※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十二話・孤軍、奮闘 【投稿日 2006/04/11】

第801小隊シリーズ


「うあああああああああああああああ!!」
暗い機械だらけの部屋の中に、ガラス越しに隔離されたオギウエが座っている。
電流が流されているのか、光のほとばしりにあわせて苦悶に顔が歪む。
「・・・これ以上は、命に危険が・・・。」
「そうか。・・・意外に時間が掛かっているな。」
白衣をきた研究者と思わせる男がナカジマに進言する。
それに答えながら少しナカジマは顔をしかめる。
「はぁ・・・、はぁ・・・。」
電流の放電が収まり、オギウエは荒く息をつく。
オギウエはこれを前に体験した事がある。前は自ら望んでだったが。
ナカジマはオギウエのいる部屋に入ってくる。
「・・・どうしたの?オギウエ。前はああもあっさり受け入れたのに。」
「・・・私は・・・もう・・・。」
戦う気はない。そう、暗に示す顔をする。
それに顔を歪めながら激昂するナカジマ。
「何をいってるの!?あの時私にいった言葉は全て嘘!?
 ・・・ああそうか。向こうで何かされたね?そうに決まってる。」
そういって口の端を不気味に上げて笑みを浮かべる。
「・・・これは?」
オギウエの首に掛かっているロケットに気付くナカジマ。
「・・・触るな!」
手に取り中を見ようとするナカジマに対し、オギウエは声を荒げる。
中を見たナカジマは怪訝な表情を浮かべるしかなかった。
「・・・女?よく分からないが・・・。まあ、いい。」
そういうと、ペンダントから手を離し、研究員に向かいって叫ぶ。
「死なない程度に続けていけ。」
「・・・了解いたしました。」
「ナカジマぁ・・・。」
オギウエは去っていくナカジマの背に向かって弱弱しい声をかけた。
彼女を歪めたのはきっと自分。これは、罪。それでも・・・。
「ササハラさん・・・。」
ペンダントが、少し光ったように見えた。

「だから、急いでるって言ってるだろ!」
ケーコの叫びが基地内に木霊した。
ここは砂漠のニッポリ基地。シャトル発射場のある連盟の要だった所。
現在は主要軍隊の宇宙発射はほぼ終了しており、閑古鳥が鳴いている。
「何度言わせれば分かるの?肝心のシャトルの準備にまだ掛かるといってるでしょう?」
そういいながら、PCへ向かい黙々と処理を続ける一人の女性。視線すらもケーコに向けない。
かけた眼鏡が、一見したクールな印象をより強めている。
「・・・ケーコちゃん。待とう。しょうがない。」
「・・・でも・・・。」
ケーコはコーサカにそういわれ、しぶしぶその部屋から出て行く。
「・・・すまんね。キタガワ中尉。」
「・・・・・・マダラメ中尉、こちらこそ申し訳ないです。」
そういって初めてキタガワはこちらを向き、頭を下げた。
マダラメは手を始め全身に包帯を巻いていた。痛々しい。
「いや・・・。こっちも急に来てるんだ。頑張ってくれているのは分かってます。
 我々もいろいろあっていらいらしてる部分もあってね。」
「・・・・・・戦争は嫌なものですね。」
「・・・ああ。早く終わるといいですな・・・。」
そういって二人は苦笑いした。
外に出たケーコは、サキとオーノになだめられていた。
「ケーコ、焦るのは分かるけど・・・。」
「そうです。一番焦ってるはずのササハラさんが落ち着いてるんです。
 他の人がそうしてもしょうがないでしょう?」
「・・・落ち着いてる?兄貴が?そんなわけ無いじゃん。」
そのケーコの言葉にサキとオーノは驚いた顔をした。
「落ち着いてるのは表面だけ。分かるんだ。昔からああなんだよ。
 怒りとかそういう感情を・・・。心に溜めて、いつかバクハツさせるんだ。」
サキとオーノは顔を見合わせる。
「だから急がないと・・・。兄貴、壊れちゃうよ・・・。」
ケーコはそういって肩を落とした。

