※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十六話・蘇る悪夢 【投稿日 2006/05/31】

第801小隊シリーズ


「やめろ!」
俺は叫ぶ。・・・いつもの悪夢だ。
「・・・ククク・・・。止めるなら、その引き金を引けばいいじゃないか。」
「う・・・うう・・・。」
銃口が震える。照準が定まらない。
妙な起動装置の前で、その爺さんは・・・何かをいじくっている。
また止められないのか。俺は何度この悪夢を繰り返せばいい?
「う・・・うわああああああ!!」
俺がようやく打つ決意を固め、銃をしっかりと構えなおした時。
「遅いわ!!」
光が迸る。何かが・・・動いた。
「外を見ろ!!綺麗だろう!!これが私の生み出した光の槍だ!!」
「う・・・うあ・・・。」
まさに、光の槍が連盟、皇国が戦う空間へと突き出していく。
小さな爆発が多数生じ・・・。宇宙には静寂がおとずれた。
「あはははははは!!ひゃはははははっはははは!!」
爺さんが狂気じみた笑い声を上げる。それを見ながら、俺はがっくりと膝を落とした。
「貴様も・・・共犯だな・・・。仲間も・・・殺した。」
爺さんが俺に呟く。いやな笑いを浮かべて。
そんなことはない。そんなことはない。
俺は俺は俺は俺は・・・・!!
「隊長、仲間を犠牲にするのはつらいですね。」
はっとして気付くと、目の前にはコーサカが居た。
「お前!」
「・・・大丈夫ですよ、僕は。サキちゃんを・・・お願いします。」
コーサカが消える。
「待て!待てよ!」
そこで、がばっと体を起こす。夢から覚めたようだ。
いつもの部屋のベッドの上。
「コーサカよう・・・。俺はどうすればいいよ?」
しかし、それに返ってくる言葉はない。
「・・・やるだけやるしかねえ、か・・・。」

『・・・というわけで、奴らの基地の活動は徐々に活発になってるわけよ・・・。』
少しけだるそうな話し方をするヤナ隊長。
ブリッジにて発見したヤナ隊と通信で会話する第801小隊メンバー。
「早く到着したがよさそうですね。」
『そうね。そうしてくれればこっちとしても助かるよ。』
ディスプレイにうつったヤナの顔が苦笑いする。
『俺達だけじゃ手に負えないのは分かってるんだけど・・・。
 どうもうちの隊の面々は血の気が多くてね・・・。』
「そりゃ大変だな。」
マダラメが同じように苦笑いして返す。
『まあ・・・。もう少しでしょ?』
「ああ。あと5時間以内には確実に着く。」
『りょーかい。じゃあな。』
プツン、と通信が切れる、
「まあ・・・あの精神兵器だけなら何とかなるだろ。」
「ですね・・・。あとはどうやってオギウエさんを救出するか・・・。」
ササハラが送られてきた基地の画像を眺めながら呟く。
「ああ・・・。まあ、何とかなるだろ。」
「・・・はい。」
そこまで話してマダラメは少し間を置いたあと呟いた。
「あー・・・。ちょっとトイレ行くわ。」
「・・・はあ。」
そういって廊下の方へと出るマダラメ。
「隊長どうしたんでしょか?」
クチキがササハラに向って話す。
「・・・カスカベさんのところに行くのかな?」
「ああ・・・姉さん、沈んだままだね・・・。」
「・・・私たちが何言っても無駄って感じがします・・・。」
ケーコとオーノが口々に言葉を発した。
「・・・・・・あのコーサカがなぁ・・・。あそこまでするとは思ってなかったよ。」
タナカが少し悔しそうに呟いた。
一同、沈んだ顔をするしかなかった。

