とスピードから重宝される輸送手段の一つである。彼らは目録を作り搬入から搬出、コンテナの積み込みから位置情報に至るまで数多くの情報を管理し確実な輸送を行うエキスパートである。また彼らは同時に危険物や禁輸品の確認や検査、非常時の輸送管理なども行っており、時には警察などと協力してテロ警戒や軍需品の輸送計画に携わる事もある。
   
   部品: 施設部
   列車は毎日運行されるものであり、当然ながら設備の劣化もそれなりのスピードで進む。それらをメンテナンスし、常に運行に支障がない状態を維持するのが彼らの仕事だ。その仕事は非常に広く、1部署だけでは手が回らない事もままある。時には建設工事部と協力し線路の交換を行い、時には事業開発部と協力し駅の改築のプランを出す。彼らの仕事を手伝いつつ現状をよりよいものにするのが彼らだ。
   
   部品: 電気部
   電力管理は列車運行の為の心臓である。電気がなければ電車は動かないが、その電気は運行量に比例して大きくなり、定期的なメンテナンスや供給の管理、非常時の運用に関するまで多岐にわたる業務が存在する。それらを引き受け、毎日列車を動かすための努力をし続けるのが彼らである。表に見えぬ分目立たないが非常に重要な部署だ。
   
   部品: 運行管理部
   列車の運行管理と各路線の司令管理を行う部署である。一区間もしくは路線単位での列車の運行状況の管理や緊急時の停止信号の発令、列車遅延や運休の管理など運行に関わる各種業務を一手に引き受ける巨大部署である。ホームの駅員さんから運転手、司令部の係員までかなりの人数がこの部署に所属している。
   
   部品: 建設工事部
   駅の改築や送電線の張替えなど施設部で手が回らない大規模な工事を行う部署である。彼らは施設部と比べより大きな工事を行うために施設部よりも目立ちやすいが、実際には互換する部署であり、施設部では手に余るものを代替して行うための行動リソースとしての部署なのである。
   
   部品: 旅行事業部
   旅行は人生を豊かにするスパイスである。その移動時間や観光地ごとの特色を把握し企画を立てるのが彼らであり、ツアー旅行や列車の旅そのものを特別なものとするための企画を考え、各種方面へと売り出す商業ベースの業務を行うのがこの部署だ。青春の1ページから老後のぶらり旅まで広い分野をカバーし、多種多様な思い出を適切な料金で提供する。
   
   部品: 事業開発部
   駅周辺の開発を行い、様々な投資や開発事業などを行う。例えば観光地に建築される大型リゾート施設やホテルなどに投資したり、広報部と協力して町おこしや駅に利益をもたらす特産品の為のイベントを立てたりするのも彼らだ。
   
   部品: サービス部
   客車でのサービス業務や、沿線の観光地紹介活動、駅ビル内での案内業務など、鉄道利用者への接客業務を担う部署。特急列車内での物品販売業務が特に有名であり、旅行者にとっては楽しみの一つともなる。
   
   部品: 整備場
   列車を運航終了後に点検し、問題があれば整備や簡単な修理を行うことで安全を確保するとともに回転率を上げるために必要となる。
   
   部品: 管制室
   列車が相互に運航の妨げとならないように、決まった運航スケジュールに則って走るように管理する。トラブル発生時には現場確認まで運航を止めて、復旧後には通常の運航スケジュールに戻せるように調整を行う。
   
   部品: 電力供給と安定化
   電車を運行するためには移動する列車へ常に電力を供給するための送電線とそれを制御し電気を安全かつ安定して供給する機構が必要である。これを成すために送電線に遮断器と変圧器を設置し、簡易化した変電所を設置する方法が考案された。これを交流饋電方式と呼び、簡易化した変電所と組み合わせて使用する事で安定した電力供給と安全な送電を可能とした。
   
