※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その一 【投稿日 2005/10/22】

カテゴリー-12月号


「じゃあ俺、久しぶりに秋葉行くから」

就職活動の成功を報告に来た笹原は、そう言い残して部室を去っていった。
あとには4人の女たちが、残される。

「あーぁぁぁ、もう、相変わらずですねえ」

大野がじりじりとした目で、笹原のいた空間を睨んだ。

「どうして、一緒に誰か行く? とか言わないのかしら、あの人は」
「笹やんだから、ねぇ」

大野の言わんとしたことを理解した咲が苦笑する。

「え? 何? うちのサルの面白い話!?」

恵子が身を乗り出してくる。

荻上は、手にした漫画を話すことなく読み続けている。
いや、読んでなんかいない。ただページをめくっているだけ。

笹原が「いろはごっこ」を取りにこちら側へ来た時、
肌にふれる空気が熱くなったような気がした。

(なんだべな……なんだべよぅ)

言葉をかわしたわけでも、目があったわけでもないのに、穴の開いたようなキモチ。
違う。
ただ、いる! と感じただけで、泣きたいほどに顔が火照って、
言葉も、見ることすらも、何もかなわなかった。

「……というわけでね、荻上さんの部屋まで行ったくせに進展がなーいーのーですよー!」
「大野が無理に連れてったようなもんじゃん」
「ふぅん……サルがね」

「ねぇね!」

荻上の漫画本を、つい、と指で下げて、恵子が割り込んできた。

「うちのサルのどこがいいの?」
「……何故、私さ、聞くんですか?」
「だって、みんな噂してんよ?」
「言いたい人が、言ってるだけです」
「あっそう。じゃ、なんもないんだ? まーサル、奥手だからね」


昨日、笹原から電話があった。
「いろはごっこ」を、アメリカの2人に送りたいので、作者の2人に許可を取りたい、という話。
そのついでのように、編集の仕事で内定が決まったという話。

……それだけ。

編集の仕事というのはすごいことだ。なにせプロの漫画にたずさわる仕事だ。
それを話のついでとはいえ、自分に最初に教えてくれるなんて、嬉しい。
けれども、笹原が、遠くへ行ってしまう気もして。
みんな大学を出て、大人になってしまって、自分の手の届かないところに。
自分の気持ちの届かないところに。

本当は。
もっと、何か、言ってくれるのかと思ったのだけれど。
もう、大学を卒業したら……会う事も、ないのだろうか。

そんなの……
そんなの……イヤ、なのだろうか。
わからない。わからない。心の奥がチリチリとくすぶる。

「奥手…つぅが、特に、言うことなんか、なかったんじゃないかと」
「そう?」

恵子はふーん、とつまらなさそうな顔をした。

帰り道のモノレール。
また、恵子とばったり出くわした。
夕方のオレンジに染まった車内、恵子が意外に愛想よく隣に腰かけてくる。

「ねー」
「なんです」
「サルねぇ、ああ見えて、いい奴だよ」
「…………」
「ただサルだからねえ、きっとサルなりに何したらいいか、わかんないんだ」
「…………」
「サルで、キモオタだからねぇ」
「その……お兄さんのことを、『サル』『サル』いうのは、どうかと…」
「いいの! アタシだけはサルのことサルって言っていいの!!」
「……ハァ」
「サルんトコ泊まった時ね、みんなでマンガ描いた時のこととか、すっげ楽しそうに言ってた。
 で、二言目には、オギウエさんはこーだったとか。あーだったとか」
「えっ……」
「アイツは兄貴ぶってるから、アタシに本当のことなんか言わないけどね。
 アタシにはわかる。お兄ちゃんは、アンタのこと、きっと好きだよ」
声が出ない。もっと夕日が自分を照らしてくれたらいい。
きっと今の自分の顔は、真っ赤だ。

「もうちょっと待ってやって。あのヘタレを」
「え、いや、その……」
「なぁに? それとも自分から言っちゃう?」
「言うって、何を……その……ぅー」
「別にオギから告白したっていいとは思うよ」
「…………」

到着を告げる車内アナウンス。恵子が気がついたように立ち上がった。

「そのっ……」

窓から差し込む光に、目がくらむようだ。


「……待ちます、先輩のことさ」


「やったぁ、やっぱサルのこと好きなんじゃんねー。はっはーん」
「けしてそげな意味でねくて!!」
「じゃあねぇ~。今度、温泉でも行こ。咲さんと大野さんと」

……電車の扉が閉じた。
日は大分傾いていた。