※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうしようもない」 【投稿日 2007/05/17】

カテゴリー-斑目せつねえ


ザワザワと賑わう居酒屋に、現視研のメンバーが集まっていた。
OBの笹原、斑目、田中、久我山、高坂、春日部と、現会員の大野、荻上、朽木、スザンナ達だ。
笹原達の追い出しコンパ以来、このメンバーが全員集まるのは久しぶりだった。
収集をかけたのは高坂と春日部。
「皆飲み物何にする?」
田中の言葉に皆が酒を注文する中、春日部が一人オレンジジュースを注文した。
「どうかしたんですか咲さん?」
いつもは飲まない物を注文した春日部に大野が聞く。
「私、今酒飲めないんだ」

困った様な春日部の言葉に、高坂を除く全員が目を丸くする。
しかし、大野と荻上は、すぐにその意味を理解した。
「まさか!」
「咲さん?」
全員の目が春日部に集中する。
「あー、うん。今妊娠してる。三ヶ月だって」
照れて赤くなりながら、春日部は自分の下腹を優しく撫でる。
「本当でありますか!?」
「やっぱり。おめでとうございます!」
口々に祝福の言葉が贈られた。
「どうかしましたか斑目さん?」
笹原が隣に座っている斑目に声をかける。
呆然としていた斑目は、我にかえると眉を寄せて苦笑した。

「ははっ、何かびっくりしちまってさ。」
「そうですよね。春日部さんがお母さんかぁ……」
感慨深気に言う笹原に「七ヶ月後だけどね」と春日部がツッコミを入れる。
その光景を見ながら、斑目は笑う自分をどこか遠くで見下ろしていた。
(この滑稽な男は何だろう)
諦められたつもりでいたのに、何故こんなにもショックなのか自分でも分からない。
(希望があるとでも思っていたのか?
だからこんなに苦しいのか?)
「近い内に結婚式するから、皆来てね」
笑顔で言う高坂に、斑目は答えられなかった。

腹の底に、タールの様なドス黒い感情が溜っていく。
たった独り、斑目だけが二人を祝福出来ない。
自己嫌悪で今すぐここから逃げ出したくて堪らなくなる。
「トイレ行って来るわ」
いたたまれなくなった斑目は、そう言って席を立った。
(このまま帰る訳にはいかんか……)
用をたした斑目がトイレから出ると、出入口に春日部が立っていた。
どんな顔をして良いのか分からず、斑目は軽く手を上げて前を通り過ぎようとする。
そこに、春日部が声をかけた。
「あんた何変な顔してるの?」

春日部の言葉に、斑目は自分自身の醜さを見透かされた様でドキリとする。
「式絶対来てよ?これでも、皆には高坂の事で感謝してるんだから」
そう言って笑う春日部の笑顔が、斑目にはとても美しく見える。
(幸せそうな笑顔
俺の物では無い
高坂の笑顔)
「もちろん行くよ」
(笑え。笑え)
斑目は自分にそう言い聞かせ、辛うじて苦笑した。
「そ、良かった」
春日部が斑目の横を通り過ぎ、トイレへ入って行く。
斑目は笑顔を作ったまま、皆の元へと帰って行った。


(好きな人が幸せなら、もっと嬉しくてもいい筈だろ?)


独り帰路につきながら、斑目はゆっくりと下を向いて歩く。
かなり酒を飲んだのにも関わらず、まったく酔えなかった。
(そうだ、これで本当に手の届かない存在になったんじゃないか。諦められる!)
(諦められる?)
そこまで考えて、斑目は自分の胸をギュッと掴んだ。
(じゃあ、何でこんなに苦しいんだよ?
全然平気になんてなってないくせに!)
今までは、確に希望があった。
二人が別れるかもしれないと云う希望が。
しかし、今は違う。
二人の『絆』が確固たる形で体現される。
子供が産まれる事によって。

泣きたかった。
泣いて感情を吐き出してしまいたかった。
しかし、眼は渇くばかりで、腹にはタールが溜り続けている。
「春日部さん……」
斑目の呟きは、道路に落ちて、消えた。