   部品: 変電所の間隔設置
   いくら安定した電力供給が可能と言ってもそれは一定間隔で変電所の機構が用意され、電力供給量を分担し過剰な送電が起こなわれないように配慮された上でのことである。各変電所には安全な電力配分量と最大変電所容量が考慮され、ある程度の余裕が担保された状態で変電所が一定間隔で設置されている。これにより無理のない動力の供給が可能となり快適な列車の旅を送るための原動力となっているのだ。
   
   部品: 電力貯蔵装置の設置
   列車への電力供給を安定化させる変電所の間隔を長くする為、またこの働きを補助するための大型の電力貯蔵装置が各所に設置されている。これによって電力供給の不備や緊急時の一時的な送電を可能にしより安定した列車の運行が可能となるのだ。
   
   部品: 送電線からの集電
   電車は通常外部を走行する場合、電力を集電し動力を得るために送電線と列車を接続させるパンタグラフという機構が設置されている。これを接触させることにより列車への動力供給が断続的に行われ、列車運行を行うための電力供給が行われるという訳である。このパンタグラフには銅合金やカーボンなどが使用されており、摩耗による高官がしやすいよう分割して取り外せるように考慮された設計となっている。
   
   部品: 地下鉄への電力供給
   地下を走る際に送電線を通じて電力を供給するのには幾分かの危険が伴う。その為送電線からの供給の代わりに集電靴とよばれる列車株に取り付けられた電力機構と電力供給能力のある集電用レールをかみ合わせる事によって集電を行い、地下での電力供給を確実なものとしている。
   
   部品: 自動列車停止装置
   無茶な加速などの危険運転や災害、事故などに際し外部からの停止信号により列車に減速の指示を出し緩やかに列車を停止させる機構である。停止信号を発する送信機が線路に一定間隔で設置され、これを列車が連続的に受信する事で徐々に速度を落とし安全に停止する事が出来るという訳である。信号は中央制御によって外部から発せられるため、ヒューマンエラーを防止するための予防策としても用いられる。
   
   部品: 打子式ATS
   自動列車停止装置が何らかの理由で機能しない場合の予備機構である。信号機に併設して可動式のクランクが設置されており、このクランクを操作する事で打ち子を展開、列車が通過するとブレーキバルブが開かれて減速するというものであり、停止信号が何らかの要因で発せられない場合の手段として整備されている。
   
   部品: 緊急列車停止装置
   運転手が何らかの要因や急病で一定時間列車の運転が不可能な場合に作動する停止装置の1つ。基本設定では時速15km以上の時に60秒の間ブレーキや加速などの運転操作が行われない場合警告ランプが点灯する。ランプ点灯後15秒以内にリセットボタンを操作しない場合ブレーキがかかり緩やかに列車が停止するようにセットされている。
   
   部品: 非常停止ボタン
   駅のホームや踏切などでトラブルが起きた際に列車や中央制御にトラブルを知らせ列車を停止されるための機構である。ボタンには緊急時のみ使用できるようプラスチックで封がされておりこれを外すことでボタンを押し緊急事態を知らせる事が出来るようになっている。もちろん悪戯で押した場合は厳重な罰が待っている。
   
   部品: 安全対策
   鉄道における安全対策は総合的な対応が求められるが、特に人との接触の機会が最も多くなるホームには安全柵とホームドアが設置されることで乗客の飛び込み防止に大きな効果が出ている。
   
   部品: 時刻表
   当然ながら定期運航の目安となるものに時刻がある。列車は殆どの場合は誤差数分以内で運行されており、誰でも時刻表を見る事でその日の移動スケジュールを立てる事が出来る。また資料として時刻表が出版されておりコアなファンがこれを購入して持ち歩くことは職員のなかでちょっとした名物となっている。
   
   部品: 環状線乗り換え
   列車の乗り換えは出来る限り分かりやすくなるよう考慮されている。ホームの案内表示や駅から出ずに改札を介する事で移動できる乗り換え用通路など様々だ。これにより移動時の混乱を出来るだけ少なく、乗り継ぎを楽に行えるようになり、移動の便が格段に向上した。
   