「カスカベさん、ちょっといいかな?」
「・・・いいよ。」
サキの部屋の前。マダラメは少々緊張しながら扉を開ける。
「あー・・・。食事くらいには来ようよ。」
「・・・ごめん。動けなかった。」
「あー・・・。」
かける言葉が出てこないとはまさにこういうことなんだろう。
戦闘でかける言葉ならいくらでも出てくるのに。
こういう状況に弱いことを自覚するマダラメだった。
サキがうずくまるベッドの縁に腰掛ける。
「・・・コーサカね、幸せに、って言ったんだ。」
「うん。」
「でもさ、私にとっての幸せって・・・。あいつと過ごす事になってた。
 前は・・・仕事とかあったけど・・・。それも今またやろうと思えるようになったのは・・・。
 あいつが・・・無駄にいつも笑ってくれてたおかげだって分かってるんだ・・・。」
「・・・うん。」
「勝手だよ・・・。あいつ勝手だよ・・・。」
涙をこぼすサキに、少しの静寂が訪れる。
「それはあいつにとってもそうだったんだろうなあ・・・。」
マダラメがぼそりといった言葉にサキははっとする。
「だから、少しでも安全な策をとりたかった。安全度はこっちの方が明らかに高いからな。」
「・・・でも・・・。」
「ササハラに罪滅ぼしなんていってたらしいが・・・。
 俺たちゃ・・・何も責める事なんて考えていなかったのにな・・・。」
「・・・。」
「それに・・・。よっと。コーサカが死んだとは限らん。
 それなら・・・俺らが生き残らなきゃ生きてあいつに合わす顔がねえだろ。まさにな。」
立ち上がりながら話すマダラメのその言葉に、サキがプッと噴出す。
「・・・何いってんのよ、こんな時に。」
「その顔。その顔でいねえと。生き残れねえって。」
「・・・ありがと。」
その言葉に、マダラメは胸に熱いものがこみ上げる・・・が、それを必死に抑えた。

「・・・ごめん。」
「サキさん、大丈夫なんですか。」
何時間かぶりにようやく出てきたサキを、オーノが心配する。
ブリッジは、少しの安息がおとずれる。
「ああ・・・。生きて合わす顔がなくなっちゃうからね。」
そういって、満面の笑顔で通信席に座る。
「・・・?でも、元気になってよかったです。」
「よし、第801小隊!いくぞ!もうすぐ敵の制宙圏だ!
 MS隊はコクピットについとけ!!」
マダラメの掛け声と共に、パイロットメンバーが立ち上がる。
「「「了解!!」」」
アンジェラ、スー、ササハラ、そしてマダラメがMS格納庫へと向う。
『よーし、早く来い!今回のチューンは完璧だ!』
通信から聞こえるタナカの声が響く。
「クチキ君、十分注意してね。」
「了解であります!」
操舵を握るクチキの手に汗が滲む。
「ミノフスキー粒子、散布。敵はもう一個厄介なものを抱えてる。
 重々注意するよう。
 ・・・これは僕らのケジメでもあるんだよ・・・マダラメ君。頑張ってくれ。」
大隊長はぼそりと呟く。その声を捕らえられたものは居なかった。
「敵基地がレーダーに映ったよ!目的地まであと1時間!」
ケーコの声が響く。
「・・・コーサカ、生きてるんだろ?だから、私も生きるよ。
 ・・・・・・生きて帰れたら、また一緒にご飯食べよ。とびっきりの作ってやるからさ。」
サキの目に光が宿る。皆の緊張が徐々に高まっていく。
誰がどう考えても最後の戦い。そして、今迄で一番つらい戦い。
いままでのように艦船に攻撃が及ばないことはないだろう。
「・・・・・・大丈夫。我々には女神がついている。
 第100特殊部隊に居たあの女神がね・・・。」
大隊長のメガネがきらりと光った。
第801小隊の艦船は、敵基地へ全速力で向っていた。

『ササハラ・・・緊張してるか?』
マダラメの声が聞こえる。
「当然でしょう。・・・正直どうなるか分からないんですから・・・。」
『ははっ、まあそうだよなあ。』
まだ発信の合図が出ない格納庫で皆静かに時を待つ。
「隊長も、緊張してるんでしょう?」
『まあなあ。・・・なんかいやな予感もするしな。』
「いやな予感?」
ディスプレイに映っているマダラメの顔が少し沈む。
『・・・ここんとこ昔の夢をよく見るんだよ。』
「昔?」
『隊長さん、昔何かあったの?』
そこにアンジェラが割って入る。
『・・・・・・前よ、俺がいた隊の話は聞いたろ?』
「・・・ええ、あの大量虐殺の起こった・・・。」
『あの時な、俺はその兵器の起動室にいた。』
「ええ!!?」
驚きを隠せないササハラ。
『俺はまだ入隊したばかりで血の気も多くてな。
 任務でその兵器に攻撃を仕掛けてたんだが、一人で単身突入した。
 MSから降りて、起動室を発見したまさにその時。
 起動しようとしている瞬間だった。』
遠い目をして思い出すように話すマダラメ。
『妙なじいさんがな、なんかいじくってるわけよ。
 俺は銃をかまえて撃とうとした・・・だが撃てなかった。
 直接人を殺す度胸がなかったんだな。MSではいくらでも出来てたっていうのにな。
 結果、そいつは起動し・・・多くの人命が失われた。』
『それ、まさか、カリフォルニア・コロニー宙域の・・・!!』
アンジェラの顔が変わる。スーも、めったに変えない顔が変わる。
『・・・そうだ。あのコロニーの被害もそれが原因だよ。
 多くの人が死んだ。皇国も連盟も関係なくな。
 ・・・・・・俺はそれを手伝っちまったようなもんだ。』

