※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

うわっ面の思い 【投稿日 2006/02/20】

カテゴリー-その他


階下から母の呼ぶ声がする。
「恵子ー、完士ー、晩御飯にするからー、降りといでー。」
彼女は、透き通った声で応える。
「はーい、今いくー。」
彼女はベッドの横に腰かけて、下着をつけていた。

「…………なあ……。」
彼は体をベッドに横たえたまま、上気する呼吸の合間に声を発した。
「なんで…、こんなことしたんだよ……。」
乱れた制服。赤く火照った頬。
彼は顔を隠すように、目を手のひらで覆っていた。
「…決まってるじゃん……、アタシ…、アニキのこと…、好きだから……。」
それは、とてもとても薄暗い部屋での出来事だった。


「じゃあ、俺、行くから。出かけるときは電気消して、エアコン止めてけよ。」
彼は玄関口でスニーカーを履いている。
横顔に緊張と不安とをのぞかせながら。
彼女はゲームの画面を凝視していた。

アニキはこれからあの女(ひと)のところに行く。
合宿で気持ちを告げた、あの女のところへ。
まだ誰のものでもないアニキが、あの女のものになりに行く。


「わかってるよ。」

アニキはあの日から、アタシの目を見ない。
あの日の前は、いつも真っ直ぐにアタシの目を見ていたのに。
アタシの視線から、アニキは逃げていく。
いつの間にか、アタシもアニキの目を見なくなった。
だって、いつでも、アニキはアタシの目を見てはくれないから。


「アタシだってもう、子供じゃないんだからさ。」

アタシは家に居るより、友達と街にいることが多くなった。
アニキの居る家には、居たくない。
アタシはいろいろな男と付き合って、いろいろな男と、寝た。
どれも、うわっ面のいい男ばかりと。


アタシは男のうわっ面しか見ない。
男の、性格も、考え方も、趣味も、好みも、アタシは見ない。
アタシはうわっ面しか見ない女だから。
アタシはアニキのうわっ面を見て、好きになったんだから。
小学生が担任の教師に憧れるような、世間知らずな恋。
アニキの優しさも、頼もしさも、頼りなさも、かわいさも、アタシは見ない。
アタシはうわっ面しか見ない女だから。
うらっ面の恋をしていたんだから。


「よかったよね。大学行って。」

そのうち、アニキが家から居なくなった。
アニキはどこかへ、行ってしまった。



「……友達もできたしさ。」

アタシは、今までで一番うわっ面のいい人に会った。
アタシはその人を好きになった。
アタシはうわっ面しか見ない女だから。
その人の性格も、考え方も、趣味も、好みも、アタシは見ない。
うわっ面がいいから、その人を好きになった。

「そうだな~。今回のことは、ほんと、みんなに感謝してんだよ。」
「そう…。」
「…お前にもさ。」



「ウソだね。」




アタシは嘘つきだ。
アタシはその人の、性格も、考え方も、趣味も、好みも、見ていない。
その人のうわっ面も、見ていない。

その人が、アニキの友達だから。
その人を好きと言えば、アニキの側に居てもいいから。
その人を好きと言えば、アニキが話しかけてくれるから。
その人を好きと言えば、ただの兄妹に戻れるから。



「じゃあ、行って来るわ…。」

アニキが出て行く。
まだ誰のものでもないアニキが、あの女のものになりに行く。
アタシのものにならなかったアニキが、あの女のものになりに行ってしまう。

「あ、ゲームし終わったたら、ちゃんとソフトをケースにしまっとけよ。」
「…………。」


「おい、聞いてんのか?」




「………いかないでよ。」

アニキにあの女のところに行かないでほしい。
また、アタシの目を、真っ直ぐに見つめてほしい。

「アタシ…、今でも…、ずっと…、アニキのこと……。」

涙を流したくなかった。
でも、それでアニキが、アタシの目を見つめてくれるなら。

「アニキ…、……お願い………。」



「……ゲーム…、終わったらコンセント抜いとけよ………。」





アニキは、ドアの向こうに消えていった。
またどこかへ行ってしまった。
アタシをここに残して。

あの女のものになるために。

でも仕方ない。
アタシはアニキの、うわっ面しか見ていなかったんだから。


彼女は、彼の布団に顔をうずめる。
尖ったナイフを握ったままで。

アニキの匂いがする…。

彼女の涙が布団に染み込んだ。

布団を濡らしたら、アニキ怒るかな…。
でもそのときは、アタシのこと、ちゃんと見てくれるよね。


終り