※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その七 飲み会の様子 Aside 【投稿日 2005/11/18】

カテゴリー-1月号


荻「こらー!笹原完治―!」
バン!ふすまを勢いよく開ける。
笹「あ、おぎうえしゃん・・・どしたの・・・」
荻「あったしの同人誌、見ちゃダメって言ったのに見たでしょー!」
笹原の首に抱きつく。笹原は酔っ払ってろれつが回らない。
笹「ごめんなしゃい。れもわざとじゃないんれすよ、わざとじゃ」
荻「だめー、ゆるさないー」
笹原にさらに強く抱きつく。
笹「おぎうえしゃん・・・、そんなにむねをおしつけられたら・・・おっきしちゃうんれすけど・・」
荻「おっきして!おっきー!肩車!肩車!」
惠子「すっかり、幼児化しちゃってるよ・・・」
咲「荻上ー!しっかりして!正気を、正気を戻して!とんでもないことになった!あー、水!いや!消火器!ああなんかトラウマが・・・(アタフタオロオロ)」」
斑「落ち着くのは春日部さん!キミだって!落ち着いて!」
笹「ちがうところがおっきして立ち上がれましぇーん」
荻上は笹原の首にまたがって飛び上がってせがんでいる。
荻「えー、じゃあ、お馬さん!お馬さん!ささはらさんってえっちなんだー。あたしもささはらさんとまだらめさんのえっちなとこ想像してるもん!きゃははは」
笹「・・・れも俺がえっちなことかんがえるのはおぎうえしゃんらけれす・・・。」
荻上は笹原の正面にしゃがみこんで笹原を見つめる。
荻「ほんと?」
笹「うん、エロゲー以外で俺がえっちしたいと思ってるのはこの先生涯でおぎうえしゃんだけれす・・・。」
荻上は大きな目からハラハラと涙を流して
荻「うれしい!!!」
笹原に飛びつく。そのまま倒れこみ二人とも寝てしまう。
惠子「うわっ、だっせー。エロゲー以外って・・・こんなロマンの無い告白聞いたことねー。あーあ、二人とも涙と鼻水でくしゃくしゃじゃん!ふいてやっか!」
大「やさしいですね・・・」
惠子「こんでも兄貴だしなあ。この人も身内みたいなもんか・・・もう。」
斑「どうなることかと思ったけど・・・でどうする?春日部さん?」
咲「どうするって、目的達成じゃん!なんか問題あんの?」
斑「いや・・・少し背中を押すのが最初の目的だったけど・・・これは予想以上じゃん。二人が正気に戻っても大丈夫?覚えてたらまずいんじゃないの?特に荻上さんが!!ひょっとして、なにも・・・考えて・・・無い・・・とか?」
咲「・・・!(滝汗)けっ惠子!二人を離せ!大野!その辺片付けて痕跡を消せ!これは・・・『夢落ち』!!ということにしよう!しらばっくれろ!何聞かれても!」
惠子「うわっさらにだっせー」