※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

残暑のひとコマ 【投稿日 2005/12/02】

カテゴリー-現視研の日常


恵子「ちわー」
斑目「あ…やあ、ちわ。」
恵子「………ども。」

笹原の就職が決まってから数日、いつもの部室の風景だったが…。

恵子「………。」
斑目「………。」もぐもぐ

沈黙が続く。いや、斑目のコンビニ弁当を食べる音だけが聞こえる。
今日はどうやら冷やし中華とサンドイッチのようだ。
なにしろこの二人、今まで会話なんてほとんど無かったし、馴染んでない。

恵子「ねぇ、マヨネーズ使わないんだね。」
斑目「ん?…ああ、まあね。」

先に話し掛けたのは恵子だった。退屈過ぎたようだ。

恵子「っていうか、ほんとよく来てるよね。昼休みに。」
斑目「まぁねぇ。近いし、落ち着くっていうか―――。」
恵子「会社に馴染んでないんだね。」
斑目「うっ。」
  「やー、まぁねぇー。」ハハ…
恵子「………。」

また、しばらくの沈黙。斑目の食事は終わったようだ。

斑目「小さい会社だからね。他の社員は作業に出てるし、もう一人の事務員は
   40歳のおばさんだから、まぁ昼に出ちゃうんだよネ。」
恵子「大学ってさ、居心地良いんだね。」
斑目「んー、そうとも限らないけど。」
恵子「………。」

やはり会話は弾まない。

斑目「あ、妹さんさ。今度の合宿なんだけど、俺も休み合いそうだから。」
恵子「あ、そうなんだ。おっけー。」
  「軽井沢で温泉なんて楽しみ…って、興味あるの?」
斑目「え?え?そんなに不思議?」

ちょっと焦る斑目を見て、何故かニヤける恵子はさらに

恵子「オタクらしくないなぁ。アヤシー!」
斑目「妹さん、ちょ…」
恵子「ストーップ!さっきから[妹さん]って何なのよ。」
  「あたしは恵子よ。知ってんでしょ。マ・ダ・ラ・メ・さん。」

赤くなる斑目。

斑目「…恵子…ちゃん。だって、今、名前呼んだの1回目じゃない。」

ちょっと笑う斑目を見て、恵子もつられて笑う。

恵子「ははは、合宿、楽しみだネ。」
斑目「まぁねぇ。」
恵子「さっきから、まぁねぇ。ばっかりじゃーん。」

と、昼休みが終わる時間になったようだ。予鈴が鳴る。

斑目「あ、ヤベ!じゃ、合宿幹事、頼んだよ。恵子ちゃん。」
恵子「あーわかったよー。」

背中にその声を受けて、午後からの仕事に向かう斑目だった。