名前 エセコさん
居所
趣味 音楽編集作業

資格

ワープロ2級
珠算1級なのにヘボ
簿記2級なのにヘボ

最終
学歴

某アナウンス学院

★約10年くらい前からク○○界に入り浸っており、昔は様々なクイズオープン大会に出没していたが、現在は諸事情の為、その手の世界から距離を置いて家事中心に活動。現在の所属サークルは北海道草クイズ連合一筋。実は北海道に引っ越す前から正式メンバーになっていたらしいw


★配偶者に、ク○○界で一時期有名だったニゴさんがいる。ニゴと共に活躍していた一部のク○○屋さんは彼の復活を願っているらしいが、ニゴも既にク○○界から足を洗っているので復活は絶望的。但し草クイズに関しては一度は参加してみたいらしいので、いつになるか分かりませんがその時は赤絨毯を敷いて紙吹雪を用意しておいて下さいw


★副業として、当時10代後半だったお姉様(故人)と、当時10代前半だった管理人でハンドメイドデザイナーズサークル「SF-PAL(セフパル)」と、地域密着サークル「S-FORUS(セフォーラス)」を立ち上げる。当時の管理人は泉中央本部の副部長だったが現在は全てRimaに任せっきり。現在の管理人はサイト管理のみの活動となったが、君達との絆は永遠に不滅です。


★2004年9月、高校生からの夢だった念願のフェレットを飼い始める。部屋が既にイタチ臭くなっているがイヤではないむしろ香ばしい。


★地方アナウンサーと「ちびギャラリー」とダイエットコーラをこよなく愛し、リボンナポリンとドラキュラの葡萄と納豆と長ネギを激しく嫌う。
また、単独行動派なのでストーカーの如くしつこく接してきたり威張ったりする人間は断固拒否。


★基本的にメアドは非公開とさせて頂きます。ご了承下さい。


管理人御用達リンク

黒魔道士のアイコンを設置したフェレットのプロフィール深い意味はありませんw

 

魔獣使いも深い意味はありませんw
那須野ヶ原アニマルクリニック
もぐる君とゆっきーが
以前お世話になっていた動物病院。
犬猫の病気に大変詳しい。
(勿論小動物も診てくれる)
開業してまだ間もないが
訪れる患者が日に日に増えて
徐々に有名になりつつあります。

 

ビバ・フェレット
ビバ・フェレット
関西に店舗を構えている
有名なフェレットショップ。
店員(店長)の莫大な知識量から
関西や、何故か静岡在住の
飼い主を中心に愛されています。
飼い主の交流掲示板があるが
いわゆる「信者系」が多く
変なプライドを持っている基地外が
集まっているので、
管理人はROMさえもしてませんw
通販もしており、サプリメント系も
豊富に取り扱っているのが魅力。




※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
先日の日記でもお伝えしたように、今日は10年ぶりに会う従妹(♀)の
結婚式でございました。
結婚する従妹は親父側の従妹で、しかも親父側の親戚の中ではこの従妹の家族と
最も仲が良く、小さい頃はよく一緒に遊んでいました。
(でも、一緒に遊んだってよりは「いじめてた」に近いかも・・・_| ̄|○)
そんな身近な存在だったのに、ここのところ疎遠になってたから寂しかったけど、
こんな形で再会出来るとは思わなかったものの、久しぶりに会えると思うと
すごく楽しみでしょうがなかったのですよ。

おいらは親族として招待されているので、早めの出発となります。
10時に「結婚式」なので、それに間に合うように9時に式場に行ったら、
おいらの親族がマダ誰も来てなかった罠。
ああそうだ、確かおいらの親族はマイペース派だったw
んでしばらくロビーでフラフラした後に親族用の待合室に入ると、
前方からモーニングコートを着ているおじさまに
「K(従妹の名前)の友達ですか?」
と尋ねられた。
あれ?モーニングコートを着てる人って、新郎新婦の父以外いない気が・・・。
てか、アナタ どう見てもKの父さんだべw
おいらの顔を忘れちまったのかよ_| ̄|○
ま、随分ご無沙汰してたワケだから忘れてるのも仕方ないけども。

続々と双方の親族の方々が集まる中、メチャクチャ見覚えのある準ハゲティーな
おいらの親父もやって来た。
で、おいらは親父側の親族全員に結婚の旨を改めて報告。
※おいらとニゴは、おいら側の家庭の事情で披露宴は執り行われておりません
ところが、親族全員おいらの結婚の事実を知らなかったようで、全員唖然。
「どうしてエセコちゃん(仮)のお父さんはそういう事を言わないのかねぇ」と
ブーイングの嵐w すいません、非常識な親父で・・・。