沈黙が続く。
「そのときの夢を・・・見るって事ですか?」
『ああ・・・。それ以来、俺は人を殺すことに抵抗が出来た。
 あの時出来なくてなぜ今出来る?ってな・・・。』
宇宙に来てから特に酷くなった。あの夢が。
何か警告を与えるように・・・。
『状況が似てるせいかも知れない・・・な。』
宇宙。大量殺戮兵器。そこへ攻撃を仕掛ける隊。
『・・・隊長さん、それは違うよ。』
アンジェラが声をかける。
『違う?』
『あんたは何も悪くない。撃てなかったのは・・・後悔するべきかもしれないけど。
 やっぱり、作って使った奴が悪いのさ。手伝ったなんて、言わないでよ。』
「その通りですよ。・・・隊長。今回は、同じようにはなりませんよ。」
『・・・大丈夫、貴男なら出来るわ。』
スーがぼそりと呟く。
『・・・そうだな。』
ふう、と溜息をつき、席にもたれ、目を瞑る。
「隊長・・・。」
『だから、これはけじめになるかもしれん。俺の、過去へのな。』
目を見開き、ニヤリと笑うマダラメ。
『それでこそ隊長さん。頑張りましょう!』
『やるのだ!我々の手で!』
「・・・そろそろですね。」
ササハラも目を見開き、システムを起動させる。
『・・・いよいよですね。』
「・・・はい。何か、感じますか。」
『・・・・・・今は何も。もう少し近付かないと・・・・・・。』
時は迫る。緊張が高まる。
『・・・よし。基地が目の前だ!!』
マダラメのこれが響く。
『第801小隊、出撃する!全員、生きて帰れ!これで・・・最後だ!』

「お嬢・・・いや、ナカジマ大佐。あの兵器を利用すると?」
荒野の鬼はナカジマに向って尋ねる。
「ああ・・・。だが目的は連盟の部隊殲滅ではない。
 それだけなら、ミノフスキーウェーブで十分だ。」
「・・・では、なぜ。」
ナカジマはニヤリと笑うと、親指を立て、下に向けた。
「・・・地球を燃やすのさ。奴らの故郷を、無くしてやる。」
「馬鹿な!!そんな事!!」
荒野の鬼は目をかっと見開き、狼狽する。
「なぜ、悪い?奴らは私達の故郷を消滅させたんだぞ?」
「・・・それは・・・。」
「コロニーも地球もない。やられたらやり返す。それだけさ。」
そういって、笑うナカジマに、荒野の鬼は下唇を噛み、震える。
(私がいけないのか・・・。私が望むままに・・・。)
「ナカジマ大佐、準備できましたぞ、ほっ、ほっ。」
一人の老人がそこに現れる。
「おお、博士。完璧か?」
「もちろんでございますよ。射出量もカリフォルニアのときの3倍。
 ここまでの支援、ありがたく感じます。」
そういってお辞儀をする老人。
「・・・お前を宇宙でかくまったことに恩義を感じているのなら当然だ。」
「私としても、この兵器の完成が夢でございますからなあ・・・。」
ニヤニヤ笑いながら言葉を続ける老人。
ブーブーブーブー・・・。
そこに警報が入る。荒野の鬼は、部屋の外に出て行く。
『連盟の部隊が攻撃を仕掛けてきました!』
「・・・爺、頼むぞ。オギウエと共に出てくれ。二つの兵器だけは守らねばならん。」
「・・・・・・了解しました。」
背中でその声を受けながら、歩を進める荒野の鬼。その姿が闇に消えた。

『オギウエ、準備はいいか。』
「もちろんだ。・・・連盟軍は皆殺しだ。」
そういいながらコクピットでディスプレイに映る荒野の鬼を見る。
『・・・まあ、無理はするなよ。貴様の乗ってるMAには大切な兵器が積んであるんだ。』
「なに、これを使えば動けなくなる。無理のしようもないさ。」
そういいながら、操縦桿を握る荻上。生まれる感情は憎悪と怒り。
心が冷えているように感じる。
しかし、その時無重力の中で、ペンダントが浮かび上がる。
「・・・これ・・・なんなんだ・・・。」
捨てようとしても捨てられない。見ると何かが疼く。
中には覚えのない女性。しかし、何かが・・・。
『オギウエ?』
「・・・なんでもない。いくぞ。」
『・・・了解。MS隊出るぞ。一機たりとも近づけさせるな!!』

