※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現聴研・第五話 【投稿日 2006/04/18】

現聴研


6月下旬某日、笹原宅に、夏の野外音楽フェスティバル
当選通知が届いた。
地元の自治体での祭りの一環で、野外ホールでのアマチュアバンド
による演奏フェスティバルに応募していたのだ。
斑目「うおっ、マジか!?」
笹原「ええ、受かってますよ。」
斑目「うわ~~~~。」
部室で驚く斑目と、実感が沸いてきて焦る笹原。
斑目「出演順は?………あー、まぁ真ん中ぐらいか。無難だなぁ。」
要綱のパンフレットに目を通す斑目。
その頃、笹原は自分のPCを立ち上げている。
斑目「久我山にはもう言った?」
笹原「ええ、『これでマジに奏らなきゃな』って。」
斑目「あははは。」
    「まあ、お前もDTMとかMTRいじくってた甲斐が有ったよな。」
笹原「俺のMTR、トラック数少ないから買い直さないといけないですかねぇ。」
斑目「そんなに音数要るかね。」
笹原「DABAZAKコピーとかならプログレだから多いですよねぇ。」
斑目「うーん、アルバム『3人組』のアレンジならいけるんじゃね?」
そう言いながら、応募の際にデモに送った曲を再生する。
PCに刺したヘッドフォンを二人で聴く笹原と斑目。
曲はUNDER-13による「きらめきサイリューム」。通称「くじゲー」という人気アニメのED。
斑目「送ったデモ、俺のボーカルなんだよなぁ(大汗)。」
げんなりした表情で斑目が言うと
笹原「コーラス俺ですよ……。」
顔に縦線が入っている笹原。

斑目「でもなんか、久我山のドラム気合入ってねぇ?」
笹原「UNDERー13というかウメーイが好きだからじゃないっすか。」
斑目「………歌ったのは俺だけどな。」
ガチャリ。そこへ入ってくる荻上。
あわてて再生停止ボタンを押す笹原だった。


荻上「え?夏に野外でライブ出演ですか?」
笹原「うん、だからバンド出演するから、荻上さんも是非ギター弾いてね。」
荻上「良いんですか?」
笹原「バッキング頼むつもりだけど、リード弾いてもらう部分有るかもまた相談だねぇ。」
そう言ってから、斑目と相談し始める笹原だった。
担いできていたソフトケース開けて今日はエレキギターを取り出す荻上。
携帯用の小さな電池式のアンプを机の上に出しておいて、まずはチューナーに
ギターを繋いで調音をしている。
笹原「まずは選曲ですかねぇ。」
斑目「なんていって募集したんだ?」
笹原「隠れた名曲を紹介する為に生まれたマイナーコピーバンド、って…。」
斑目「くじシーEDがマイナーか?まあ審査のおっさんは知らんだろうけど。」

と、やおら荻上がややオーバードライブ気味にギターを響かせ始める。
DABAZAKのインストロメンタル曲「チェコスロバキア」だ。
ギターやヴァイオリン、リコーダー、が入り混じる豪華な編成で
哀愁味とスピード感のある、初期からの名曲である。
それをベースとリズムをキープしつつ主旋律をギターで追い続ける荻上。
掛け声のところで思わず
「ハッ!」
と合いの手を入れる笹原と斑目に、荻上の少し口元がニヤっとしたように見えた。
さらに曲は佳境に入り、最後は
「アーーー(アーーーーー)」
とコーラスでハモる。
ラストのリコーダーは、荻上自身の口笛でカバーしながら素早く
アンプのエフェクトを切り、シンプルな伴奏でしんみりと終わった。
笹原「こないだは弾き語りでストロークメインだったけど、リード弾きっぱなしも
      出来るんだねぇ。ま、まあ俺も色々音は作るけど、弾ける限り弾いてもらえるかな。」
荻上「あ、大丈夫です、弾けマス。」
笹原「荻上さんが出来る曲に決まったら、好きなだけ弾いてもらうけど
      そうじゃなかったら、俺がDTMで作るから。」
荻上「いえ、大丈夫です、コピーしますよ。」
改めて荻上の技量に冷や汗浮かべつつ、心強い笹原と斑目だった。
斑目「選曲も良いけど、スタジオどこ使う?」
笹原「んー、とりあえず安い所とか融通効く所とか、高柳さんに聞きにいってみます。」
現聴研にとっても初参加だが、荻上にとってもステージは初体験。
荻上『すんご………やっぱす大学のサークル、本格的だぁ。』
期待に胸膨らむ1日だった。