   部品: 貨物輸送(コンテナ)
   鉄道コンテナ輸送は、鉄道による幹線部分と、トラックによる集荷・配達との連携により円滑に貨物を輸送することが出来る。特徴として時間に正確であることが大きく、長距離間の貨物の輸送でありながら前後の時間調整が可能であり、柔軟に対応することが可能。
   
   部品: 人員輸送(旅客)
   旅客輸送では輸送の対象が人のため、サービス業としての側面を持ってくる。そのため、単純な輸送の距離と速さだけではなく、輸送している間に乗客が快適であるという面がしばしば追求される。
   
   部品: 踏切
   線路と道路が交差する場合に平面交差する場所の名称。一般的に線路側の交通が優先され、列車通過の際には備え付けの遮断機によって道路側の通行が止められる。
   
   部品: 旅客列車
   通常の旅客を運ぶための列車。一般に開放式と呼ばれる席が互いに区切られていない形式となり、縦座席とよばれるベンチを両側に配置した形式になっている。
   
   部品: 快速
   通勤時間帯に長距離を移動する利用者向けに、停車駅を減らすことで乗車時間を短縮した運用を行うことを目的に採用されている。基本的に車両は通常の各駅停車を行うものと同型となる。
   
   部品: 特急
   旅行者や特に急いで移動を行う利用者向けに、特急料金を徴収することを前提とした路線乗り換えのハブ駅にのみ止まる高速列車。一般に専用設計の車両を使うことが多く、座席の向きも進行方向に向く横座席となる。
   
   部品: 貨物列車
   鉄道便や貨物をコンテナに、燃料や資材を専用設計の貨車で運ぶことを目的とした物資移送専用の車両。大量の物資を定期的に定点間で運送するのに向いている。
   
   部品: 検査車両
   実際に線路を走行しながら、軌条の歪みや電気経路の異常などを検査するための車両。一般的に使用される車両とは異なったカラーリングがなされている。
   
   部品: レジャー車両
   サロンカーや食堂車、展望車に寝台車両など特別なレジャーの為の車両が設置された特別列車である。列車の旅をより特別なものとするための各種工夫が為されており、通常は長距離での旅を快適に旅行するために使用される。特別乗車券が販売されており、これを予約する事で乗車可能となる。
   
   部品: 特別乗車券
   特急やレジャー車両などの速度や思い出を買うための特別な車両に乗るための特別料金の乗車券である。値段に相応するだけの価値が付与されており、場合によっては記念品として販売されることもある。
   
   部品: モノレール専用車両
   モノレールは単軌式の鉄道にて運用されう車両となる。単軌式の利点から高架式における運用に有利であり、急な曲線に対応できるため新規に敷設する際の用地面積を抑えることが出来る。
   