「あれは・・・!?」
廃棄衛星を利用して作られた基地の横には、見た覚えのある巨大な射出装置。
体に震えがこみ上げる。その形、大きさ、全てが悪夢の再現のように・・・。
「・・・・・・あんなもの蘇らせやがったのかよ・・・。」
『隊長、あれは?』
宇宙で併走する4機のMS。ササハラから通信が入る。
「さっき話した奴だよ・・・。」
『まさか!!?』
『とんでもない隠し玉だね!また!!』
『・・・くやしいけど、これが戦争なのよね・・・。』
マダラメは震える体を強引にいきり立たせる。そして、一つの事実に気付く。
「あの兵器・・・射出方向を地球に向けてる!?」
『狙いは・・・地球なのか!!?』
ササハラが驚愕の声を上げる。
『その通りだ。皆、奴らの狙いは連盟軍の殲滅だけでない。地球そのものだ。』
大隊長から連絡が入る。その言葉に、誰も声が出なかった。
『全く・・・冗談じゃねえぞ・・・。』
ようやくマダラメは呟く。
『隊長・・・どうする?』
『・・・くそ、敵さんがきやがった。』
アンジェラの問いにマダラメが答えるに早く、敵が現れた。
黄色いゲルググを中心に、リック・ドムによる編隊である。
そして、一機、大きなMAが後ろに続いていた。
「・・・まさかあれに?」
『・・・いやっ!』
ササハラの頭に、会長の声が響く。
「どうしました!!?」
『強烈な悪意と・・・憎悪・・・なんてつめたい意識・・・。
 でも・・・あれがあなたの大切な人・・・。』
MAを指差す会長のイメージ。同時に、スーが声を上げた。
『・・・感じる・・・。感じる・・・。あの大きいのに私に似た人がいる・・・。』
NTという存在をようやく信じ始めていたマダラメは、
スーの言葉から、ひとつのことを察知した。
『そういうことか!・・・ササハラ、お前の役目は、分かるな。』
「・・・いいんですか、隊長。」
ササハラが、マダラメに申し訳なさそうに尋ねる。
『馬鹿野郎。別に気遣って言ってるわけじゃねえ。
 精神攻撃を止められりゃ、ヤナ隊だって動けるんだ。
 お前の役目はあれを止めて来ることだ。いいな!』
「了解!」
言うが早く、ササハラは宇宙を駆ける。
『よし、俺らはササハラを援護するぞ!
 ・・・あの黄色いのは借りがある。俺がやる。
 あとの雑魚は任せた、二人なら大丈夫だ!』
『・・・ふふ、了解!任せてよ!』
『・・・・・・出てこなければやられなかったのに・・・。』
スーがビットを大量に放出させていく。
それが敵編隊に降り注ぐ。戦闘開始の合図となった。

ビットの強襲に、編隊を乱すリック・ドム部隊。
「く、玉遊びなぞに!!」
叫ぶが早く、荒野の鬼は敵を認識する。
「・・・きたか、あの赤いのだな!!」
急速接近するマダラメのゲルググ。
『借りを・・・返させて貰うぜ・・・荒野の鬼さんよ!!』
両手のナギナタを振り回しつつ、突撃をするマダラメ。
「なにを!・・・性能は互角か!」
それを間一髪で交わすが、そこにビットが降り注ぐ。
「くそ!邪魔だ!」
ビットを切り払いつつ、サーベルを振り回す鬼のゲルググ。
『・・・お前ら、何を企んでやがる・・・。
 地球を火の海にでもするつもりか!!?』
「その通りだ!」
叫びながらぶつかり合う二機のMS。
『そんなことをすれば・・・!!皇国だって地球を支配したいんだろうが!』
「そんなことは関係ない!!私はただお嬢様の意志を貫かせる手伝いをするだけだ!!」
ライフルがマダラメを狙う。それをかわしながら、再びマダラメは接近する。
『てめえ、それでも!』
「私には守らなければならない存在がいる!」
再び切り結ぶ二機。火花が散るのが見える。
『・・・それは俺だって同じだ!大切な・・・大切な仲間がなあ!!』
再び離れる二機。少し牽制するように動きが止まる。
「・・・止めたければ私を倒せばいい!」
『そうさせてもらうわ!・・・今回はあんなことにはならねえからよ!』
再び戦闘体制に入る二機。
宇宙を自由に駆けながら、一進一退の攻防は続いた。
『お嬢さまだかなんだか知らねえが、俺らは生きる為に、自分の為に戦ってんだ!
 大した忠誠心かも知れねえけどな、そんな奴に負けるもんかよ!』
「うるさい!貴様に私の何が分かる!」
『分からないね!分かりたくもねえよ!』

