※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話・出会い 【投稿日 2006/02/04】

第801小隊シリーズ


マダ「あー、こりゃ酷いな」
ササ「ザク…じゃないですよねコレ」
クチ「ジオンの新型ですかにょ~?」

基地から20分ほどビークルで走った谷間にその鉄屑の山はあった。
所々から煙や火花が出ているモビルスーツであっただろうその塊。
上空から落ち、いや、かなりの高速で飛行中に山にぶち当たり、この河原まで落ちてきた事は
山腹からここまで大きくえぐられた山肌と、それに沿って散らばった無数の部品が教えてくれた。

マダ「どーだ、使えそうなモンあるか?」
ササ「なに言ってんすか!生存者捜索が先でしょ?」
マダ「はぁ?この落ち方じゃ助からんだろうフツー。それに落ちて2時間はたって…」
ササ「クッチー、頭部見てきて。コクピットそっちかも」
クチ「イエッサー!あのフデっぽいの付いてるのが頭ですにゃ?うわ、まだ熱いですにょ~」
ササ「気をつけてね。…くそ、大型工具いるな」
マダ「そんなもん持ってきてネーヨ。大体俺たちの任務は調査団が来るまでの監視…」

ササハラは聞こえないのか無視しているのか、ガレキのあちこちを引き剥がす作業をやめない。
まあ持って来ようにも、連邦から見捨てられたような部隊に本格的な救命工具があるはずもなく、
使えそうな物と言えば墜落した輸送機の部品を改造したタナカ特製ジャッキくらいだ。

マダ「…しょーがねぇなぁ…ほれ、ササハラ!エアジャッキ」
ササ「あ、ありがとうございます!」
マダ「気ぃつけろよ。変なとこ開けて放射線漏れなんてシャレにならんからな」
ササ「…やっぱここが一番怪しいっすね。削れてるけどこれ、強制排出ボルトっぽいし」
マダ「よし、どいてろ。いくぞ」

マダラメはタナカ特製スーパーマトック(どう見てもツルハシです)を力任せに振り下ろした。
ガキーン!ガキッ!ゴリッ!

ササ「あ、そんな乱暴にやったら」
マダ「バーカ、このハッチっぽいやつだけで100キロ以上あるだろ。くそ、クガヤマ連れて来るんだった…」
ササ「あ、動いた。そこです隊長!」
マダ「それに助けるんなら1秒でも…ほれ、ジャッキ挟め!早く」
ササ「あ、はい」
マダ「いっせーの!」
ササ「セイ!」

どうしようもなく堅く閉ざされたハッチが、少しずつ開いていく。
どうにか頭ひとつ入る隙間に飛び込もうとするササハラ。
マダラメはその襟首をつかんで引き戻す。
次の瞬間、金属がちぎれる不快な音と共にハッチは5メートル下の谷川に落ちていった。

マダ「危ねぇ…頑丈なようで結構脆い…」
ササ「誰かいるかー!助けに来たぞ!」

真っ暗なコクピットからヒヤっとする冷気が流れ出す。
安っぽい懐中電灯の照射範囲の狭さに毒づきながらササハラとマダラメは
45度に傾き、配線とパイプが散乱する瓦礫の中に潜り込んだ。

マダ「…返事ねーな…どうだ?何か見えるか?」
ササ「なんで薄目なんですか?」
マダ「俺スプラッタはちょっと苦手なんでナ」

資料で見たザクの内部とは違い、球形に近いその部屋には
あるはずの操縦席はなく、川に水没はしていないだろうにもかかわらず
ハッチより下の部分は水、いや何かの液体が溜まっていた。
なぜかそれを「涙だ」と思ったササハラが視線を上に向ける。
そこにいた。まるで磔られたように宙に浮かんだパイロットが。


ササ「……あ、あれ…こ、子供!?」
マダ「なに?子供!?ちょっとライト貸せ!」
ササ「どうですか?」
マダ「…んー、子供っつーか…女?女の子?女性?」
ササ「え?」
オギ「……ん…」
ササ「生きてます!おい、今助けるからな!しっかりしろ!」
マダ「マジか?ノーマルスーツのおかげかな?奇跡的だな」
ササ「この壊れ方ですからね…」
マダ「ジオンの驚異だな。あ、動かすな。応急処置できそうならしとけ。増援と衛生兵呼んで来る」

一人残されたササハラは、瓦礫を積み上げてパイロットに近付いた。
無残に拘束されているように見えたが、球の中心にフレームでパイロットが固定される、
そういう構造のコクピットのようだ。
脈を診ようと思ったが、配線がからまった分厚いグローブがそれを断念させ、
ササハラはパイロットの胸に耳を当てた。

ササ「うわ…たしかに…女の子だ…」

多分耳まで真っ赤になっているだろう自分を卑下しつつひたる
その感触の余韻は、少女のうめき声によって遮られた。

オギ「…う…うう…」

ササ「しっかりして。助けに来たよ」
オギ「…誰?」
ササ「もう大丈夫だ。すぐ出してあげるからね」
オギ「…また…死にそこねた」
ササ「え?」
オギ「邪魔するなぁ!!!」
ササ「うぐ!?…」

すごい勢いで少女の手がササハラの首に伸びる。
正確に気道を捉えたそれは、多分彼女が正常な状態ならば
ササハラの親族は、彼の遺品と2階級特進の書状を受け取っていただろう。

オギ「お前が…お前みたいなのがいるからぁ!」
ササ「…ははっ…それだけ力が…あるのなら大丈夫だ…よかった」
オギ「…え?……よかった?…」
ササ「うん」

殺されかけているのに、ササハラは嬉しかった。
なんのために戦争をしているのかわからなかった彼に、ただなんとなく毎日を送っていた彼に訪れた何か。
それが何かわからなかったが、ササハラは今、確かに充実感を、そして生きている実感を味わっていた。

オギ「………なんでそんなに嬉しそう…なん…」
ササ「ゲホっ…あれ…君?君っ!…」

再び深淵の中に落ちた少女に、ササハラは呼びかけ続けた。

少女は担架に乗せられ、赤十字のついたトラックに運び込まれていく。
衛生班のオーノはそれを見送りながら、しつこく容態を聞くササハラに
少し意地悪したくなった。

オー「今夜がヤマだ」
ササ「え?えーっ?ちょ、オーノさん、なんとかしてください!そうだ、今度の休暇譲りますから!」
オー「2日」
ササ「え?」
オー「休み2日くれたら考えないでもないです」
ササ「わ、わかりました。隊長!俺の次の休暇いつですっけ?」
マダ「ササやん…必死だな」
オー「ほんと…なんか私、かなり後悔シテマス。からかったの」
ササ「え?ええー?」
オー「クスクス、心配しないでいいですよ。頭部、脊椎にも特に損傷はないようですし」
ササ「よかったー。じゃ、大丈夫なんすね?」
オー「精密検査は必要ですけどね。でもまあ腕一本で済んだなんて」
ササ「信じられないっすよねー」
マダ「よっぽど落ち慣れてんだな」
ササ「…はは」
オー「じゃ、じゃあ搬送しますよ。あとはよろしくです」
マダ「…ん、まああれだ、ササハラ、お前も乗ってけ」
ササ「え?俺?」
マダ「お前が助けたんだから最後まで看取って…いや責任取れ」
ササ「ええー?」
マダ「報告書も書いとけよ。ヒヒヒ」


夕日に向かって走り去るトラックを見送ったマダラメは、ササハラに言った事を少し後悔した。

マダ「ジオンの未確認モビルスーツとそのパイロットか…ウチらには荷が重過ぎるわな。すぐに移送され…」
クチ「たいちょー!こっちにはコクピットナッスィーン!でありますにょ~!」
マダ「…ふぅ…クッチー!そのまま本隊調査団がくるまで待機!……長い夜になりそうだわ」

次回予告

連盟軍・第801小隊は今までにない事件に遭遇した。
今までにない緊張感。新たなる人員、MSの追加。
そして、謎のシステム・・・。
出撃のときが迫る。

次回、第二話「最前線」
お楽しみに