ササハラはというと、一人、砂漠をガラス越しに見つめていた。
どこまでも続く砂漠。地平線は砂煙にぼやけてよく見えなくなっている。
「・・・くそっ!」
人のいる前では決して見せない表情を浮かべ、拳をガラスに叩きつける。
思い浮かぶのあの瞬間。連れ去られていくジムキャノン。
「何が・・・。守るだ・・・。」
約束は守る事が出来なかった。その自分が不甲斐なくてたまらない。
おそらく殺されている事は無いだろう。あそこまでして連れ戻したのだ。
パイロットとしての利用価値が高いのだろう。人を殺させるための。
ササハラは大隊長の話を思い出した。

「ということは、あの兵器は人の神経を犯す、と・・・。」
「そういうことだね。ある施設に侵入していた工作員が調べたところによると、
 ミノフスキー粒子の振動を利用した精神兵器の開発したところがあるそうだ。
 その調書によると・・・。君らが受けたのはおそらく・・・そのレベル2だ。」
「レベル2?まだ上があるって事ですか・・・?」
「うん。最高のレベル5になると・・・。神経がいかれる。死と同然になる。」
「そんな兵器・・・!」
「使う方にも影響はある。だからこそその防御システムの開発こそが重要だったらしい。」
「オギウエさんは・・・。」
「その使用者として耐性がつけられたんだろう。」
「だから・・・、連れ戻したと。」
「それが大きいとは思うんだけどね・・・。また作ればいいという考えもある。
 ・・・何か他に理由があったのかもしれない。」

砂漠を見ながら思うことは唯一つ。
「絶対に助ける。いや・・・。君に人殺しはもうさせない。」
人を殺すのが戦争。だけどそれをむやみに行う必要なんてないはずだ。
大量殺人兵器。それを起動させるわけにはいかない。
握りすぎた拳から血がにじむ。その目には決意が込められた。

「しっかしまあ、宇宙に初めから行かせるつもりだったとはね。」
タナカは必要な部品だけを分ける作業を基地の人員を借りて行っていた。
「あ、あの作戦の後に宇宙に行って最終戦に参加する予定だったとはね・・・。」
クガヤマはそれを手伝いながら、汗を拭く。
「だから俺とかコーサカに宇宙用の設計なんかさせてたんだなあ。」
「そ、そんなことしてたの?」
「ああ。ただの道楽だと思ってたんだけど。」
そういって少し手を休めて苦笑いを浮かべるタナカ。
「じ、じゃあ、それが今宇宙で作られてるのかな?」
「らしいよ。最初の行き先もフェスト社の宇宙ドッグ「ビッグサイト」だと。
 あそこは連盟のお抱えだからね。だからあまり持っていく必要もない。」
「そ、そうか~・・・。そ、そうなるとこいつとはおさらばかな~。」
そういってクガヤマはとなりにあったガンタンクⅡを見上げた。
「そうだなあ。宇宙じゃこいつは役立たずだからな。」
「だ、だよなあ。け、結構気に入ってたんだけど。」
「おまえ、戦車好きだもんな。」
「ああ。き、キャタピラのあるMS大好きなんだよね。」
「タンクしかないじゃないか!」
そういって笑うタナカ。
「ははは。そ、そうだなあ。・・・う、宇宙か・・・。」
「行きたくないか、やっぱり。」
「ん・・・。お、俺は・・・まあ・・・。大丈夫だけどな。」
「・・・いい思い出は無いからなあ。俺らは。」
そういって、視線を窓から覗く空へと向けるタナカ。
満点の青空の向こうには、暗い宇宙が広がっているのだろう。
「タナカ殿~、これはこっちでいいでありますか~。」
クチキの大きな声にタナカは振り返る。
「おう、いいぞ~。・・・まあ、頑張ろうぜ。」
「だ、だな・・・。」

