※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そして、すれ違い・・・ 【投稿日 2005/12/29】

カテゴリー-笹荻


夢を見つづけられるなら私はずっと眠っている方を選ぶ

この言葉に、心底共感した時期があった。
現実で許されないなら、悪夢を見続けたほうがいい。

・・・きっと、現実で私が許されることはないから。

「ちわー。」
「あ、こんにちは、笹原さん。・・・ごめんなさいね。」
笹原が現視研につくと、大野がコスプレを広げててんやわんやだった。
「や、いいよ。」
そういって苦笑いすると、空いてる席に座る。
「夏コミに着る衣装?」
「そうですねー。どっちにしようか悩んでるのがあるんですけどね・・・。」
「ふーん。」
そういってそのコスチュームの方を見る笹原。
「FFかー。」
「あ、わかります?」
「そりゃね。中学のときやったの思い出すなあ。」
大野が広げていたコスはFF第7作目のヒロインの衣装だ。
発売からもうすでに9年近くが経過していた。
「今年、AC出ましたからねえ。」
「あー、そっか。でもこれは原作バージョンでしょ?」
「そうですねえ。」
ACとは、その作品の映像作品。今年発売され、話題を誘った。
「これいいんじゃない?話題性もあるしさ。」
「そうですか?じゃ、そうしようかな・・・。」
「あはは・・・。ま、俺の個人的な意見だけども。」
そういって、笹原はポケットに入っていた携帯ゲーム機を取り出す。
「あ、何かやってるんですか?」
「いやー、古いゲームなんだけどね。ドラクエの3を。」
「そういえば、一番好きなゲームって言ってましたねえ。」
ドラクエといえば、知らぬものはいないほどの国民的RPGだ。
3はその中でも完成度とストーリーともに評価が高い。
はじめファミコンで出たが、年を経てスーファミ、GBCと移植された。
「中々就職も決まらんしねえ。気晴らしにやるにはいい感じだよ。」
「へえ。ドラクエは確かに面白いですからねえ。」
「大野さんは何が好きなんだっけ。」
「何でもやりますよお。好みのキャラがいれば・・・。」
にっこり笑う大野。
「たとえば?」
「FFは全部やりましたねえ。一人はいるんですよ。好みのキャラが。」
「あ、そういえばそうだ。」
「後はトライエンブレムのとか、ポポロとか。」
「ポポロ・・・。あ、ガミガミ。」
「そうそう!ガミガミさんは最高ですねえ~。」
大野はうれしそうに語る。
「やっぱ結構やってるんだねえ。」
「コスプレしたくなることも多いですしねえ。」

ガチャ。
扉が開く。荻上だ。
「こんにちは。」
「やあ、こんにちは。」
「こんにちはー。」
荻上は入ってくるなり、怪訝な表情を見せた。
「・・・またですか。」
「ごめんなさいねえ。」
「いえ。いいんですけど・・・。」
笹原の顔を見て、少し気まずそうに顔をそらす。
「あはは・・・。」
笹原も同様。この前の件がまだ響いているよう。
(むむ・・・。この反応は・・・。)
口をへの字にして二人の反応をうかがう大野。
(まさかとは思いますが・・・。)
咲が言ったことを思い出した。
『あの二人、気にしあってるように見えない?』
(あの時は否定してしまったけど・・・。まさか??)
しかし、大野には荻上が笹×斑を妄想してることを知っていた。
だが、あの発言からは、妙な感覚は受けてはいた。妙な頑なさを。
『私がオタクと・・・!』
(ふーむ?)
二人は気まずそうに座っていた。お互いの視線を合わせないように。
「荻上さんは、RPGやりますか?」
大野は気まずそうな二人の雰囲気を察して、話題を振る。
「・・・まあ、それなりに。」
「へーえ。なにが好きですか?」
「テイルズはシリーズ全て良いですよね・・・。」
「確かに!」
空気を明るくしようとわざと明るくする大野。
「それも良かったですけど・・・。一番好きなのはヴァルキリーです。」
「ヴァルキリーですか!あれもいいですねえ・・・。」
ヴァルキリープロファイリング。
トライエンブレム会心の名作。
ストーリー、システム、ヴィジュアル、どれもPS最高峰といっていいだろう。
癖があるから、万人に受けるとはいえないが。
「そうねー。ヴァルキリーはいいゲームだよね。」
ようやく笹原が言葉を挟む。
「・・・ですね。」
それに答える荻上。まだどこかぎこちない。
「俺歯科とか、元帥とか、ヴァイオレンスアームズとか、
 いいRPGはPSで出尽くしちゃってる感はあるよね。」
「まあ、しょうがないですよね。ネタ切れ感はありますし。
 たまにPS2でもいいの出ますけど。」
「そうですね・・・。私と魔王とか、好きですよ。」
「PS2は続編が多くて、それも面白くないってよく言われてるけど、
 たまにある当たりは、すごくいいよね。」
「田中さんがサガのリメイクが面白かったって言ってましたよ。」
「あれはいいリメイクだったね。ヴィジュアルで文句がありそうだけど。」
「私としては、ラジストには・・・。ちょっと・・・。」
「ああ、あれはちょっといただけませんでしたねえ。」
そんな感じでわいわいRPG談義が続いた。

