※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

斑目と恵子・続き 【投稿日 2006/01/28】

カテゴリー-斑目せつねえ


管理人注:タイトルはつけさせていただきました。管理に必要なもので・・・。


「上がったよー」恵子は上下ジャージだ
「お、出たか」斑目さん掃除中、とは言ってもゴミをゴミ袋に入れて
床の本を積んで寝るスペースを確保する程度
「……この部屋に女の子入った事ないんだろうね」
「……まぁ、そうですね……」



「あーさっぱりした」「ビールかなんか無い?」斑目のベッドの上に座る
「……そもそもあなた未成年じゃありませんでしたっけ?」一応つっこむ斑目
「いーじゃん別にー」「お酒無いの?」
「生憎準備しておりませんで」
「アニキと言いアンタと言い、オタクって酒飲まないの?」「ったく、アタシが泊まった男の部屋なんか
みんな普通に準備してあるよー」
「……そーゆーものなのか?」
「まぁ女に酒飲ませて落とすのは基本だしねー」
「…………経験が豊富なよーで」

「えー」「まーねー!」「これでも経験はチョー積んでますよー!」
「……どんな経験だよ?」             ・
「んー」「まー」指折り数えて「んーでも 20本くらいかなー」
(本?…………)数秒悩む斑目さん。ようやく何を数えたのか気づく。(!!)
また憔悴する斑目さん。恵子気にせず
「まーでも勢いでみんなで ってのも入れているから」「それ抜かすと10ちょいかなー」
机につっぷして伸びる斑目。「あ、やっぱこーゆー話苦手?」「アニキとおんなじだわ」「アハハ」
最早何も言う気力の無い斑目。

「先輩もシャワー使ったら?」「え?」
「『え』じゃなくて、どっちにしろ着替えるんでしょ」「だったらタバコくさいの流したら?」
確かに居酒屋にいたせいでタバコ臭い。汗もだいぶかいた。冷や汗だが。
「……んーそーだな」「じゃ使うか」
「まごゆっくり、マンガでも読ませて貰いますよー」
脱衣所でYシャツを脱ぐ斑目。

シャワーを浴びる斑目。
(まーしっかし)(本当に笹原と同じ家庭で育ったとは思えんよな)
(手ー出すっつったって)(あんなのに手ー出せねーよな)
(昔春日部さん、友達に染められたって言ってたけど)(どんなんと付き合えばあーなれるんだ?)
(ま いいか)(今夜だけ泊めてやって)(朝には丁重に追い出して)(エロゲすっか)

