※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベルバラ 【投稿日 2006/11/10】

カテゴリー-斑目せつねえ


田中「おーぅ」
笹原「ドモっす。久我山さんつかまりませんでした」
ダラ「まっしょーがねーやな」
田中「女性陣は?」
笹原「春日部さんのショップの手伝いに借り出されてるみたいです。遅れてくるそうです」
ダラ「ほんじゃ、ま男性陣で先にカンパーイッ」
笹原「ほんと久しぶりですね」
ダラ「で?どーなのよ。笹原最近ずっと顔だしてなかったみたいだけど、研修のほうは」
笹原「ええ。まだ実感わいてないんですけど ああ編集者になるんだなってことくらいで」
田中「なんだ お前けっこう部室に顔出してるのか?イヤだねぇ大学近くに就職したやつぁ」
ダラ「違ええよ!・・それに」
朽木「最近ちょくちょくマダラメさんは春日部女史の卒論の手伝いさせられてますにょ~」
ダラ「こっコラ!・・・・・あーーーまーーーその・・・」
田中「・・・・・相変わらず茨の道だな」
ダラ「ちっちげーーーよ!そ/////そんなんじゃねえって・・」
田中(ぽん)「マダラメ・・・俺らはある意味尊敬してるんだぜ」
笹原「そそーですよ」
田中「俺たちはオタクだ。道端でいちゃついているような奴らを見下している反面
   うらやましくも思っている。でも俺たちにはそんなことは無理だ。だからオタクに
   逃げ込んでいるってのもある。そこに春日部さんみたいな縁遠いと思われた人が
   来た。今じゃ当たり前の関係になったけど、どっかで俺なんかは非難や否定されるのが怖い
   部分もある。同じ趣味の子と付き合ったほうが楽だって・・」
笹原「大野さんに聞かれたら怒られそうですね。でもそれ当たってると思いますよ。」
田中「お前は俺たちから見たら希望の星なんだよ」
ダラ(う~ん・・お前ら彼女いるし・・)「ははは、まっまあ確かに茨の道だな。
  イメージ的にいうとベルバラのOPみたいなもの。全裸でバラのトゲに囲まれた感じかなww
  あはっあははははは」
咲 「な~に盛り上がってんの?なにが茨の道だって?」
ダラ「いっ・・・ももしかして聴いてた?」
大野「田中さ~~ん・・ちょっとお話が」(マスク装着)
荻上(全裸? 茨? まだらめ・・・)うーん


その晩 荻上の家にて

荻上 「マダラメ!・・・ゼンラ!・・イバラ!・・・ワレ・・・萌エル!」

笹原 (な・・なぜ三国無○の魏延口調)