※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その二 【投稿日 2006/01/29】

カテゴリー-4月号予想


笹「おじゃまします・・・。」
荻「どうぞ・・・。」
笹「暑いね、なんか汗かいちゃってさ」
荻「温度下げましょうか・・・。」
笹「いや、ごめん。そういうつもりじゃなくって
  ・・・気使わせちゃって・・ごめん。」
荻「・・・」
笹「・・・じゃあ、見るとしますか。」
荻「ホントにいいんですか?」
笹「え?」
荻「私の最低な妄想を見て、冷静でいれますか?ホントに気持ち悪いかも。
  覚悟は決めたつもりですけど、見せないでいられるなら
  見せずに、このまま現視研辞めてもいいって思ってます。」
笹「う~ん、改めて言われてもねぇ。でも、見るって決めたんだし、
  なに、ほら出演者としての特権ていうの?あはは・・・。」
荻「・・・わかりました。コレです。」
笹「(うわぁ・・・繋がってるよ班目さんと。って言うかモロ見え・・・。
  俺、こんなに大きくないよぉ~)」
 「(あはは、班目さん可愛すぎでしょ。目、うつろすぎ!)」
 「(俺、絵になるとこんななのか?ちょっとイケメンすぎませんかぁ?)」
 「ふぅ~。荻上さんちょっと質問いい?」
荻「はぁ?」
笹「こういう構図ってさ、他の作家さんのとか真似てみたりしてるわけ?」
荻「・・多少はありますけど、大体は頭ン中で思った通りに描いてます。」
笹「すごいね、俺も描いてみた事あるけど
  思った通りになんか描けないよ、やっぱプロ目指そうよ、うん。」
荻「・・なんで・・」
笹「へ?」
荻「なんでそんな冷静に見れるんですか!この絵、笹原さんなんですよ
  そんな風に勝手に思われてるの、気持ち悪くないんですか!」
 「いいじゃないですか私なんかいなくても、気ぃ使わないで
  はっきり言ってくださいよ、腐女子の絵なんて吐き気がするって!」
笹「荻上さん・・・。現視研の誰一人いなくなっても俺は嫌だよ。
  しかも好きになった子がいなくなるのはもっと嫌なんだけど。」
 「それに、なんていうかなぁ俺オタクだから、ついつい絵とか見ると
  評価しがちっていうか?あはは・・まぁびっくりはしたけどね。」
荻「ほら、びっくりしたんじゃないですか。私の頭の中、こんなのばっかですよ
  そんな女おかしいですよ。気持ち悪いでしょ?変態でしょ?
  それでも好きっていえますか!」
笹「俺だって荻上さんの事、妄想しまくりだよ!」
荻「え?」
笹「あ・・・あはは爆弾発言。、ゴメン。」
 「そ、ソレは置いといて。はっきり言わせてもらうけど
  内容はどうあれ、俺は荻上さんの絵を見て素直に上手いと思った。
  気持ち悪く取る人もいるだろうけど、俺はそうじゃない。
  荻上さんがデビューしたら、俺が担当になりたいと思ったよマジで。」
 「俺が荻上さんを好きなのは変わらないよ。現視研やめないでくれるね。
  で、付き合ってくれるともっと嬉しかったりするんだけど・・それは別かな?はは。」
荻「・・現視研続けます。」
笹「よかった~。」
荻「・・・秋葉原連れてってくれますか?」
笹「はぁ?」
荻「オンリーイベントも一緒に行ってくれますか?」
笹「はぁぁ?」
荻「なんでそんなにニブイんですか?受け入れてくれるんですよね・・・。」
 「わたしだって好きですよ、笹原さんの事・・・。妄想されてても。」
笹「あは、あははは最後のは忘れて・・・。」
荻「ズルイですよ、ははっ。」
笹「オタクでもいい?」
荻「オタクですから。」