「これでよし、と。」
サキは医務室でマダラメの手を見ていた。
「・・・すまんね。しかし驚いたな。カスカベさんの研究が人工器官関係だったとはね。」
「まあ、医療系って言えば確かにそうなんだけど。オーノがやっているのとはまた毛色が違うから。」
「・・・・・・動くようになるかな?」
「・・・私の開発した義手ならきっと動くとは思う。だからいま私が診てる訳だし。
 宇宙にそれがあるらしいから、後は向こういってからだね。」
「・・・・・・すまん。」
「あやまんなよ!あんたはしっかり戦ってきたんだろ。・・・私はやれる事をやるだけだ。」
医療用の道具をしまいながらサキは立ち上がる。
「・・・だけどカスカベ二等兵。なんで軍人嫌いだったの?」
「・・・・・・今も嫌いだよ。あんたらは軍人の中でも特殊な方だろ?」
「それはそうかもしれない。」
「・・・負傷兵がよく送られてきた。私の研究にうまくフィットする患者ばかりだったよ。
 最初はそれを不思議とも思わず一生懸命働いてた。治したかったのもあるしね。
 でもね。ある日聞いちゃったんだ。わざと、その箇所を壊して送ってきてるって。
 ・・・ありえないだろ?こっちは治す為に一生懸命やってるのにさ・・・。
 それに気付けなかった私自身も、それを指揮した軍人も恨んだ。」
「・・・・・・なるほどね。」
「・・・一時は全部捨てようかと思ってたんだ。ここに来た頃は。
 でもね。それじゃあせっかく傷ついたあの人たちが無駄になっちまう。
 過去に戻る事が出来ないなら、それを今に使うのが一番なんじゃないかって。
 あんたらを見てそう思ったんだ。」
サキはマダラメを見て笑う。
「あんたの腕は必ず動くようにしてやる。安心しな!」
「・・・ああ。期待してるよ。」
一足先に医務室から出て行くサキ。
「・・・・・・過去に戻る事は出来ない、か。」
サキの過去とその言葉に自分を照らし合わせて考え込む。
目を細め虚空を見つめ、動かない自分の手へと視線を動かし、止めた。

「というわけで、シャトルの方へ。」
キタガワがシャトルの準備完了を知らせに来たのは次の日の午後であった。
「は、早いですね!」
「・・・まあ、急ぎ、ということでしたから。」
目のしたにはクマがある。徹夜での作業だったのだろう。
「・・・無理を言ってすいませんでした。」
ササハラがキタガワに向かって頭を下げる。
「・・・・・・別にあなた方のために急いだわけではないですよ。
 戦争が広がる原因を止めたいのは私達も一緒だということです。」
「キタガワ中尉・・・。」
「ご武運を祈ります。頑張って下さい。」
そういうと敬礼をこちらに向けて行う。小隊員一同でそれに返すために敬礼を行った。
「そう・・・、お願いもあるんです。ドッグの連盟指揮官にこれを。」
キタガワが取り出した手紙を、サキが受け取る。
「・・・分かりました。」
「お願いね。」

皆が荷物をまとめ、シャトルへと向かう。
「ササハラ君。」
その最中、コーサカがササハラに声をかけた。
「これ、返しておくね。」
例の青いペンダントを取り出しササハラに渡すコーサカ。
「あ・・・。これ、なんだか分かったの?」
「うん。それはね・・・。」
プククッ!プククッ!プククッ・・・!!
そのタイミングで警報が鳴り出した。
「敵襲!?」
放送が流れる。
『敵襲です。防衛隊はすぐさま出撃準備を。第801小隊の方々はシャトルの方へ。
 ・・・必ず、安全に飛ばしてみせます。」
キタガワの強い言葉に、ササハラとコーサカは話をやめ、シャトルへの歩を早めた。