   部品: 線路整備車両
   局地的な気候によっては、線路を整備するための専用車両が準備される。
   豪雪地帯では雪が、砂漠地帯では砂が、それぞれ線路を覆ってしまい、運行に支障をきたすため
   それぞれ、除雪車、除砂車が準備され運用される。
-  
-  部品: 鉄道事業(共有版)の流用実績
-  このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 
-  現在のところ流用実績はありません。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
-      "title": "鉄道事業(共有版)",
+      "id": 11298,
+      "title": "鉄道事業(共有版)",
+      "description": null,
       "part_type": "group",
+      "created_at": "2017-08-21 02:07:17.96525",
+      "updated_at": "2017-08-21 02:07:17.96525",
+      "character_id": "75",
       "children": [
         {
+          "id": 11299,
           "title": "鉄道組織",
+          "description": null,
           "part_type": "group",
+          "created_at": "2017-08-21 02:07:17.970784",
+          "updated_at": "2017-08-21 02:07:17.970784",
+          "character_id": "75",
           "children": [
             {
+              "id": 11300,
               "title": "営業部",
               "description": "鉄道事業における営業とは、人口の拡大が見込まれる地域における新規路線の開拓業務といえる。都市計画を省庁から入手し、事前に都市計画の一端に組み込まれることが目標となる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:17.972576",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:17.972576",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11301,
               "title": "広報部",
               "description": "広報部の目的は自社のブランドイメージを守る、向上させることとなる。一般への露出を意識して自社を宣伝しイメージをよくするために自社の取り組みを発表する、メディアとの交渉、取材対応といったものから不祥事が発生した際には先手を打って発表し、イメージへの影響を最小に抑える活動もある。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:17.989825",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:17.989825",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11302,
               "title": "運輸部",
               "description": "列車による運輸はその貨物量とスピードから重宝される輸送手段の一つである。彼らは目録を作り搬入から搬出、コンテナの積み込みから位置情報に至るまで数多くの情報を管理し確実な輸送を行うエキスパートである。また彼らは同時に危険物や禁輸品の確認や検査、非常時の輸送管理なども行っており、時には警察などと協力してテロ警戒や軍需品の輸送計画に携わる事もある。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.003057",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.003057",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11303,
               "title": "施設部",
               "description": "列車は毎日運行されるものであり、当然ながら設備の劣化もそれなりのスピードで進む。それらをメンテナンスし、常に運行に支障がない状態を維持するのが彼らの仕事だ。その仕事は非常に広く、1部署だけでは手が回らない事もままある。時には建設工事部と協力し線路の交換を行い、時には事業開発部と協力し駅の改築のプランを出す。彼らの仕事を手伝いつつ現状をよりよいものにするのが彼らだ。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.016873",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.016873",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11304,
               "title": "電気部",
               "description": "電力管理は列車運行の為の心臓である。電気がなければ電車は動かないが、その電気は運行量に比例して大きくなり、定期的なメンテナンスや供給の管理、非常時の運用に関するまで多岐にわたる業務が存在する。それらを引き受け、毎日列車を動かすための努力をし続けるのが彼らである。表に見えぬ分目立たないが非常に重要な部署だ。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.027499",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.027499",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11305,
               "title": "運行管理部",
               "description": "列車の運行管理と各路線の司令管理を行う部署である。一区間もしくは路線単位での列車の運行状況の管理や緊急時の停止信号の発令、列車遅延や運休の管理など運行に関わる各種業務を一手に引き受ける巨大部署である。ホームの駅員さんから運転手、司令部の係員までかなりの人数がこの部署に所属している。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.03923",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.03923",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11306,
               "title": "建設工事部",
               "description": "駅の改築や送電線の張替えなど施設部で手が回らない大規模な工事を行う部署である。彼らは施設部と比べより大きな工事を行うために施設部よりも目立ちやすいが、実際には互換する部署であり、施設部では手に余るものを代替して行うための行動リソースとしての部署なのである。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.050562",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.050562",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11307,
               "title": "旅行事業部",
               "description": "旅行は人生を豊かにするスパイスである。その移動時間や観光地ごとの特色を把握し企画を立てるのが彼らであり、ツアー旅行や列車の旅そのものを特別なものとするための企画を考え、各種方面へと売り出す商業ベースの業務を行うのがこの部署だ。青春の1ページから老後のぶらり旅まで広い分野をカバーし、多種多様な思い出を適切な料金で提供する。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.062117",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.062117",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11308,
               "title": "事業開発部",
               "description": "駅周辺の開発を行い、様々な投資や開発事業などを行う。例えば観光地に建築される大型リゾート施設やホテルなどに投資したり、広報部と協力して町おこしや駅に利益をもたらす特産品の為のイベントを立てたりするのも彼らだ。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.073693",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.073693",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11309,
