※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏コミ前の話 【投稿日 2005/10/16】

カテゴリー-笹荻


 自宅のトレス台で、荻上はサラサラとペンを滑らせていた。来るべき夏コミに向けて、
せっせとハレガンの原稿を描いているのだ。
 しかしその手が急に止まった。原稿には、『大佐』の絵が顔まで描かれている。
(そういえば先輩、就職まだ決まらないのかな?)
 荻上は、考えてからはっとなった。
(なんで先輩の事なんか考えちまったんだ? ただハレガン同人誌描いてるだけだって
のに! こんな事考えちまうなんてきっと、先輩の妹が余計な事言ったからだ! まっ
たく何考えてるんだ? わたすと先輩がつき合うだなんて! 先輩だって先輩だ! 何
が『俺も、遊んでるヒマはないな』だ! わたすにとっては大事な事なんだぞ!)
 まるで八つ当たりにも似た思いで、荻上は憤慨していた。
(やめだやめだ! ハレガン描いてると、どうすても先輩の事考えちまう。これじゃ、
描きたいモノなんて描けやしねぇってもんだ!)
 一人でイライラしながら荻上は、棚にハガレンの原稿を放り込むと、代わりに描きか
けの『くじアン』の原稿を取り出した。
(昔なんとなく描いたやつだけど、こっちを直して出そう)
 くじアンの原稿を読み出す荻上。
(やっぱ眼鏡受けは外せないなから、千尋が受けで麦男が攻めだな。麦男は普段はツン
ツンしてるけど、千尋の笑顔にその心が段々と溶かされていって……キャー! 萌える
萌えるー! でもって攻めのはずの麦男があの時では、千尋に逆に○○られたり、でも
やられっぱなしの麦男じゃないから、千尋の眼鏡に麦男が○○したりして、んでもって
最後には……)
 我に返る荻上。
(また、ワープしちまった。でも、これでいってみっか)
 納得したのか、自分の妄想を漫画に投影していく荻上。
 しばらく描いていたが、荻上はその手を休めた。
(ちょっと休憩すっか)
 荻上は、背中を反らせ伸びをした。そして気分転換に近くにあったハレガンの単行本
を手に取った。
(やっぱ大佐ってカッコいいよなー。するどい目線とか、頭切れるし。そしてなにより
厳しい感じとは裏腹に、実は仲間思いで優しいところが……)
 荻上は何を思ったか、鞄から愛用のノートを取り出すと、大佐のイラストを描きだし
た。
(大佐の内面はやっぱ笑顔だよなー。笑顔の大佐……いいなぁ)
 やがて完成した笑顔の大佐イラスト。しかしそれを見て、荻上は表情を曇らせた。
(……あれ? 何でこうなっちまうんだ? わたすは大佐を描いたはずなのに……)
 その時の荻上の脳裏には、笹原が微笑みかけてる映像が浮かんでいた。
 真っ赤になる荻上。
(違う! 違う! これは、あくまでハレガンの大佐なの! 断じて! 断じて違う!)
 否定しつつも荻上は、そのイラストを破り取り、ハレガンの本と本の間に挟んだので
あった。

                                  終わり