パジャマに着替える斑目。下を向きながら部屋に戻る。
「はいお待っとさ」「よりによってねーさんかよ」(1.5倍角)
「はい?」顔を上げる

「最後の砦」を見ながら椅子にあぐらで座る恵子。斑目の方を向いてムスッとした表情。
「あっ………」巻田君総受け本を見たオギー並みのショック顔

「あ――――――――――――っ!!!!!!!」夜の住宅街に響く斑目の悲鳴。
「ったくよー」恵子の口元
10
「人にはコーサカさんの事言っときながら」「自分はコレかよ」「マジチョーウケるんだけど」
斑目を見ながら皮肉に笑う恵子。もう硬直して心臓バクバク汗ダラダラの斑目。
「お、お前!」「どっからそれを!!」
「女の勘」「つーかそんなにアセるほどヤバいモンなの?」
「カマかけよーとしたのに、かける前にそんな白状されると拍子抜けなんですけどー」
11
(ぱくぱく)もう固まるしかない斑目さん。恵子は斑目を気にせず写真を見る。
「……何かムカつくなー」「こいつまでねーさんかよ……」
「……はい?」「……こいつまでって?」(まさか俺以外にも?)
「……いや、ね」
12
「みんなにねーさんの事聞いてみたんだけど」「アニキやオギさんや大野さんや」
「他の男性陣含めて」「コーサカさんは当然として」「みんなベタ誉め」
「ほお……」(まーそりゃね)
「アタシだってそりゃ頼れると思ってるけど」「コーサカさんの事もあるし」「ちょっと嫉妬?みたいな?」
「うわ勝手だ」
「んでアンタまでとはねー」「チョーウケるんだけど」
13
「何ならアタシから言ってあげようか?」「はい?」
「いやねーさんにさ」「するな―――――っ!!」
「はいはいからかって悪かったよ」「見なかった事にするからさ」
写真を机の上に置く恵子。もうなんか興味なさげな感じ。
「……………………」写真を見て何やら考え込む風の恵子。突然ニヤリと笑う。
『……ね――斑目――』
14
ハッと恵子を見る斑目。恵子口元を歪ませながら斑目に近づく。
『最近コーサカが構ってくれなくてさー』『寂しいんだよねー』
うわこいつ 春日部さんの口真似を。
『浮気しちゃおっかなー』『斑目とだったらさー』
斑目に抱きついて胸を当てる恵子。大きいわけではないが、確実に感触がある。
15
『……してもいいよ』妖絶な顔で誘う恵子。
一瞬咲の輪郭が頭をよぎる。何度も妄想した顔。
斑目さんキレそうになり、恵子を両手で突き飛ばす。
「うわ!」床に尻餅をつく恵子
「あ!」「す すまん!」我に帰り謝る斑目。
16
「…………ふ――――……」床に座ってため息をつく恵子。
それを見る斑目、気まずそうな恵子
……おもむろに「帰る!」
「へ?」「本当にお邪魔しました」「え、だって時間が……」
「彼氏はいないけどオトコがいないわけじゃないしィー」「呼び出せば車出してくれるのくらいいるしィー」
「…………」「気にしてんのか?」
「べーつにィー!」「なんとなくでーすゥー!」
17
「ま、人間いろいろあるからさ」「気にしねぇから気にすんなよ」「泊まってけ」
「…………」
「俺は床でいいからさ」布団を敷こうとする斑目。ベッドの上に移動する恵子。
18
「じゃ電気消すぞー」恵子に背を向ける斑目。パチン。電気が消える。
その瞬間、斑目の肩を掴んでベッドに引き倒す恵子。
「うわ!!」ばすん。仰向けにベッドに倒れる斑目。目の上には逆さの恵子の顔が。
「何をするだァー!!」ついついオタワードが出てしまう悲しい性。
(するだぁ?)一瞬引っかかる恵子「……いやね」
19
「アタシが襲っちゃう事にしたよ」「斑目さんを」
「…………はァ!?」「ななな何で!?」
「……まァ……」「酔った勢いって事で、ね……」
「それにアタシの知ってる範囲では」「童貞捨てるといろいろ楽になれるらしいし」
「アンタとだったらさー」「……してもいいよ?」
20
(…………!!)(うわー!うわー!)(…………っこ!)(これなんてエロゲ?)
恵子の顔がだんだん近づいて、斑目の唇を塞ぐ。
(!!)
ベッドの上に仰向けになった斑目、その頭の上方に座った恵子のキス。
21
ジャージを脱ぐ恵子、パジャマを脱がされる斑目。まぁ一応イメージシーンって事で
雑多なカットの挿入。基本的に濃いトーンに潰れてエロっぽい絵が描かれている。
最終コマはトーン張ってない。チュンチュン書いておくか。
22
ベッドで上半身起きて裸の斑目さん。下半身は毛布の中。恵子はベッドの横で
後ろ姿で服を着ている、ほとんど着終わっている。
(うわ――――!)(やっちゃった――――!)(笹原妹と――――!)
汗ダラダラの横顔斑目さんの後方で普通に服を着ている恵子。
「んじゃ」「お邪魔しました」玄関から出る恵子
「は……はは…………」固まって見送る斑目
「あ、そーだ」「3つだけ忠告と言うか、お話を」玄関で後姿で話す恵子
「はい?」
「1つめ、昨夜のは半分は演技だから、まぁ初めてにしては合格ラインだけど」
「2つめ、ねーさんのことはとっとと忘れなさい」
23
ここで半分振り返る
「3つめ、間違ってもアタシに惚れないように」「初体験相手に勘違いすんなよ」
バタン 扉が閉まる
固まっている斑目、いそいそとトランクスとパジャマを着て立ち上がる
机の上の春日部さんの写真を一瞥してから、トイレに向かう
トイレの中でも呆けている、出てパソコンの前に向かう
24
机の上のエロゲパッケージ「つよすぎ」を見て、封を開ける
パソコンの電源を付ける。パソコンがうなりを上げる。
Windowsが起動する。エロい壁紙にエロい起動音。
パッケージを持ったまま固まる斑目。顔は半分しか見えないがにやけている?感じ
具体的に言うと3巻127ページ付近の笹顔で

おわり