※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朽木君の優雅な日常 【投稿日 2006/03/10】

カテゴリー-その他


朽木の朝は早い。
5時にセットされた目覚ましがなるちょうど一分前、布団から伸びた手が目覚ましを止める。
「フフ、今日も勝った」
呟きながら布団から這い出る。全裸だ。彼は寝る時には何も身に付けない主義なのだ。
「さすがに家でだけだにょー」
うるさい、さっさと服をきろ。野郎の裸なんか見たかねえんだ。
「はいですにょー」
洗いざらしのシャツ。使い古したジーパン。別に彼は好き好んで着ているわけではない。
以前自分の好みで服を選んだら、周りに「やめてくれ」と拝み倒されたからだ。
それ以来彼はずっと同じスタイルでいる。彼は寛容で律儀なのだ。
次に朝食の準備をする。
今日の献立は、ご飯と味噌汁、めざしと焼き海苔だ。
彼はこだわりの人間なのだ。
手際よく準備し、食卓へ向かう。
「いただきます」
手を合わせる。結構礼儀正しい。作法も守っている。
「今はなき祖父母のおかげだにょー」
共に健在だ。勝手に殺すな。
食べ終わるとこれも手際よく片付け、食後の茶をすする。まったり。穏やかな時が流れる。
テレビはめったに付けない。彼は静寂を好むのだ。
茶道具を片付け、昨夜のうちに完璧に用意されたバッグを掴む。
外に出て玄関に鍵をかけ、バッグを背負うと玄関に向かって敬礼する。
「いってまいります!」
やめろ。

教室へむかう。スキップする。影踏みをする。石蹴りをする。歩道のタイルを一枚おきに歩いてみる。
普通に歩けよ。
たっぷりと余裕を持って家を出て、完全に遅刻する。
「すみません先生!遅くなりました!」
大声で乱入。
「朽木か、さっさと席につけ」
呆れ顔で担任が促す。理由など聞かない。以前それをやって授業を丸々つぶされた事があるのだ。
これで成績が悪ければ放り出すのだが、良いからたちが悪い。
真面目に授業を受ける。ふと窓の外を見る。青い空、白い雲。小鳥がさえずり、世はなべて事もなし。あまりの陽気に鼻歌の一つも歌おうとして、
「朽木!!」
止められた。
「すみませんでしたぁ!」
立ち上がって大声で謝罪する。深深とお辞儀。担任のため息。授業再開。
その後は特に何もなく授業が終わる。
「大変だったにょー」
お前が言うな。

昼食は気分で決める。コーヒー一杯で済ませることもあれば、コンビニで弁当を買うこともある。
今日はコンビニの牛丼のようだ。
握り箸でかっこむ。おい、祖父母の教えはどうした。
「TPOというやつだにょー」
ああ、そうかい。
ペットボトルのお茶を飲んでくつろぐ。基本的に食事は一人でとる。そばに誰かいると食べられないのだ。彼もそばにいる人も。
「複数での食事では会話は重要な要素なのですにょー」
食事を邪魔するほど喋ってどうする。

「よう」
「おーう沢崎クン、ひさしぶりー!」
「さっき会ったろが」
朽木の友達は少ない。彼の突拍子もない行動を受け入れられる人は多くないからだ。特に女性は皆無といっていい。それは「女性の前だとあがってしまうからだにょー」
勝手に喋るな。とにかくそんな理由で奇行が三割増になるせいだ。
ちなみに沢崎による彼の評価はというと、
「朽木?付き合い方さえわかれば悪い奴じゃないよ」
だそうだ。
喋る、喋る、喋る。ゲームの話、マンガの話、アニメの話。あっち飛びこっち飛び取り留めなく延々と。
沢崎は適当に相槌を打つ。疲れませんか?
「こういう奴だから」
寛大ですな。

沢崎と別れ、現視研の部室に向かう。鼻歌など歌いながら。ごきげんだね、クッチー。
扉を開けると荻上一人。
「あ、オギチンだ。一人?」
懲りないなお前。
今回は舌打ちはない。代わりに片方の眉が少し動いただけだ。
遠慮なく中に入り、バッグをおき、エロ同人誌に手を伸ばす。あんた漢だよ。
エロ同人誌を読んでいると、荻上の方から何やら怨念じみたものが押し寄せてくる。
気付けよ。察しろ。荻上の眉の角度がだんだんきつくなってるぞ。
朽木がエロ同人誌から顔をあげる。荻上を見る。荻上は微笑んでいる。目は笑ってないが。
荻上は微笑んでいる。
荻上は微笑んでいる。
荻上は微笑んでいる。
「ちょ、ちょっと用事を思い出したので今日は帰りマスネ」
朽木はにげだした。
「なんでかにょー、あのままあそこにいると殺されそうな気がしたにょー」
正解だ。いまごろは笹原とラブラブ空間でも作っている事だろう。

部室を出たはいいが、まだ日は高いので、本屋に向かう。
店員に睨まれながら立ち読みする。ブツブツ言いながら読まないでくれよ…
もっとも彼は本を汚したり傷つけたりはしない。彼は仁義を知っているのだ。
本屋を出て、ゲーセンに入る。相変わらずへたくそだ。
「なんでかにょー?、なんで勝てないかにょー?」
相手の動きを見ろ。自分ばっか見てんじゃねーよ。ほら返された。あ、いまのフィニッシュかっこいいな。
結局さんざんにやられて家路に向かう。

帰宅途中でスーパーに寄る。両手に袋。片方は食材だがもう片方は酒だ。
彼は結構な酒飲みだ。
自宅につくと荷物を降ろし、食材を冷蔵庫にしまう。冷やす必要のある酒も同様に。
一息ついたら明日の授業の準備を念入りにする。
彼は準備を怠らない人間なのだ。準備した事を忘れたとしても。
風呂を沸かす。台所に立ちつまみを作る。
酒を用意してテレビの前に座れば準備完了。
ビデオ鑑賞しながら酒を飲む。飲む。飲む。どんどんテンションが高くなる。
歌い出す。踊りだす。叫びだす。ノリはほとんど原始宗教。
あー、これ以上騒ぐと…ほら、隣の住人が壁を蹴ってる。上の住人もご立腹のようだぞ。すごい足音だ。一応防音なんだけどなこの部屋。
酒が切れると騒ぎがぴたっと収まる。彼はぼんやりとしている。電池でも切れたか?
おもむろに立ち上がると風呂場へ向かう。着物を洗濯機に突っ込むと、頭を洗い体を洗い火傷するほど熱い湯につかって汗を流す。所要時間5分。カラスもビックリだ。
体を拭き、髪を乾かすと裸でふらふらとベッドにもぐりこむ。布団から手だけだして目覚ましをセットすると…寝てしまった。いや、まだだ。もう一度布団から手が出てリモコンのボタンを押す。部屋の明かりが消える。手が引っ込む。
今度こそお休みなさい。
また明日。

…ところで「にょー」というのは何なんです?
「キャラ作りの一環ですにょー」
やめたら?ウザいし。
「やだにょー」