               "title": "サービス部",
               "description": "客車でのサービス業務や、沿線の観光地紹介活動、駅ビル内での案内業務など、鉄道利用者への接客業務を担う部署。特急列車内での物品販売業務が特に有名であり、旅行者にとっては楽しみの一つともなる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.084847",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.084847",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             }
           ],
           "expanded": false
         },
         {
+          "id": 11310,
           "title": "路線・施設",
+          "description": null,
           "part_type": "group",
+          "created_at": "2017-08-21 02:07:18.112713",
+          "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.112713",
+          "character_id": "75",
           "children": [
             {
+              "id": 11311,
               "title": "整備場",
               "description": "列車を運航終了後に点検し、問題があれば整備や簡単な修理を行うことで安全を確保するとともに回転率を上げるために必要となる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.113959",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.113959",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11312,
               "title": "管制室",
               "description": "列車が相互に運航の妨げとならないように、決まった運航スケジュールに則って走るように管理する。トラブル発生時には現場確認まで運航を止めて、復旧後には通常の運航スケジュールに戻せるように調整を行う。",
               "part_type": "part",
-              "expanded": true
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.124489",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.124489",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11313,
               "title": "変電所",
+              "description": null,
               "part_type": "group",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.137066",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.137066",
+              "character_id": "75",
               "children": [
                 {
+                  "id": 11314,
                   "title": "電力供給と安定化",
                   "description": "電車を運行するためには移動する列車へ常に電力を供給するための送電線とそれを制御し電気を安全かつ安定して供給する機構が必要である。これを成すために送電線に遮断器と変圧器を設置し、簡易化した変電所を設置する方法が考案された。これを交流饋電方式と呼び、簡易化した変電所と組み合わせて使用する事で安定した電力供給と安全な送電を可能とした。",
-                  "part_type": "part"
+                  "part_type": "part",
+                  "created_at": "2017-08-21 02:07:18.138503",
+                  "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.138503",
+                  "character_id": "75",
+                  "children": []
                 },
                 {
+                  "id": 11315,
                   "title": "変電所の間隔設置",
                   "description": "いくら安定した電力供給が可能と言ってもそれは一定間隔で変電所の機構が用意され、電力供給量を分担し過剰な送電が起こなわれないように配慮された上でのことである。各変電所には安全な電力配分量と最大変電所容量が考慮され、ある程度の余裕が担保された状態で変電所が一定間隔で設置されている。これにより無理のない動力の供給が可能となり快適な列車の旅を送るための原動力となっているのだ。",
-                  "part_type": "part"
+                  "part_type": "part",
+                  "created_at": "2017-08-21 02:07:18.151379",
+                  "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.151379",
+                  "character_id": "75",
+                  "children": []
                 },
                 {
+                  "id": 11316,
                   "title": "電力貯蔵装置の設置",
                   "description": "列車への電力供給を安定化させる変電所の間隔を長くする為、またこの働きを補助するための大型の電力貯蔵装置が各所に設置されている。これによって電力供給の不備や緊急時の一時的な送電を可能にしより安定した列車の運行が可能となるのだ。",
-                  "part_type": "part"
+                  "part_type": "part",
+                  "created_at": "2017-08-21 02:07:18.192863",
+                  "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.192863",
+                  "character_id": "75",
+                  "children": []
                 },
                 {
+                  "id": 11317,
                   "title": "送電線からの集電",
                   "description": "電車は通常外部を走行する場合、電力を集電し動力を得るために送電線と列車を接続させるパンタグラフという機構が設置されている。これを接触させることにより列車への動力供給が断続的に行われ、列車運行を行うための電力供給が行われるという訳である。このパンタグラフには銅合金やカーボンなどが使用されており、摩耗による高官がしやすいよう分割して取り外せるように考慮された設計となっている。",
-                  "part_type": "part"
+                  "part_type": "part",
+                  "created_at": "2017-08-21 02:07:18.203484",
+                  "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.203484",
+                  "character_id": "75",
+                  "children": []
                 },
