※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒグラシの啼く頃に 【投稿日 2006/10/21】

カテゴリー-荻ちゅ関連


昔から一緒にいた私達だから、きっと分かり合えていると思っていた。

暑い夏が過ぎ、この地方の冷え込みは早く。
すでに長袖に変わった私達の制服は、その象徴でもあった。
「なぁ、中島ぁ。」
「ん?」
授業の合間に私のグループの一人であるおさげの少女は、
私に数枚のルーズリーフを渡してきた。
「これ、さ、荻上に挿絵頼もうかと思ってるんだけどぉ。」
「ふーん・・・?」
渡されたルーズリーフに興味もない私は、気のない返事をする。
この子の書く文章の稚拙さは分かっている。
いまさら読むまでもないのだ。
「・・・ほんだら、荻上にも見してみるよ。」
そういって、渡された紙束を机に押し込む。
「・・・そっか。よろしくお願いなぁ。」
その子はそろそろと自分の席に戻っていく。

放課後。
私はその紙束を燃え盛る焼却炉に放り込む。
あの子は気が小さいから、たぶん、こちらから何もいわない限り何もいわないだろう。
・・・荻上はこんなもののために絵を描く必要はないのだ。
私は、あの子をもっと大切にしたい。

「・・・あ、あのさ、中島?」
一週間も過ぎたころ、件のあの子がやってきた。
「ん?」
「わ、わたしてくれた?」
「・・・ああ。」
「なんだって?」
「今他の描いてるから忙しいって。」
「え、そうなんだぁ。じゃあ・・・。」
「でも、後で描くかも知れないから、借りておくって。」
「そ、そうかぁ。わ、わかったぁ。」
このいいわけも考えておいた。
「・・・なぁ、中島?」
「ん?」
荻上がやってきた。
「なんか、頑張ってねぇ、言われたんけど、何か分かるかぁ?」
「・・・ああ、まぁ、特に考えなくていいんでねぇか?」
ははっ、と私は笑うと、前に座った荻上の肩に手をかけ、そっと抱きつく。
「なんだぁ、どうしたべさ、中島。」
「まぁ、いいでない。ちょっとこのままでさ・・・。」
私とこの子は分かり合ってる。
この子はきっと知らないモノがたくさんあるから。
私はこの子を守らねばならない。

しかし、三年になっての初夏。
彼女は、男と・・・付き合いだしたのだ。
私は思った。
これは、いけない。
私はどうするべきか考えた。
あの男は荻上と何も分かり合っちゃいない。
荻上の真の姿を見せればいい。
あとは行動に移すだけだった。

・・・私のしたことは間違いだっただろうか。
いや、きっと間違いではないはずだ。
しかし荻上は教室で追い詰められることとなり・・・。
自殺未遂までするに至る。
私は・・・。