「あれが鬼が言ってた連中のいる基地か?あいかわらず奴は情報収拾がうまいな。」
ドムが三機、連なりながらニッポリ基地へと接近してゆく。
「らしいな。・・・そいつらが宇宙へ来るのを阻止しろ・・・か。」
「奴が恐れるくらいの連中だ・・・。フフ、久々に楽しめそうだ・・・。」

「敵機は三機。こちらは五機。止められないはずがないわ!」
キタガワは司令室にてジム隊へ作戦指示をしていた。
「頼むわよ。キムラ准尉を中心にうまく展開。機体数の有利を守るのよ!」
『了解!』
司令室に響くMS隊の声。その言葉に、キタガワは強く頷いた。

この基地は砂漠の真っ只中にある。
シャトルの発射は散乱物がでるため、人のいないところに基地が作られる。
その砂漠に、五機のジムが敵の出現を待ち構えていた。
砂が風に舞い上がる。視界が悪くなる。
そして、それは唐突に現れた。
グワシャアアアア!!
一機のジムが上下真っ二つになる。友軍機の急な撃沈に動揺が走る防衛隊。
その隙を見逃すドム隊ではなかった。
彼らは、「砂漠サソリ」と呼ばれる皇国軍きっての熟練小隊であった。

「なに!?三機撃墜!!?」
恐ろしいほどの速度で防衛隊がおとされている事が報告され、キタガワの顔に動揺が走る。
「く、なんとか、何とかシャトル発射まで持ちこたえなさい!」
シャトルの発射はすでに十分を切っていた。
「彼らを・・・なんとしても飛ばすのよ!」
キタガワは叫び声を上げたあと、歯を強くかみ締めた。

「・・・あと八分。」
サキが発射予定時刻までの時間を呟く。
801小隊の面々はすでにシャトルにて発射を待つ身であった。
「大丈夫かな・・・。襲撃は・・・。」
「数的には有利だし何とか・・・。うおぁ!」
衝撃がシャトル内に伝わる。どうやら流れ弾が基地の方に当たったようだ。
「おい、こりゃやべーんじゃねえのか!!?キタガワ中尉!!?」
マダラメが叫ぶ。それに答え、キタガワが通信で答える。
『大丈夫です!何とか持ちこたえます!この機会を逃すと次はいつになるか!』
延期をすればいいというものでもない。シャトルの発射には何かと手間が掛かるのである。
すでに余剰エネルギーを溜めている状態であり、ここでの停止は危険でもある。
「・・・り、了解した!・・・どうせ、加勢にも行けませんしな!」
加勢に行きたいものの、彼らに動かせるMSは無い。そう、一機を除いて・・・。
「・・・あれ?そういえば、クガヤマさんは・・・?」
ササハラのその言葉に、先ほどまでいた一番存在感がある男が消えてる事に皆が気付いた。
「ま、まさかクガヤマのヤロウ・・・!!」
「あいつ、一人で加勢に行ったのか!!?」
マダラメとタナカが口々にクガヤマの行動を見抜いた。
「そ、そんな!俺も・・・!!」
「バカヤロウ!俺達が行ってもどうせ動かせるMSは無いんだ!」
ササハラが自分も、と席から立ち上がるが、それをマダラメが制す。
「・・・クガヤマに、頑張ってもらうしかねえ。」
「なーに、大丈夫さ。あいつだって、この戦争生き抜いてきたんだ。」
マダラメとタナカが、ニヤッと笑ってそういった。
「し、しかし・・・。」
「それとも何か?信用できねえか?」
「・・・そんな事はありません。」
「よし。・・・信じてまとう。」
シャトル発射まであと六分。