                 {
+                  "id": 11318,
                   "title": "地下鉄への電力供給",
                   "description": "地下を走る際に送電線を通じて電力を供給するのには幾分かの危険が伴う。その為送電線からの供給の代わりに集電靴とよばれる列車株に取り付けられた電力機構と電力供給能力のある集電用レールをかみ合わせる事によって集電を行い、地下での電力供給を確実なものとしている。",
-                  "part_type": "part"
+                  "part_type": "part",
+                  "created_at": "2017-08-21 02:07:18.214492",
+                  "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.214492",
+                  "character_id": "75",
+                  "children": []
                 }
               ],
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": false
         },
         {
+          "id": 11319,
           "title": "運行システム",
+          "description": null,
           "part_type": "group",
+          "created_at": "2017-08-21 02:07:18.251108",
+          "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.251108",
+          "character_id": "75",
           "children": [
             {
+              "id": 11320,
               "title": "自動列車停止装置",
               "description": "無茶な加速などの危険運転や災害、事故などに際し外部からの停止信号により列車に減速の指示を出し緩やかに列車を停止させる機構である。停止信号を発する送信機が線路に一定間隔で設置され、これを列車が連続的に受信する事で徐々に速度を落とし安全に停止する事が出来るという訳である。信号は中央制御によって外部から発せられるため、ヒューマンエラーを防止するための予防策としても用いられる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.252407",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.252407",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11321,
               "title": "打子式ATS",
               "description": "自動列車停止装置が何らかの理由で機能しない場合の予備機構である。信号機に併設して可動式のクランクが設置されており、このクランクを操作する事で打ち子を展開、列車が通過するとブレーキバルブが開かれて減速するというものであり、停止信号が何らかの要因で発せられない場合の手段として整備されている。",
               "part_type": "part",
-              "expanded": true
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.264676",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.264676",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11322,
               "title": "緊急列車停止装置",
               "description": "運転手が何らかの要因や急病で一定時間列車の運転が不可能な場合に作動する停止装置の1つ。基本設定では時速15km以上の時に60秒の間ブレーキや加速などの運転操作が行われない場合警告ランプが点灯する。ランプ点灯後15秒以内にリセットボタンを操作しない場合ブレーキがかかり緩やかに列車が停止するようにセットされている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.274941",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.274941",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11323,
               "title": "非常停止ボタン",
               "description": "駅のホームや踏切などでトラブルが起きた際に列車や中央制御にトラブルを知らせ列車を停止されるための機構である。ボタンには緊急時のみ使用できるようプラスチックで封がされておりこれを外すことでボタンを押し緊急事態を知らせる事が出来るようになっている。もちろん悪戯で押した場合は厳重な罰が待っている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.285233",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.285233",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11324,
               "title": "安全対策",
               "description": "鉄道における安全対策は総合的な対応が求められるが、特に人との接触の機会が最も多くなるホームには安全柵とホームドアが設置されることで乗客の飛び込み防止に大きな効果が出ている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.29525",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.29525",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11325,
               "title": "時刻表",
               "description": "当然ながら定期運航の目安となるものに時刻がある。列車は殆どの場合は誤差数分以内で運行されており、誰でも時刻表を見る事でその日の移動スケジュールを立てる事が出来る。また資料として時刻表が出版されておりコアなファンがこれを購入して持ち歩くことは職員のなかでちょっとした名物となっている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.305744",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.305744",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11326,
               "title": "環状線乗り換え",
               "description": "列車の乗り換えは出来る限り分かりやすくなるよう考慮されている。ホームの案内表示や駅から出ずに改札を介する事で移動できる乗り換え用通路など様々だ。これにより移動時の混乱を出来るだけ少なく、乗り継ぎを楽に行えるようになり、移動の便が格段に向上した。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.32572",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.32572",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11327,
               "title": "貨物輸送(コンテナ)",
               "description": "鉄道コンテナ輸送は、鉄道による幹線部分と、トラックによる集荷・配達との連携により円滑に貨物を輸送することが出来る。特徴として時間に正確であることが大きく、長距離間の貨物の輸送でありながら前後の時間調整が可能であり、柔軟に対応することが可能。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.34258",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.34258",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11328,
               "title": "人員輸送(旅客)",
