※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

筆茶屋はんじょーき2 【投稿日 2006/04/23】

筆茶屋はんじょーき


荻上屋、通称”筆茶屋”は、主人が道楽で創めた所為もあって、無駄に大きく、凝ったつくりをしている。
とはいえ、現在切り盛りしているのは千佳一人しかいないため、その大半は使われていない。
そんな部屋のうちの一つ、小さ目の座敷を借りて、笹原たちは集まっていた。
一応、斑目の仕官支援という名目だが、実際には斑目の「理想の主君に出会えた!」という話の真贋を確かめる事が目的だった。
要は、斑目の話を信じていたのは、当人以外誰もいなかったのだ。



”筆茶屋はんじょーき”


「ごめん、千佳さん。無理に部屋を開けさせて…」
笹原が頭を下げる。
「まったく、迷惑な話です」
千佳はそっぽをむいて答える。
「本当にごめん」
「気にしなくていいんですよ、笹原さん。千佳さんは照れているだけなんですから」
さらに深深と頭を下げる笹原に、加奈子が声をかけた。
「誰が照れているんですか!」
「千佳さんが」
「なんでわたしが!」
「え~、わたしがそれを言ってもいいんですか~?」
食って掛かる千佳を軽くあしらいながら、加奈子はちらちらと視線を笹原に向ける。
笹原はまったく訳がわからず、ぽかんとしている。
加奈子の視線を追って、笹原にたどり着いた千佳は、顔を真っ赤に染めると
「…店に戻ります」
そう言いおいて、部屋を飛び出した。
「どうしたんだろ、千佳さん」
「笹原さん」
加奈子は真剣な顔つきで、笹原に詰め寄った。
「もう少し女心を勉強しなさい」

一方斑目は、呉服商”田中屋”総一郎の持ち込んだ酒で相当にできあがっていた。
「だから、彼女こそが、俺の、真の主君たりうる人なんだ!!」
「何度も言うが、そんな人がいるわけないだろうが。『美しくて、強くて、優しくて、気品に満ち…』だっけ?」
「ど、どこかの舞台の役者じゃあるまいし」
叫ぶ斑目に、総一郎と、”久我山寺”の生臭坊主、光紀が突っ込む。
「いるんだよ!なあ、笹原!」
「え、まあ、一応それらしき人とは会いましたけど…」
突然話を振られた笹原はあいまいに答える。
「どうだ!いるんだよ!いいか、彼女はなあ…」
再び、かの女性のすばらしさを説き始めた斑目を放っておいて、総一郎と光紀は笹原に向き直った。
「で、本当なのか?」
「本当ですよ。そこそこに”できる”ようでしたし、俺には良くわからないけど、美人だったかと…」
笹原は答えながら、隣にいた高坂と呼ばれた男と、彼にしてやられた事を思い出す。
次は負けない、という思いはある。しかし、どうやって勝つか、が、ちっとも見えてこないのも事実だった。
「おい笹原。どうした?」
総一郎の声に我に返る。
笹原はあいまいに笑ってごまかした。

「実際にいるとして」「いるんだよ!」「…いるとして、どこの誰なんでしょうね?」
加奈子は噛み付いてきた斑目に、ほんの一瞬だけ眉をしかめると、後はひたすら笑顔のまま、斑目を無視した。
そんな加奈子の態度に、さすがは売れっ子芸者と、総一郎と光紀は感心した。
「とりあえずわかっているのは、男が高坂、女が咲という名前と、男がかなり、女がそこそこ」「かなり、だ!」「…使えることぐらいですか」
どうやら笹原も無視を決め込むつもりらしい。
「俺がそこにいれば、着物とかでわかることもあったんだが…何か気付かなかったか?」
「こ、この二人にそれを期待するほうが無理」
総一と光紀の言葉に笹原は苦笑する。まったくの事実だったからだ。
「彼女が何を着ていたか、だって!?もちろん最高のものを着ていたに決まっているだろうが!」
「…とにかく、偶然でも、もう一度会って探ってみない事には、どうしようもないな…」
総一郎の結論に、斑目を除いた全員が深くため息をつく。
それは真実への道のりの遠さと、斑目の態度に向けられたものだった。
どちらの成分がより多かったか、は言うまでもない。

「そんなに知りたい?」
不意に聞こえた声に、全員が飛び上がる。
声の方を向けば、いつの間にか、笹原や斑目と同じ長屋の住人で、年齢、出自、本名不詳の通称”初代”が座っていた。
「”初代”!脅かさないでくださいよ!」
「ああ、ごめんごめん」
笹原の声に、”初代”は笑いながら謝った。
笹原にとって、高坂が目標ならば、”初代”は雲の上の人だった。
気配が無いのだ。
始めのうちは躍起になって気配を掴もうとしていたが、そのうち諦めてしまった。
今はもう、一種の化け物だと思うことにしている。
「大体、何でここにいるんですか?」
「たまたまだよ」
「はい?」
「『たまたま』この店に立ち寄ったら、『たまたま』聞き覚えのある声が聞こえて、『たまたま』僕の知っている話題が出てたので顔を出した、それだけだよ」
笹原と”初代”の会話を聞いて、そこにいる全員が
(嘘だ!!!)
と思ったが、口に出す者はいなかった。