「なんだ、手ごたえの無い・・・。」
ドムはたった今破壊し、ちぎっていた四機目のジムの右手を投げた。
「あとは、一機、そしてシャトルか。」
ドムが動く。ジムは徹底抗戦の構えだ。
「あの一機だけがいい動きをしていたがな。期待はずれだ。」
三機のドムは一列に並ぶ。そして、そのままジムへと向かう。
ジムの視点からは一機しか見えないように見えるドム。
スプレーガンが放たれる。かなり良い精度で狙っている。
しかし三機はそれをうまく、見事に同調しながら交わしていく。
「ははぁ!!『トリプラー』の威力思い知れぇ!」
ジムの目の前に来た時、後ろの二機は左右に展開。
ジムは先頭のドムへと切りかかるが、それを読んでいたのか後ろへ後退していた。
そして、二機のドムが左右からジムへと襲い掛かる。
ドォン!!
その瞬間である。大きな砲台の音が砂漠に響き渡った。
その音を察知したドムは、ジムから離れ、距離をとる。
「なんだ?新手か?」
「戦車・・・?」
「違うな・・・。ガンタンクだな。ほほう、面白い。」
三機のドムが遠方に鎮座するガンタンクⅡの方へと視線を向ける。
「遠距離から攻撃されるのが一番厄介だな。」
「奴から破壊するか。」
「よし、『トリプラー』、仕掛けるぞ。」
距離をとられたジムはすでにタンクのほうへと身を寄せていた。
ガンタンクⅡは、静かに相手の出方を待つように佇んでいる。
「いくぞ!」
「おう!」
「はは!!」

『クガヤマ少尉!』
「き、キタガワ中尉、お、俺に構わずシャトル飛ばしてください。」
『・・・加勢、感謝します。了解しました。』
ガンタンクⅡのコクピットで、クガヤマはドムの方を睨んでいた。
急いできたため、汗がにじむ。そして、向かい来るドムに、緊張が走る。
『クガヤマ少尉、どうしましょう!?』
ジムの方から通信が入る。小隊長のキムラ准尉だ。
「・・・あ、あの戦法、は、端から見てると間抜けだけど・・・。」
『正直、錯覚で敵が一機にしか見えません。
 寸前で横に展開されるため、避けようが無いのです・・・。皆あの戦法で・・・。』
キムラは少し弱気な声を出した。
「す、寸前・・・。よ、横に展開・・・。い、一列・・・。」
ぼそぼそとキーワードを羅列するクガヤマ。
「そ、そうか・・・。これなら・・・。」
『な、なにかいい方法が!!?』
「う、うまくいくかは分からないけど・・・。やってみる価値はある・・・。」
クガヤマはガンタンクを旋回すると、ドムと逆方向へ移動する。
『しょ、少尉?』
逃げるような状況になり、思わず上ずった声を出すキムラ。
「じ、准尉、奴らをうまく誘導してくれ。」
『どのように・・・。』
「お、俺の機体の前方直線ラインに奴らが来るように・・・。」
『わ、分かりましたが、その後は?』
ニヤ、とクガヤマは笑う。
「さ、作戦がうまくいくよう、祈っといてくれる?」
『はぁ?・・・分かりました・・・。』
いいながらクガヤマはガンタンクⅡを停止させた。ドムと十分な距離。
シャトル発射まであと二分。

「停止した?」
「構わん。行くぞ。」
「おう。」
ガンタンクⅡに迫るドム。その距離が徐々に近づく。
ジムは巧みにドムに向かって発砲を続ける。位置が、うまく移動していく。
彼らの位置が丁度ガンタンクⅡの砲台一直線上に並ぶ。
「・・・この距離から・・・。1・2・・・。」
ぶつぶつとコクピットで数を数えるクガヤマ。
直前まで接近。ドムが左右に展開する。
その瞬間、上半身を180回転させて、その動きを牽制する。
キュキュキュ・・・!!
キャタピラが大きな音を立てて旋回し、後方へとガンタンクⅡを移動させる。
左右に飛び出たドムはその移動に、攻撃する先を失ってしまった。
「く、何がしたいのだ!」
三機のドムが、標的を近場にいたジムへと変える。
油断していたジムは、彼らの胸部拡散ビーム砲の一斉射撃を受ける。
下半身の付け根辺りに直撃を受け、ジムは沈黙した。
「・・・キムラ准尉!」
クガヤマがコクピットで叫ぶ。
『大丈夫です!しかし、もはや動けません・・・。』
「・・・あ、あとは祈るしかないね。や、奴らがまた同じ事をしてくる事を・・・。」
『え?』
言うが早く、クガヤマは再びある一定の距離をとってドムに対峙する。
「・・・なんだ、あいつは。」
「フン。逃げ回ってるだけだろう。」
「時間稼ぎか。厄介だな。しかし・・・。次は逃げられんぞ!」
再びドムが三機並んでガンタンクへと迫る。接近してくるドム。
「・・・1・2・・・・・・。」
ある一定距離から再び数を数えるクガヤマ。
再びドムの攻撃が始まるかというその矢先。
ドォン!ドォン!
シャトルは発射された。