「あ、ちょっと電話しないと。」
そういって、笹原は席を立ち、外に出て行く。
「・・・就活のことですかね?」
「まあ、そうでしょうねえ。」
荻上は、出て行った扉の方を見た。
「やっぱ、迷惑ですよね。」
「え?売り子頼むことですか?」
「・・・ええ。」
表情には見せないが、その言葉の端に落ち込みが見えた。
「笹原さんがいいって言ってるんだから、断るのもあれでしょう?」
「まあ、そうなんですけど・・・。」
「だったらいいじゃないですか。」
「まあ、そうなんですけど・・・。」
(むむむ?やはりそうなのかしら?カシラ?)
荻上の表情は相変わらずだ。しかし、なにか感じられる物はあった。
「あ!」
少しの間の後、大野は声を上げた。
「・・・どうしたすか?」
「田中さんに電話しなきゃいけなかったんですよ・・・。
 やばいー。怒られちゃうー。ちょっとごめんなさいね。」
そういって、大野はあせった顔で外に出て行った。

「・・・。」
一人残った荻上は、少し思いをはせた。
(・・・笹原さんは・・・。何でこんなにも・・・。)
(手助けをしてくれるんだろう?)
そんなことを思いながら、ボーっとする。
テーブルの上にある携帯ゲーム機が目に入る。
(あの色は・・・。笹原さんのだ。)
刺さっているソフトはドラクエ3。
(ドラクエかー。本当に好きなんだなー。そいや、ドラクエといえば、
よく貸し借りがあったなあ。小学生ん時だけども。)
そう考え、ゲーム機に手を伸ばす。
(そんで、入ってるセーブに女の子の名前が入ってたって、
 騒いでる男子いたなあ。貸した方は災難だぁ・・・。)
その携帯ゲーム機を目の前にして。
この中に。笹原の本意が入ってるのかもしれない。
(小学生じゃあるまいし・・・。周りの人の名前とか付けるか?)
顔を少し赤くして、首を振る。
(じゃ、つけてみるか?いやいや。人のもんだぞ?
 でもちょっとくらい・・・。いやいや・・・。)
その問答が長い間続いた。

ガチャ。
心臓が跳ね上がる荻上。つい、ゲーム機を自分のかばんに入れてしまった。
「いやー、参ったよ、ちょっと急がなくちゃいけなくなっちゃった。」
そういって、笹原が入ってきた。苦笑いをした後、かばんを持つ。
「それじゃあね、荻上さん。・・・どうかした?」
「い、いえ!また!」
荻上の顔から出ている冷や汗。それに気付いた笹原。
「・・・?そう?うん、また。」
ゲーム機のことを忘れたまま、笹原は出て行った。
(返しそびれた・・・・!これじゃ泥棒だ・・・!)
そう思ったときには、遅かった。

家に帰った荻上は、そのゲーム機を持ってきてしまっていた。
「どうすべかな・・・。」
テーブルにのせたゲーム機。それを見つめる。
「今頃気付いてるよな・・・。」
そうはいっても、今日とりに来ることはないだろう。
「明日、それとなく戻しとくべ・・・。」
その前に。やりたいことがあった。
電源を入れる。
(わりいとは思うけど・・・。)
出てきたデータには、カンジ、と入っていた。
(自分の名前入れてる・・・。まさか・・・。)
データを選ぶ。城に移る。
『おお、カンジよ、よく戻った!』
出てきた仲間の名前は。
盗賊ハルノブ、武道家サキ、賢者マコト、だった。
「・・・。そっか。」
それを見て電源を切る。
「明日の朝、ちゃんと返しとこ。」
残念なような、ほっとしたような顔をした後、
寝るためにベッドにもぐりこんだ。

「あ、あった。」
翌日昼、現視研部室内。笹原は来るなり、自分のゲーム機を見つけた。
「やっぱここだったかー。よかったよかった。」
「なんだ、お前のだったのかよ。」
飯を食いに来てる斑目がいった。他には誰もいない。
「あはは・・・。昨日ばたばたして出てっちゃったから。」
「ドラクエ3か?相変わらず好きだな。」
「まあ、こういうときは好きなのをやるのが一番かと。」
「まあなあ。で、もうとっくにクリアはしてんだろ?」
「はじめなおしたんですけどね。クリアしちゃって。
 いま、いろんな職業育てて遊んでます。」
「ふーん。」

笹原は、家に帰ってドラクエ3をした。
「久々にエンディングでも見ようかな・・・。」
レベルアップ中のサキ、マコト、ハルノブをはずし、
元のメンバーであるキャラに入れ替えようと、酒場へ行く。
「クリアメンバーって転職できない性質なんだよね・・・。」
そう独り言を言って、メンバーを入れ替えた。
戦士ソウイチ、レベル99。
僧侶カナコ、レベル99。
そして。
賢者チカ、レベル99。
「初めてやったときからパーティはこれなんだよなあ。」
笹原にとって、特に魔法使いと賢者はお気に入りだった。
「やっぱ、魔法使いから賢者への転職が王道だよね。
 昔から・・・。この職には好きな名前付けてたけど。
 このこと知られたらめちゃくちゃ恥ずかしいな・・・。
 ま、誰も見てないだろうけど。」

笹原がこのデータを始める前にした会話。
「ドラクエ3でいうと、先輩は盗賊っすよね。」
「え、俺盗賊?じゃあ、春日部さんは?」
「武道家です。」
「おお、確かに。」
「高坂君は遊び人から賢者って感じですよ。」
「ばっちりだ。」
「じゃ、田中は戦士で、大野さんが僧侶?」
「まあ、そういう感じですかね?」
「ふーん。・・・荻上さんは?」
「魔法使いかなあ。」
「久我山は?」
「残ってるので言えば商人?」
「トルネコかよ!じゃあ、お前は?」
「勇者?」
「ふざけんな!・・・じゃ、朽木君は?」
「えーっと・・・。」
「もう、残ってないな。」