※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

笹原きょうだい 【投稿日 2006/03/19】

カテゴリー-その他


それはまだ二人が幼かった頃の出来事。

朝食の後片付けをすませて玄関に向かう笹原に、後ろから恵子が忍び寄る。
「お兄ちゃん」
「何だ」
猫なで声に嫌な予感を感じてぶっきらぼうに返す。
「自転車乗せて?」
「いやだ」
即答。取り付く島もない態度に恵子は頬を膨らませる。
「えー、いいじゃない」
「自分のに乗れよ」
「学校に置いてきちゃった」
一言文句を言ってやろうと振り返ると、全然反省も後悔もしていないような満面の笑み。
大げさにため息をつくと、笹原は無言で登校の準備をする。
じー。視線を感じるが、無視する。
じじー。さすがに鬱陶しくなるが、まだ無視する。
じじじー。笹原の動きが止まる。
「わかったよ!後ろに乗れ!」
「ありがと、お兄ちゃん!」
恵子の勝ち。

二人を乗せた自転車が道を駈ける。
日差しは暖かくても、風はまだ少し冷たい。
「アハハ、気持ちいー!」
後ろに乗った恵子がはしゃぐ。
「黙って乗ってろ!」
少し息を荒くした笹原が後ろを向いて文句を言う。
「えー、もう疲れたのー?毎日テレビやマンガやゲームばっかやってるからだよー。少しは鍛えたらー?」
「…」
図星を指されて沈黙する笹原。
「それ行けー!もっと速く、もっともっと!」
「無茶言うな!!」
笹原は怒鳴り返しながらも足に力を込める。
自転車は加速して二人を運ぶ。

「ありがとー、お兄ちゃん!じゃあねー!」
息を切らせ言葉も無い笹原を尻目に、恵子は足取りも軽く教室へ向かう。
とりあえず息を整え、ふと気が付くと自分に集まるたくさんの好奇の視線。
笹原は全速力で逃げ出した。
(二度と、絶対に、金輪際こんなことしない!冗談じゃない!)
固く心に誓いながら。

…このささやかな出来事は、ちょっとした波紋を呼び、校則に「自転車での送迎禁止」という項目を付け加える事になったとさ。

それはまだ二人が幼かった日々の出来事。