               "description": "旅客輸送では輸送の対象が人のため、サービス業としての側面を持ってくる。そのため、単純な輸送の距離と速さだけではなく、輸送している間に乗客が快適であるという面がしばしば追求される。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.355094",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.355094",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11329,
               "title": "踏切",
               "description": "線路と道路が交差する場合に平面交差する場所の名称。一般的に線路側の交通が優先され、列車通過の際には備え付けの遮断機によって道路側の通行が止められる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.367224",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.367224",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             }
           ],
           "expanded": false
         },
         {
+          "id": 11330,
           "title": "列車",
+          "description": null,
           "part_type": "group",
+          "created_at": "2017-08-21 02:07:18.39468",
+          "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.39468",
+          "character_id": "75",
           "children": [
             {
+              "id": 11331,
               "title": "旅客列車",
               "description": "通常の旅客を運ぶための列車。一般に開放式と呼ばれる席が互いに区切られていない形式となり、縦座席とよばれるベンチを両側に配置した形式になっている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.395964",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.395964",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11332,
               "title": "快速",
               "description": "通勤時間帯に長距離を移動する利用者向けに、停車駅を減らすことで乗車時間を短縮した運用を行うことを目的に採用されている。基本的に車両は通常の各駅停車を行うものと同型となる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.406768",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.406768",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11333,
               "title": "特急",
               "description": "旅行者や特に急いで移動を行う利用者向けに、特急料金を徴収することを前提とした路線乗り換えのハブ駅にのみ止まる高速列車。一般に専用設計の車両を使うことが多く、座席の向きも進行方向に向く横座席となる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.41756",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.41756",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11334,
               "title": "貨物列車",
               "description": "鉄道便や貨物をコンテナに、燃料や資材を専用設計の貨車で運ぶことを目的とした物資移送専用の車両。大量の物資を定期的に定点間で運送するのに向いている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.428038",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.428038",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11335,
               "title": "検査車両",
               "description": "実際に線路を走行しながら、軌条の歪みや電気経路の異常などを検査するための車両。一般的に使用される車両とは異なったカラーリングがなされている。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.438277",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.438277",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11336,
               "title": "レジャー車両",
               "description": "サロンカーや食堂車、展望車に寝台車両など特別なレジャーの為の車両が設置された特別列車である。列車の旅をより特別なものとするための各種工夫が為されており、通常は長距離での旅を快適に旅行するために使用される。特別乗車券が販売されており、これを予約する事で乗車可能となる。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.448675",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.448675",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11337,
               "title": "特別乗車券",
               "description": "特急やレジャー車両などの速度や思い出を買うための特別な車両に乗るための特別料金の乗車券である。値段に相応するだけの価値が付与されており、場合によっては記念品として販売されることもある。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.459664",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.459664",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11338,
               "title": "モノレール専用車両",
               "description": "モノレールは単軌式の鉄道にて運用されう車両となる。単軌式の利点から高架式における運用に有利であり、急な曲線に対応できるため新規に敷設する際の用地面積を抑えることが出来る。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.471862",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.471862",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 11339,
               "title": "線路整備車両",
               "description": "局地的な気候によっては、線路を整備するための専用車両が準備される。\n豪雪地帯では雪が、砂漠地帯では砂が、それぞれ線路を覆ってしまい、運行に支障をきたすため\nそれぞれ、除雪車、除砂車が準備され運用される。",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-08-21 02:07:18.483688",
+              "updated_at": "2017-08-21 02:07:18.483688",
+              "character_id": "75",
+              "children": []
             }
           ],
           "expanded": false
-        },
-        {
-          "title": "鉄道事業(共有版)の流用実績",
-          "description": "このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 \n現在のところ流用実績はありません。",
-          "part_type": "part"
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]