※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

王様ゲーム~キス編~ 【投稿日 2007/01/29】

カテゴリー-現視研の日常


咲「あ、王様私だ。え~と、3番と5番がディープキス!」
斑「おいおい、ディープかよ!」
笹荻「「え!?」」
咲「…つまんないからヤメ」
笹荻「「なんでですか!?」」
大「そんなにしたかったんですか~?(ニヤニヤ)」
笹荻「「ちがいます!!」」
高「…夫婦って互いに似てくる、って言うよね」

大「王様わたし~!じゃあ、1番が2番とキス!」
咲「あ、私だ」
高「僕だね。それじゃあ…」
咲「ちょ、ちょっと待った、高さ…ん」
(しばらくお待ちください)
大「…長いですね」
斑「…長いな」
(まだしばらくお待ちください)
笹(…すごい)
恵(いいな~)
(もうちょっとお待ちください)
高「ふう、これでいい?」
大「やりすぎです!咲さん、大丈夫ですか!?」
咲「…高坂ぁ、もっと…」
斑「あ、俺ちょっとトイレ行ってくるわ(汗」

笹「あ、俺が王様か。じゃあ、7番と6番がキスだ!」
恵「あ、わたし?」
斑「俺かよ!」
斑「あ~、嫌だろうけど、まあ、軽くで良いから…」
(咲を一瞥したあと、思いっきりキス)
斑「~~~~!!!!」
咲「別にいいんだけどさ、ちらちらと流し目くれるのやめろ。何かムカツクんですけど」
荻「(小声で)あの反応ってどうなんですかね?」
大「(小声)…難しいですね。気付いているのか、いないのか…」
荻「(小声)いずれにしても…」
大「(小声)斑目さんに全く気がない事だけは確かですね」
荻大「「(小声)斑目さん、可哀相に…」」
咲「おい!そこの二人!こっちを見ながら、何こそこそと話してんだ!」
高「咲ちゃん、あれを”生暖かい視線”って言うんだよ?」
咲「…何か皆して私を馬鹿にしてるな?いいぞ、売られた喧嘩は買ってやる!」
恵荻大「「「きゃ~、斑目さん、助けて~」」」
斑「え!?俺!?!」
咲「……決めた。お前ら全員ぶん殴る!!」

斑「よし!俺が王様だな!じゃあ、4番が王様にキス!」
田「うわ、お前最っ低」
笹「相当酔ってますね」
咲「ところで4番って誰よ?」
高「それは僕です」
荻大「「え!?」」
斑「男かよ!じゃあいいや、次次!」
高「駄目ですよ斑目さん。ルールは守らないと」
斑「いや、お前だって男にキスなんてしたくないだろ?」
高「別に構いませんよ?」
咲「おいおい(苦笑)」
 荻大((うわー))
斑「いや、だから、冗談だってば、ちょっとまて高坂…っっ!!」
 荻大((うわーうわー))
(しばらくお待ちください)
 荻大((うわーうわーうわー))
高「…これでいいかな?」
斑「ジュウブンデアリマス」
大「あ、あの!どうでしたか!?ご感想は!?」
斑「…驚いた」
荻「え?」
斑「すっげー上手いのよ。高坂のキス」
恵(ムカ)

高「あ、みんな、そろそろ時間だそうなので、今日はお開きということで」
咲「はいよ。いや~今日は飲んだなあ」
大「明日が大変そうですねえ」
田「みんな、タクシー来たよ」
笹「荻上さん、大丈夫?顔赤いよ?」
荻「大丈夫です!(早く帰ってこの感動を書き残さなくては!!)」
斑「いてーーー!!」
恵「あら、ごめんなさい?ちょっと酔っ払ったみたいで」
斑「いや、今の絶対わざとだろ?思いっきり踏みつけてたぞ!」
恵「何よ!文句あんの!?」
斑「…アリマセン」
恵「ふん!」