アンジェラは、一機のドムを落としていた。
「まったくわらわらと出てきて・・・!」
しかし、妙なほど数のいるドムに、後手後手に回ってしまう。
『アンジェラ、あせらない!ササハラがあのMA止めるまでの辛抱だよ!』
サキから檄が飛ぶ。
「サキ、OKだよ!」
その声に笑顔で答え、ジムを動かす。
「避けるだけなら・・・!!」
ドムの編隊からビーム・キャノンが一斉放射される。
「くっ!」
それを体を回転させながらかわす。
そこにドムからの追撃が入る。上からビームサーベルがアンジェラを狙う。
「ちぃ!」
かわしようがなくなったアンジェラを、スーのビットが助ける。
ドムがビットの直撃を受け、姿勢を崩す。
「そこだね!」
バズーカ砲がドムを直撃する。
「スー、サンキュ!」
『・・・遊びでやってんじゃないんだよ。』
しかし、そのスーを、ドムが狙う。ビーム・バズーカがスーを照準に入れる。
「スー!」
だがスーはそれを予想していたようにあっさりかわす。
『・・・・・・見える。』
その様子を見て胸をなでおろすアンジェラ。
スーを狙っていたドムを、粒子砲の光が包む。
『スー、アンジェラ、気をつけて!』
艦船からの支援攻撃であった。

「・・・ササハラ君。早く。君に掛かっているんだ・・・。」
大隊長が呟く。目の前で手を組み、上目遣いにディスプレイを見る。
「大隊長!ドムがこちらにも!!」
「弾幕を広げるんだ。オートで動くようにしてある。・・・ここが堪えどころだ。」

ササハラは一直線にMAに接近する。
途中邪魔をするドムを二機ほど撃墜しながらである。
自分でも、不思議なほどMSの扱いがうまくなっている事に気付く。
「・・・これも会長との同調率が上がっている証拠なのか?」
『ええ。貴方の見ている世界がよく分かります。』
「俺もですよ!」
叫びながら、もう一機、ドムを切り払う。
「出てくるからっ!」
爆発を背に感じながら、ササハラは進む。
「死にたくなければ出てくるな!!・・・あまり殺したくはないんだ!!」
叫ぶササハラのMSから、光が発せられ始めていた。
『来ますよ!本命のお出ましです!』
会長の声と共に、目の前にMAが現れた。
中心にメガ粒子砲を装備し、左右と上にアンテナを装備している。
「・・・オギウエさん!!」
『・・・なんでここまで・・・。心を操作されている可能性があります・・・。』
感じる冷たい思念波に、会長は少し震える。
「そんな!」
メガ粒子砲がササハラのジムを襲う。
「くっ!分からないのか!?俺だよ!」
通信をつなげようとするが、繋がらない。
『来る!』
「くそ!近寄るしかない・・・けど!」
しかし、MAからの砲撃がやまない。周辺をドムが囲み、自由に動けない。
「どうすれば・・・どうすればいいんだ!」
『・・・答えて!答えて!』
会長は叫ぶ。オギウエに向って、思念を飛ばす。
「・・・くそ!」
襲ってきたドムを切り払う。
四面楚歌の状態になりつつ、ササハラはそれでも希望を捨てていない。
「・・・まだだ、まだいける!」

「・・・え?」
声が聞こえた気がする。
聞き覚えがある・・・優しい声・・・。
しかし、それを思う出そうとすると、頭が痛む。
「原因は貴様かああ!!」
目の前にいるジムに向って、激昂するオギウエ。
照準をつけ、メガ粒子砲を放つ。・・・が、かわされる。
「なら!これを起動させるまでだ!・・・動けなくなれえ!!」
ミノフスキーウェーブが起動する。見えない振動が宇宙に広がる。
・・・戦いは激化していく。


次回予告

出会ったのが悪かったのか。
出会わなければよかったのか。
無常の宇宙で、彼らの思いはすれ違う。
・・・どこで狂ってしまったのだろうか。
でも。それなら。
元に戻せばいい。
そう信じて。

次回
『シンデレラ・チカ』
お楽しみに