いきなり真横からKの姉(今年30歳。未婚彼氏ナシ)に声をかけられてビックリ。
姉のほうは15年も会ってなかったので、こっちのほうが懐かしかったかもw

10時過ぎに進行役の方が現れ、それと共に新郎新婦が室内に入場。
新郎さんは優しくて真面目そうな雰囲気、10年ぶりに見た新婦(K)は大人っぽく
なったなって感じ。ちっちゃい頃はあんなに泣き虫だったのにね。

新郎新婦の父による親族の紹介が始まった。
新郎の父は仕切りが上手くて進行も淡々だったのに対し、
新婦の父(おいらの親族)は終始ガチガチで、母に思いっきりサポートされまくりw
おいらが従姉に「あれ?チミたちのおじさんってあんなに面白かったっけ?」と聞いたら
「ごめんねぇ。ウチのお父さん、頭おかしいから」って言ってたっけ。

次は別室に移動して、親族全員による写真撮影。
Kがおいらと従姉の近くにいたのをいいことに、撮影終了後にKが持っているブーケを
触り合いしながら
おいら「アンタまだ彼氏ナシでしょ?この後、妹が投げるブーケを受け取ってみたら?」
従姉「あーいいねぇw」
とブッ放してた。

次に「結婚式」。教会仕立ての部屋へ移動。
ここから新郎新婦が招待した友人とエンカウントします。あぁ、みんな若くて恨めしい・・・
(1歳しか違わねェのに何だそりゃw)
親族ではあるが姉妹ではないおいらが、叔母さんにせかされて一番前の席に
座らせられたので新郎新婦の様子がよく見えたんだけど、
“誓いのキス”をした後にKがメソメソと感動泣きをしていたのを見逃さなかったずらよ。
なぁんだ泣き虫なのは昔と変わってないのねw
で、外に出てフラワーシャワーをした後に、新婦による恒例のブーケ投げ。
新婦側の友人が「私が取るわ」と言わんばかりの盛り上がりだったので、
さすがの従姉もそれを見て引いてしまったらしいw 勿論ブーケは見送り。

そして披露宴。
確かにおめでたい席だけれど、一番仲が良い親族だからって椅子を新婦家族のテーブル
に引っ越すのはどうかとw>親父とおいらと別の伯母さん

そんなこんなで披露宴もクライマックスに入り、
新婦から家族へ感謝のメッセージを読み上げるコーナーに突入。
大体、ここら辺で新婦とその母親は泣いちゃいますよね。
でも、泣き虫のKがメッセージを読み上げる前に泣くのは、いい意味で反則でしょうよ。
酔っ払ってて既にデキ上がっていたパープリンな親父が「頑張れぃ!」とエールを
送ったのを聞いて、泣きながらもようやく読み上げれたって感じ。
お世話になった父親と母親、とても仲が良かった姉への感謝の気持ちを読んでいる時は
新婦の友人たちがつられて泣いてたけど、何よりも新婦の家族、そしてちっさい頃に
一緒に遊んだおいらとその親父のほうが、他の人達より感情深かった。
今までも他の親父側の従兄姉が結婚していったけど、その従兄姉達とおいらはそんなに
仲良くなかったから別に何とも思わなかったのに、Kの場合はやっぱりね・・・。
新郎新婦がお互いの両親に花束をあげるシーンでは、Kとその母親が既にボロボロに
なってた。いいシーンだなぁ。
今後とも、大人しくて泣き虫で少食なKを宜しくお願いしますよ>新郎さん

帰りのシャトルバスでは、隣に座っていた親父が今後の人生について
ベラベラしゃべりまくってました。
正直くだらなかったんでテキトーに聞き流してたけど、その中で唯一真面目な話だった
のは「オマエの披露宴、やれなくてゴメンな。父親として恥ずかしい」というもの。
確かに披露宴がやれないのはちょっと寂しい。でも、だからと言って披露宴で片親を
晒すような行為はしたくないし、そんなコトしたら親父がかわいそうに思わない?
「片親なのに頑張ったわね」とか「娘が旅立つと、お父さんが悲しむわよね」
などという“逆の意味”での感動もあるかもしれないけど、そういう風に思ってくれる
人なんて一部の人しかいないもの。だからおいらは全然気にしてないよ。

で、最寄り駅で親父と親族達と別れ、おいらは近くのゲーセンに立ち寄って
QMAしとりました。
でも、酔ってる時にやるもんじゃないね。20クレやったのに一度しか決勝に
行けなかったし優勝もしてない_| ̄|○

カテゴリ: [Private] - &trackback- 2006年04月09日 19:59:25

#blognavi




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー