※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三回くじびき以下略 【投稿日 2006/10/27】

くじびきはぁと以下略会議


マ「え~、第三回くじびきはーとアンバランス、略してやっぱりくじアンよかった本会議~。」
K「よ、よもや春日部さんがみるとは思わなかったね。」
梟「よりにもよってこの回をなぁ・・・。」
ベ「正直、最初のシーン、予告見た限りじゃ妄想か何かと思ってたんですが・・・。」
ト「ああ、もしくはマッサージとかね、そういう落ちだとねぇ。」
マ「ガチかよっ!ってことでまず盛大にフイタわな。」
ベ「前回に比べると多少作画落ちてますかねぇ。」
梟「まぁ、前回は神作画、神コンテ回だったみたいだからな。アレを毎回期待するのも・・・。」
K「で、でも、一定以上の作画は維持してるね。」
マ「だわなぁ。予想外だわ。」
ト「え、マムシさんはそろそろガタが来ると。」
マ「ちょっと思ってたわなぁ。」
ベ「確かに、息切れしてもおかしくないくらいクオリティ高かったですもんね、二話。」
梟「たぶん、前の二話と比較して動きが多くなってたからな。
  ここまで動かすには多少の妥協も必要だろう。」
マ「忍先生大暴走だったな。個人的には・・・ただの猫かぶりになってがっかりだが。」
梟「メガネをはずすと変わる、というキャラ設定はよかったからなぁ。」
K「え、エロイよね、で、でも。」
マ「ガチでブラコンとはなぁ。思い切ったキャラにしたもんだ。
  しかも、学校のOGで、反生徒会として活動してたこともあるという設定・・・。
  キャラ立ちすぎだな。ははっ。」
ベ「『子供は見ちゃだめぇ~~』とか、おいおい、そこまでやる気かいって感じでしたねぇ。」
ト「ハコノリを前回出来ていた理由とか、OPでの妙なほどのドラテクとか、判明した感じですね。」
マ「ヘッドとはね・・・。恐れ入りやした。声優の演技もうまかったなぁ。」
K「き、切り替え上手な人だよね。さ、笹本優子。ゆ、有名どころだとストリートファイターのさくらだよね。」
梟「ワキが多いが、それでも多様なキャラをやってる印象があるな。
  少年から少女、大人の女性まで。バッチリな起用だな。」
ベ「鏑木先生に惚れ薬を頼む時の声の変調とか、良かったですよね。」
ト「まさに適役ですね。」
マ「で・・・まぁ、忍先生はいいんだ。まだな。鏑木・・・。」
梟「もはや完全に別キャラだな。専攻も生物→化学か。」
K「お、面白いキャラだけどね。ぜ、前作ではちょっとクールなキャラすぎたからちょっと浮いてたかな。」
マ「主人公以外にああも女性から好意を寄せられるキャラって・・・。」
ベ「明らかに『ラ○ひな』のセタ狙ってましたよね。」
ト「でも、展開的に使いづらかったっぽいですよね。」
マ「そういう意味じゃあ、いい改変かのう。いいコンビになってるからなっ。
  『あれ混ぜちゃったまずかったんだなぁ~」とか、いい感じだぜ。」
梟「今回は忍→鏑木でなくて鏑木→忍だからな。だが、結局また結婚するかもしれないな。」
K「ら、ラストの落ちが先生の結婚ってこと?わ、悪くないね。」
ベ「どう〆るつもりかはわからないですけど、1クールじゃ難しそうですよねえ。」
ト「その辺も含めて今回のスタッフには期待したいですねー。」
マ「蓮子たんは今回かわいさ爆発だったな。山田があまり出てこなかった為かやかましさも少なめだったしな。」
梟「『パンダた~~ん』だろ?うまく魅力を引き出していたな。」
K「こ、小雪もよかったよね。先生の妄想シーンは三人とも良かったけど、
  特に小雪は力入れすぎ、だ、だったよなぁ。」
ベ「あのアップは反則ですよねぇ。これで小雪に転んだ人も多いのでは?」
マ「いやぁ、今回はどう考えても時乃だろ~。」
梟「そうか?最後のアレで・・・でもま、色っぽいシーン多かったしな。」
ト「百合風味までバッチリしこむ、この感じ、やっぱり90年代OVAですねえ。」
マ「うむ!最近は細分化されて『ツヨキス』などの作品が目立ち始めていたが、
  昔は全て詰め込むものだったよな。そのころのテイストがスゴイするわい。」
K「て、展開のベタさ加減も全てその頃の感じだよね。
  こ、今回も、「あ、こうくるな、やっぱりね」という感じで笑っちゃうんだよなぁ。」
梟「惚れ薬、ってもんが出てくる時点でもうな。」
ベ「読めてるんですけど、少し斜め上というか、作画の妙というか、いいですよね。」
ト「細かいところでは、小雪ちゃんが「もう走れない」といった次のシーンではおんぶしてたり。」
ベ「細かいよねー。『守られるキャラ』という形が確立されつつあるよね。」
マ「山田メカの役に立たなさっぷりもな、もうあれはお約束だな。」
ト「あそこにあれだけの作画、そして「カオルコ・ヤマダいっきま~~~す!!」ですからねえ。」
K「た、楽しいよね。「死んだら・・・」ってところとか。」
梟「メカの描写、車やバイクも細かすぎる。エンジンが火を噴くときの描写なんてすごいぞ。」
ト「アニメが好きな人が作ってる感じしますよね。
  亜細亜堂は80年代の「ど根性ガエル」とか、ああいうのを手がけてたスタッフが作ったスタジオらしいですね。」
ベ「昔のアニメのアクションっぽいところもあるよねー。」
K「す、少し懐かしい感じがするのはそのせいか。」
梟「地味だし、たぶん本流になることもないんだろうけど、はまる奴にはたまらないだろうな。」
マ「冬コミが楽しみじゃのう!!」
ベ「でも、これの開始、申し込みより後だから、ブース集まってなさそうですね・・・。」
マ「全てマワリャいいんじゃ!!わかったかっ!!いいものは二冊買っとけ!!」
梟「おいおい・・・。まぁ、そういうことだな。」
ベ「で、於木野さんは・・・その・・・。」
於「なんですか?」
ベ「蓮子たんの・・・。」
於「しません。」
ベ「まだ何も・・・。そうですか、はい。」
神「えー、しないんですかぁ?」
於「しません、するわけないでしょう。」
神「そうですか・・・。ニヤリ。」
マ「・・・気になる笑みだがまぁ、いい。というわけで今回はここまでじゃ、また次回でな!」