※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現聴研・第一話「荻上・始動」 【投稿日 2006/04/07】

現聴研


ここは現代聴覚文化研究会の部室。
新会長の笹原がノートPCを部室のコンポのスピーカーに繋いで
音楽を聴いていると、新入会員の荻上さんが入ってきた。
部室にはPSY・Zの「二心」というベストアルバムだ。
「ども……」
「ちわー…あ!ギプス取れたんだね。おめでとう」
「いえ、どうも…ありがとうゴザイマス」
そして椅子に座ると、右手に提げていたアコギのハードケースを
横に立てかける。
笹原はそれを横目で気にしながらも、PCで作業を続けている。
荻上はというと、ノートを取り出してペラペラと捲っている。
会話の無い二人。
部室には音楽だけが流れている。
「これ、PSY・Zの二心ですね」
しばらく聴いていた荻上が口を開いた。
「え?知ってるの?古いのに…」
「まぁ、色々と自力で」
「俺はここに入会してから、色々と古いの洗脳されたんだけどねぇ(苦笑)」
そう言っている間に、荻上はハードケースからギターを取り出している。
「荻上さん、ギター弾けるんだ……!」
「ええ、アコギ2本とクラッシックとエレキとセミアコと、6本ほど持ってます…」
そう答えながら、音叉を取り出し叩くと、ボディーに当てる。
ポーンと気持ちのいいA音が響く。
「あ、音楽邪魔?止めようか?」
「いえ、もうちょっと時間掛かりますから」
言いながら、ハーモニクスで調音を続ける。
さらに、弦のウネリを合わせる方法でも確認してる念の入りようだ。

ストラップを肩に掛け、右足を組むとギターを抱える。
それを見て笹原は音楽を止めた。
「ん、ん…」
咳払いをすると荻上さんは、何やら小さな瓶からクリームを少しだけ
右手の指に馴染ませると、ピックをつまみ、1回強くストロークし、
すぐに右手で弦を止めてミュートした。
「何を弾くの?」
と、笹原が問いかけるが、荻上は答えずに、ジャカジャカと
アコギを掻き鳴らし始める。
笹原は何の曲が始まるのかさっぱり解らなくて、頭に「?」が浮かぶ。
と、ギターを弾くのを止めた、荻上が一言、
「今のは、怪我して久しぶりだったから慣らしです」
と、小声で告げた。ズッコケリアクションの笹原だったが
その姿勢が直る前に、荻上は曲を弾き始めた。
左手はネックの根元辺りで動く。イントロのメロディーですぐわかる。
「♪駆けてゆく~子供たち…」
まず荻上の歌声が始まり、追いかけるように軽いタッチでギターのストローク。
『あ、PSY・Zの、水の辺境か…このアルバムの最後の曲だ』
笹原はすぐに気づいた。
荻上はといえば、机の上の手書きのノートに眼を遣りながら歌い続ける。
PSY・Zの中でも哀愁を帯びたメロディー。荻上の表情にも憂いが浮かぶ。
2番のBメロに合わせて、笹原も口の中でコーラスを呟く。
「♪なーがーい髪ーを解いて~」
サビの高音も綺麗に声が伸びている荻上の歌声。
盛り上がりに合わせて、荻上のギターにも力がこもる。

笹原は背中がゾクリとして身震いした。
やがて歌い終わり、荻上は目を閉じると
「ふう…」
と、溜息をつく。笹原のほうは恥ずかしくて向けずに、うつむく。
「上手い、上手いよ荻上さん!ギター1本だと元の曲と雰囲気変わるねぇ。
 それに自力で耳コピしたの?そのノート?」
「ええ、良い曲だったので……イメージ違うっていうなら、こっちの方が」
言うなり激しい16ビートのストローク。
和音でなく、オクターブ奏法を使って並んだ2本の弦だけ同じ音で鳴らし、
メロディーを奏でる。本来はヴァイオリンの音色であった独特のイントロ
メロディーがギターで響くが、すぐに解る。
「ああ、天使の夜だ」
笹原のその声は、荻上のギターの音にかき消される。
「♪イルミネーション、真下に見下ろし…」
アニメ「都市狩人」のOPで有名な曲だが、アコギで歌うなんて笹原には
想いも寄らなかった。確かに一番有名な曲かもしれない。
そして歌の音域も高いが、普段の喋り声と違って荻上の歌声は楽に響く。
『すご…荻上さん、声、高ーーーっ…』
サビのところでは原曲ではベース音とドラムのハイハットだけだが
荻上さんもギターでベース音だけを鳴らして再現につとめる。
気持ちよさそうに歌う荻上さんの顔につられて、笹原の顔も笑顔になる。
その日、荻上は2時間、喋ることなく連続で歌い続けたのだった。