「んー、ナルホドっ。あなたは、何もしてはいないとぉ・・・。んーふっふっふっ。」
東京から来たという刑事が、この事件に興味を持ったらしい。
周りの情報を集めていることは私も耳にも入っていた。
数日前から付きまとっていたこの刑事が、なにを考えているのかは分からない。
「しかしですねぇ、中島さん?」
「はい?」
「あの本が出回る可能性があるのはあなたの所だけなんですよ。」
「なぜそういい切れるんですか?」
自信たっぷりのその口調が鼻につく。私も方便を抑えて返す。
「あの本の原稿が回収されたのは巻田君の家に投函されるつい3日前。
 これは荻上千佳さんの証言からも確かです・・・。」
「はぁ。」
この刑事・・・なにを掴んだ?
「この原稿、他の部員さんは一応知ってはいたそうですが・・・。
 肝心の中身自体は知らないと口をそろえていました。
 荻上さんはあなたに渡した。他の部員は知らない。
 ならだれがあの本を作れるというのでしょうか?」
「だから前もお話したでしょう?
 一回ためしに製本したあと、私の手元からなくなったって・・・。」
「そこです。」
「はい?」
「発見された原稿、いつ製本されました?」
「そりゃ、もらってすぐ・・・。」
「んー、ん、ん、ん、おかしいですねぇ。」
「なにがですか?」
「この近所でコピーを扱ってる場所は無い。
 あなたの家にはPCはあれどもスキャナは無い。
 となると、学校のコピー機しかありえません。」
「・・・。」
「しかも、その原稿が渡された日は学校のコピー機は修理中でした・・・。
 となるとまず、その日には出来ませぇん。その上ですねぇ・・・。
 あなたがコピーをしている姿を、見ている方がいたんですよ。」
「え?」
「んー、ふっふっふっ・・・。しかも、その投函された当日にね。」
「あー・・・。間違えました。そうです、その日に・・・。」
「・・・なるほどぉ。」
「だから・・・その日のうちに盗まれて・・・。」
「そこがおかしいっ!」
「え?」
「あなたがコピー機前で見かけられているのは夕方三時。
 投函され、発見されているのがなんと夕方五時なんですよ?
 明らかに早すぎます。これはどう考えても・・・。」
「しかし、そうとも限らない。」
「そうですねぇ。
 しかし、この状況だと、仮にあなたではないとすると、行きずりの犯行ということになる。」
「そうなんじゃないんですか?」
「・・・となるとおかしいんですよねぇ。」
そういいながら、あごに手を当てる刑事。
「え・・・?」
「指紋ですよ。指紋、あなたと・・・巻田君のご家族のしか付いてないんです。」
「!!」
「行きずりの悪戯をしようとする中学生が、わざわざ指紋を気にするとお思いですか?
 それは無いですよねぇ、どう考えてもおかしい!
 やはり、どう考えてもあなたが犯人でないとおかしいんですっ!
 ・・・お認めなられてはいかがですか・・・?んーふっふっふっふっ・・・。」
ここまでいい捲くし立てられ、私は何も言えなくなった。
・・・そういうことか。
この人は全てを知った上でここに来て、私を論破するつもりだったのだ。
「そうですね・・・。」
「やったことは悪戯です。しかし・・・やりすぎです。」
眉を顰め、指を額に当てる刑事。
たぶん、この人は勘違いしてる。
「やった事を認め、反省するのがいいと思いますが・・・。」
この人は、私がここまで言われれば自供すると思っている。
私を、ただの中学生だと思っている。
反省をすると思っている。
人気が無いところを選んだのは、私への配慮だろう。
しかし・・・それが仇になる・・・。
「刑事さん?」
私は、懐に隠していたナイフを取り出し・・・。
「ん?・・・ちょっとお待ちなさい・・・。」
「私ね、自分のやったことに反省なんかしてないんですよ?」
「なにを・・・。」
「荻上はね、あんなのと付き合ってちゃいけなかったんですよ。」
「・・・待ちなさい。」
じわりじわりと刑事との間合いを詰める私。
一歩進むと、刑事は一歩下がる。
「だから、あなたは死ななきゃ。これはばれちゃいけないんですよ。」
刑事の顔が歪む。私は・・・満面の笑みを浮かべて・・・。
「男だから、苦しまずに逝かせてあげますね。」
ザシュッ。

「ねえ、聞いた、中島ぁ。」
藤本が私に話しかけてくる。
「東京から来てた刑事さん、行方不明だってさぁ。」
「へぇ・・・。」
「何か掴んだ風だったんだけども。」
「まぁ、忙しいから帰っちゃったんじゃねぇの?」
「でも、東京の他の刑事さんとかやってきてたよ?」
「まぁ、私達には関係ないべさ。」
「そうなんかな・・・。」
相変わらず、荻上は自分の席で音楽を聞き続けてる。
自殺未遂した時の怪我も癒えてきているようだ。
      • これでよかったのかな。
外には夏の終わりを告げるセミの声が聞こえている。
まるで、季節よ早く変われと急かすように。