「それより、本当に知ってるんですか?」
加奈子が代表して質問する。
「うん。僕の知っている二人だとすれば、男の方は直参旗本三千石の嫡男、高坂真琴」
「「「「「え?」」」」」
「女の方は遠州花山藩一万ニ千石、春日部家のご息女、咲姫だろうね」
「「「「「ええーーー!!!」」」」」
叫ぶ。慌てる。まさかここまで話が大きくなるとは、誰も思っていなかった。
「ちょ、ちょっと待って下さい。なんでそんな二人が供も付けずに出歩いてるんですか?」
「お忍び、だろうね」
「そんな事が許される立場じゃないでしょうが!」
「お家の事情、と言う奴ではないかな」
加奈子と笹原が"初代”に食って掛かる。そんな二人に”初代”は淡々と答える。
一方、総一郎と光紀は斑目の肩を叩きながら言った。
「悪い、俺はこの件から降りる」
「な、なに、また別の出会いもあるさ」
しかし斑目にはそんな言葉など耳に入らない。
(彼女は本物のお姫様だった。ならば不肖斑目、身命を捧げて尽くす所存!)
などと考えながら、感動に打ち震えていた。

「実はね」
不思議と響く”初代"の声に、場の喧騒が瞬時に静まる。
”初代”に視線が集まる。
「表に来ているよ」
”初代”を除く全員が部屋を飛び出す。
”初代”の姿はいつの間にか消えていた。

噂の二人は、店の軒先に出された腰掛に座り、茶を飲みながら、何かを話していた。
「何を話しているんだ?」
「ここじゃ聞こえないな」
「近づいてみましょうか」
「き、気付かれないかな」
物陰から二人を見つめ、ひそひそと話す斑目たち。
(とっくに気付かれているんだけどなあ)
笹原は軽く呆れながら、皆に提案した。
「それじゃあ近づいてみましょうか?怒られたら謝ればいいし」
「いや、相手は…」
「そうだな。墓穴に入らずんばなんとやら、とかいうしな」
及び腰の総一郎に対し、斑目は間違った知識を堂堂と披露すると、率先して歩き出した。
「…冗談ですよね」
「…本気だったりして」
「…よ、よりによって、え、縁起の悪い…」
「…斑目さん…」
残された四人は軽くため息をつくと、結局好奇心に負けて、斑目の後を追った。

「不味い茶だ」
「咲ちゃん」
一口、茶を飲んでの咲の感想に、高坂は咎めるような声を出す。
傍で働いていた千佳の動きが止まる。
「…だが不味くない。この団子もそうだ。美味くないのに美味い。不思議だ」
咲は真剣に考え込む。
高坂はくすりと笑うと、咲に話し掛ける。
「これらには、作った人の思いが込められているからだよ」
「たわけたことを言うな。ならば他の物には込められていない、とでも言うのか?」
「そうだったね、ごめん」
「そうだ」
言い終えて咲は再び茶を飲む。高坂も少し遅れて飲む。
千佳は再び動き出す。

「そもそも、何故この茶屋に寄る気になったのだ?私はあまりここに良い思い出がないのだが」
咲は高坂を向いて尋ねた。
「なんとなく、だよ…そういえばあの人はどうしてるんだろう」
高坂は前を見たまま答える。
咲はほんのわずかに寂しそうな表情をして、前に向き直る。
「絡まれていたあの男か?情けない男だ。自分ひとりすら守れんとは」
咲の言葉に、後ろで聞いていた斑目がうなだれる。
「でも守るものの為に、命を捨てて戦う男だっているよ?」
高坂の言葉に、背を伸ばす。
「それで命を捨ててしまって、以後、誰が残されたものを守るのだ?たわけた事を…何を笑っている」
「いや、咲ちゃんはいつでも正しいな、と思って」
高坂に笑いかけられ、咲は頬を染めてそっぽを向いた。
「とにかく、私にはそのような者など必要ない。では行くぞ」
咲は立ち上がる。
高坂も銭を置いて立ち上がる。
「あと、後ろで聞き耳を立てていた者ども。聞きたいことがあれば正面から尋ねてこい」
咲は言い置いて歩き出す。
慌てる斑目たちに、高坂が振り向く。
その中で、一人落ち着いていた笹原は、高坂に軽く頭を下げた。
高坂は少し驚いたような表情を浮かべ、そして笑って、咲の後を追いかけた。

「なあ笹原…」
斑目は遠くを見つめながら話す。
「なんですか?」
笹原は斑目を見ながら問い返す。
「剣を教えてくれるか?」
「いいですよ」
笹原は笑って請け負った。

そんな二人を荻上は見つめていた。
かすかに頬が赤い。
「ダメですよ、千佳さん。見つめているだけじゃ想いは伝わらないんですよ?」
加奈子が千佳を後ろから抱きしめて言う。
「好きなら好き、と、はっきり言わないと」
”好き”という言葉を聞いた途端に、千佳の全身が硬直する。
不思議に思った加奈子が覗き込むと、千佳は顔を真っ青にしていた。
しだいに体が震えだす。
「わたし…また…わたしは…」
「千佳さん?」
「わたしは、人を好きにはならない…わたしは、好きになってはいけない…わたしには、そんな資格は、ない…」
「千佳さん!?」
次の瞬間、千佳はものすごい力で加奈子を振りほどくと、店の奥へと駆け出していった。