砂漠では、ドムが、三機まとめて吹っ飛んでいた。
『な、何が・・・』
「・・・さ、左右に展開する直前に砲撃した。それだけ。」
一回目の時、クガヤマはあるポジションから展開までの時間を計測していた。
そして二回目。その時間に合わせて引き金を引く。三機まとめて吹っ飛んだ、というわけだ。
油断し、展開に気を使っているだろうその瞬間をうまく狙ったのだ。
荒く息をつきながら、クガヤマは手に汗の滲んでいるのを感じていた。
『は、はあ。・・・うまくシャトル飛んでいけましたね。』
「う、うん・・・。次のシャトルで追いかけないとなあ・・・。」
『ははっ。すぐに追いつけますよ。』
「そ、そうだね・・・。」
クガヤマはコクピットから降りた。
「ふぅ~~~~。」
空を見上げる。少し、そうした後、ガンタンクⅡの方に向き直る。
ガンタンクⅡのキャタピラに手を当てて、ポンポン、と叩く。
「あ、ありがとうな、今まで。短い付き合いだったけど・・・。」
少しの沈黙。
パァン!
痛みが背中に走る。
「なっ・・・。」
振り返ると、そこには皇国軍の軍服を来た男が一人、銃を持っていた。
「よ、よくもやってくれたじゃねえか・・・。他の二人は逝っちまったよ・・・。」
頭から血を流した男は、さらに銃をクガヤマに撃とうとする。
クガヤマは逃げようとするが、血が口からあふれ、体が動かない。
バァン!
再び銃声。その音の元には銃を構えたキタガワがいた。労おうとクガヤマの下に来ていたのだ。
男は倒れる。クガヤマにキタガワは銃をしまいながら駆け寄る。
「クガヤマ少尉!・・・早く救護班!!」
クガヤマはその場に仰向けに倒れた。口から言葉が漏れる。
「・・・ご、ごめん、行けそうにない・・・。み、皆頑張れよ・・・。
 そ、宇宙は・・・どう?変わってる?変わってなんか・・・ないだろうなあ。」

「・・・ん?」
宇宙に飛び立ったシャトルの中で、宇宙初体験のケーコは物珍しそうに外を見ていた。
そんな中で、マダラメも窓から地球を見る。
「どうかしましたか?」
ササハラがそのマダラメの様子を怪訝そうに見つめる。
「いや・・・。クガヤマの声が聞こえた気がしてね・・・。」
「へ?」
「ン・・・。空耳だろうさ。すぐに次のシャトルで追いかけてくるさ。」
少し口の端をゆがめるマダラメ。
「そうですね・・・。」
『あと一時間でドッグ艦に到着します。』
アナウンスが、響きわたった。
ササハラはその言葉を聞いて、顔をいっそう引き締めた。

次回予告

フェスト社ドッグ艦「ビッグサイト」にて新しいMS、
そして艦船の引渡しを受ける801小隊。
様々な面で彼らに最適にチューンされた新兵器たち。
彼らの最後の戦いが始まろうとしていた。

次回、「廻る宇宙」
お楽しみに